アース・デイ Earth Day

2007.09.06.06:48

昨日のアース・デイ’90(Earth Day '90)の映像を引き継いで、アース・デイの成り立ちについて、説明したいと思います。

「ウィキペディア」より引用します。

1970年4月22日、アメリカのスタンフォード大学の学生であったデニス・ヘイズは、環境汚染に反対する行動を起こすように、全米の大学に呼びかけた。この呼びかけに応じて、約2千万人のアメリカ人が、公園や通りに集まり、健康と環境維持のためのデモを行った。

これをきっかけとして、毎年4月22日をアースデイとして環境問題への関心を示す行動を起こすための日となり、全世界へ広まっていった。またアメリカでは、この行動によって、環境問題に対して人々の関心が払われるようになり、環境保護庁の設置や各種環境保護法が整備された。

日本においては、1990年から、各種イベントが開催されるようになった



という訳で日本で初めて環境保護運動のための活動が始まり、その一つがこのテレビ番組だったのですね!ジョンはこの運動のために「Earth Songs」というリメイク・アルバムも出しています。「ロッキー・マウンテン・ハイ」や「太陽を背にうけて」などの一連のヒット曲の他、「鷹と鷲」、「日食」「ワイルド・カントリー」、「カリプソ」などの美しい自然を讃える歌を歌っています。一方、「黒いカラスの子」ではドラッグや戦争に対する警鐘を歌っています。

1990年以来,日本で活動が始まり現在に至っています。詳しくはこちらをご覧くださいね
アースデイJP(Earth Day Japan)
http://www.earthday.jp/

最後にアルバム「Earth Songs」より、「Earth Day Every Day」の詩をお届けします。

祝福しよう 朝を
夜の湖に浮かぶ水鳥の鳴き声を
夜が明けて間もない光に生まれる夢を
朝を祝福しよう

祝福しよう 生を
子の心に鳴り響く笑い声を
野生の叫びに応えて舞う自由を
生を祝福しよう

祝福しよう 夕べを
太陽がすがたを消すと現れる星たちを
「私たちはひとつ 私たちはひとつ・・・」と
ささやく風を

祝福しよう 地球を 毎日を
祝福しよう 地球を 毎日を
祝福しよう 陸と海とを
祝福しよう 君と僕とを
祝福しよう 地球の日を 毎日を
関連記事

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

comment

Secret

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック