Back Home Again-Farm Aid 85-Around The World Live DVD

2009.09.14.07:14

昨日、子供たちの運動会がありました!いい天気で、楽しい運動会日和でした・・・。



ジョン・デンバー情報のほうがなかなか進みませんが、どうかお時間をくださいね


今日の映像です。新しいDVDの新映像です。1985年の魅力的なジョン・デンバーの演奏と歌をご一緒に楽しんでいきましょうね

ファーム・エイドというチャリティー・コンサートでのワンシーンで「バック・ホーム・アゲイン」です。

関連記事

tag : ジョン・デンバー ライブ

comment

Secret

No title

2009.09.14.21:33

バック・ホーム・アゲンは私にとってはノスタルジアなのです。学生時代お金がなく、時々買った近所のパン屋さんの焼きたてのパンの味、FENの英語放送、安アパートの6畳一間の部屋での勉強、など、どれも学生時代に結びついています。
アルバム「バック・ホーム・アゲン」が出された時です。よって、この曲は私にとってはあのアルバムの中のものが最高です。アルバム中の他の曲とも結びついて、まさにタペストリーのように私の心の中に横たわっているのです。
あんな風にこの曲を歌えるようになりたいものです。

ノスタルジア

2009.09.15.06:01

George様、
ありがとうございます♪

お金がなかった学生時代とアルバム「バック・ホーム・アゲイン」が発売されたころがちょうどオーバーラップされるのですね・・・。

このアルバム「バック・ホーム・アゲイン」はジョン・デンバーの作品の中でも最高傑作中の傑作ですね。アルバムジャケットのデザインといい、その一つ一つの曲の充実感というんでしょうか、素晴らしいアルバムだと思います。

この「バック・ホーム・アゲイン」はジョン・デンバーの家庭に対する思いなんですが、作った当初はジョン自身だけの歌であったのが、今では世界中の家庭、家族に対する歌にまで、大きく成長したんですね。

家族の大切さとか、家庭の温かさをこの曲の中に感じ取ることができますよね・・・v-258v-238

「ねぇ、うちに帰るのって、いいよね・・・・」そう歌っているんですよね。

何度聴いてもゆったりとできて、本当に大好きな曲ですv-22

Back home again

2009.09.16.22:25

人それぞれに、彼のこの歌にすばらしい思い出があり、誰がその思い出を語っても、あたかも自分が体験したその情景をその人の思い出に重ねてしまうような歌です。コンサートでジョンが歌う時に聴衆が皆立ち上がり、隣の人と腕を組んで歌い合ったことを覚えています。Georgeさんのコメントを読んだ後、ジョンのCDを引っ張り出し、この歌を聴きながら、再度Georgeさんのコメントを読み返しました。

新垣


みんなの思い出の唄

2009.09.17.06:16

新垣様、

メッセージをありがとうございますm(__)m

>人それぞれに、彼のこの歌にすばらしい思い出があり、誰がその思い出を語っても、あたかも自分が体験したその情景をその人の思い出に重ねてしまうような歌です。

確かにその通りだと思います。この歌だけではないですよね。「故郷へ帰りたい」は世界中の人びとの故郷への思いを表しているし、「緑の風のアニー」はアニーさんへの愛だけでなく、世界中の愛する人への歌にまで昇華していますよね。

常にジョン・デンバーの歌がグローバルな方向にいってしまうところが、彼の懐の大きさ、スケールの大きさではないかと思うのです。

>コンサートでジョンが歌う時に聴衆が皆立ち上がり、隣の人と腕を組んで歌い合ったことを覚えています。

このコンサートって、アメリカでのコンサートのことですよね・・・。いいですね~v-398やはり、この詩の意味がわかっていることが大前提なんですよね。

「家に帰るのって、いいね♪」家庭の素晴らしさを実感します。そして、ジョン・デンバーのファンのみんなもファミリーみたいなもんですよ☆共に感動を分かち合えるのですからねv-485

意外なところで・・・

2009.09.18.08:40

Back Home Again !

 カントリ-歌手のトリシア(超綺麗な女性カントリ-歌手)も歌っています。結構いい感じです。
 以外なところではジョン・フォガティ(元CCR)も歌っています。
これも結構シンプルで良い感じです。

僕とタケルさんも歌っています。次回もよろしくお願いします!

『バック・ホーム・アゲイン』

2009.09.18.22:25

口だけデンバ-!様、
お久しぶりですv-237

カントリ-歌手のトリシアさんやジョン・フォガティ(元CCR)さんもこの曲をカバーしているのですねv-238

ちょっと聴いてみたいです♪

そして、タケルさんと口だけデンバーさんのカバーはもっちろん最高ですよv-218

ライブ情報がDVD情報に押されて見えなくなってしまいましたが、また見えるところにアップしますねv-269

次回も素晴らしいライブを期待していま~すv-221v-354

homeとは?

2009.09.19.22:44

先日お隣の家にご不幸があり、葬儀委員長を勤めさせていただきました。なにしろ初めてのことて、何がなんだかさっぱりわからず、右往左往していましたが、近所の方々が本当に親切にしてくださり、なんとか無事に葬儀を終わらせることができました。そして思ったのは、なんと暖かい人たちだったんだろうということです。homeとはもちろん家ですが、その家を暖かく包んでくれているご近所も含まれるんだということを、実感しました。安心していられる場所って、本当にいいものですね。
もう一つhomeについて思ったことがあります。PPMのマリー・トラバスさんが亡くなったニュースは本当に衝撃的なものでした。彼女はもう私達のこの世界からはいなくなってしまいましたが、天国、つまり魂のhomeに帰っていったのでしょう。ジョン・デンバーも彼女を暖かく迎えたことでしょうね。とても大きなhomeですものね。もっと言えば、ジョンの「心は翼」にもあるように、魂が一つの大きなhome、永遠のhomeでもありますね。私達がマリーさんのいるhomeに帰る日が来るし、マリーさんの魂が私達の一つになっている魂のhomeを訪れることもあるのでしょうね。幸いにも私達は彼女が残してくれた歌を聴くことができます。
いつかマリーさんや、私が好きだった人たちの魂が待つhomeに帰れる日が、私にも訪れるだろうし、この世に生を受けたものは、必ずやそのhomeに帰っていくのでしょうね。
マリーさん、本当にありがとう。またお会いしましょう。
そんな気持ちで It's good to be back home again!

☆homeとは?☆

2009.09.20.06:45

George様、

再びのメッセージをいただきありがとうございますm(__)m

葬儀委員長を務めたそうで、大変でしたね。とても厳粛な儀式ですが、その時に暖かい交わりがもたれたそうで、本当に良かったと思います。

homeとは、「家」であり、「家庭」でもありますが、その暖かさが一番大切なんだと思います。まずは血のつながった家族があり、親しい友人とのつながりもまた大切で、お互いに親しくお付き合いがあれば、それもhomeに匹敵するのではないかと思います。

私は9歳のときに父と別れましたが、おばあちゃんが夏休み等に長いこと預かってくれました。おばあちゃんとの交流が私にとっては、1番の暖かいhomeとして交わりができたのではないかと思っています。家族の形はひとつではなく、いろいろあるんだと思います。

みんながいろんな暖かい心を持てれば、この地球も全体が暖かいhomeのようになれるかもしれないですね・・・・。



それから、マリー・トラバースさんの訃報は全世界のファンのみんなにとって衝撃的なものでしたね。ジョン・デンバーとのつながりも素晴らしいものでした。72歳という年齢でしたので、もう若いとは言えませんが、もっと長生きして素晴らしいメッセージと歌とを残していただきたかったと思います。

私も、Georgeさん同様、『マリーさん、ありがとう♪』とのメッセージをお送りします☆

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック