スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の歌といえば、思い出す歌 「風に吹かれて」&「風の詩」&「風」 ボブ・ディランVSジョン・デンバーVSはしだのりひことシューベルツ

2010.10.01.06:17

「風に吹かれて」という歌は、プロテストソングの代名詞と言ってもいいくらいかもしれません。私が子供時代、プロテストソングもアメリカン・ポップスも洋楽そのものもあまりよく知らなかった頃にすでにボブ・ディランは超有名なアメリカのシンガーであったように思うのです。実際何が何だかよくわからなかったんですが、ボブ・ディラン、イコール「風に吹かれて」でした(笑)図書館にボブ・ディランの確か詩集があったんですよね。もしかしたら、歌詞が難解だったからこそ、学びたいという意欲に駆られるという法則かもしれませんが・・・・。


本日お届けする歌のタイトルはずばり、「風の唄」、じゃじゃ~ん、「風の詩」(かぜのうた)です。ジョン・デンバーが事実上アメリカのトップアーティストとして人気絶頂の頃に出した1975年のアルバム「風の詩」(Windsong)の同名曲で、シングルカットされていませんが、いかにもジョン・デンバーらしい自然界を謳歌したヒーリングミュージックです。この歌をご紹介するにあたり「風の歌って、あったっけなぁ」と思い返すと、まず思いだしたのが、ボブ・ディランの「風に吹かれて」でした。もっともしゃがれたボブ・ディランの歌よりもカバーしたピーター・ポール&マリー(PPM)のバージョンのほうが有名なんですね。

ここで、ひとつの発見がありました。ボブ・ディランはピーター・ポール&マリー(PPM)が「風に吹かれて」をカバーして全米2位にまで行き、そのおかげで有名になりました。時は1962年のことです。そして、ピーター・ポール&マリー(PPM)は「悲しみのジェットプレーン」をカバーして全米1位になり、ジョン・デンバーはシンガーソングライターとして、有名になることができたのです。1969年ですの出来事です。そうです。ボブ・ディランもジョン・デンバーもピーター・ポール&マリー(PPM)のお陰でシンガーとして有名になるきっかけをもらったのですね。

ジョン・デンバーもボブ・ディランもこんな共通点があったんですね。ピーター・ポール&マリー(PPM)って、偉大なプロテストシンガーでもあり、スーパースター発掘シンガーでもあったということです。

続いて、はしだのりひことシューベルツの「風」・・・。この歌、大好きなんです。歌詞を見るとボブ・ディランの「風に吹かれて」を彷彿させるところがあるのですが、やっぱり強い影響を受けて作った作品のようです。風に吹かれて哀愁の気持ちに浸っているんですよね。しっとりとした曲調と口笛が見事にマッチングしています。

次に、ジョン・デンバーの「風の詩」は、ジョー・ヘンリーとの共作で、風に対する哲学的なストリーというよりは、風の持つイメージをあたかも生きている人のごとく表しています。風に吹かれると爽やかな気分になるものですが、その気持ち一言で表すのは難しいものですよね。でも、決して難しい言葉ではなくシンプルな言葉で風の持つエネルギー、メッセージを伝えてくれているのです。そして曲そのものも今、風が自分の目の前に優しくそよいでいるような気持ちにさせてくれるのです。

それでは風からのメッセージ三選をご一緒に詩と歌とを楽しんで聴いて見て読んで味わってみましょう!



風の詩  作詞・作曲 ジョン・デンバー ジョー・ヘンリー 訳詩 マーヤ

風は母なる大地のささやき
風は父なる空の手
風は私たちの苦しみも歓びもしっかりと見てくれている
風は初めて飛ぶことを覚えた女神

風は悪い知らせ良い知らせも運んでくるし
 暗闇を織り、夜明けを運んでくる
風は雨を降らせ、虹を作る
風は最初の歌を歌った歌い手

風は怒りと警告の竜巻
風は刈り取ったばかりの牧草の薫りを運んでくる
風はレーサー 走り回る野生の牡馬
緩やかにすぎゆく夏の日の愛の甘い味

風は街や渓谷の歌を知っている 山の稲妻も 海のうなりも
風は朝を連れてきて、そして連れ去ってくれる
風はすべての自由の象徴

そう、だから風の賢さを受け取ろう 彼女がまた呼んでくれたらそれに応えよう
貴方の心と魂の中にそよ風をそよそよと吹かせよう
そして声を出して風と一緒に歌おう



風に吹かれて  作詞・作曲 ボブ・ディラン  訳詞 恥ずかしながら、マーヤ 

どれだけ歩いたら人として認めてもらえるのか?
白い鳩はどれだけ海を見たら砂の上で眠れるのか?
どれだけ弾丸が飛んだら永遠になくなるのか?
ねぇ、友よ、答えは吹いている風の中
答えは吹いている風の中

何度見上げたら空が見えるのか?
どれだけ耳をつけたら人々の泣き声が聞こえるのか?
どれだけ死んだら気づくのか、あまりのもたくさんの人々が亡くなったと。
ねぇ、友よ、答えは吹いている風の中
答えは吹いている風の中

あと何年くらい山は存在するのか、海に洗われてしまう前に。
あと何年くらい人々は存在するのか、自由を許される前に。
あと何回くらい見えない振りをして顔をそむけるのか?
ねぇ、友よ、答えは吹いている風の中
答えは吹いている風の中



    はしだのりひことシューベルツ 作詞 北山修 作曲 端田宜彦

人は誰もただ一人 旅に出て
人は誰もふるさとを 振り返る
ちょっぴりさびしくて 振り返っても
そこにはただ 風が吹いているだけ
人は誰も人生に つまづいて
人は誰も夢破れて 振り返る

プラタナスの枯葉舞う 冬の道で
プラタナスの散る音に 振り返る
帰っておいでよと 振り返っても
そこにはただ風が吹いているだけ
人は誰も恋をした 切なさに
人は誰も耐えきれず 振り返る

何かをもとめて 振り返っても
そこにはただ風が 吹いているだけ
振り返らずただ一人 一人づつ
振り返らず 泣かないで歩くんだ
何かをもとめて 振りかえっても
そこにはただ風が 吹いているだけ
吹いているだけ 吹いているだけ
吹いているだけ・・・






http://www.youtube.com/watch?v=WMqmrrxeFO8
John Denver.. Windsong


http://www.youtube.com/watch?v=Zhrzs25lwvw&feature=related
BOB DYLAN - BLOWIN' IN THE WIND




http://www.youtube.com/watch?v=buVGukob6bM
はしだのりひこ と シューベルツ 「風」




ボブ・ディラン・モノ・ボックス
ボブ・ディラン・モノ・ボックス(2010年11月10日発売)

はしだのりひこメモリアル・ベスト
はしだのりひこメモリアル・ベスト

風の詩
風の詩


「懐メロ 洋楽」ランキングに参加しています。現在急上昇中で嬉しいです。良かったら、ワンクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

ついでにブログ拍手もクリックしてもらえると励みになります。よろしくお願いします
関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

comment

Secret

ナイスです!

2010.10.01.22:10

マーヤさん、お久しぶりです♪

ナイスな内容ですね!(表現が古い)

風は、そよ風、暴風、順風、逆風、阪神ファンの私にとっては甲子園の浜風・・・(今日負けて、中日優勝)・・・すみません、また、話がそれました。

3人とも全ていいのですが、私にとっては小学生の時、リアル・タイムで聞いていたシューベルツの「風」がなんとも<ほわ~ん>ときます。

それにしても、ジョン・デンバーはどうしてこうも、雄大な詩、曲が書けるんでしょうね?

私も、<風になりたい!>・・・?

自然の風のような・・ジョンです!

2010.10.01.23:58

どの曲も、歌詞の内容が胸を打ちますね。そして、素晴らしい訳詞ですね!ありがとうございます。

私も もう・・”風になりたい”です!

ボブ・ディランは、初めて聞きましたが、反戦歌が多かったんでしょうか?

私は、やっぱり、ジョンが一番です!
私の、大、大、大のお気に入りの曲、「心は翼」も、
このジョー・ヘンリーと一緒に作っていますね!?
彼は、どんな人ですか?

風は人生そのものですね☆

2010.10.02.05:32

kutakuta様

ありがとうございますm(_ _)m

ジョン・デンバーとボブ・ディランの接点って思いつかなかったのですが、風がキーワードになったのがなによりも嬉しいですよね!

それに英語の歌はやっぱり辞書を引いて意味を知ることが大切。曲が素晴らしいので、それだけでもいいけれど、こうして調べてみると、この歌の深さがよくわかりますものね♪
心の翼…私も好きです。ジョー・ヘンリーの書く詩は雄大ですが、ジョンとはその雄大さで繋がっていたんでしょうね~!

ジョー・ヘンリーの詳細については、よくわからないので、こんど調べてみますね(^-^)v

順風・逆風 そして浜風ですね!

2010.10.02.06:04

Toshinosuke様

ナイスコメント、サンキューです!
Toshinosukeさんのワールドから言えばやっぱり風は甲子園の浜風なんですね。阪神、今年は残念でしたが、来年がありますよ♪

シューベルツの「風」はかなりおぼろげなんですが、こうして取り上げてみると歌詞も本当に素敵だなぁと改めて惚れ直してしまいました☆

ジョン・デンバーの「風の詩」はこれ一曲だけにするつもりだったんですが、最近風邪をひいたせいか、内容が拡大されちゃいましました!これってToshinosukeさんのお笑い効果かもしれません(笑)

この雄大な歌はアメリカの大自然そのもの、私も風になってアメリカのコロラドまで飛びたいなぁ~☆

NoTitle

2010.10.02.22:04

でぇっ!!
この記事は正直、新鮮な衝撃でした。
ジョンの「風の詩」とディランの「風に吹かれて」は何とはなしに関連性を考えてたことはあったのですが、シューベルツは迂闊だった!!
確かにマーヤさんの分析を背側すると確かに影響ばっちりな気がしてきました。。。くそう!ン十年目で知る真実!?(^^;

風の影響力は凄い!

2010.10.03.07:47

のんき様

そうでしたか~v-221

「新鮮な衝撃でした」なんて言われちゃうと、フッフッって感じですね。確かにこの記事を書かなかったら、「風」と「風に吹かれて」の関連性には気がつかなかったでしょうね♪

日本のフォークっていうのは、アメリカンフォークに触発されて作品になったものも多いんですよね。ジョン・デンバーの「緑の風のアニー」なんか日本のフォーク歌手に皆さんにとって衝撃的な影響を与えたらしいですしね。

なんて、話が面々と続いて終わりそうもないので、今日のところはこの辺で・・・・v-411

ジョン・デンバーの動画

2010.10.03.10:29

著作権に引っかからなかったら、ジョン・デンバーの曲は、すべて、動画(綺麗な風景写真のスライド)作りしたいですね!
詞がわからなくても、何となく情景が思い浮かぶんですよね!

ボブ・ディランは、歌い方が超個性的ですから、美しいメロディが聴き手に伝わりにくい面があります。
他のアーティストが、カヴァーしてくれることが、これほど有難かった人は他にいないでしょうね!(笑)

はしだのりひこの「風」・・・
こういう曲をリアルタイムで聴けたことを幸せに思います!

とてもいいブログで感激 !!

2010.10.03.12:17

お久しぶりです。お元気ですか?

大変面白く読ませていただきました。

アメリカという国の音楽事情でしょうか、他の人やグループが曲をカバーしてヒットし、後に作者が世に出ていく(本人によってもヒットさせていますが)のですね。


NoTitle

2010.10.03.18:15

なつかしい「シューベルツ」、久しぶりに聞かせていただきました。北山修さんと加藤和彦さんのペアーも素晴らしいですが、北山さんと端田さんのコンビもまた、素晴らしいですね。簡単そうで、なかなか深みのある北山さんの詩に、ものの見事にメロディーをのせる端田宣彦という人も、また、天才ですね。
私もこの歌をリアルタイムで聴くことができた幸せ者です。シューベルツの「さすらいびとの子守唄」もまた名曲でしたよ。

スライドショー、いいですね♪

2010.10.04.06:31

JOHN BEATLE LENNON様

著作権って、国によってだいぶ解釈の仕方が違うのでわからないといつも思っています。ずっと前に新聞に載っていましたが、日本のテレビ局が一番うるさいようですね。

JDの動画美しい風景のスライドショーで作っているファンが全世界にたくさんいるのですが、特に美しいスライドショーは削除されないようです。JOHN BEATLE LENNONさんのセンスの良さを生かしてもらえるのであれば、お願いしたいところですね♪

ボブ・ディランの初期の映像をアップしようと思いつつ、あまりにもガラガラ声なんでやめてしまいました(笑)ご意見に本当に同感です(笑)

>はしだのりひこの「風」・・・
>こういう曲をリアルタイムで聴けたことを幸せに思います!

そうですね~。なんかおぼろげなのは自分が小さすぎたからのようです・・・。

カバーの魅力

2010.10.04.06:37

タウン・ワンダー様

ご無沙汰しております。急に寒くなったので、少し風邪をひいていましが、今ではすっかり元気にしてます☆

楽しんでいただいて、とっても嬉しいですv-22

。アメリカという国の音楽事情でしょうか、他の人やグループが曲をカバーしてヒットし、後に作者が世に出ていく(本人によってもヒットさせていますが)のですね。

こういうヒットって、まだまだたくさんありそうですよね。日本でも調べるとこういうケースがありそうなんで、いろいろと調べてみる値打ちがあると思うんですよね~v-266

2010.10.04.06:42

George様

こんにちは~v-269

>簡単そうで、なかなか深みのある北山さんの詩に、ものの見事にメロディーをのせる端田宣彦という人も、また、天才ですね。

シンプルな詩にシンプルな曲なんですが、シンプルな美しさが大ヒットの要因なんだと思いますよね。

「さすらいびとの子守唄」、後ほどゆっくりと聴かせていただきますね♪

NoTitle

2010.10.08.19:23

風というと「風に吹かれて」が私は出てきてしまいます。
全然リアルタイムじゃないのに・・・。
ジョン・デンバーさんだと「緑の風のアニー」かな?
シューベルツは懐かしいです。
フォークル解散して結成、フォークルの北山さんの作詞。
北山さん今は、たしか九州大の教授ですね。
私、洋楽はビートルズが始まり。邦楽はフォークルなんです。

風に吹かれて~緑の風のアニー

2010.10.10.06:06

oyaji910様

2連発コメント、感謝感激です♪
風の歌はたくさんありますよね。「風に吹かれて」・・・そして「緑の風のアニー」・・・これは原題はAnnie's Songで「アニーの歌」というのがもと歌のタイトルなんですが、翻訳大賞といってのいい位素晴らしいタイトルですよね~v-238

「風」の作詞をした北山修さんって、フォークルっていうバンドされていたんですか?今度Youtubeで探してみますねv-269

NoTitle

2010.10.10.19:26

マーやさん
北山修さんは医者になることを義務付けられていたらしいのですが、それに反発するようにフォークルの活動をしていたようですが、今は精神科のお医者さんであると同時に、大学教授でもありますね。
フォーク・クルセイダーズというグループは当時としては先進的なグループで、「帰ってきたヨッパライ」は今聞いてもすごい曲だと思います。古典やビートルズをお経にのせてしまうなど、まさにサプライズでした。曲作りの中心だったと思われる加藤和彦さんが逝ってしまった今、北山さんの詩にさらに期待がかかってきますね。

訂正

2010.10.10.22:30

北山修さんは10年で九大退職され名誉教授になられたそうです。
北山さんの作品
風、あの素晴しい愛をもう一度、花嫁、戦争を知らない子供たち、さらば恋人
白い色は恋人の色・・・今でも色褪せないエヴァーグリーン。

NoTitle

2010.10.11.08:22

そうですね。もう退職の年齢ですものね。音楽を聴いていると齢を重ねるということを、つい、うっかりしてしまいます。
ありがとうございました。
北山さんの詩、どんなに齢をかさねても、oyaji910さんのおっしゃるとおり、まさにエヴァーグリーンですね。

フォーク・クルセイダーズ

2010.10.11.16:57

George様

フォークルって、フォーク・クルセイダーズのことだったのですね。「帰ってきたヨッパライ」しか知らないのですが、凄い先進的なグループなグループだったのですね。加藤和彦さんが亡くなられて本当に悲しくもあり残念でした・・・。

北山修さん

2010.10.11.17:00

oyaji910様

北山修さんは、風、あの素晴しい愛をもう一度、花嫁、戦争を知らない子供たち、さらば恋人 白い色は恋人の色など、素晴らしい歌をたくさん作ったのですね。どれもこれも印象的な歌ばかりですね☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。