スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと嬉しすぎましたかね?こうなったら、やるっきゃないです・・・。

2013.05.31.06:58

ポピー


嬉しくで思わず書いちゃったのですが、こう書くと中身はこれからですね。なんて期待されてしまいました(汗)

確かに第9章でJohnというタイトルになっているのですが、実はその次の章もジョン・デンバーにまつわる記事になっています。ずばり、Perhaps Loveです。

ミルトン・オークンとリチャード・スパークスの対談形式の本なのですが、実はアニー・デンバー、プラシド・ドミンゴ、りー・ホールドリッジなどのメッセージも入っていて、かなり中身の濃い内容になっています。

これをキチンとした日本語に訳すとなるとかなりの時間と労力を必要とします。

各賞は以下の通りです↓
1.Pete Seeger's Boot
2.Dean Dixon's Gift
3.A Summer Job
4.Mrs.Roosevelt's Song
5.Beelejuice,Beatlemania
6.An Unexpected Success
7.Two Rabbis and a Hooker
8.Another Rabbi-and a Yogi
9.John
10.Perhaps Love
11.Number One
12.Along the Cherry Lane
13.Foreign Fields
14.Placido and the Chipmunks
15.Ones That Got Away
16.Manager and Muppets
17.The Music and the Business
18.Other People's Stories
19.Music Lessons


これをキチンと訳すとなるともしかするとフルで頑張っても1年以上かかるかもしれません。でも、ジョン・デンバー・ファンのみなさんは美味しいところだけでも知りたいと思いますよね。なので、ちょこっとだけでも訳していこうかと思っています。

今日のところはエンジンをかける段階です(笑)

エンジンがかかったかな?

ミルトン・オークンはジョン・デンバーがプロ歌手としてデビューする前からその不慮の死の直前まで深いかかわりがありました。まさに生き証人ですよね。今こうして改めてそんな思いでいます。

そんなわけですので、楽しんで読んでみたいですね☆



Along the Cherry Lane: Tales from the Life of Music Industry Legend Milton Okun
Along the Cherry Lane: Tales from the Life of Music Industry Legend Milton Okun


ランキングに参加してます♪クリックをしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン
関連記事

theme : 音楽家の自伝
genre : 音楽

comment

Secret

2013.06.04.00:12

…なんか、ムチャさせちゃイカンと思い、
…だからなのか、皆さんコメント書き込まないのは??
…でももうマーヤさんの文書だけでこっちまでワクワクしてきて(笑)

頑張ってね~でも無理しないでね~
(*^▽^)/★*☆♪

うふふ(#^.^#)

2013.06.04.06:34

ジョニー C.様

いろいろとご心配をかけちゃったかしら?大丈夫ですよ♪

いえ~いv-221

美味しいところだけをつまみ食いしちゃいますので、お楽しみにねv-392
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。