スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまえが大きくなった時 ペガサス かぐや姫 ジョン・デンバー

2014.08.01.08:36

ご無沙汰しております。

長い梅雨も終わって、夏たけなわですね。いかがお過ごしでしょうか?

スイカを食べたり、海で泳いだりしていますか?私は山に住んでいて、海から遠いので、泳ぐ機会があまりないのですが、山の暮らしもいいもんです。

ジョン・デンバーの歌を聴いていますか?

ジョンの歌からどんな歌を連想しますか?

私はかぐや姫の南こうせつさんの歌とジョンの歌に共通点を見出しています。あなたの連想する歌は何ですか?


「ペガサス」(Pegasus)はジョンの絶頂期に作られたアルバム「心の詩」の中にある歌です。ジョー・ヘンリー作詞、ジョン・デンバー作曲ですが、静かな高原とか、渓谷だとか、子供たちの笑い声やお喋りが聞こえてきそうな美しい曲です。もちろん子供たちも歌っていますし、ジョン自身も子供たちの共演を楽しんでいた様子がうかがえるのです。

一方、「アルバム「かぐや姫・今日」の中にある「おまえが大きくなった時」は南こうせつさんの作詞作曲ですが、愛する子供に語り掛けるような温かなイメージのある曲です。

この二つの歌がなぜか私の中でオーバーラップしています。

悲しい辛い事件ばかりの今の時代にあって、優しい温かい心を失いたくないと切なる思いがあるのです。


静かなひと時にお聴きくださいね☆


おまえが大きくなった時 かぐや姫 南こうせつ
https://www.youtube.com/watch?v=d5p-HP1BqU0


ジョン・デンバー ペガサス
https://www.youtube.com/watch?v=Y3d-esn98Rw


Pegasus

Peaceful valleys, animals and children asking me,
tell the story that you told of sailors drinking tea.
Tell the one about the man who saddled up the wind,
Pegasus and flying fish and woodmen made of tin.

A kid knows what he wants to be before he's nine or ten,
cowboys, clowns and men of war, someone else's friend.
But nine grows into big boy's pants and then to scars and pain.
Twenty's fast and hard as nails but doesn't come again.
There's days to fall and days to rise and days for making haste.
Days for seeking out yourself but no days you can waste.
Night times filled with love so good it aches to rest it down.
Endless hallways dark with sleep and rivers dark with sound.
Peaceful valleys, animals and children asking me,
tell the story that you told of sailors drinking tea.
Tell the one about the man who saddled up the wind,
Pegasus and flying fish and woodmen made of tin.

Children climbing on my arms, pigeons on my head.
Get thee up my little man and dream a dream instead.
Dream a dream of rocking chairs and flying through the night.
Then dream until the morning's gone and turned the dark to light.
Then come and get your daddy if he hasn't blown away.
Rock him in your children's hands and help him find his way.
Take him to your hiding place and let him come inside,
he'll never tell your secret, cross my heart and hope to die.
Peaceful valleys, animals and children asking me,
tell the story that you told of sailors drinking tea.
Tell the one about the man who saddled up the wind,
Pegasus and flying fish and woodmen made of tin.
Pegasus and flying fish and woodmen made of tin.

おまえが大きくなった時

おまえが大きくなった時
あの青い空に
白い飛行機が
夢を運ぶだろうか

おまえが大きくなった時
あの枯れた大地に
咲いた名もない花が
命を語るだろうか

ごらんあの街を あかりがゆれている
おまえのあたたかい この手を握りしめれば
ああ 聞こえるふるさとのうた




かぐや姫・今日(紙ジャケット仕様)
かぐや姫・今日(紙ジャケット仕様)

心の詩
心の詩

ランキングに参加してます♪
クリックをしてもらえるととっても励みになりま~す(^^)/
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン


関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

comment

Secret

2014.08.04.09:42

ペガサス ははじめ、ラジオでアルバムほぼまるごと放送した時録音し、何度も繰り返し聴いた特別な曲です。

夜、休む前に聴くと心が休まるんです。
電気を消した天井を通り越して、星空が見えるようで─

演奏も前作「風の詩」とは違ったシンプルな編成で、ジョンののびやかな声が前面に出た、そこに集中して心を持っていってもらうみたいな、素敵なアルバムですよね。

ありがとうございます。

今年の夏、休みがとれたらまた、この曲で星空を眺めに行きます(*^.^*)

No title

2014.08.05.09:42

お久しぶりです。

ジョンデンバーの声って、ほんと温もりがあっていいですねぇ。
ペガサスを聴いて、またぞろ感じ入ってしまいました。

そうでしたか、「おまえが大きくなった時」とかぶるんですね。ほぇー。
こうせつさんのこの曲、非情に大きく包み込む懐みたいのを感じます。そのところ仰っしゃる通りジョンと重なりますね♪
こうせつさんは「心や身体のよりどころ」のようなものを「ふるさと」に置こうとする方法論を取る傾向がありますが、でも、たんなる郷愁ではないところが凄いと思います。何というかDNAレベルでの「ふるさと」を血に求めるような・・・あんまり深く入ると仏法の世界になっちゃうか(^^;
でも、「よるべきところ」「よりどころ」「かえるところ」を定義するってのはとても大切なことですよね。ジョンにも文化こそ違いこそすれ、そう言った世界観がある気がしています。

久々に心和む楽曲に触れることができました。ありがとうです♪

こんにちは~(^^♪

2014.08.06.14:44

ジョニー C. 様

ご無沙汰してます。返信遅くなり、すみませんm(__)m

このアルバム、私も何度も聴きました。もうアルバムを聴かなくても、心の中で生きていますね~♪

夏の星空にも合いますよね☆☆☆

夏休みはいつからですか?大雨で近くでも避難勧告が出ていました。でも、もう大丈夫でしょう・・・。

雨ばかりの今年の夏ですが、もう少し晴れたら、夜空を眺めたいものですね(^^)/


> ペガサス ははじめ、ラジオでアルバムほぼまるごと放送した時録音し、何度も繰り返し聴いた特別な曲です。
>
> 夜、休む前に聴くと心が休まるんです。
> 電気を消した天井を通り越して、星空が見えるようで─
>
> 演奏も前作「風の詩」とは違ったシンプルな編成で、ジョンののびやかな声が前面に出た、そこに集中して心を持っていってもらうみたいな、素敵なアルバムですよね。
>
> ありがとうございます。
>
> 今年の夏、休みがとれたらまた、この曲で星空を眺めに行きます(*^.^*)

こんにちは~~(*^^)v

2014.08.06.14:53

のんき様

本当にお久しぶりで~っす!のんきさんのところも時々覗いているのですが、足跡もつけず、そろ~っと見ていてすみませんです・・・・。

ジョンの歌なんですが、こうせつさんとジョンが被ると思うのは日本人だけの話しで、ジョン自身はそう思っていなかったようです。身長もだいぶ違うしね。

でも、お互いに環境問題に対する熱い思いがあり、自然を愛し、守っていきたいという共通点があり、すごくいい関係を築いていたようですね。

お互いの作品もだいぶ違うと言えば、違うのですが、高音に特徴のあるところとか、微妙に似ているところもあります。シンガーソングライターだから、あまり似ていると困るんでしょうけれども、真似でもなく、それぞれは確立した美しいサウンドをもっているのですから、これで良しっていうところですよね。

ジョンもこうせつさんもお互いのふるさとを大切にしながら、そして、子供たちの行方も希望のある世界にもっていきたいという思いの表れなんだと思います。

大雨で、出かけられない日々なんですが、そろそろ空も青空が見えてきそうです(*'▽')


検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。