スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故について思うこと

2011.03.30.09:06

東日本大震災が勃発してから2週間を越え間もなく3週間になろうとしていますが、なんだか悪夢のような日々でした。テレビのニュースやインターネットの情報に振り回されて、いったいどうしたらいいのかわからない状態が続いています。

そういった日々模索していたところ、原子力発電所に長年勤めていた平井憲夫さんの書いた記事を読み、定期点検工事を素人にやらせているというところに危機感を覚え、また原発で働く作業員に「絶対安全」だと洗脳教育を5時間もかけておこなうという点も恐ろしいと感じてこのままではいけないという思い、ネットショップを中心に原発関係の本を取り寄せました。というのも、ネット上の記事に対して、あれは嘘だとか間違いだとか様々な意見が飛び交っていてどれが本当かよくわからないからなのです。とにかく裏付けとなる資料をできるだけたくさん得る必要があると強く感じたからなのです。

3冊注文して1週間でやっと2冊届きました。あともう1冊はもう少し待たないといけないようです。それと近くの図書館で原子力関係の本を検索したところ数百冊の本がありましたが、その中から良さそうな本を10冊予約しました。自宅から遠いので最寄の図書館から借りられるようにしています。届けば図書館から連絡が来るはずです。


さて、3月29日(火)の朝日新聞の「私の視点」というコラムでこんな投稿がありました。

「危険ではない、問題はない」と専門家は繰り返す。しかし、素人目には時々刻々と事態が悪化しているように見える。何を信じ、どう行動すべきなのか分からない。福島第一原子力発電所の事故に関する報道を前に、多くの人が困惑している。
 私は2006年から福島原発の立地地域で原発と社会の関係について調査を進めてきた。住民に「近くに原発があって怖くないのか」と問うと、多くの人が「原発事故の確率より、外を歩いていて交通事故にあう確立の方が高いから大丈夫」「東電さんがちゃんとやってくれているから何も問題はない」と答えた。・・・(中略)・・・素人には理解しがたい高度な科学技術の結晶である原発に向けられるまなざしは、「国が、東京電力がやっているのだから信じるしかない」というある種の「信心」だ。日本全体を、この種の根拠のあいまいな「信心」が覆ってきた。・・・(以下略)朝日新聞 私の視点 開沼博 2011.3.29)



現在日本では54基の原子力発電があります。日本は第2次世界大戦において原爆により多大な被害を受け、戦争を放棄しました。広島・長崎に原爆を落とされて、核兵器、放射能の恐ろしさも他のどの国よりもわかっているはずです。ところが原発の職員も福島の住民達も国がやっているなら大丈夫、東京電力がやっているなら大丈夫を思い込まされてされているのですね。核も原子力も英語にすれば、ニュークリア(nulear)で同じですが、日本語に直すと核は危険なもの、原子力は安全だと思ってしますのです。上記の投稿ですが、東大大学院で社会学を学んでおられる開沼さんのオピニオンですが、まさにその通りだと思いました。

3月27日に銀座で原発反対のデモ行進がありました。「再処理とめたい!首都圏市民の集い」が主催で約1200人の市民が集まり、銀座から東京電力本社前を通って日比谷公園まで約3キロを歩いたということです。

いっぽうドイツでも3月26日に反原発のデモがありました。デモはベルリン、ハンブルク、ケルン、ミュンヘンの主要4都市で行われました。約25万人もの市民が集まったようです。

この人数だけ見ても日本人とドイツ人との意識の差を感じますよね。日本人ももっと目を覚まさなくちゃいけないと思っています。ただ、銀座のデモは4年前から毎月おこなわれている定例のデモでいつもは30人くらいしか集まらないそうなので、市民の意識も高まってきたのでしょう。それにしても日本人は控えめ過ぎますよね。

原子力発電はもうすべて停止するべきでしょう。もちろん、今すべてを停止すると電力が不足するという問題がありますが、そういった問題もすべて国任せ、電力会社任せでは日本人の尊い命が危ないのです。もう任せきりというのはやめてそれぞれが自分の目で確かめてみる時がきました。書店では原発関係の本がまったくといっていいくらいないのですが、これこそ日本人が安全神話に騙されていた証拠なんだと思います。皆さんもぜひとも自分自身で情報を集めてどれが正しいのかを判断してみてください。

ジョン・デンバーは生前、核兵器撲滅のために歌を作り、その推進のため全力を尽くしていました。また自然環境保護という立場から非常に熱心に勉強されていたそうなんです。もし今も生きていれば、原発反対を提唱していたことでしょう。

さて私が購入した本についてですが長くなりましたので、また後ほど書きますね。

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

一番下の関連記事はfc2が機械的に選ぶので、あんまり関係のない記事が載っているので、こちらに関連記事を載せます。原発ではなく原爆ですが・・・。
原爆の日特別番組 64年目の夏~被爆者からのメッセージ~
関連記事

theme : 環境・資源・エネルギー
genre : 政治・経済

comment

Secret

知らなさすぎ!

2011.03.30.12:21

私も含めて、今度の事故で、ほとんどの人が原発について無知だということが判明しました。
あまりに平和に暮らしすぎて恐さを忘れています。知ろうともしていなかった。
私の父は、広島の原爆でなくなった人の後片付けをしましたので、原爆当日は、広島にいなくても被爆と同様の状態になり、体に紫の斑点が出たそうです。そのせいか、59才で逝きました。だから、私も厳密には、被爆2世です。
たまたま、PP&Mで平和を歌い、Powerという曲で原発反対の歌を歌っていますが、おとどしからメンバーが広島在住であることから、夏の広島ライブも定例化してきたのも、何かの縁のような気がします。
これからも、もっと原発の恐さ、反対を歌って行きたいと、改めて思いました。

2011.03.30.21:09

私は原発の見学会で、原子炉の上を歩いた経験があります。
洗脳されてた証拠かな・・・

Power

2011.03.31.08:48

maryppm様

お義父様は、広島で大変なお務めをなさったのですね。原爆の放射能は、随分長いこと大気中に残っていたのですね。

日本は平和だとずっと言われ続けていましたが、広島長崎に投下された原爆よりはるかに多くの廃棄物を国内に抱えています。何万年もそのまま残ってしまうそうなんです。人の良い東北の方々が、都合のいい話ばかりを聞かされて、実は非常に危険なものであることを知らなかった。
もはや日本人のみならず、世界中の人々が原発の危険性を目の当たりにしました。これからもPPMのPowerをずっと歌い続けてくださいね。

原子炉

2011.03.31.08:56

ohk様

原発の見学会に参加されたのですか?

安全であることを強調していたのでしょうね。

それにしても原子炉の上を歩いたとは…。

遅過ぎの感はありますが、今ここで情報収集して対策を考えたいですよね。日本の未来のために…。
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。