スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブのおしゃべりーMC日本語訳 ライブ・イン・バーミンガム(その2)

2011.07.01.06:00

さてさて、昨日の続きです。Around The Wlord Live John Denver DVD - Live In England(Birmingham)1986のライブMCの後半部分になります。元気のいい歌「ワイルド・モンタナ・スカイ」から始まりますよ


Live In England(Birmingham)1986【第2部】
Song #13 Wild Montana Skies
こちらはアイルランドでのライブ風景です。若者たちの熱狂ぶりが見ものですね☆
http://www.youtube.com/watch?v=1lw8M2boilc


Yeah. Ms. Elizabeth Lammers, ladies and gentlemen.
素晴らしい。皆さん、エリザベス・ラマーズさんです。

Woke me right back up, I’ll tell you , God.
なんということか、完全に復活ですね。

One, two, three, four.
いち、に、さん、し。

Song #14 Relatively Speaking

Yeah. One, two, three, four.
いいねー。いち、に、さん、し。

Song #15 I’d Rather Be A Cowboy

I would like you to welcome my string quartet, ladies and gentlemen.
みなさん、四重奏の皆さんをお迎えください。

Paul White on first violin, Basil Barker on second violin, Richard Muncey on viola, Robert Glenton on cello.
第一バイオリンにはポール・ホワイト、第二バイオリンにはベイジル・バーカー、ヴィオラにはリチャード・マーシー、チェロにはロバート・グレントンです。

Song #16 How Can I Leave You Again?

Thank you.
ありがとう。

Song #17 I’m Sorry

Yeah.
そうですね。

Song #18 Shanghai Breezes

Thank you.
ありがとう。

So, this song is called “Fly Away” and I want all of you ladies, all of the ladies, to sing Olivia’s part.
さて、つぎの曲は「フライ・アウェイ」と呼ばれるものですが、皆さんすべてのご婦人方、すべてのご婦人方にオリヴィアのパートを歌っていただけたらと思います。

We have two beautiful women to lead you through this. So I hope that we can hear you. Ready? Ha,ha,ha.
皆さんをリードしてくれる2名の美しい女性がいます。だからきっと皆さんの歌声が聞こえるものと思います。いいですか。は、は、は。

Song #19 Fly Away
http://www.youtube.com/watch?v=dBVkTdJ_80A&feature=channel_video_title


Yoh! Ms. Conrad Reeder, ladies and gentlemen, and Elizabeth Lammers.
やったね。皆さん、コンラッド・リーダーさんでした。そしてエリザベス・ラマーズさんでした。

And how about a hand for the string quartet.
さらに四重奏の皆さんが退場されます。拍手をお願いします。

Ha, ha. This is my favorite love song. It’s called “My Sweet Lady”.
は、は。 次は僕の大好きなラヴソングです。「マイ・スウィート・レイディー」という名前の曲です。

Song #20 My Sweet Lady

We always say that children are the same all over the world.
僕らは世界中どこでも子供達は同じだってことを言いますね。

Of course they are, the birth cry of every newborn baby is the same.
もちろん彼らは、すべての新生児の産声は同じですよね。

But how often have you heard it said that parents are the same all over the world?
でもみなさんは、世界中どこでも親達は同じだと誰かが言うのを、どのくらい聞いたことがありますか。

They are … grandparents are the same; lovers are the same everywhere.
彼らは・・・おじいさん達とおばあさん達は同じです。恋人達もどこに行っても同じです。

When you speak from the heart, it is heard with the heart. And only the truth exists in the heart.
皆さんが心から話しかければ、聞く人も心から聞いてくれるものです。そして真実のみが心の中にあるのです。

Song #21 Heart To Heart
Song #22 Rocky Mountain High
Song #23 Annie’s Song
http://www.youtube.com/watch?v=Jk-blXQjN-8



One, two, three. Two, three, four.
いち、に、さん。に、さん、し。

Song #24 Calypso

(God bless you. ?????????????? )
(神の祝福を!※多分こう言っているのだと思います。)(この部分が聞き取れた方はメールにて知らせていただけますと幸いです♪)


Thank you.
ありがとう。

Please help me thank once again the finest bunch of people that I know in the world.
僕が知る限り世界で最高の人々にもう一度お礼を言わせてください。

Ms. Conrad Reeder, Mr. Denny Brooks, Ms. Elizabeth Lammers, Mr. Glen D. Hardin, Mr. Jerry Carrigan, Mr. Jerry Schef, Mr. Jim Horn. And Mr. James Burton.
コンラッド・リーダー女史、デニー・ブルック氏、エリザベス・ラマーズ女史、グレン・D・ハーディン氏、ジェリー・キャリガン氏、ジェリー・シェフ氏、ジム・ホーン氏です。そしてジェイムズ・バートン氏です。

Wow. You’ve been awfully.
なんと。皆さんとっても心優しいですね。

(Audience)Love you!
(観客)愛してる!

Ha,ha. It goes both ways, pal. Thanks.
は、は。どちらの意味にもとれるね。ありがとう。

I’d also like to ask if you would join me and thanking the people who work behind the scenes in our program and who make it possible for us to come out and just play this music.
僕らのコンサートの裏方として努力してくれた人々、そして僕らがここにこうしてやって来てこんな音楽を演奏することを可能にしてくれた人々に対して、僕と一緒に感謝の気持ちを表していただけると幸いです。

I’m blessed in my life by the quality of people that I’m able to work with, and please join me in thanking all of them.
僕は一緒に仕事をする上ですごく能力の高い人々に恵まれています。どうぞそんな人々すべてに僕と一緒に感謝の気持ちを表してください。

Song #25 Peace

So I’d like to close our concert the way I have since I was here in Europe, about 3
and a half years ago, doing solo tours for the first time: 2 songs, and a poem.
それでは僕がソロコンサートを行っていたおよそ3年半前に、ここヨーロッパに来て以来ずっと続けてきた方法でこのコンサートを閉じたいと思います。それは2つの歌と一編の詩で閉じるものです。

The poem says:
その詩はこんな風に始まります。

There’s a name for war and killing
戦争と殺戮には名義がある

And there’s a name for giving in when you know another answer
そして別の解決策を知っているのに屈服するための名義がある

For me, the name is sin
私にとっては、その名義は罪というものである

But there is still time to turn around, make all hatred cease
しかしそれでもなお振り返って、すべての憎しみを止めるチャンスはある

And give another name to living and we could call it peace
そして生きることに別の名前を与えよ。それは平和と呼ばれるものである。

And peace would be the road we walk
そして平和こそ我々が歩む道なのだ

Each step along the way
我々が歩みを進めるにつれ

Peace would be the way we work
平和こそ我々が働く道なのだ

And peace the way we play
そして平和こそ我々が遊ぶ道なのだ

And all we see that’s different and all the, excuse me, all the things we know
そして私達の目に異なって見えることすべて、そして、失礼、私達が知るすべてのこと

Peace would be the way we look and peace the way we grow
平和こそ我々が視線を向ける方法、平和こそ我々が成長するその方法なのだ

There’s a name for separation
隔離には名義がある

And there’s a name for first and last, when it’s all of us or nothing
そして、最も大切な時、初めと終わりには名義が存在する

And for me, the name is past
そして私にとってはその名前は過去である

But there is still time to turn around
しかしそれでもなお振り返るチャンスはある

And make all hatred cease
そしてすべての憎しみを止めるチャンスはある

And give a name to all the future, and we could call it peace
そしてすべての未来に名義を与えよ、そして我々はそれを平和と呼ぶことができよう

And if peace is what we pray for, and if peace is what we give
そしてもし平和が我々が祈り求めるものであるならば、もし平和が我々が与えるものならば

Then peace will be the way we are
それならば平和は我々がなすべき道となろう

And peace the way we live
そして平和が我々が生きる道となろう

While there still is time to turn around and make all hatred cease
それでもなお振り返り、そしてすべての憎しみを止めるチャンスがあるならば

Let’s give another name to living, and we can call it peace
我々が生きる術に別の名前を与えよう、そして我々はそれを平和と呼ぶことができるであろう


Song #26 It’s About Time
http://www.youtube.com/watch?v=t8TJp82fYHs&feature=channel_video_title


Yoh. Thank you.
やった。ありがとう。

I look forward the whole night for this.
そこにいる皆のために歌ったんだよ。

Song #27 Perhaps Love
http://www.youtube.com/watch?v=-9GePJCDtGY&feature=channel_video_title


Good night, everybody. God bless you all.
皆さん、おやすみなさい。 皆さんすべてに神の祝福がありますようね。

Thank you very much. Thank you very much. Good night, everybody.
どうもありがとう。  どうもありがとう。   皆さんおやすみなさい。


Bonus Songs

Good evening, to all of you, Brummies.
皆さん、こんばんは。

Was that right?
この言い方であってるの。

How about Brummigin?
「ブロミギン」はどう。(注;バーミンガムの皆さんと呼びかけているようです)

I got the wrong information backstage.
どうも後ろで間違えたことを教えてもらったみたいですね。

Or maybe it was a little bit right.
あるいはもしかしてちょっと正しいかも。

Welcome, anyway.
とにかく、ようこそおいでくださいました。

Song #28 Boy From The Country.

So these are some more songs from The Dream Land Express album: a little touch of rock’n roll in here.
さて、アルバム「ドリームランド・エクスプレス」からあと何曲かお送りしましょう。ここで少しロックンロールのフレーバーを入れてみます。

This is an old Every Brothers’ song called Claudette.
これはエヴァリー・ブラザーズのナツメロの一曲で「クラウディット」という曲です。

Song #29 Claudette
Song #30 Don’t Close Your Eyes Tonight

Wow!
おー。

Around the World Live [DVD] [Import](ボーナストラックなし)
Around the World Live [DVD] [Import]
ライヴ・イン・ジャパン 1981 [DVD]
ライヴ・イン・ジャパン 1981 [DVD]
John Denver - Around The World Live [DVD] [NTSC](ボーナストラック付き)
今日もよろしければ、応援クリックをよろしくお願いしま~す☆
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

ブログ拍手へのクリックもよろしくお願いしま~す
関連記事

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

comment

Secret

Re:

2011.07.06.08:04

やっぱり英語圏に生まれたかった(笑)
コンサートに行っても、MCは、「Thank You」「Next Song」位しか判らんからなあ~(笑)

フランス語なら判るんだけど~
そうでも言わんと、青い眼をしたハーフというのが嘘と思われるから(爆)

私もです・・・、なんて♪

2011.07.07.05:40

JOHN BEATLE LENNON様、

もし、JOHNさんが英語圏に生まれていたら、今頃英語でブログ書いていますわ・・・。どんなブログか読んでみたいものです(笑)

> コンサートに行っても、MCは、「Thank You」「Next Song」位しか判らんからなあ~(笑)

日本生まれの日本人は大体そんなもんです。日本語と英語が違いすぎるんですよ。しょうがないですよね♪


> フランス語なら判るんだけど~

私、イタリア語ならわかるんだけど~(爆)


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。