スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポップス部門ボーカリスト賞受賞!1975年のときめき♪

2011.01.18.06:29

あふれるばかりの洋楽で満ちていた70年代にバック・トゥ・ザ・フューチャーしましょう!

最近、Youtubeメインの動画アップが少なくなってきたので、久々に懐かしいジョン・デンバーのあふれんばかりの笑顔を見てまいりましょうね

ジョン・デンバーが一番輝いていた年と言えば、1975年でした。ありとあらゆる賞を総なめにしてしまった年です。この年の映像が日本語字幕付きであるとは・・・。登場アーティストも凄いものです。いきなり、オリビア・ニュートン・ジョンがプレゼンテイターとして登場しています。ダニー&マリー・オズモンドもプレゼンターとして登場していますし、見ごたえがありますね☆

ボーカリスト賞の候補にはジョン・デンバーの他にエルトン・ジョン、チャーリー・リッチ、マール・ハガード、ニール・セダカなどで、街頭でのファンのジョンに対する評価も見ものですね。会場にはカーペンターズの姿も見えますし、う~ん、凄い時代ですよ、この時代は・・・。


街頭はファンが、こんなことを言っていますね。

「ジョン・デンバーよ 彼はセクシーだわ ヘアもボディもステキ」

「ジョン・デンバーよ 彼のラブソングは今までで最高だわ」

「エルトン・ジョンね そうね、キュートなところが好き」

「文句なし、エルトン・ジョンよ」

「二ール・セダカが好き セクシーだわ」

「二ール・セダカよ 彼はロマンの時代から活躍して、今の時代にも受けているわ」

ジョン・デンバーのことをセクシーだわ、って言っているところがいかにもアメリカらしいなぁと思うのです。

ジョンのはち切れそうな笑顔がたまらなく嬉しいですね

今回は様々な受賞シーン、ポップス部門ボーカリスト賞など、いくつかの映像の組み合わせになっています。ぜひともご覧くださいね☆


http://www.youtube.com/watch?v=Amf_xqYPXmc&feature=related
John Denver at an American Music Awards Ceremony.


ランキングへのポチもよろしくお願いしま~す
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
ブログ拍手も良かったら、クリックお願いしま~す

関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

comment

Secret

オズモンドブラザーズ

2011.01.18.11:27

アメリカユタ州にBrigham Young Universityという大学があります。かのモルモン教会が運営する大学です。そこの地理学科にアメリカを代表する地政学者のRussel Horiuchi博士という日系の教授がおられると聞いて2年間籍を置きました。その時にマリーとダニーオズモンドが同じ大学にいました。彼らは日本ではカルピスの宣伝で有名になったと思います。時々キャンパスですれ違ったことがあります。マリーは一度結婚したのですが、離婚したようですネ。オーレムという町に彼らのスタジオがあってカルピスの広告を作りに来たと言う日本人たちとも会ったこともあります。
因みにケント・ギルバートは私の同級生でもあります。頭が良くて、女の子たちからも持てていましたね。

Peaceful

2011.01.18.16:19

う~ん・・・セクシー(笑)日本人の(私の?)感覚とちょっと違うような・・・?私から見たらジョン・デンバーさんがキュートです。N.セダカさんもある意味キュート。(笑)でもセクシーとかは・・・?アメリカではブロンドに青い瞳が人気があるのはわかりますが・・・(笑)
ところで、この頃の時代ってとても平和な感じがします。私のJ.デンバーさんのイメージは、まさにこの雰囲気ですね。そういえばO.N.J.さんとJ.デンバーさん、Fly Awayでデュエットしましたよね。懐かしく思いました。マーヤさん、今日も面白いお話どうもありがとう。

今でも思うのは

2011.01.18.21:07

この時代に、多感な十代を過ごし洋楽に興味を持ち、その興味に価する沢山のアーティスト、音楽に出会えたことが本当に幸せだった事。
多分、今でも素晴らしい音楽はあるのだろうけど、私にとってはあの時代がBestです!(懐メロジジィって呼ばれても構わんモン!)

ピッカピカ!

2011.01.18.23:33

ほんと!ピッカピカに輝いていますね[絵文字:v-290]
受賞のコメントに彼の誠実さを感じました。

当時私は、JohnDenverだけに夢中で・・ほかの歌手の歌は詳しくないんです。
この時代の洋楽をもっとしっかり聴いておけば良かったと思いますね。

オズモンド・ブラザース☆

2011.01.19.06:36

新垣 巽様

凄い大学に在学されていたのですね!
な、なんとマリーとダニーオズモンドも同じ大学だったなんて・・・。

カルピスのコマーシャルでのオズモンドブラザースって、懐かしいですよね~v-272

あの時代は、サミー・デイビスJrがサントリー、グレン・キャンベルがコカコーラとかいろんなコマーシャルに有名シンガー達が登場した黄金の時代でしたよね。今ではちょっと考えられないですが、いい時代でしたねv-218

>ケント・ギルバートは私の同級生でもあります・・・

ケントと同級生だなんて、驚きですね~。大橋巨泉さんの番組も面白い外人タレントさんがいっぱいでしたね☆

キュートですね(笑)

2011.01.19.06:47

愛美様

そうですよね~☆これはきっと当時の流行りの表現じゃないかしら?何かとセクシーという風潮があったのかもしれません。ちょうど、日本ではなんでもかんでも「かわいい~!」っていうでしょ!そんな軽いノリに違いありません♪

>アメリカではブロンドに青い瞳が人気があるのはわかりますが・・・(笑)

これは確かにそうだと思います。私の友人のフランス系のアメリカ人が「ブロンドに青い瞳」にあこがれていたのに、こんな人と結婚しちゃったって聞いたことがあります。そのお相手は「茶髪に茶色の瞳」の方だったのです。魅力的な人でしたけどね~☆

私にとっては「ブロンドに青い瞳」も「茶髪に茶色の瞳」も同じようなんですが(笑)、やっぱり別格なのかな?

>この頃の時代ってとても平和な感じがします。

この時代もいろいろとあったけれども、今の時代があまりにもひどい時代なので、余計に平和だと感じますよね。

>私のJ.デンバーさんのイメージは、まさにこの雰囲気ですね。

日本の大方のJDファンのイメージがこんなジョンの姿じゃないかと思います。あの笑顔にほだされますよね~v-398

時よ止まれですよね☆

2011.01.19.06:50

たーやん様、

おっしゃる通りですよね♪

今じゃあ、ビッグヒットがなくなって、飽和状態に時代になってしまいましたもの。

あの時代はいろんな新しいものが生み出される魅力に満ちた時代でしたねv-221

今でもあの時代を楽しめるのはありがたいですよねv-269v-22

キラキラですね☆

2011.01.19.06:54

kuta kuta様

こんな映像を日本でも放映していたのですね~v-212

私は見ていなかったんで、感激もひとしおでした♪

ジョンの笑顔にいやされますよね☆v-411


>当時私は、JohnDenverだけに夢中で・・ほかの歌手の歌は詳しくないんです。

私もジョン中心でした。ラジオを聴いていたので、かろうじて少しは他のシンガーも知っているのですが、他の洋楽ファンの方々と比べると少ないほうかもしれません。

でも、今はYoutubeで結構いろんな歌を映像付きで見られるので、ラッキーだなぁって思いますv-341

分かります!

2011.01.19.08:44

70年代サイコー!!ですよね。
75年・・・こちらは一気にターニングポイントの年でもありましたが、J.Dさんはキラキラですね~。

やっぱり、~授賞式とかノミネートに名前があったりすると、ファンとしてはドキドキしてしまいますよね。
この瞬間って、アーティスト本人と一心同体な気がします。

ほっほぉ~

2011.01.19.09:58

なんか、映像見てるとつい最近のような気がしてきちゃうから恐ろしいな(笑

セクシーかぁ・・・個人的にはジョンの喜びようとかは「Oh!Boy~!」な茶目っ気さにインパクトを受けるんですけどねぇ。

エルトン・ジョンがノミネートされてるってのも面白かったです。

確かにあの時代。

私が「ヤング・センス」という雑誌を買って、カポタストを3カポにセットして、一生懸命スリーフィンガーを練習していた時代。

「中級チャレンジ」で5カポで「スカボロフェア」を苦労して覚えようとしていたあの時代が、鮮明に思い出されてしまいました♪

・・・もう弾けないし(^^;

ドキドキの受賞式☆

2011.01.20.06:03

Layla様

70年代っていうと、なんていうか洋楽オンパレード、夜空に輝く星の煌めきっていうか、これさえあれば生きていけるっていう凄い時代でしたよね~v-354v-353

>やっぱり、~授賞式とかノミネートに名前があったりすると、ファンとしてはドキドキしてしまいますよね。
>この瞬間って、アーティスト本人と一心同体な気がします。

そう、どうなるかなぁ~なんていうトキメキ・ハイテンションの瞬間でしたねv-315

ふっふ~☆

2011.01.20.06:12

のんき様、

つい最近か~、うん、そうですよね。もしかしたら時間が止まっているのかも・・・うちらだけ(笑)

ジョンの底抜けの明るさが時代を照らしたんだなぁ、なんて思っています♪

>エルトン・ジョンがノミネートされてるってのも面白かったです。

実はエルトン・ジョンとジョン・デンバーがシングルの首位争いをしていたのがこの時代なんですよね。全然雰囲気が違うかもしれないけれど、明るいキャラに共通するものを感じますよね~v-411

>私が「ヤング・センス」という雑誌を買って、カポタストを3カポにセットして、一生懸命スリーフィンガーを練習していた時代。

実はワタクシも有り金はたいてギターを買い、指にゴムを巻きつけて、練習していたこともあるんです。

楽譜はジョン・デンバーをサイモン&ガーファンクル・・・、レベルが高すぎました(笑)


POP最後の年代

2011.01.24.10:42

私的には70年代、POPって言葉がしだいに使われなくなった時代。
廃刊になったMUSIC LIFUEもPOPジェネレーションのためのから
ROCKジェネレーションのためのにいつの間にか変わっていきました。
でもヒットチャートは健在。上がり下がり毎週気になりました。
その反面シングルじゃなくてもアルバムにこんな良い曲入ってる。
シングルから次第にアルバム志向に。
またヒットしてなくてもこんな素敵なアーティスト、アルバムあるんだ
と発掘する楽しみありました。
当時エルトンがアルバム、初登場1位と言う快挙成し遂げてびっくり!
そしたらジョンデンバーのLIVEも初登場1位ほんと輝いてましたね。

POPからROCKだったんですね☆

2011.01.25.06:16

oyaji910様、

ずっと洋楽の世界を見続けて、聴き続けていらしたのですね♪あの時代はパソコンがないから音楽雑誌って、見るのが楽しみでしたよね。

私の場合、ジョン・デンバーの記事しか読まないので、あんまり詳しくはないのですが、エルトン・ジョンとジョン・デンバーってちょうど同じ時期にヒットを飛ばしていて、ライバルみたいにも見えましたね。私はそう思わなかったけれども、エルトン・ファンの方は少なくともそう思っていたような、いないような・・・。

>当時エルトンがアルバム、初登場1位と言う快挙成し遂げてびっくり!
>そしたらジョンデンバーのLIVEも初登場1位ほんと輝いてましたね。

このアルバムって、間違いなく75年のアルバムのことですね。エルトンのいきなり1位アルバムって何かしら?ジョンのいきなり1位アルバムって、「風の詩」(Windsong)でしょうか?

タイムマシンがあれば、すぐにでも、戻りたい時代ですね~v-30v-456

2011.01.28.20:25

お詫びです。
私の記憶違いです。ぺこり
エルトンの「キャプテンファンタァスティック」はビルボード史上初の初登場1位です。
現在は集計方法変わって珍しくないらしいですが・・・?
75年の素晴らしいジョンデンバーLIVE初登場1位て記憶してたのですが2位どまり。
シングルカットの素晴らしきカントリーボーイの1位になったのと混同かな?
きちんと調べもせずすいませんでした。

アルバムが輝いていましたね☆

2011.01.30.06:23

oyaji910様、

調べてくださり、ありがとうございますm(__)m

このラインキングはどこのランキングなのかしら?ビルボードとかいろいろありますよね~。

「ジョン・デンバー・ライブ」はポップアルバム2位、カントリーアルバム1位とかになっているようですね。それぞれの統計の仕方にもよるんでしょうけれど・・・。

「すばらしきカントリーボーイ」は断トツの1位だったようですね。日本ででは「カントリーロード」が一番有名になってしまいましたが。

>エルトンの「キャプテンファンタァスティック」はビルボード史上初の初登場1位です。

なるほど、ビルボード史上初の快挙だったのですね。洋楽がキラキラしていた時代でしたね!一度聴いてみたいものですねv-354
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。