スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反戦歌特集

2012.08.17.07:32

8月15日は終戦記念日ということで、もう過ぎてしまったのですが、反戦歌特集を組みました。実は私が戦争体験がなく、そして両親も戦場に行ったこともなく、空襲などの怖い経験もないです。母方の祖父は腕のいい料理人で、兵器を持つことなく、兵士達に美味しい料理を振る舞っていたそうです。そんな訳で戦争についてよく知らない私が何かを語れるかというと何も語れません。

でも、戦争はいわゆる戦争だけでなく、人生の戦争もあるし、核兵器の問題もあるし、昨年の原発震災のことも含めてそういったことを反対するという路線でお話していこうと思っています。

まずは、かぐや姫の「あの人の手紙」です。伊勢正三作詞、南こうせつ作曲の作品です。かぐや姫唯一の反戦歌ですが、個人的には私と仲の良かった友人がアコースティック・ギターでジャンジャカとストロークを効かせてよく弾き語っていた歌です。この歌を思いだずとこの懐かしい友人のことも思い出します♪

あの頃はこの歌の悲惨さについて思うこともなかったですが、歌詞の内容は極めて悲しい戦争の現実を表しています。1枚の手紙で戦争に駆り出されたということですね。実際には直接本人に会って招集されたようですが、こんなひどい経験は他にはないですよね。日本では敗戦で戦争を放棄しましたが、世界中で戦争があるので、全ての戦争を終わらせない限り真の平和は来ないです。

https://www.youtube.com/watch?v=GH2mQW6B7k8
あの人の手紙


ピート・シーガー作の「花はどこへ行った」ジョーン・バエズが力強く歌っています。
https://www.youtube.com/watch?v=Lz_eJqQCCig
Joan Baez - Where Have All The Flowers Gone



ピーター・ポール&マリーは「悲惨な戦争」というダイレクトなタイトルの歌を歌って,戦争反対を人々に訴え続けました。
https://www.youtube.com/watch?v=Fto9ji994JY
Peter, Paul and Mary - The Cruel War


トム・パクストン作の「ジミー・ニューマン」です。ジョン・デンバーが歌っていますが、「起きろ、ジミー・ニューマン」という最初のセリフですが、戦争に行ったジミーはすでに亡くなっているのですね。
https://www.youtube.com/watch?v=pz5ZDIiDE5A
John Denver - Live at the Apollo Theater (10/26/1982) [7/11] Jimmy Newman


ジョン・デンバー作詞作曲の「レット・アス・ビギン」は核兵器撲滅を力強く訴える歌でした。素晴らしい歌なので、シングル・カットして欲しかった1曲です♪
https://www.youtube.com/watch?v=vCR0sHBrNKs
John Denver - Let Us Begin



We Shall Overcome「勝利を我らに」はもともと賛美歌でしたが、ピート・シーガーが歌い、ジョーン・バエズが歌い、反戦歌として有名になりました。この歌を中川五郎さんが原発反対の歌として新たな詩を書きました。この辺りは興味深かったので、興味のある方は以下のリンクやユーチューブの映像もご覧くださいね♪

こちらは中川五郎さんのWe Shall Overcome「大きな壁が崩れる」に関する記事のリンクです↓
http://www.majix.jp/artist_content/935
http://midiinc.com/cgi/contents/magazine.php?id=826

https://www.youtube.com/watch?v=9x5EfwlhGIM
We Shall Overcome 2012 中川五郎 大きな壁が崩れる



こちらはご本家ピート・シーガーによる「勝利を我らに」です。彼は今年で93歳です。大正8年生まれです。高齢でもお元気でシンガーとして頑張っているのは、私達にとっても大きな励みになりますよね♪奥さんは日系アメリカ人ですが、ピートに強い影響を与えたそうで、素晴らしいですね☆
https://www.youtube.com/watch?v=QhnPVP23rzo
Pete Seeger - We shall overcome



原発反対のデモが各地で行われていて、多くの方々が参加されています。悲しい現実ですが、10万人、20万人と多くの人が参加しても政府は原発をやめようとしません。原発を廃炉にすると大赤字になるようです。原発を続けても人類に害を与え、やめても赤字で国家は破綻するのでしょうか?初めからこんなものを作らなけりゃ良かったのです。ある意味、戦争よりももっと恐ろしいのが原子力発電なのです。昨年の原発震災があってから、いろいろと調べてみてそんな事実がわかりました。


原発をすべてやめるべきだと思っています。でも、原発反対を唱えてもやめてはもらえない。原発反対のデモに参加でも原発はやめられない。すると、どうしたらいいのか、その答えはまだ出ていません。

でも、これまでの日本の歴史、人類の歩んできた歴史に目をむけるチャンスとなりました。そして、これからどう生きるかを各自が真剣に考える時がやっと来たと言えるでしょう。

その時は今なんです!




はじめまして・・・かぐや姫フォーク・セッション
はじめまして・・・かぐや姫フォーク・セッション
ヴェリー・ベスト・オブ
ヴェリー・ベスト・オブ
One World
One World
Rare, Live & Classic
Rare, Live & Classic Joan Baez
明日への希望
吉祥寺フォーク・ナイト SEALS RECORDS10周年記念LIVE
吉祥寺フォーク・ナイト SEALS RECORDS10周年記念LIVE
ザ・コンプリート・ボウドイン・カレッジ・コンサート 1960(2CD)
ザ・コンプリート・ボウドイン・カレッジ・コンサート 1960(2CD)


ランキングへのポチッとよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン




関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

comment

Secret

ジミー・ニューマン

2012.08.17.21:18

懐かしいですね、私の拙い訳詞を思い出してしまいます。
「かぐや姫」私が中学3年生の頃ラジオからよく流れていました。

私が反戦歌と思われる曲に出会ったのは中学1年生の時、音楽の時間に先生が「さとうきび畑」(歌 上條恒彦)を教えてくれました。
あの頃の音楽の時間は先生が「フォークソング」をよく聴かせてくれました。クラッシク等は余り聴かなかったなぁ。
私の音楽への感受性を決めてくれた先生でした。感謝してます。

私にとっての反戦歌はジョンレノンの「Imagine」(これを反戦歌と呼んでいいのかは判りませんが)です。

フォークソング

2012.08.19.06:28

たーやん様、

ジョンのジミー・ニューマンって、字義通りに起こしているのかと思っていました。英語がわかると違うんでしょうね~。

音楽の時間にフォークソングですか?私のころにはフォークソングは全然登場しなかったように思います。もし、フォークソングを歌い、そのエピソードを話してくれたら、面白かったでしょうね☆彡

ジョンレノンの「Imagine」も入れるつもりで忘れてしまいました(>_<)これもそうだと思います。いつかまたですv-221

命よりお金に走った政財官

2012.08.24.14:17

マーヤさん、お久しぶりです。
猛暑が続く毎日ですが、お元気ですか !!

本当に、今考えるいいチャンスでもあります。

総理官邸前集会には、今までデモにも参加したことのない、お父さん・お母さん・子供達・お年寄りの方々来ています。すざましいパワーです。

この「反原発・脱原発」のパワーに、政財官は国民に何ら実態を指し示すこともできず、大飯原発の再稼働を強行しました。

音楽家の坂本龍一氏は「フクシマのあとに声を発しないことは野蛮である」と語っています。
傍観者にならないよう私たちは生きなければならない宿命を負わされているのです。

今回の反戦歌特集とても良かったですよ。

反戦歌

2012.08.24.22:57

今晩はお久しぶりです。
先月父が亡くなったり超多忙で久しぶりの書き込みになりました。ぺこり
ロンドンオリンピックのポールあたりで書き込みしたかったです。
反戦歌
ジョンの「平和を我等に」になるかな?
邦楽だと好きと言うより印象に残ってる歌。
新谷のり子だっけな「フランシーヌの場合」
高田渡の「自衛隊に入ろう」
加川良の「教訓Ⅰ」

こんにちは!

2012.08.26.06:17

タウン・ワンダー様

ご無沙汰しておりますm(__)m

今、原発反対のデモ集会に非常に多くの方々が参加されていますね。今まで国民全体が無関心でしたから、大きな進歩だと思います。でも、政府が全然応じてくれず、原発再開という最悪の展開になっていますね。

でも、あきらめずに反対の意思表明を国民全体が表明するべきだと思います。

本当になんとかしたいですね。

ご無沙汰しております。

2012.08.26.06:26

oyajisann様

お父様がお亡くなりになり、心よりお悔やみ申し上げます。

oyajisannのブログも以前訪問したときに書き込みしようと思っていたのですが、落ち着いてからのほうがいいかと思い、そのままになってしまいました。

大変なところ、ご訪問いただき、ありがとうございますm(__)m

ポールの開会式のヘイ・ジュードが良かったですね。oyajisannへの応援歌でしたね♪

随分いろんな方々が反戦歌を歌っているのですね。勉強になりました。今度聞いてみたいと思っています☆

日本の原発、世界の戦争が早く全てなくなるよう、みんなで協力しあえればいいなと思っています♪

No title

2012.08.30.22:51

私には、やっぱり「 Where Have All The Flowers Gone 」「We Shall Overcome」ですね。そして「Blowin in the wind 」も…。http://www.youtube.com/watch?v=AW6NVcqcRVE&feature=related ごく私的には中島光一「大きなうた」http://www.youtube.com/watch?v=1ms3KVP63ek 

Blowin in the wind

2012.09.02.06:04

テ某様

やはり青春時代によく聞いた曲が一番の思い出になるんでしょうね♪

「花はどこへ行った」が戦争のことを歌ったものだと知ったのは、このブログを開設した後のことでした。学校の音楽の時間で習ったのかどうかもはっきりと覚えていないのですが、美しいメロディーのフォークソングだと思っていたのです。でも、歌詞をちゃんと読んでいくとわかるんですよね。

世界中の戦争や原発をやめない限り、真の平和にはなりません。ジャーナリストの山本美香さんの死を無駄にしたくはないと、そう思っています。

No title

2012.09.04.14:55

ご無沙汰しております。

特集の流れから離れてしまうのですが、
こんな映画がアメリカで公開されているそうです。
ちょっと恐い『悲しみのジェットプレーン』・・・

http://youtu.be/zn8xlOMpoLg

こんにちは!

2012.09.06.05:52

Aventurine様

ご無沙汰しておりますm(__)m

ご紹介ありがとうございます♪

この映画はアメリカの映画ですが、監督さんは日本人なのですね。今年放映予定が来年に延期となったのですね。

ちょっと動画を見ましたが、ストーリーがよくわからないのですが、ホラー映画だそうで、ホラーはちょっと苦手です。

やっぱり心がほっくりと温まる映画を見たいものですねv-238
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。