スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カナダの寒い夜』Rocky Mountain Suite(Cold Noght in Canada)by John Denver

2010.01.25.06:42

20100117 雪の景色1

先日、雪が降りました。ここ数年来、地球の温暖化の影響でしょうか?雪が降っても昼にはとけてしまうばかりで、つまらないと思っていました。子供たちが小さいころには日の当たりにくい山沿いの坂道にソリを持っていってソリ滑りをしたものですが、子供たちが小学校に上がってからは、さっぱりだったのです。

でも、今年は私の念願叶って、ソリ滑りを1日だけ楽しむことができました・・・。息子は小学校の校庭で雪で遊んでいたので、私は一人でソリを持っていって、こっそりと滑るつもりでした。ところが先客たちがスノーボードで遊んでいるので、恥ずかしいから端っこの方ちょこっと滑りましたよ!そのうちに私のソリを貸してと言われて、使われてしまいました・・・。

翌日にはすぐに溶けてしまいましたが、また来年にでも降って欲しいですね


さて、今日は雪景色にピッタリのジョン・デンバーの曲をご紹介しましょうね

「カナダの寒い夜」という曲です。ジョン・デンバー・ファンの皆さん、たぶんみんなこの曲が好きなのではないでしょうか?

カナダのアルバータ州ジャスパーには行ったことはないのですが、ジャスパーの大自然が思い浮かぶような素晴らしい曲です。

こちらは参考までですが、アルバータ、ジャスパーの旅行記のブログです。写真を見ると、行ってみたいなぁと思いました。
カナディアン・ロッキー周遊 2600km ジャスパー アルバータ州 レンタカー・ドライブ旅行

この歌はジャスパーの自然と破壊されゆく自然を守っていこうとするジョンの気持が込められています。歌詞の中でも
「icy blue winds」という表現がとても気にいっています。そして「today is forever」も好きですね。今を生きる、という生き方に共鳴しますね~

それでは、ジョンの爽やかな歌声をお楽しみくださいね



Rocky Mountain Suite(Cold Night in Canada) by John Denver
カナダの寒い夜   訳 マーヤ


アラバータのジャスパー草原の北の方へ
二人の男と4匹のポニーが共に寂しい旅に出た

高原を見るために、その人々から学ぶために
いかにして生き、いかにして死ぬかを学ぶために
一人は教え、一人は好奇心を持って学ぶ
そこで立ちどまり、学ぶために待ち望んでいる
彼らは一緒になり、私たちに話を語ろうとしている
ずっとずっと昔から聞いておくべきだった話を

今や山の生命は危険な状態にある
あまりにも人々が増え、機械が増えてしまった

時代は私と共にある 今日こそが永遠
明日は過去の夢に過ぎない

カナダの寒い夜  氷のように凍てつく青い風
人類と山は再び兄弟になる
澄んだ水は笑い、大空にむかって歌う
ロッキー山脈は生きている けっして死に絶えたりはしない

アラバータのジャスパー草原の北の方へ
二人の男と4匹のポニーが共に寂しい旅に出た


Up in a meadow in Jasper Alberta
Two men and four ponies on a long lonesome ride
To see the high country and learn of her people
The ways that they lived there the ways that they died
And one is a teacher one a beginner
Just wanting to be there and wanting to know
And together they're trying to tell us a story
That should have been listened to long long ago
Now the life in the mountains is living in danger
From too many people too many machines
And the time is upon us today is forever
Tomorrow is just one of yesterday's dreams

Cold nights in Canada and icy blue winds
The man and the mountains are brothers again
Clear waters are laughing they sing to the sky
The Rockies are living they never will die

Up in a meadow in Jasper Alberta
Two men and four ponies on a long lonesome ride




【関連記事】冬季オリンピックたけなわですので、ミキタカ08さんとsayaさんもこの「カナダの寒い夜」の記事を書いてくださいました!
ミキタカ08さんの記事はこちらから↓
トラックバックテーマ 第902回「冬のオリンピック、注目競技は?」
sayaさんの記事はこちらから↓
Rocky Mountain Suite (Cold Night In Canada) (John Denver)




ジョン・デンバー・ライヴ(紙ジャケット仕様)
ジョン・デンバー・ライヴ(紙ジャケット仕様)
An Evening with John Denver
An Evening with John Denver
ライヴ・イン・ジャパン 1981 [DVD]
ライヴ・イン・ジャパン 1981 [DVD]
Around the World Live (5pc) [DVD] [Import]
Around the World Live (5pc) [DVD] (USA版)[Import]
John Denver - Around The World Live [DVD] [NTSC](UK版)
関連記事

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー

comment

Secret

No title

2010.01.25.22:32

もうじきバンクーバーオリンピックってことで、タイムリーな曲ですね?!
初めて聴きましたが、カナダの雄大な自然を思わせる素敵な曲ですね♪
埼玉も、雪の降らない1月となりそうです・・・。^^;

No title

2010.01.25.22:47

マーヤさん、今晩は♪

詳しくない私にとって「ロッキー・マウンテン・・・」とくれば「ロッキー・マウンテン・ハイ」と思っていました。
ジョンの声、映像共に、大自然を感じさせいいですね。

雪と言えば、私の田舎は今でも1m位積もることもあり、子供の頃は家の前でソリやスキーをして遊んでいました。今は知りませんが、昔体育でスキーの授業があったり、スキーをかついで<スキー遠足>なんていうのがあったくらいです。田舎者です。

No title

2010.01.26.06:07

saya様、

こちらへもコメントいただき、ありがとうございますm(__)m

バンクーバーでの冬季オリンピックのことをすっかり忘れていました・・・。雪をテーマにした曲として、この「カナダの寒い夜」を思い出したんです。そう言えば、ジョン・デンバーは冬季オリンピックのテーマソングも歌っていましたね。

>初めて聴きましたが、カナダの雄大な自然を思わせる素敵な曲ですね♪

聴いていただき、とっても嬉しいです。本当に素敵な曲ですよね。今回歌詞を訳して、その良さがさらにわかってきましたv-22


Toshinosuke様、

そうですね・・・。この歌のサブタイトル「Cold Noght in Canada」で覚えているので、原タイトルを探す時に一苦労しますが、もとのタイトルは「ロッキーマウンテン組曲」なんですよね。

この曲もまた大好きなんで、ついつい何度も聴いてしまいますねv-341

Toshinosukeさんのご実家では雪が1メートルも降るのですね。ソリやスキーができるなんていいじゃないですか。降りすぎるのも大変ですが、子供時代の素晴らしい思い出ですよねv-354

No title

2010.01.26.19:49

大好きな曲です。この曲、ジョンがテレビ番組の収録のためにロッキーに滞在して経験から生まれたと聞いています。
 はるか昔にジャスパーまでバンクーバーからバスで移動し、そこでレンタカーをかりてロッキーをキャンプしながらバンフまで南下したことがあります。当時、バンフには大橋巨泉のお店があり、毛皮などを売っていましたね。妙なことにカナダでは毛皮の販売は許されていましたが、アメリカでは禁止されていました。入国時に没収になってしまうのです。
 コロンビア・アイスフィールドなどは素晴らしいところでしたね。雪上車で奥に連れて行ってくれるのです。
 それにしても素晴らしいのは、カナディアン・ロッキーです。まさにジョンの歌にある通りの世界でした。ヘラ鹿のような大きいのが、突然目の前にあらわれたりしました。アメリカのローキーもキャンプをして歩き回りましたが、なんとなくカナディアンとは違うような印象をもちました。
 ジャスパーは本当に良い町(というより村)でした。もう一度訪れたい場所ですね。レンタカーを借りる書類に記入したあと、事故を起こしたときはどういう処置をとるのか伺ったところ、一言、「事故なんておこすなよ。」で終わりました。なんとも大陸的で、おおらかだなと思いましたね。車の運転も実にしやすく、日本のように車間を詰めるなんてことは全くありませんでした。かなり前に車が見えるほど車間をあけ、80キロの速度標識が、町が近づくと突然30キロになっても、全く問題ありませんでしたね。
 マーヤさん紹介の歌を聴きながら、当時をなつかしく思い出させていただきました。オリンピックもいまだにカービングスキーの練習をしているGeorgeめにとっては、非常にたのしみでもあります。

No title

2010.01.27.18:06

George様、
コメントありがとうございます!

>この曲、ジョンがテレビ番組の収録のためにロッキーに滞在して経験から生まれたと聞いています。

そうだったのですね!何ていう番組だったか覚えていらっしゃいますか?

ジャスパー、バンクーバー、コロンビア・アイスフィールド、カナディアン・ロッキーなど、素晴らしいところへと旅行されたのですねv-238写真だけでも、本当に素敵だなぁと思うのですが、本物の大自然の迫力は本当に凄いでしょうね~v-255

間もなく、カナダのバンクーバーでの冬季オリンピックも始まることですし、テレビでの映像を見ながら、ジョンの「カナダの寒い夜」と重ねてみて、楽しんでいきたいですねv-354

No title

2010.01.28.06:57

Big Hornsという番組だったと思います。たしか5枚組のDVDの最後のDVDに入っていたと思います。また、そのことをジョンを確か日本でのコンサートの中で、この歌を歌う前に自ら語っていたと思います。
 オリンピック、本当に楽しみですね。スキーは恐らくジャスパーのウィッスラーとブラッコームで行われるのでしょう。私はまだそこで滑ったことはないのですが、素晴らしいスキー場だと聞いています。

No title

2010.01.28.11:21

そうそう、big hornsでしたか。たしか、当時、NHKで放映されて、
そのときは、ロッキー賛歌、という邦題で放映されたと思います。
そのときに見逃して、最近になって
MM26君からビデオを戴いて観ました。
感想は、ああ、年月はたったな、という気持ちでした。
今見ると古い記録映画のような感じですが、
ビッグホーンを先生と一緒に観察していく内容はとても良かったです。
cold night in canadaは挿入歌だったと思います。
番組のクレジットにwhisky basin nature park・・・のようなことが
書かれてあったような記憶があるのですが、
記憶違いだったかもしれません。
今思ったけど、whisky basin bluesではeastern wyoming・・・
と歌っていますね。ちょっとわからない。
オリンピックの開催されるウイスラー・ブラックコムは
バンクーバーから結構近い。バスで、2時間くらいだと思います。
あまり内陸ではない、便利なところです。
日本からは行きやすいと思います。
おそらく世界最大級のスキーエリアだと思います。
八方尾根がいくつか並んでいる感じです。

ビッグホーン

2010.01.29.06:44

George様

教えてくださり、ありがとうございます!早速5枚組のDVDのディスク5を取りだしてみました。終わりのほうに登場にしますね。映像とこのジョンの「カナダの寒い夜」がぴったりとあっていましたねv-221

暖炉の前でギターを弾くジョンはとても素敵でした。青空のもとでのジョンのギターも格別ですねv-269

ジョン様、

ありがとうございます!この番組ではジョンはいろんな曲を歌っていましたね。「ウイスキー・ベイスン・ブルース」もそうですが、なんとも微笑ましい歌も歌っていました。

やっぱり歌っているジョン・デンバーが一番いいですねv-218

ジョンさんは、ウイスラー・ブラックコムに行ったことがあるのですか?いいなぁ、私一度は行ってみたいですねv-47

>おそらく世界最大級のスキーエリアだと思います。

私はスキーはできないけれど、大自然の中で、幸せをいっぱい感じられるのではないかしら?

No title

2010.02.11.09:54

2002年2月にジャスパーに行ったことを思い出しました。
厳冬の雪原に多くの動物がいました。
ホテルの薪ストーブの匂いと炎のゆらめきが
カナダの冬の夜にマッチしていました。
この楽曲を聴いて、思い出しました。

ジャスパー☆

2010.02.12.06:55

ミキタカ08様、
ありがとうございますm(__)m

冬のジャスパーに行ったのですね・・・。

>厳冬の雪原に多くの動物がいました。
>ホテルの薪ストーブの匂いと炎のゆらめきが
>カナダの冬の夜にマッチしていました。

『百聞は一見にしかず』でいい経験されましたね・・・。
写真だけでもすてきだなぁと思いますが、本物にはかないませんものね☆

ジョンの歌は、そんな風景まで思い起こさせてくれますよね♪
いつか本物を見てみたいですねv-255
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。