スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本邦初公開 ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977(その3)

2010.05.24.07:01

.ジョン・デンバーは世界各地でライブコンサートを開催し、しかも、そのシーンは世界各地でテレビで放映されました。

昨年発売された、5枚組の「アラウンド・ワールド・ライブ」(Around The World Live )DVDは、オーストラリア、日本、イギリス、アメリカでテレビ放送された映像ばかりを集めたものです。

20年も30年も古い映像ですから、当然のことながら傷んでいるのですが、1000か所以上も修復されて、見事に美しい状態で復元されました。

先日から、このライブDVDのディスク1の『ライブ・イン・オーストラリア』(Live in Australia 1977)より、ジョン・デンバーのもっとも楽しいシーンであるジョンのMCの翻訳を順番にご紹介しています。

これまでのシーンはこちらから↓
【本邦初公開ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977(その2)
【本邦初公開ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977(その1)


次のシーンではジョンがオーストラリアの伝統的なオーストラリアン・フォークを歌っています。ジョンは日本で初来日した時には「太陽を背にうけて」を日本語で歌い、スペインでは「緑の風のアニー」をスペイン語で歌い、ロシアでは「緑の風のアニー」をロシア語で歌いましたよね。それと同じように、ジョンと同じ英語国民であるオーストラリアのファンのみんなのためにみんながよく知っている曲を選んだのですね。ジョンは地元の地名の発音をちょっと間違えてしまって、その場でファンのみんなから教えてもらいます。間違えもまた、微笑ましいですよね。

それから、「ワイルド・カントリー」では、ジョンが自然環境を守っていきたい気持ちを熱く語っています。ジョン・デンバーが亡くなって13年になりますが、その熱い想いが生き続けているのを、まざまざと見ることができます。

ぜひとも、今日この記事を読んでくださっているファンの皆さんと分かち合いたいと思います。

じっくりと読んでくださいね☆

【ライブのMC】(その3)

Song #15 Moreton Bay

Please welcome back, Emory Gordy Jr. and Hal Blane.
エモリー・ゴーディー・ジュニアとハル・ブレインをお迎えください。

Did I mispronounce one of those, gang?
え、歌詞の一部の発音が間違えていたの。

Which one?
どの歌詞なの。

How do you say it?
みんなはどんなふうに発音するの。

Port Macquarie?
ポート・マクウォーリーですか。

Isn’t that what I said?
僕はそう発音しませんでしたか。

What did I say?
えっ、なんて言いました。

(会場のみんなが正しい発音で言う)

Ohhh, I’m so embarrassed. Well, it’s the thought that counts, right?
あー、本当に恥ずかしいよ。でも歌の中でなんとか発音しようという気持ちが大切ですよね。

This is one of the songs that we’d like to do from the new album for you, if we may. I don’t know why we can’t; it’s my show.
次の曲は新しいアルバムからのものですが、もしお許しいただけるならお送りしたいと思います。まあ、できない理由はないですよね。僕のコンサートなんですもの。

This is a song that I love very much. I have a very strong feeling about the wilderness areas and the wildlife, and the world, I think, is the best part of our natural heritage.
この曲は僕が大好きな曲です。僕は自然のままの地域とそこの野生動物に非常に心を寄せているんです。そして思うんですが、その世界は僕たちの自然遺産の中でも最も貴重なものです。

Wherever it is in the world, it belongs to all of us.
それが世界のどこにあろうとも、僕たちすべてのものなんです。

And this particular song, which I wrote up in Alaska, I think, says what I feel about it better than anything else that I’ve ever written and I’m very excited to be able to sing it for you.
そしてこれからお送りするこの歌は、僕がアラスカで書いたものですが、思うに僕が今までに書いた他のどの曲よりも僕の自然に対する気持ちをよく表現してくれています。そしてこれから皆さんにお送りできることで、もうわくわくしているんですよ。

It’s called “To The Wild Country.”
「ワイルドカントリー」と呼ばれる曲です。

#16 To The Wild Country
http://www.youtube.com/watch?v=YOaXHRzBp18


【関連記事】
「ワイルド・カントリー」

≪ここで、1曲映像が入ったので、ここまでにします。明日も続きます≫








イギリスのアマゾンでの注文方法
John Denver - Around The World Live [DVD] [NTSC] [2009](イギリス版・ボーナストラック付き)
Around the World Live (5pc) [DVD] [Import]
Around the World Live (5pc) [DVD] [Import](米国版ボーナストラックなし)


≪続きはこちらから≫
【本邦初公開 ライブのMC翻訳】Around The World Live - Live in Australia 1977(その4)
関連記事

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

comment

Secret

NoTitle

2010.05.24.16:57

今の自然をそのまま孫の代まで残したいですね。
家の周りでは、ウグイス・キジが鳴き、夏にはカブト・クワガタが飛んで来て、本当に最高の環境です。

そう言う意味で、この曲は私の信条とピッタリだと思います。

自然と共に・・・

2010.05.25.06:57

のりくん、

記事を読んでくださり、ありがとうございますv-22

ジョンの自然界を守っていきたいという気持ちが伝わってきますね♪ジョン亡き今も、その情熱が残っていますよね。分かち合えて嬉しいですv-344
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。