『田中タケルとパイナップラーズ ジョン・デンバー・トリビュート in 狛江Vol.3』

2010.03.21.16:09

昨日、東京都狛江市(こまえし)のライブハウス、add9thで行われた田中タケルとパイナップラーズのジョン・デンバー トリビュートライブは和やかな雰囲気のうちに無事に終了しました。

ヴォーカルの田中タケルさんがライブの模様をブログに書いてくださったので、こちらをご覧くださいね→醍醐味感じたライブ@狛江add9th


ライブのセットリストのほうはタケルさんのブログより借用させていただきました☆


セットリスト

『田中タケルとパイナップラーズ
ジョン・デンバー・トリビュート in 狛江Vol.3』
2010-3-20 狛江  
add9th
19:30 OPEN 20:00 START

【Stage 1】
1. Rocky Mountain High
2. Love Is The Master
3. Leaving On A Jet Plane
4. For Baby (For Bobbie)
5. Starwood In Aspen
6. Gospel Changes
7. Back Home Again (タケルさん&須賀さん)
8. Follow Me ~Goodbye Again (須賀さん)
9. Matthew (須賀さん)
10. Sunshine On My Shoulders (タケルさん&須賀さん)
11. Grandma's Feather Bed

【Stage 2】
1. Dreamland Express
2. Seasons Of The Heart
3. The Wrangell Mountain Song (須賀さん)
4. This Old Guitar (須賀さん)
5. Take Me Home, Country Roads (タケルさん&須賀さん)
6. The Flower That Shattered The Stone (タケルさん&須賀さん)
7. Everyday
8. We Don’t Live Here No More
9. Annie's Song
10. Calypso
【Encore】
1. City Of New Orleans
2. Take Me Home, Country Roads (with Georgeさん、ねぎさん)

田中タケル(vo)、佐々木健一(g)、塩田誠二郎(g)、
塩田香代子(b)、市場太郎(pf)
ゲスト:須賀勝敏(vo,g)



曲目をみると「故郷へ帰りたい」「緑の風のアニー」「ロッキーマウンテンハイ」「太陽を背にうけて」「バックホーム・アゲイン」「わが友カリプソ号」といった大ヒット曲はもちろんのことですが、「Love Is The Master」や、「We Don’t Live Here No More 」などのような選曲もされていました。しかも、「Dreamland Express」や「Seasons Of The Heart」まで歌っていらっしゃるじゃありませんか♪

ついでに、バディー・ホリーの「Everyday」、ジョン・デンバーと南こうせつさんとのデュエット曲「岩を砕く花のように」をタケルさんと須賀さんがデュエットされているし、実じ充実した内容でしたね

ライブの模様を参加されたGeorgeさんやOTさんに一言メッセージを入れていただけると幸いです。

今回、Georgeさんは最後の「故郷へ帰りたい」をねぎさんも参加のうえ、パイナップラーズの皆さんとご一緒に歌われたのですね

素晴らしいです

私も聴きたかったです

地元のお友達を中心として醍醐味を感じたタケルさん、これからもこういったアットホームなジョン・デンバー トリビュート・ライブを暖かな雰囲気のもとて、くつろいで歌い続けていってくださいね

今日はジョン・デンバー自身による曲をいくつかアップしましたので、お楽しみくださいね☆
John Denver - Love is The Master



John Denver- Gospel Changes
関連記事

theme : バンド活動♪
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー

comment

Secret

No title

2010.03.21.18:44

マーヤさん、了解しました。
 いやー、本当に素敵なコンサートでした。今回はタケルさんともお話が出来たし、一緒に歌わせたもらえましたし、もう、最高の夜でした。
 私は初めて車で狛江に行きましたが、中央道はものすごい渋滞で、これはやはりスクーターでなければ駄目かと思いました。やっとの思い出、開演15分くらい前に駐車場に車をとめることができました。
 会場に入ると、いつものようにパイナップラーズの皆さんが談笑していました。おやお客さんは?とみると、あまり入っていません。それでもこんさーとが開始されました。お客さんが少ないことをジョークで笑いとばすタケルさんはさすがですね。それでも2,3人の方が見えて、しかも全員顔なじみに人のようで、本当に暖かい雰囲気のコンサートでした。
 「ジョンは明るい歌をうたうのですが、時々暗い歌もうたいました。特のこの歌は哲学的な内容で、よくわからないのですが。。。」とタケルさんが紹介をはじめたとき、もしやあの歌?と思いましたが、やはりWe Don't Live Here No Moreでした。だい感激でした。実はリクエストしていたのです。しかも最近ずっとこの歌を練習していたのです。素晴らしかったですよ。マーヤさんにもぜひ聞いて欲しかったですね。
 アンコールで「歌える方はいっっしょに出てきて歌いましょう。」というタケルさんのお言葉に甘えて、ずうずうしくもステージに出てうたわせていただきました。もう、大感激でした。ジョン・デンバーと一緒に歌っているよな気持ちでした。天にも上る気持ちとはまさにこういうものでしょう。タケルさんはやはり本当に歌がお上手ですし、何にもましてジョンが好きですね。
 コンサート後のセッションでも本当にそのことを感じることができました。I'm SorryとWe Don't LIve Here No Moreを佐々木さんのギターで一緒に歌わせてもらいましたが、至福の時間を過ごすことができました。
 今回のコンサートは、タケルさんがおっしゃるように、お客さんと演奏者の方が一体となった、本当にアットホームなコンサートでした。まさにジョンがコーヒーハウスを回っていたときのようなものでした。事実Denison大学のバンダースナッチはあんな感じでしたよ。また、塩田さんのリードギターに腕前が上達していたこと、そして、市場さんのピアノが心に染みたことも付け加えさせてください。
 素晴らしいコンサートでした。

No title

2010.03.21.23:00

ひとつ言い忘れました。もう何回もいろいろなコンサートを見てきましたが、演奏者がお客さん一人一人を紹介するコンサートは初めてでした。あれが本当にアットホームな雰囲気を作り出したものと思います。
 タケルさんがお客さん同士でもお話がしやすいように、ステージから一人一人紹介してくれたのです。本当にグッドアイディアでしたよ。

No title

2010.03.22.00:24

本当に心温まる良いライブでした。
ライブの良し悪しは、お客さんの数で決まるものではない事が証明されました。
Georgeさんも書かれていましたが、【Stage 1】の最後の曲「Grandma's Feather Bed」の前に、『お客さん紹介コーナー』がありましてタケルさんから一人一人紹介してくれました。
Georgeさんは私が初めてパイナップラーズを見た去年の11月21日の銀座タクトで私の直ぐ前のテーブルに居た方でした。
今回もお話出来ませんでしたが、よろしくお願いします。

「Take Me Home, Country Roads」を2回歌ってますが、今回、家族3人で参加されてた方の女の子が唯一知ってる曲(日本語版)と言う事で2回歌ったと思います。

それと、【Stage 1】の10曲目に「The Flower That Shattered The Stone 」を歌おうとして、その曲の説明をしている途中で、まだ会場には到着していない、その女の子のお父さんが南こうせつに似ていると言う事で、お父さんが到着してから歌おうと急遽【Stage 2】に回されましたが、須賀さんの最終便の関係で、お父さん不在のまま「The Flower That Shattered The Stone 」を歌い、須賀さんは帰って行きました。

結局、お父さんが入って来たのは、アンコール前の最終曲「Calypso」を歌ってる最中で、私の傍に居た根岸さんは、お父さんの顔を見るなり爆笑してました。





アットホームなライブ☆

2010.03.22.06:27

George様、
本当に素晴らしいコンサートで良かったですね~v-398

渋滞をくぐりぬけて、山梨からよくぞ参加されました。ライブの様子が目に見えるようです☆

最初はお客さんが少なかったのですね・・・。これはもうプロの歌手でも良くあることなんだそうですよ。

でも、それを笑い飛ばしたタケルさんは偉かったですv-218会場では顔なじみの方々ばかりでアットホームな雰囲気に包まれていたのですねv-410

We Don't Live Here No More・・・、この曲を見たときにアッ、これはGeorgeさんのお好きな曲に違いないと思っていましたが、やっぱりそうでしたね・・・。歌詞の内容はわかりにくいですが、素敵な曲ですよねv-353

「カントリーロード」を一緒に歌えて良かったですね!タケルさんとはそう簡単には一緒にはちょっと難しそうでしたが、本当に本当に良かったと思っていますv-341

>今回のコンサートは、タケルさんがおっしゃるように、お客さんと演奏者の方が一体となった、本当にアットホームなコンサートでした。まさにジョンがコーヒーハウスを回っていたときのようなものでした。事実Denison大学のバンダースナッチはあんな感じでしたよ。

ジョンの初期の頃を彷彿させる素晴らしさがあったのですね☆ジョンはこの時代に世界中で歌を歌うことを夢みていたんだそうです。夢見る心は大切ですねv-485

>塩田さんのリードギターに腕前が上達していたこと、そして、市場さんのピアノが心に染みたことも付け加えさせてください。

私も前回のライブで塩田さんのギターに聴き惚れました。とても目立つパートですものね。本当に塩田さん、市場さん、佐々木さん、それぞれが一生懸命に素晴らしい演奏をしてくださるので、タケルさんの声が生きるのですよねv-360

>タケルさんがお客さん同士でもお話がしやすいように、ステージから一人一人紹介してくれたのです。本当にグッドアイディアでしたよ。

素敵なシーンでしたね。お客さん同士もお互いの顔を見、仲良くなれたんでしょうね。またお会いしましょうね、そんな思いに浸れたことでしょうv-290

心温まるライブ☆

2010.03.22.06:37

OT様、

良かったですね~v-22

>本当に心温まる良いライブでした。
>ライブの良し悪しは、お客さんの数で決まるものではない事が証明されました。

同感です。お客さんの数ではなく、その場の雰囲気、どんな状況でも楽しむ心が大切ですよねv-238

ご紹介コーナーで前にお会いした方を発見されて良かったですね。またお会いできるといいですね~v-266

「The Flower That Shattered The Stone 」にまつわるお話ですが、女の子のお父さんが南こうせつさんにそっくりだったのですね。どんな方なのか、お会いしたかったですv-221

ライブレポ、本当に感謝です。お願いしていて良かったです。GeorgeさんとOTさんのレポで会場にいるような気分になれましたし、他のジョン・デンバー・ファンの皆さんもきっとそう思うのではないかと思います。

まだ参加したことのない方も一度は見に行っていただきたいですね~v-269

No title

2010.03.23.06:42

George様、
さらなるご報告をありがうございますm(__)m

OTさんはエルヴィスの熱烈なファンで、ジョン・デンバーのことも大好きでアルバムもたくさん持っていらっしゃるし、私にとっても本当に嬉しい出会いでした。

映画の批評家の方、演劇に携わっている方、服飾関係の方などいろんな職業の方々が集まったのですね。本当に興味深いですね。時間があれば、そういったお話を伺っても楽しいし、時が経つのを忘れてしまいそうなくらいですね。

お店のマスターも素敵な方だそうですので、いつか行ってみたいですねv-354
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック