スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな曲ランキング第3位!

2012.12.13.06:58

ダリアー9
ダリア・・・ちょっとうつむき加減の姿にいとおしさを感じるのですが・・・。


好きな曲のランキングも徐々にアップしてとうとう3位にまで突入してしまいました。多忙のマーヤでも、ちょっとこんな感じだとアクセルを踏みつづけることができそうです♪

私の大好きな曲のうちのある1曲、・・・それは、「ボーイ・フロム・カントリー」(Boy From The Country)です。ジョンのコアなファンならきっとお気に入りの1曲に違いありません。マイケル・マーティン・マーフィーの作詞作曲による作品で、マイケルのアルバムにジョン自身も友情出演しているものもあります。ジョンの愛したコロラドの出身で、コロラドの美しい自然がこの歌の隅々まで響きわたっています。

ジョン・デンバーの来日公演でもこの「ボーイ・フロム・カントリー」を歌っていましたね。ジョンの自伝的歌だともジョンが語っていました。森を兄弟と呼び、大地を母と呼んだある一人の人物のことを歌っています。その人ことジョン・デンバーでもありましたね。

コロラド・アスペンでの映像、鷲やふくろうや鹿などの動物達も登場します。かなり変わった色味のギターを弾いているシーンがありますが、そのギターの銘柄のわかる方はいらっしゃいますか?ジョンはギターコレクターでしたね。聞きどころ、見所満載の動画です。ゆっくりと、まったりとご覧くださいませ


http://www.youtube.com/watch?v=YyzzmA21D4I
John Denver live in Aspen - Boy From The Country (1980)



Some Days Are Diamonds
Some Days Are Diamonds
ジョン・デンバー・ライヴ(紙ジャケット仕様)
ジョン・デンバー・ライヴ(紙ジャケット仕様)



ランキングへの応援もよろしくお願いしま~す(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン
関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

comment

Secret

ああ…[i:63916]ホントはこれも(笑)

2012.12.13.20:51

マーヤさん、こんばんは。
ボーイ・フロム・カントリー 大好きです
今年夏、山や田舎への外出時は、「夏」やこの「ボーイ・フロム…」をヘビロテで聴いてました。

そしてもう一曲が、自分が3位に選んだこれ「岩を砕く花のように」です。

「ボーイ・フロム…」や、この曲を聴きながら、山道を走り、花の写真を撮っていると、空も木々の青さも一層優しく感じられます。
うつむいたダリアも素敵ですね。
ジョンのように自然のちょっとした表情を目に留めるマーヤさんの写真、次回も楽しみにしてます(^O^)

"この曲"ですか(^_-)

2012.12.13.23:09

良いですね~☆

うっとりしてしまいました!
その焚火の周りに座りたいですねv-345
この曲は、ラストがまた素敵なんですよ~(^_-)-☆

マーヤさんに言われて…ちょっと
私のベスト10も思い浮かべてみましたが、
無理そうです。

だって、
この曲も、私は思いつかなかったかも知れませんが、
こうして聴いてしまうと、迷ってきますもの。。。
とっても決められません、私。
マーヤさんはエライ!!

白いダリアも清らかで、少し儚げでいいですね。


いよいよベスト3ですね

2012.12.14.01:03

これは「An Evening with John Denver」で初めて聴きましたので、わりと最初の頃からよく聴きました。
まさに、ジョンそのものを歌った歌ですね。
のちに「Some Days Are Diamonds」にも収録されたりしているので、ジョン自身もお気に入りだったのかなと思いました。

ちなみに私もベスト3なら選べそうです。
私の3位は「Come and Let Me Look in Your Eyes」

山の麓でも似合います♪

2012.12.14.06:36

ジョニー C.様

そうでしたか。花を愛でながらのジョンの歌声は空を飛ぶ鳥達も喜んでいたでしょうね~v-218

「岩を砕く花のように」も視野にあるのですが、言われると出しにくくなります(笑)でも、本当にサイコ~ですよね☆

このダリアがジョンの心境を表しているよにうに思えてアップしてみました。実際に見る花の姿と写真に撮った姿とそれぞれの表情がたまらないですねv-352

ボーイ・フロム・カントリー

2012.12.14.06:41

kutakuta様

この曲はよくブログで取り上げていながら、結局あんまり解説していませんでした。思い入れが強いとかえって解説できないんですよね。でも、理屈抜きで素晴らしい曲だと思っていますv-218

まぁ、おっしゃるとおりで、見てしまうと迷いますよね。私も迷ってばかりですが、見切り発車のランキングでもいいかなぁなんてねv-415

このダリアも1枚の写真にすることによって、物語になるんですよね。カメラ女子冥利につきますv-344

An Evening with John Denver

2012.12.14.06:44

はたのっち様

そうです。ジョン・デンバー・ライブのお陰だと思います。テープがすり切れるくらい繰り返し聴きましたから。

私も歌の才能があれば、絶対に歌いたい曲の一つですね♪

v-254はたのっちさんのランキングもあとで教えてくださいね。皆さんのランキングを合わせてみると面白そうです

良い!!

2012.12.16.12:18

私もこの曲大好きです!
昔も、今も、この先も、ずっと好きでいられる自信ありです。
あと、「カナダの寒い夜」も、はずせませ~ん。

こんにちは~☆

2012.12.19.15:18

あつこ様、

返信遅くなり、すみませんm(__)m

この歌、いいですよね。気持ちがいいというのが大きなポイントですよね~v-398

「カナダの寒い夜」もグーですv-221特にこんな寒い季節には欠かせないです。この歌詞の訳のことで、辞書を引いたり、アメリカ人の友人にアドバイスももらったりとか、思い出もいっぱいありますねv-47v-344

この曲を聴くと

2012.12.20.00:51

日本でのコンサートを思い出します。
初めて行った最初で最後のJohnのコンサート。周りのお客さんの迷惑も顧みず大きな声で歌っていました。

An Evening with John Denverの中のBoy From The Country、
この曲を聞いて「絶対John Denverのコンサートへ行くんだ!と決心した曲です。

最後のフレーズ「He Loves The Sun」ここが大好きです!

He Loves The Sun

2012.12.20.07:02

たーやん様

この曲はジョンの心そのものの歌でしたね。これほど、ハマった曲はあったのかしらと思うくらい素晴らしい曲でした。作者のマイケル・マーティン・マーフィーはどう思っていたのかしら?彼は今も健在ですものね。

ラストのこの部分は私も大好きですよ♪コロラドの美しい風景が目に浮かびますよね~v-344
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。