スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2】「南こうせつ 週末はログハウスで♪」

2007.10.30.12:20

昨日に引き続き「南こうせつ 週末はログハウスで」(ジョン・デンバー特集)です!

何年も前から、この「南こうせつ 週末はログハウスで」を聞きたいと思っていたのですが、やっとこんな素敵なジョン・デンバー特集という形で実現して、しかも受信できないのにもかかわらず、友人の粋な取り計らいで、この放送のテープをゲット・・。今は幸せ気分に浸りながら何度も聴き返しています。

1曲目は、やっぱりという感じで、「岩を砕く花のように」(The Flower that Shatter the Stone)でしたね。ジョンとこうせつさんにとってぴったりの歌だったと思います。こうせつさんの思い出話の中で、このシングルが出たときにジョンが「こうせつ!これでグラミー取ったら、一緒に壇上に上がって・・・」なんて冗談を言い合ったことを懐かしそうに話してましたね。こうせつさんが半ば本気で、「サンキュー、パパ、ママ アンド ゴッド!」なんて言おうかと思ったなんて話は結構笑っちゃいますね

最初の一曲目が終わったところで、ジョン・デンバー・ファン・サイト運営しておられる、ジョン・デンバー大ファンの田中タケルさんが登場。’80年代からひたすらジョン・デンバー研究しておられるだけあって、その解説は実に素晴らしかったです。まさにジョン・デンバーに関しての生き字引と言ってもいいくらいで、聞きながらひたすら関心しまくっていました!

ここで田中タケルさんと南こうせつさんのジョン・デンバーとの出会いについて語ってくれるのですが、この初めての出会いっていいもんですね。なんていうんですか、運命的な出会いっていう、そんな思いにかられます。

田中タケルさんは自宅に大量にあったLPの中からジョン・デンバーのアルバムを見つけ、何気なく聴いてから、ビビっと来るものがあったというし、南こうせつさんも、’71年に深夜放送を始めたばかりの頃にジョン・デンバーの「故郷に帰りたい」を聴き、心に閃くものがあり、すっかり気に入って、目覚めてしまったんですね。


この「故郷に帰りたい」(Take Me Home Country Road)は、4枚目のアルバム「詩と祈りと誓い」(Poems Prayers & Promises)に収録されていてシングル・カットされて世界中で大ヒットした曲です。タケルさん曰く、「アメリカ中の各家庭に1枚はあるくらい売れた」んですね!私もそこまで売れたということをよく知らないのですが、今でもアメリカ人だったら、この歌を知らない人はまずいないんだろうなぁ、とは思います。なにかいいことがあると、みんなが集まって「カントリー・ロード」を歌う、それほど、みんなの生活の中に溶け込んでいるんだと思うのです。

タケルさんがこの「故郷へ帰りたい」の誕生秘話など、すらすらと解説してくださいましたが、こうやってラジオで聴くからこそ、また、うーん、そうだったんだぁ、なんて改めて感動しながら、聞きいりました!

今日の「カントリー・ロード」はジョン・デンバーと南こうせつ初共演となったテレビ・シーンよりお送りしたいと思います。1983年6月9日に放送されました。こうせつさんはんは34歳、ジョンは39歳の頃でお二人とも若いなぁ、なんて思っちゃいました。
何度見ても感動的で素敵なデュエットです!
http://jp.youtube.com/watch?v=WfvnyNyMFrQ


これだけ書くの1時間もかかっております。続きはこちらです!→【3】「南こうせつ 週末はログハウスで♪」
関連記事

theme : ラジオ放送
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー 南こうせつ カントリー・ロード 故郷へ帰りたい

comment

Secret

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。