スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに10月12日になりました!

2007.10.12.07:01

今週は10月12日のことをずっと意識しながらの、一週間でした。実をいうと、かなり前から一ヶ月以上前から、半年以上前からといってもいいかもしれません。

10年前の10月12日にジョン・デンバーは自家用飛行機の事故により亡くなりましたが、これはアメリカのカリフォルニアでの出来事ですので、日本時間に直すと10月13日くらいでしょうか?

その日、その時、私は新聞をとっていなかったので、そのニュースを知りませんでした。テレビも見ていなかったのです。仕事から帰ってきた主人が隣の部屋でテレビを見ていて、いきなりこう言いました。「ジョン・デンバーが亡くなったって・・・・。」「えっ?」頭の中が真っ白になりました。ちょうどその年の5月にはジョンのデビュー・アルバムから10枚目までのアルバムが一気にCD化され、同時発売されて、これでやっと大好きなジョンのアルバムをゆっくりと堪能できると喜んでいた矢先の出来事でしした。

まだ子どもが小さくて、自分の時間も取れないあわただしい日々を送っていましたが、あの時は本当に落ち込みました。なかなか立ち直れない日々を送り、ジョンの追悼番組をやっていないかと探す日々でしたが、ジョンの追悼番組を見つけられないまま、虚しく時は過ぎ去ってしまったのです。

でもこのままではいけないと思い、ジョンの情報をなんとか得たいと奔走する日々でもありました。あの頃はまだパソコンを持っていまかったのです。パソコンがあれば、もっと早く情報を得られたでしょうね。

近くのCDショップには、輸入もののCDをおいていなくて、NTTの電話帳コーナーまで行き、輸入ものを扱っているCDショップを探しました。電話をかけ、ジョンのCDで現在取り寄せ可能のもののリストをファックスで送ってもらいました。その中で、これはと思うものに丸をつけて送り返し、取り寄せてもらいました。通販はしていないということなので、お店に取り置きしてもらい、里帰りしたときにそれをやっと、買ったというわけなんです。ですから、ものすごく遠くのお店に注文したんですよ!ジョン・デンバーのCDをごそっと、何枚買ったんだろう?何枚だか忘れましたが、まとめて大量に買いました。

家に持って帰ると中にジョンに関する情報がないかと探し、その中の住所宛に手紙を書きました。今では骨董品に近いワープロを使って・・・。とにかく、ここは日本、日本にいると海外の情報が入らないことに、気がついたのがこのときでした。日本にニュースとして入ってくるのは、日本人に直接関わりのあるものだけなので、もっと詳しい情報を得たければ、海外のニュース等を積極的に見ていくしか仕方がないですよね。

日本の歌手が亡くなれば、日本の芸能レポーターがすぐに駆けつけ、その歌手にゆかりのあった歌手やその他の有名人に直撃インタビューをしますよね。大好きなジョンが亡くなったというのに、日本の芸能レポーターは誰もアメリカまで取材に行ってくれませんでした。

ここは日本、アメリカから遠く離れた国なのだと実感しました。

今日は、大好きな「Sunshine on my Shoulders」(太陽を背にうけて)を聴きながら、大好きなジョンのことを懐かしみたいと思います!

http://jp.youtube.com/watch?v=eivZd4j5MBs







関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー 太陽を背にうけて

comment

Secret

10周忌ですね

2007.10.13.04:22

はじめまして
12日はジョンの10周忌だったんですね。
なにげに立ち寄ったCDショップでジョンの紙ジャケを見て、CDは持っていたのに買ってしまいました。
そして、聞いている途中で、今日がジョンの10周忌だったことに気がつきました。
中学時代に日本でも大ヒットした「故郷に帰りたい」のシングルを買ったのがジョンを知ったきっかけでした。
日本ではぜんぜんヒットしなかった「ロッキーマウンテンハイ」ではまって以来、ずっとジョンの歌を聴いています。
今でも雨の日になると「For Baby」を口ずさみたくなり、夜も更けた静かな時間は「My Sweet Lady」を聴きたくなります。

そうだったんですよ!

2007.10.13.06:24

bobetoさん、
はじめまして!
初書き込みありがとうございます<m(__)m>
10月12日はジョンの10周忌でしたので、コロラド・アスペンを始めとして世界中で、ジョンを偲ぶコンサートやイベントが開かれたのではないかと思います。

「故郷へ帰りたい」を買ったのが、きっかけだったのですね。私はレコードが買えなくて、友人からそのシングルを借りて紙のシングルレコードを作ったりしていました(^^♪

「ロッキー・マウンテン・ハイ」は私も大好きです。聴くのも歌うのも最高に乗れるgoodな歌だと思いますよ!

雨の日に「For Baby」かぁ・・・。いいですねぇv-10私も「For Baby」が大好きで、この曲ばっかり、エンドレスで聴いたりしたもんですよ・・・。「他の誰よりも君のことが大好きなんだ・・・」そんな純粋な気持ちを歌っているところが素敵な歌ですね(^^♪

「My Sweet Lady」も、しっとりとしたいいラブ・ソングですよね!
<夜も更けた静かな時間・・・。
うーん、なかなかロマンチックですね!

ジョンが亡くなって10年もたってしまいましたが、今でもこうしてみんなの心の中で生き続けているのですね・・・。

10年前

2007.10.13.08:59

10年前、いつもの朝と同じように、朝食時テーブルで朝刊に目を通しておりましたら、すぐにジョンの記事が目に飛び込んできました!
そしてほぼ同時に、テレビから「ズームイン朝」の福留アナウンサーのそのニュースを伝える声が耳に入り、私は「えーーーーーっ!」と心の中で絶句したのを覚えております。

当時はジョンに関する情報が少なくなってきており、私も「ハイアーグラウンド」以後ジョンから知らす知らず離れていたようでした。
そんな時に入ったのが、この衝撃の情報でした。
当時の新聞の切抜き(読売?月日は不明)を保存しておりますが、あらためて見てみますと、現地時間(ロサンゼルス)で12日午後5時半(日本時間13日午前9時半)と書かれております。
ですから、私が見た新聞のその記事は、おそらく翌日14日の朝刊ではなかったかなと思います。

ジョンの曲の中で、この「SUNSHINE ON MY SHOULDERS」は一番好きな曲で、電車の中でヘッドホンで聴いているとホント気持ちよくなり、寝てしまいます。(笑)
なんていうか、癒されますね。
歌詞もシンプルで覚えやすく、ジョンの曲を口ずさむ時は、当たり前のように「サンシャン~」と、もうこれしか出てきません。(^^♪

サンシャイン

2007.10.14.06:31

はたやんさん、
10年前のあの時、世界中のジョン・デンバー・ファンが、悲しみのどん底に突き落とされてしまったんですね。あの時、本当に本当に悲しかったです。アメリカのファン達はジョンが亡くなった事故現場に殺到し、夜遅くまで、その場を離れようとはしなかったそうです。

日本のマスコミはそのことを報道してはくれませんでしたが、後でそのことを知り、悲しんでいるのは私だけではないのだなぁ、感慨の思いに浸りました。

ジョンが亡くなった後もラジオからふと「サンシャイン」が流れていると、なぜか目頭が熱くなります。

ジョンは日の光を浴びて、その感動をその思いを「サンシャイン」の歌の中で表したのですが、聴く人々を幸せにしてくれるいい歌だなぁ、とつくづく思います!!!
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。