FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・デンバーとポール・マッカートニー

2018.02.20.17:01

ビートルズが輝いていた時代が60年代でジョン・デンバーが輝いていた時代が70年代と言えば、やっぱりそうなんですよね。

もちろん、ビートルズ解散後にポール・マッカートニーがウイングスとしてある意味一から出直したのは、言うまでもないですが、

ジョン・デンバーも70年代の時代のうねりを乗り越えて80年代も力強くギターを一人で奏でつつ世界中を渡り歩きました。

ジョンはポールと共演したかったのかな~と想像するんですが、どう思いますか?

ジョンはビートルズ作品を数多くカバーしています。

ざっとアルバムの中からピックアップしてみると、以下の曲目を歌っています。

Here, There And Everywhere (ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア)

Yesterday (イエスタディ)

And I Love Her (アンド・アイ・ラブ・ハー)

In My Life (イン・マイ・ライフ)

She Loves You (シー・ラブス・ユー)

When I'm Sixty-Four  (フェン・アイム・シックス・ティー・フォー)

Eleanor Rigby (エリナー・リグビー)

Golden Slumbers (ゴールデン・スランバー)

Let It Be (レット・イット・ビー)

Junk (ジャンク)

Mother Nature's Son (マザー・ネイチャーズ・サン)

もしかしたら、もっとカバーしているかもしれないですが、ざっとこんな感じでたくさんカバーしています。

そして、ポール作品の方を主にカバーしているようですね。

「マザー・ネイチャーズ・サン」なんかは、もしかしたら、ビートルズのためというよりも、ジョン・デンバーために書いたのかと思うくらい、ジョン・デンバーにピッタリの曲でした。


この動画はイギリスのBBCでの特別番組の映像で、映像は本当に粗くて見づらいですが、ジョンの声は今も生きているのかと思うくらい、明るくクリアーできれいな声で歌っていますね!


こちらはビートルズのオリジナルです。ジョン・デンバーのほうが良いわ!なんて書き込みを入っています(笑)初めて聞いたけど、ビートルズナンバーとしては、おとなしい感じの仕上がりですね。ジョン・デンバーが良いグリードアップして完成させたんですよね!



ジョンはダニー・ケイと共演したり、バリー・マニロウと共演したりしていますが、ポール・マッカートニーとは共演していません。いちファンの気持ちとして共演して欲しかったな!。もし辣腕プロデューサーがポールに声を掛けたらOKが出たんじゃないかと想像しています。

このブログを通じていろんな音楽ファンとのつながりができて、ポール・マッカートニーのファンの方ともお友達になって、交流していたのですが、ポールがジョン・デンバーがらみで歌っていると知り、ちょっと興味が出てきました。どうも、その件に関してポールは何も言及していないのですが、その歌の中にちょっとした思いを感じとっています。

1976年発売の「Wings Over America」「ウィングス・オーバー・アメリカ」というライブアルバムをご存知でしょうか?

ポールが1975年から76年にかけて行ったワールドツアーの中のライブアルバムです。イギリス・オーストラリア・ヨーロッパ・アメリカと各地を横断したときのアルバムです。ビートルズ作品も含まれ、ウィングス作品もあり、そして、「リチャード・コーリー」というサイモンとガーファンクルの作品も歌っているのですが、歌詞の内容はリチャード・コーリーという親の七光りで生きて着て、容姿も良く、お金持ちで社会的に成功していていつもみんなの注目を浴びています。そんな彼の工場に勤めている主人公がリチャードを恨むのだけど、あこがれているという歌で、最後にリチャード・コーリーと名を呼びます。

で、最後にリチャードが自ら死んでしまう悲しいストーリーなのです。

このライブでは、リチャード・コーリーと最初は歌うのですが、真ん中あたりで、歌詞を変えて、「ジョン・デンバー」と歌い、聴衆はドッと受けるんですよね。これも、イギリスから来たポールらしいおもてなしといったら、ちょっと違うんですが、リチャード・コーリーの歌を歌って、サイモンとガーファンクルの歌を歌うで終わらせずに、ジョン・デンバーを入れることで、一挙両得を狙った様に思います。

1975年にツアーをスタートさせたこともポイントなんですが、ジョン・デンバーはこの年に事実上最もテレビ界で有名な歌手としてお茶の間のアイドル的存在だったんですよね。

それは、この年にツアーを開始したポール・マッカートニー&ウィングスがうらやましいというセリフを笑いを取ったように思うのであります。

もちろん、本当にうらやましいなんて思っていなかったと思いますね。多少皮肉っぽさも感じるけど、それも、ポールなら許してあげるわ、なんて思うのであります。


これが、その「リチャード・コーリー」です。1分39秒当たりでポールが「ジョン・デンバー」って歌っています。


ポールがこう歌ったのも、ジョンがポール作品を数多く歌い、「マザー・ネイチャーズ・サン」なんか、ビートルズを超えちゃっていますものね。ポールなりの返信みたいなものを感じます。

それと、世界中ジョン・デンバーのライブツアーを追っかけている方の記事をネットで見つけました。

今はその記事の場所を見つけられないのですが、ジョンがイギリス・ツアーの時に「マザー・ネイチャーズ・サン」を歌う前にポール・マッカートニー作品と言って紹介したのですが、そのあとで言い直して、「ポール・マッカートニーじゃなくて、サー・ポール・マッカートニーです」というと、聴衆がどっと受けたということですね。

ポールはイギリスのエリザベス女王から貢献したことで、「サー」「勲功爵」なんですよね。イギリス来たからちゃんと丁寧に呼ばないとね、なんて感じでしょうか?

もし、ジョンとポールが会ったらどんな会話をしたんだろうかって思います。ぜひ、会話して欲しかったですね。



ウイングス・オーヴァー・アメリカ


ロッキー・マウンテン・ハイ(紙ジャケット仕様)



ザ・ビートルズ・アンソロジー3(期間限定)

追伸:このブログは2月27日に閉鎖しようかと思っています。

最後の応援クリックしてくださると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

関連記事

comment

Secret

2018.02.20.21:09

ジョンはポールと共演したかったのかな~?
やはり色々歌を取り上げたという事は、したかったんだと思いますよ。
ポールだけでなく、もっと様々なアーティストとも…
ただ自分ら外のモンには分からない、実現にはちょっとしたタイミングみたいなの?があったんじゃないかと。

それにしても、マザー・ネイチャーズ・サンはホントにお見事ですよね。
ジョンが歌うと全ての楽曲が、ど真ん前から日差しを浴びたように輝きますものね。

そういった意味では、デュエットする時、お相手のどちらの雰囲気に寄せるかで考えちゃう場合もあるかなぁ…とか(笑)

ポールからジョンに曲を書いて欲しかったなぁ…

今年もあたたかくなったら、ジョンの日差しのカタマリのような曲を
出かけた先、野外で聴くのが楽しみです。

おはようございます。

2018.02.21.11:03

私は洋楽への扉が小4の時のモンキーズ。
扉から一歩踏み出してレコード買い始めたのビートルズ。
ジョンデンバーはポールの曲?を取り上げてるけど・・・。
ジョン(レノン)の曲やジョージの曲よりポールの曲が断然
似合ってる感じがします。
ジョンはバラードもあるけど寂しい、ハリソンも似合いそう
な曲もあるけど・・・。
注:ジョンの曲ポールの曲。ポールの色が濃いって解釈。
夢の競演はタイミングでしょうね。
マネジャーやプロモーションの会社が同じになったとか
たまたまスタジオが同じ等。
幻のセッション・お蔵入りの競演音源は残念ながら聞いた
ことないですね。

マザー・ネイチャーズ・サン

2018.02.22.18:38

ジョニー C. 様

これは、あくまでもこっちの勝手な想像に過ぎないのですが、どちらからのオファーでもOKが出たんじゃないかと思っています。

ビートルズの中でポールが一番ジョン・デンバーとつながるんですよね。相通じるところがあったと思います。

ポールもこの「マザー・ネイチャーズ・サン」に関して「あっぱれ」と思っていたと思いますね(^^♪

お互い別の分野でそれぞれ大物だから一緒のセッションって難しかったのかも。

でも、こうやって、それぞれのコンサートの中で意識していたところがいちファンとして嬉しかったですね~~~(*^^*)

ポール・マッカートニー

2018.02.22.18:41

おやじさん、

そうそう、そうなんです。おっしゃる通りです!

ポールの曲もキャラもジョン・デンバーが一番似合っているんです。

ジョージとジョン・デンバーは同い年だけど、それでもポールのほうが似合っていますよね♪

たまたま同じスタジオで録音とか、出会いがあればね。でも、アメリカとイギリスだから、なかなか出会いがなかったのよね。

プロデューサーのチョイスにもよりますしね。
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。