「他の蝶を捕まえよう」(Catch Another Butterfly) by ジョン・デンバー

2009.12.16.07:04

どういう訳か、ふっとひらめいた曲がこれなんです。

寒い冬らしからぬ選曲かと思いますか?

いえいえそうじゃないんですよ・・・。
実はね、小さな頃から小さな生き物が好きだったんです。

虫たちとの触れ合いがなくなったのは、マンション暮らしをはじめてからです。それから後には、虫を眺める機会がなくなってしまったんですよね。

でも、5年前にうちに種付きのフェンネンルを持って帰ってからは、事態が急変したんです。こぼれ種からフェンネンルの芽が出てきて、段々大きくなってきたのです。

フェンネルって、ハーブの一種で最大2メートル位に成長するのですが、この時にはわずか30センチにも満たないくらいのちっちゃかったのです。

「うわ~、凄い。こぼれ種で芽が出るんだね。」と感心していたまでは良かった。・・・その後しばらくして、このちっちゃなフェンネルにキアゲハの幼虫が10匹も現れたんですよ。どんどん葉っぱを食べてしまって、葉っぱがなくなったら死んじゃうと思った私は、あわてて図書館に行って調べたのですが、キアゲハの幼虫が食べる葉っぱはミカンの葉とかニンジンとか書いていて、さぁ、どうやって葉っぱを調達しようかということになったという訳なんです。

結論から言うと、それは杞憂に終わりました。ちゃんとキアゲハの幼虫たちはお腹いっぱい食べたんですよ。浅はかな人間が自然界に逞しく生きている幼虫に手を出すなんて、余計なお世話なのかもしれないですね。

私は近所からニンジンを育てている方からニンジンをいただいて幼虫にあげたのですが、食べようともしない、知らん顔していました。・・・つまり、もうさなぎになるべき時が来ていたということなんです。

10匹もいた幼虫たちは壁をつたって上に登り、壁の上のほうに待ち構えていた蜘蛛の餌食となってしまいました。

それでも、私はなんとかその幼虫を救出したいと思い1匹だけを救い出すことに成功しました。

無事にさなぎになり、毎朝起きてはさなぎの様子を観察しました。

やがてさなぎの上のほうに蝶の頭らしきものが透けて見えてきました。その日は残念なことに出かける用事があり、友人に連絡して観察をお願いしたのです。

そして予想通りに無事に羽化したのでした。私が用事を済ませて家に戻ってきた時にはそのキアゲハが羽化を終えて、羽根を広げて羽根を乾かしている時でした。それはそれは綺麗でしたよ

大感激でした

それからというものの毎年、キアゲハの幼虫の観察をしているのですが、さなぎになる直前に逃げられてしまうパターンの繰り返しでした。

今年はもう絶対に逃がさないという決心をして、やっと1匹だけ羽化に成功しました。ちょっと下羽根が胴体にくっついてしまい、ちょっとかわいそうなキアゲハちゃんでしたが、なんとか羽根を乾かして大空に飛び立ったのでした。

今年はいろんな虫の写真を撮ったので、その一部を紹介します。

オオミズアオの幼虫は行きつけの花屋さんの植木鉢にいた奴で、キアゲハの幼虫の10倍はあるかと思うでっかい幼虫で、その面白い動きを見て大喜びしていました・・・(ただし私だけですよ・・・)

今日こうやってご紹介するのは、来年もまたいろんな蝶の幼虫を捕まえたいからなんです。

キアゲハの幼虫               黄金虫
キアゲハ幼虫1 黄金虫

羽化したばかりのキアゲハです!
キアゲハ09横顔 キアゲハ09正面 キアゲハ2009

オオミズアオの幼虫と羽化したばかりの姿です。
オオミズアオ幼虫1 オオミズアオ1 オオミズアオ2

ベニシジミ
タテハ蝶1 タテハ蝶2


さて、ジョン・デンバーがかわいいマペットたちとキャンプを楽しみながら「他の蝶を捕まえよう』という歌を歌いました。この曲はジョンのソロ・デビューアルバム『ライムズ・アンド・リーズンズ』に収録されている曲でマイク・ウィリアムスが作詞作曲しました。その詩を読むとなぜかジョン・デンバーの気持にぴったりとあてはまるとても素晴らしい歌です。



Catch Another Butterfly    lyrics by Mike Wiliams
他の蝶を捕まえよう   作詞作曲 マイク・ウィリアムス  訳 マーヤ

そんなに遠くもない昔のことを覚えている?
世の中が君の二倍も大きい人たちで支配されていた時代のことを
昼間は笑いで満ちていて
夜空は満天の星でいっぱい
疲れたら、ただ目を閉じてしまえばよかったよね・・・。

そう、お願いごとのために星が現れ
凧上げのために風が吹いてきた。
朝日が昇っては輝いていた。
たとえ鼻風邪をひいて学校を休んでベッドの中にいても
朝の九時を過ぎるとじっとしていられなかったよね。

もしも朝の香りが消えたらどうなるのかな?
上空でキラキラしているコマドリの歌はどうなってしまったの?
小川に流れていく水はどこにいってしまったの?
また他の蝶を捕まえることができるのかな?

裏庭でキャンプをしたことを覚えている?
飛行機はどうして飛べるんだろうって、思いながら
おかしなロックを演奏を何時間も演奏して過ごしたよね
あの空みたいに真っ青な水晶の傷を心に秘めて

今、息子がおもちゃで遊んでいるのを見ている
息子は幸せそのもので、僕はなんでもしてあげる
でもね、彼が大人になりたいって
言い出すのを聞くのは
耐えられないよ・・・。


Do you remember days
Not so very long ago
When the world was run by
People twice your size
And the days were full of laughter
And the nights were full of stars
And when you grew tired you
Could close your eyes

Yes, the stars were were there for wishin’
And the wind was there for kites
And the morning sun was
There for rise and shine
And even if the sniffles
Kept you home from school in bed
You couldn't hardly
Stay there after nine

And I wonder if the
Smell of mornings faded
What happened to the robins
Song that sparkled in the sky
Where’s all the water gone
That tumbled down the stream?
Will I ever catch another butterfly?

Do you remember camp-outs
Right in your own backyard?
Wondering how airplanes could fly?
And the hours spent just playing
With a funny rock you found
With crystal specks as
Blue as all the sky?

Now I watch my son
He’s playing with his toys
He’s happy and I
Give him all I can
But I can’t help feeling
Just a little tingly inside
When to hear him say
He wants to be a man

And I wonder if the
Smell of mornings faded
What happened to the robins
Song that sparkled in the sky
Where’s all the water gone
That tumbled down the stream?
Will I ever catch another butterfly?
Will I ever catch another butterfly?




Rhymes & Reasons
Rhymes & Reasons
関連記事

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー

comment

Secret

NoTitle

2009.12.16.12:14

マーヤさんがここまで虫を好きだということを知りませんでした。昆虫写真、ほんとにお上手ですね。オオミズアオの幼虫に興味を持つとは並外れていると思います。大きな蛾の幼虫は苦手です。僕は怖いです。一番下のはベニシジミですね。可愛いいきれいな虫ですね。

NoTitle

2009.12.17.05:24

ジョン山本さま、

ありがとうございますm(__)m

大きな蛾の幼虫は苦手でしたか・・・。私も蛾は苦手ですが、このオオミズアオの幼虫は例外だと思います。アゲハの幼虫と比べるとあまりにも大きいので、びっくりしました。

花屋さんから、「気持悪くないですか?」と何度も聞かれましたが、綺麗な緑色をしていてそうでもなかったですよ・・・。アコーディオンのように伸び縮みするところがなんともユーモラスでした!v-218

 ベニシジミの名前を教えていただき、ありがとうございます。写真にも名前を入れておきました。この手の蝶は写真を撮りやすいですね。アゲハの場合、じっとしていないので、小さなデジカメで撮るのはほとんど不可能に近いですが・・・・。

またいろんな蝶や虫の写真を撮るため、春が来るのが待ち遠しいですねv-252

ジョン・デンバーも写真を撮るのが趣味だったらしいですが、どんな写真を撮ったか、興味深いですねv-238
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック