ジョンのメモリアルデーに寄せて・・・・・・

2016.10.12.19:00

jd bufoukan 1975 1


今年もこの日が来てしまいました。

ブログを立ち上げたばかりの頃は気合を入れてスペシャル記事を書いていたのですが、最近は複数の仕事を持つ女になってしまい、なお且つ、ボランテ活動まで始めてしまい、ほとんどな~んにも記事の書けないマーヤです。ぐすん。

でも、ジョンのこの日を忘れた訳じゃないんです。今のところ、ジョンに関する記事その他の整理をしなくちゃいけないな~って、思って空き部屋にすべてを広げています。・・・がその整理をする時間がない、全然ないんです。

そんな訳で私の頭の中の思いといっちゃあなんですが、ささやかな思いをこの記事の中に込めていこうとそんな感じですので、良かったら、見にきてくださいませませ。

ジョンが亡くなったのが、1997年の10月12日。でも、これってアメリカの時間でして、日本時間では13日になるようです。
だから、今から書いても間に合いますよね。

娘が産まれて、まだ授乳とかしていた時代だったと思いますが、子育てに追われて半分、半狂乱の時代でした。

夜に主人がか帰ってきて、「ジョン・デンバーが亡くなったって・・・」なんて、言われて目の前が真っ暗になってしまったんですよね。

あの日に目の前が真っ暗になったJDファンがいったい何人いたんだろう。

ジョンの追悼番組、ジョンの追悼番組と心の中で唱えて探し廻るのですが、いっこうに見つからない、息苦しい日々を思い出します。

もしも、このときにアメリカに友達がいれば、アメリカでどんな風にテレビなどで事件のことなど報道されていたとか、様々は情報も得ていたんでしょうけれども、何も得られないまま、1年位が経過してしまったと思います。

パソコンも持っていなかったしね。パソコンがあれば、だいぶ違ったかも・・・・。

闇雲に電話帳を探したり、CDショップを探したり、レコード会社に電話をかけたり、血眼に探すってこんなことなんだろうなって思いますね。

私がこうしてブログを立ち上げたのも、ジョンにとって「悔いのない人生だったんだろうか?」という問いによるものでした。

十分ではないものの、いろんな本を取り寄せたり、CDを聞いたり、解説を読んだり、ジョンの過去の映像を見たり、他のブログやホームページを見たり、ジョンのライブのMCを翻訳したりして、かすかだけども、ジョンの思いに近づけたのだろうか、と思ったりもしています。

いろんな人が登場するDVDなんかでは、ジョンの愛したアニーさんが、ジョンはやりたいことをすべてやったと言い切ったけれども、ジョン自身の気持ちはどうかな。本当のところはどうなのかな?でも、本当にいろんなことをやってきて、楽しいことも、悲しい事も人一倍経験できたんだと思うわけです。

本来なら80代くらいまで、生きたほうが悔いはなかったと言えるんじゃないかと思う。だから、早すぎた死であったと思うんです。

でも、フェイスブックでも、120万人以上の人がいいね!ボタンを押していますよね。ジョンが亡くなって、もう19年も経つというのに、今でも懐かしむファンが世界中にいますよね。すっごいことだと思います。

因みに来る10月16日(日)に銀座タクトで、かんとりー道路にジョン・デンバー追悼コンサートがあります。悲しみのジェットプレーン誕生50周年ライブと題して午後1時より開演となります。今からでも行けそうな方が銀座タクトに電話して行ってくださいね☆彡
http://www.bekkoame.ne.jp/~nisenora/takeru-liveinfo.html


では、本日のジョン・デンバーの歌は「古いギター」です。おばあちゃんからもらったギターをなくしてしまい、その後奇跡的に見つけて、できた美しい曲です。70年代には最後に必ずジョンは歌っていましたね。懐かしい歌です・・・・。
じっくりとお聞きくださいね(^^♪

https://www.youtube.com/watch?v=zlKLtnbU0xE
This Old Guitar - John Denver





An Evening With John Denver


ランキングのブログラムはやめて、ブログ村だけにしました。応援クリックしてくださると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
関連記事

comment

Secret

19回目の命日

2016.10.12.22:56

マーヤさん

ご無沙汰しています。お元気ですか?
JOHNがこの世を去ってもう19年もたつのですね。
いつの間にか私たちもJOHNの年齢を超えてしまいましたが、あの頃の音楽を聴いていると心はいつでも昔に帰ることができます。
今日はこの大好きな曲を聴いて、JOHNを偲びたいと思います。
お忙しそうですが、どうか無理しすぎないでくださいね!



ジョンを偲んで

2016.10.13.00:46

マーヤさん

お元気ですか?
度々体調を崩されていると、このブログを通じて存じております。
その度に、きっとジョンの歌声に何度も励まされて、
元気づけられてきたのではないでしょうか。

僕も同じです。ジョンの澄み切った歌声と心地いいメロディには、
いつも癒されています。
それは、ジョン・デンバーに出会った2000年から16年間変わらずです。

そういえば、1997年10月夜、ジョンの墜落事故を報道するニュースを
テレビでチラリと見た覚えがあります。

その時は、「この人が誰かは知らないけれど、有名人なんだ。
カントリー・ロードを歌っていた人なんだ。」ぐらいの軽い気持ちでしたが、

今や、ジョン・デンバー無しでは生きられない日々を過ごすなかで、
ジョンが他界されたことで「もう二度とお会いすることができない」苦しみで、
何度も涙を流し、一時期はふさぎ込んでいました。

生前のジョンの生き様を知りたいがため、ジョンに関する書籍を買い漁り、
ジョンのCDやLPをコレクションし、ジョンの映像を探し求めてきました。
でも一番の楽しみは、実際にジョンにお会いしたことがあるファンの皆さんから
「あの時のジョンは、こ~だったよ!」とエピソードを聴けることです。
そこには本や映像だけではわからない、等身大のジョンの生き様が知れるからです。

今日に限らず、「ジョン・デンバー」を聴かない日はありません。
お陰で、最近のJ-POPSのアーティストが分からず、友人との会話についていけず・・・。
カラオケで歌えるレパートリーはだんだん古くなってきました。(笑
「ジョンのカラオケがあったら良いのに!」と、何度思ったことでしょう。(笑

最近はFACEBOOKのお陰で、世界中のJDファンと交流したり、ジョンの弟のロンさんや
バンドメンバーだったアーティストたちと会話できるのが楽しいです。
今でも、数えきれないほど多数の人々に、ジョンが慕われていることが分かりました。
それほどジョンの存在が大きいのだと思います。

ジョンの生き様に感銘を受けて、飢餓撲滅運動(ハンガー・プロジェクト)や
植林運動(PLANT IT 2020)、ピース・クロスなど人道的な活動が世界中で広まっています。
僕も休日を利用して、何か自然保護や動物愛護、社会に貢献できるボランティアを始めようと
思っています。少しでも、ジョンが生涯を通じて世に伝えたかったメッセージを酌んで。

マーヤさんのブログはいつも楽しみにしております。なかなかコメントできていませんが。
健康第一です。どうかご自愛ください。「This Old Guitar」は僕の一番好きな歌です。
素敵な動画をありがとうございます。

masassaより

19回目の命日

2016.10.13.09:57

おつきみ様

ご無沙汰しております。

月日が経つのは早いものですね。淋しいもんですが、ジョンのファンの皆さんと知り合えたのが、ジョンからの素敵な贈り物だったと思っています。

今日は事情があって、あまり長く書けないのですが、おつきみさんも健康第一でお過ごしくださいね(^^♪

ジョンを偲んで

2016.10.13.09:59

MM様

非常に丁寧なメッセージをありがとうございますm(__)m

このメッセージと同じくらいの返信を書きたいのですが、今日は切羽詰まった用事があり、できません。

また日を改めて書かせていただきますね。

Forever John!

ハートを込めて・・・☆彡

お久しぶりです♪

2016.10.14.00:01

今晩は♪

私は、TVでジョンの自家用飛行機が墜落し、亡くなったと知りました。
あのジョン・デンバーが死んだ?とショックでした。

私は、アコギ・オタクですが、色々なギターを弾いた訳ではなく、動画を見て「これは、〇〇社の、〇〇モデルだな?」と思いながら音を楽しんでます。

この記事でも、最初の画像が<プロに評価が高い>ギルドの12弦ギター、最後は、おばあちゃんからもらったギター、たぶんギブソンでしょう?
このおばあちゃんのギター、私の耳からすると<凄くいい音>とは言えないと思いますが、長い年月色々な空気を吸ってきた、とにかく『優しい音』だと思います。


マーヤさん、頑張ってますね!
私は、首、腰の椎間板ヘルニア、右膝痛の為、やむなく明後日退社します。

色々悩んだってしょうがないし、言い訳をしてもしょうがないので、<バンジー・ジャンプ>を飛ぶことにしました。

シューズ・メーカー、ナイキ社のキャッチ・フレーズ『JUST DO IT』です。

なお、このコメントに返コメントはいりません。

マーヤさんも、身体を壊さない様にね!

私は、私の道を行きます。


ご無沙汰です

2016.10.16.20:33

前の記事にコメントしたのですが、捜査ミス?だったのか、届いてなかったようです。
御体大切にされてくださいね。
こちらは休日はなかなか天気が思わしくなく、この季節は田舎にバイクで出て、ジョンの歌を聴きたいのですが、それが叶わず残念です。
今、あげていただいた古いギターを聴き、ジョンの歌声に耳と心を傾け、相変わらずのバタバタした日常でも一時、深く深呼吸できた気分です。
ありがとうございます(*^^*)

ジョンを偲んで(続き)

2016.10.18.07:52

MM様

コメントをありがとうございました。

昨年は転職した関係で2回ほど、風邪をひいてしまいましたが、もうだいぶ慣れてきたので大丈夫です。ご心配をおかけして、すみませんでした。

こちらのブログもお休みばっかりですが、更新のたびに来てくださる、ファンの方々には、厚く御礼申し上げるばかりです。

ジョンのことについて調べると、やはり温厚で真面目な人でしたね。その一方弱さも脆さもありました。ある意味、すっごく人間らしい人だったと思っています。

本当は集めた原書をきっちり読みたいのですが、多忙であることと、趣味の読書が日本語に偏っているところに問題があります。

もうちょっと英語の読解力を身ににつけて、すらすらと原書が読めると壁が乗り越えられるのですが・・・。

なにはともあれ、英語が好きでここまでこれたのも、ジョンのおかげだと思っています。

素敵な仲間に出会えたのも、ジョンのおかげですね。

今、生きている仲間たちとの出会いを大切にしながら、今日も過ごしていきたいものです・・・・。

お久しぶりです♪

2016.10.18.08:00

TOSHINOSUKE様

ご無沙汰しております。返信いらないと書いてありましたが、やっぱり返信しますね。

ジョンが亡くなってショックだった人はたくさんいると思います。日本ではニュースがちょこっと出ただけで、悲しみをシェアできませんでしたが、アメリカでは大変な状態だったようです。

ジョンの飛行機が落ちた海岸にファンが集まり、皆涙にくれていたそうです。そんな様子を日本のテレビでも報道して欲しかった。ここは日本なんだって、嘆くことしきりでした。

でもね、こうして、ブログを通じていろんな音楽ファンの皆さんの交流ができるのですから、それは、それでよかったと思っています。

TOSHINOSUKEさんの椎間板ヘルニアの具合がだいぶ悪いですね。どうか、お大事になさって、早く治してくださいね。痛くて本当に辛いと思います。私も一度腰の椎間板ヘルニアになり。一生ダメ化もしれないと、思うくらい痛かったです。

どうか、気落ちなさらずに、心は元気を保っていてくださいね(^^♪

ご無沙汰です

2016.10.18.08:08

ジョニーC.様

お体の具合はいかがですか?どうか無理しないでくださいね・・・。

今日も本当は爽やかな秋なのに、真夏日になるそうです。ちょっと異常気象が続きすぎですね。

早く秋らしくなって欲しいものです。

このシーズン、コロラド、アスペンは爽やかを越えて、涼しくって、夜中は氷点下にまで気温が下がるようです。雪はまだでしょうけれども、クリスマスの到来をいち早く感じられるんでしょうね。

暑い寒いに左右されちゃう、か弱い私たちですが、笑顔で乗り切りたいですね。

どうぞお体大切になさってくださいませ☆

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック