【編集後記 本邦初公開 ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977

2010.05.30.07:31

こんにちは!マーヤです。

5月21日から26日まで5回にわたって、ジョン・デンバーのオーストラリアでのライブのMCの翻訳を初公開しましたが、いかがでしたでしょうか?お忙しくてなかなかDVDをだして見る間もなかったかもしれませんね。でも、今日みたいな日曜日とかちょっとした休日のひと時にジョンのMC翻訳を見ながら、ジョンの歌を楽しんでくださいね。

私も今朝、改めて見てみました。やっぱりジョンは早口にしゃべっていますね。このMCを見ながら、繰り返し見たらものすごく英語の勉強になると思いますよ~

皆さんはどのシーンが気に入りましたか?私は特に「嘘は罪」(It's A Sin To Tell A Lie)のMC部分が気に入りました。ジョンの屈託のない明るさっていうのは、お母さん譲りなんですね。この曲が一番のお気入りだったお母さんのためにジョンが一生懸命にこの曲を練習して、ご両親をアメリカ、ニューヨークのカーネギーホールに招待し、この曲をお母さんのために歌ったんですよね。お母さんは嬉しくて、ワンワン泣いたっていう話にとても感動しました。お母さんをなんとかして喜ばせてあげたいという気持ちが伝わってきますよね。

「生きる歓び」(I Want To Live)の解説もジョンらしい人生観ですよね。世界から飢饉をなくそう、核兵器を撲滅させようというきわめて真面目な話でしたが、これぞ、まさしくジョン・デンバーの生きる道だったのでしょうね。この「生きる歓び」は歌そのものが素晴らしいですが、ジョンのメッセージを聞いてから聴くのと、そうでないのとでは、大きな違いがあると思うんです。

Georgeさんと職場のアメリカ人の講師の方の頑張りでこの翻訳ができあがりました。若干ですが、私も校正のお手伝いをさせていただきました。もうひと方、翻訳のお手伝いをして下さった方もいらっしゃいます。Georgeさんはジョン・デンバーのスタッフの一員になった気分だとおっしゃっていました。非常に地味な作業で、その苦労が傍からは分かりにくいのですが、長時間かかっており、それはそれはお疲れになったことと思います。Georgeさんの労に報いるよう、後ほど総まとめできれば、願ってもないことです。

この場を借りて改めてお礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございましたm(__)m


そして、この一連の記事を読んだ感想を、ぜひともお聞かせくださいね☆

皆さんからのメッセージもお待ちしております

ライブのMCはこちらからどうぞ↓
【本邦初公開 ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977(その1)
【本邦初公開 ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977(その2)
【本邦初公開 ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977(その3)
【本邦初公開 ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977(その4)
【最終回 本邦初公開 ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977(その5)
関連記事

theme : ギター
genre : 音楽

comment

Secret

お疲れ様でした

2010.05.30.08:31

まず、ありがとうです。
ワタクシのような英語がぜんぜん駄目な人にはMCなんて何を言ってるのか知るすべもないのですから、とってもとっても有難いのです。
地道な作業を粘り強く続け、完成させたパワーに脱帽です。

NoTitle

2010.05.30.11:13

ここのところ忙しくて、なかなか日本公演のMCに手がつけられなかったのですが、マーヤさんのアップを読ませていただき、再開しています。
しかし、一人ではどうしてもまちがいが出てしまうものですね。私の勉強にもなります。がんばって、なんとか日本公演、さらにイギリス、そしてDisc4のほうもがんばりたいと思います。
ジョンはイギリス公演ではよく話していたそうなので、ちょっと怖い・・・!?
私のコンピュータはDVDが見れないという、非常に古いものなので、どうしても時間がかかってしまいます。新しいものにしなければやはりだめでしょうかね。
それにしてもジョンはやはり魅力的な人ですね。茶目っ気たっぷりだし、それでいてピシッとしめるところはしめる、だからあんなに人気があったのでしょうね。
昨日、ひさしぶりに車の中でジョンのCDを聞いてみました。それはもう大分後のテイク物だったせいか、かなりこのDVDのジョンのイメージとは違うものでした。しかし、やはりジョンはジョン。本当に惜しい人を亡くしてしまったと思います。

NoTitle

2010.05.30.17:56

英語を勉強したのは34年も前のことで、すっかり忘れていて、訳なんてできる訳もありません。
ですから、今回のを続けて拝見して、水戸黄門の「ハハァ~」の状態でした。
ありがとうございました。

こんばんは^^

2010.05.30.22:56

Georgeさんの素晴らしい訳で、記事を楽しめましたe-266
ファンに間違いを訂正されていたり、女の子が花火を振り回していたり、笑いありで、どれも良かったです♪

ありがとうございます!

2010.05.31.06:12

もぐら様、
コメント感謝感激です♪
ジョンがライブで何を話しているかっていうことは、日本中のファンが待望していることなんで、こうやってGeorgeさんにお願いして、様々な方々の協力を得られて本当に良かったと思っています。

1枚のDVDは2時間ですが、こうしてMCを読むともっと早く読めますものね。繰り返して読み返したいですよねv-238

ありがとうございます♪

2010.05.31.06:17

George様
こうやって、やっと一般公開できて、皆さんに喜んでもらって、感無量です。
一時はコアなファン限定公開なんてことを夢想していましたが、いろんな方々に読んでもらって、ジョン・デンバーの魅力を広く見て知っていただくのが大切なんだと切に思いましたv-360

実際のところ、このDVDはとても長いですから、Georgeさんの苦労も並大抵のことではないと思います。お仕事もかなりお忙しいようですので、無理のない範囲で、またよろしくお願いしますv-436

ありがとうございます♪

2010.05.31.06:21

のりくん、
いつもありがとうございます!
かつてはバンドをやっていらしたというのりくんにも、こうして、ジョンのおしゃべりを読んで、見て、聴いて楽しんでいただいて、やっただけの甲斐がありました。

水戸黄門様にも見てもらいたいくらいでしたねv-218

ありがとうございます★

2010.05.31.06:25

saya様

本当はDVDを見ながらだと、もっと面白さ、楽しさがわかると思いますよv-221

でも、この記事だけで、そんな楽しい光景が目に浮かんでくるようでしたら、Georgeさんの苦労も報われましたよねv-22
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック