スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poems Prayers and Promises by John Denver and The Muppets 『詩と祈りと誓い』by ジョン・デンバー&マペッツ

2009.12.11.06:25

貴方にとって、寂しい時に聴きたいジョン・デンバーの曲ってなんですか?
今日は、ちょっぴり人恋しいので、ジョンの歌で聴きたいのは、なんだろうと思い起こして、ふと思いついた曲です。

『誰かを好きになるって、なんて素晴らしいんだろう!

昨日からいったい、どれくらいたったんだろう?

明日はどうなるのかな?』

ジョン・デンバーがまだ20代の頃に書いた作品で、これからの人生について思い巡らしながら作った珠玉のナンバーです。

今日のところは詳しい解説抜きにゆっくりと聴いてみましょうね


関連記事

tag : ジョン・デンバー

comment

Secret

NoTitle

2009.12.11.12:44

そりゃもう、ベタな回答になってしまって、激しく申し訳無いのですが・・・
「太陽を背に受けて」です♪(^^;

NoTitle

2009.12.11.14:30

のんき様、
こちらの質問の答えですね・・・。
これは、いろんな意味あいがある曲ですものね。
「太陽を背に受けて」がふさわしいかもしれませんね・・・。

NoTitle

2009.12.14.00:19

ジョンが久しぶりに昔のギルドを弾いていますね。何か、ジョンにはこのギターが一番似合っているような気がします。
マペット達と歌うということで、子供達が対象なのでしょう。歌詞を換えていますね。原曲は「while my friends and my old lady sit and pass the pipe around」ですが、そこを「watch the sun go down」と「watch the world go around」にしていますね。実はジョンはこの歌の内容についてある雑誌のインタビューに答える中で触れているのです。それはジョンは薬(麻薬)の体験があるかどうかというものでした。そこでジョンは「僕は自分でもその体験があることを、あの歌の中で歌っているよ。」と答えていました。pipeとはもちろんマリファナを吸うためのパイプです。当時は順にパイプをまわしながらポップを楽しんだようです。
だから、子供達に向けて歌詞を換えたのでしょうね。
当時はドラックがあたかも社会権を主張しているような時代でもあったような気がします。マリファナを法的に合法にしたらどうか、などという議論もかわされていました。ジャクソン・ブラウンも「コカイン」という曲を書いていたでしょう。
それにしても、ジョンのダウン・ベスト姿、実にいいですね。若い頃を思い出します。バック・パッキングがはやり、ダウン・ベストはその時の必需品でしたものね。私などはいまだに愛用しています。ちょっとシンプルさがなくなっているのが気になりますが、山用品を作るメーカーからは昔ながらのものがでていますね。ジョンの歌同様、やはり機能をつきつめ、本質に迫るものは、余計なものがなく、シンプルだけれども、美しいものですね。

NoTitle

2009.12.15.05:51

George様、
ありがとうございますm(__)m

実はご指摘のドラッグですが、私にとってはジョンに対して失望してしまった大事件でした。なにしろ日本においてはジョンの情報がほとんどないですから、こんな情報がはいって、それをフォローするものが何もなかったんですよね~。
いずれにしてもこのことも記事にはしようとは思っていたところです。・・・・長い話になってしまうので・・・。

そうそう、ジョンのダウン・ベストのこの姿が70年代のジョンの象徴だったかもしれません。

バック・パッキング、そして、ビッグ・ジョンのコマーシャル、そして『サンシャイン・オン・マイ・ショルダース』、そしてキャンピングを楽しむジョン・デンバー。

>ジョンの歌同様、やはり機能をつきつめ、本質に迫るものは、余計なものがなく、シンプルだけれども、美しいものですね。

結局のところ、機能性の高いものっていうのは、シンプルで何年使っても飽きがこないし、美的なものなんでしょう。v-352

My sweet lady

2009.12.16.12:48

そうですね。私にとってはやはり”My sweet lady”と”Perhaps Love”でしょうか。どちらも寂しさを紛らわしたいと思うときには聴きますね。私はいつも寂しいのですが、今は出窓に灯したクリスマスイルミネーションの側で、”Rocky Mountain Christmas"を聴きながら家族の皆が寝静まった後をウイスキーグラスを傾けています。今年も寂しく暮れそうです。

新垣

”My sweet lady”と”Perhaps Love”

2009.12.17.05:32

新垣様、
どちらの曲も静かな夕べに聴くのにぴったりの曲ですねv-484

”My sweet lady”はジョン・デンバーの空想からできた曲だったと思いますが、結局のところアニーさんに向けたような歌になりましたね・・・。優しい男心を表していますよね♪

”Perhaps Love”は、優しさと寂しさと切なさとが入り混じっていて、心に響く名曲ですよね・・・。

新垣さんは長い海外でのお仕事を終えて、今は日本にいらっしゃるのですね。静かにつつがなく良い年を迎えたいですねv-481
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。