Everyday by John Denver & Buddy Holly 『エブリデイ』byジョン・デンバー&バディ・ホリー

2010.01.13.07:05

ジョン・デンバーは自分のことを寡作家と称していて、名曲のカバーは積極的におこなっていました。初期のアルバム等は特にそうなんです!ジョンのアルバムをよく聴いていた私にとって、そんなカバーソングはもはやカバーソングではなく、ジョン・デンバー自身のオリジナルと言ってもいい位でした

バディー・ホリーの名曲である『エブリデイ』もその一つです。

昨年の6月のパイナップラーズのライブでも歌われました。こちらです!

リクエストの時に思いついた曲で、早速といった感じでバディ・ホリーのジョン・デンバー・カバーのカバーという風に歌っていました。昨年歌われたのには訳があって、昨年2009年はバディ・ホリーが亡くなってちょうど50周年だったんですよね。

バディ・ホリーはこの『エブリデイ』をさらりとアップテンポで歌っていますが、ジョン・デンバーはゆっくりと歌っています。どちらを聴いても違和感もなく、聴き心地がすごいいいですね・・・。

バディはビートルズ、ビーチボーイズ、ローリングストーンズ、ドン・マクリーン、 ボブ・ディラン等に強い影響を与えたそうなんですが、ジョン・デンバーにとっても強い憧れの存在だったのでしょう・・・。


ジョン・デンバーの『エブリィデイ』でスタジオ録音版です。つい最近アップしたばかりですが、これが登場することを待ち焦がれていました☆



バディー・ホリーの『エブりィ・デイ』です。この映画は『スタンバイミー』のワンシーンでこの映画の中にこの曲が登場するそうです。まだ見たことがないのですが、とてもいい映画らしいので、一度見て見たいですね♪


こちらはおまけの映像です。エルビス・プレスリーとバディ・ホリーとカール・パーキンスとジョニー・キャッシュが一堂に集まっているという幻のような映像です!



エブリデイ  バディ・ホリー   訳 マーヤ 
Everyday   Buddy Holly

毎日毎日どんどん近づいていく
ジェットコースターよりも速くなっていく
君への愛は確実に近づいている

毎日毎日どんどん近づいていく
みんなが言うんだ、彼女のところに行けばって

毎日がちょっと長くなってきたみたい
いろんな意味で愛がちょっと強くなってきたみたい
何が起ころうともね
僕の本当の愛を待ち焦がれたことがあったかな?

毎日毎日どんどん近づいていく
ジェットコースターよりも速くなっていく
君の愛は確実に僕に近づいている


Everyday it's a-gettin' closer
Goin' faster than a roller coaster
Love like yours will surely come my way
A-hey, a-hey-hey
Everyday it's a-gettin' faster
Everyone said, go ahead and her
A-hey, a-hey-hey
Everyday seems a little longer
Every way love's a little stronger
Come what may
Do you ever long for, true love from me
Everyday it's a-gettin' closer
Goin' faster than a roller coaster
Love like yours will surely come my way
A-hey, a-hey-hey

Everyday seems a little longer
Every way love's a little stronger
Come what may
Do you ever long for, true love from me
Everyday it's a-gettin' closer
Goin' faster than a roller coaster
Love like yours will surely come my way
A-hey, a-hey-hey
Love like yours will surely come my way




友への誓い(紙ジャケット仕様)
友への誓い(紙ジャケット仕様)
友への誓い
友への誓い
Aerie(USA版)
Aerie(UK版)
ベスト・オブ・バディ・ホリー
ベスト・オブ・バディ・ホリー
関連記事

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー

comment

Secret

No title

2010.01.14.10:26

『スタンバイミー』のこのシーンよく覚えています。
自分も小学3年の時にこれと同じ体験をして、今でも夢に見るくらい
です。(汽車はこなかったけど、板の隙間から見える川の流れに
引きずり込まれそうになる恐怖心、忘れられません。)
でも、バックに流れるこの曲に覚えがありません。
それにしても、マーヤさんの手をかけ時間をかけたこのサイト。
翻訳もすてきです。楽曲もよく聴くといいですね。
英詩を全部のせるだけでも手間ヒマかかるでしょう。
脱帽です。

「スタンバイ・ミー」

2010.01.14.15:43

ミキタカ08様、

この「スタンバイミー」をご覧になったのですね・・・。しかもこのシーンと同じ体験をなさったとは・・・・。

川に落ちそうでさぞかし、怖かったことでしょうね・・・。

この映画の少年たちを見ると微笑ましいですねv-410何かやらかしてやるぞ、と思わしめてくれてワクワクします!

バディ・ホリーは若干22歳で飛行機事故で亡くなったので、しかも1959年に亡くなったので、リアルタイムにご存じの方は少ないかもしれませんね・・・。でも、ビートルズのお手本となった人なので、コアなビートルズ・ファンの方々はよくご存じなのかしら?

私もジョン・デンバーのカバーでやっと知ったくらいです。若くして亡くなりましたが、素敵なシンガーだったと思います。

それから、身にあまるお褒めの言葉をありがとうございます。他の音楽ブロガーさん達がとても時間をかけて書いていらっしゃるので、私も微力ながら、徐々にバージョンアップしたいと願いつつ書いています。

英語ももう少し真面目に勉強していれば、良かったなぁと少しばかり悔やんでいます。まぁ、そうは言うものの、思いたったが吉日で今からでも遅くはないでしょう。亀さんですが、ゆっくりとやって行きたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いしますm(__)m

No title

2010.01.15.11:14

随分遅くなりましたが今年もよろしくです。
バディホリーはビートルズがらみで知りました。
ポールはバディの曲の版権持ってる程のお気に入り
でウイングスの時の盟友Dレーンのソロ(ポールがプ
ロデュース)は全曲バディのカヴァーでした。
学生時代、バディの9枚組のアナログBOX(独盤)が
出ててとても高くて買えなかったって記憶が・・・。
米英のアーティストって偉大な先輩やルーツMUSIC
に対して単なるカヴァーでなく尊敬の念が感じられる
のが素晴しいですね。

映画「スタンドバイミー」S・キングの自伝的作品、心に
しみました。

No title

2010.01.15.15:10

oyaji910様、
ありがとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いしますm(__)m

ポールがバディの版権を持ち、マイケルがビートルズの版権を持っていたそうで、驚きですね。

バディのオリジナルアルバムは3枚かと思っていたのですが、9枚組のアナログボックスが出ていたのですね。

Dレーンのソロが全部バディのカバーというものも、思い入れの強さを感じますねv-218私もそのカバーを聴いてみたくなりました。

>米英のアーティストって偉大な先輩やルーツMUSIC に対して単なるカヴァーでなく尊敬の念が感じられる のが素晴しいですね。

尊敬の念というのが、一番大切なことなんでしょうねv-22

>映画「スタンドバイミー」S・キングの自伝的作品、心に しみました。

いつか静かに見てみたいですね v-353

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック