スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙が出ちゃいそう~!ライブDVDのお知らせ

2009.08.25.07:11

こんにちは~10月12日に発売されることになったNew DVDについて、これからガンガンご紹介していきたいと思います♪
先日も、『John Denver: Around the World Live』の曲目その他のご紹介をさせてただきましたが、さらなるご紹介をさせていただきたいと思います。

このDVDの制作に携わったEnliven EntertainmentのBarry Ehrmannさんが、ホームページを作成して、この中から5曲をチョイスして紹介してくださっています。

その中で、1977年、オーストラリア、シドニーでのライブ映像から「フォロー・ミー」の映像を見てみましょう。すでにYoutubeでもアップしていますが、こちらだと、フルスクリーンで見ることができます。NHKホールのものに比べると映像が粗いですが、今まで、Youtubeでの映像が本当にひどいものだったことを思うと雲泥の差があると思います。

ちょっと、これを見ていたら、涙が出てきちゃいそうになりました・・・
今もこうして、映像の中では、ジョンが生きているのですね・・・


この映像の下の部分に再ボタン、タイム、音量、インフォメーション、Fullscreenと出ていますので、『Fullscreen』の部分をクリックすると、フルスクリーンでこの映像を見ることができます。大きな映像で見ると感激度も違いますよ終わったら、Altを押すと元に戻ります。

Find more videos like this on Enliven TV


今度発売されるDVDのそれそれについてですが、日本、オーストラリア、イギリスと世界各地での映像が、非常に美しく修正されて公式に公開されるということで、とにかく発売が待ちきれないなぁ、という思いでいっぱいです

イギリスのバーミンガムの映像はヤフオクで購入しましたが、とてもひどくて見られない状態でしたので、今回のリマスター版は本当に驚異的とか言いようがないし、とてもとても10月が来るのが待ち遠しいですね

タケルさんのBBSで、『画像のノイズや消失部分の「補修作業」も1500箇所にもわたって行われたそうですよ。』との書き込みがあり、これすごいと思いました。

実際、日本でのライブ映像が一番きれいで、ジョン・デンバーのお肌もつるつるで、今も生きている感じがすごくいいんですよね~

話は尽きないのですが、また続きは後ほどということで、今日は先映像のほうをごゆっくりとお楽しみくださいね

情報元リンクはこちらです↓
In A Faraway Land ジョン・デンバー ファン・サイト日本語版
関連記事

tag : ジョン・デンバー

comment

Secret

今晩は、お元気ですか?

2009.08.25.22:41

お久しぶりです♪

NEW DVD発売予定、おめでとうございます!
動画を見ると、やっぱり、おかっぱ頭にまんまる眼鏡、私のJDのイメージはこれです。
「フォロー・ミー」・・・いいですね。
後ろにある、トレード・マークの「ギルドの3~4本のアコギ」の前で弾く「ヤマハのアコギ」・・・南 こうせつや、さだまさしと同じく特注でいい音するんでしょうね!
一度私も、マーヤさん1人のために弾いてみたい(キモイ?)
いつも、アコギの話ばかりでスイマセン・・・アコギが好きなもので。

元気で~す!

2009.08.26.06:07

Toshinosuke様、
お久しぶりですv-237

ありがとうございますm(__)m   本当に今回のDVDは、本格的な素晴らしい内容のDVDなので、日めくりカレンダーでも作ろうかと思うくらい、待ち遠しいですよね~v-398

この映像は70年代の映像なので、大半のジョン・デンバー ファンの記憶の中にあるジョンのイメージそのものなんですよね・・・。80年代に入り、眼鏡の形を変えたり、コンタクトレンズに変えたりしていますものね。

この時代は彼もまだ若いし、いつも笑っていたところが印象的で、私にとっても大好きな時代なんです。

>後ろにある、トレード・マークの「ギルドの3~4本のアコギ」の前で弾く「ヤマハのアコギ」・・・南 こうせつや、さだまさしと同じく特注でいい音するんでしょうね!

ジョンはヤマハのギターがすごく気に入ったらしいですね。いつもジョンのCDばかり聴いていますが、一流の素晴らしいギターの音色しか聴いたことがないということですよね・・・・。ごくたまにYoutubeで安っぽいギターで弾いているのを聴くと、いいギターとそうでないギターとでは、全く違うんだなぁと思います。「この音、NG~!」なんて叫んでいたりして・・・。

>一度私も、マーヤさん1人のために弾いてみたい(キモイ?)

そういうシチュエーションが出てくるかどうかが問題ですが、一度Toshinosukeさんの一番のお気に入りのギターでもって聴かせていただきたいですね・・・。たとえば、ジョン・デンバー ファン10人の前でとか・・・v-269   100人とかじゃなくて、ごく少人数の前で弾き語りというのがミソでしょうね~v-410

アコギのことは全然知らないんで、いろいろと教えていただけるのは、大歓迎です♪  これからもアコースティック・ギターに関する、「なるほど」とか「へ~」とか思える話を聞かせてくださいねv-354楽しみにしていますよ~☆






No title

2009.08.27.21:53

良い時代でしたね。
 ジョンのアコギですが、彼はギルドに始まり、いろいろなメーカーのギターを手にしていますが、(ギブソンのレスポールも弾いていますね)、なぜかマーチンを手にしているのを見たことがありません。なぜなのでしょうか。マーチンのあの音はジョンの感性に合わなかったのでしょうか。
 私はギルドの音は素晴らしい音だと思いますし、同様にマーチンも本当に感性をゆすぶってくれる、素晴らしい音だと思います。もっとも両者を比べること自体無意味なのかもしれません。まったく異なる音質だからです。どちらも個性を強く主張していますね。
 なぜジョンはマーチンを弾かなかったのだろう。いまだに私にとってのなぞです。

ギルドとマーチン

2009.08.28.17:39

George様、
コメントありがとうございます♪

ジョン・デンバーがギルドを好んだのは、有名ですが、どうしてマーチンを使わなかったのでしょうかねぇ~?不思議ですね…。

ギターの音色もいろいろあるんですね!

ジョンのアルバムを聴いていると、特に初期のアルバムでは、アコースティックギターの調べにしびれちゃいますよね☆

Georgeさんのように、ギターが弾けたら、さぞかし楽しいんだろうなぁと思います…。

でも、こちらで、いろんなギター談義が弾んでいますから、それでもって、これからも楽しませていただきますね(o^-')b

また、いろいろとアコースティックギターの話を振ってくださいね(*^_^*)

No title

2009.08.28.22:31

ではさっそく、アコギの話を・・・
 前にも書いたと思いますが、マイク・テイラーはマーチンを使っているのだと思います。Late Winter, Early Springでは、ジョンがギルドの特注F50Rを弾き、その伴奏に合わせてマイクがマーチンの恐らくD28かD18でリードギターを弾いているのだと思います。オリジナルの故郷へ帰りたいの中でも同じギターでマイクがリードを弾いているのだと思います。非常に素晴らしい音ですね。ビンテージもののマーチンを弾いているのかもしれませんね。
 1950年代、60年代のギターにはブラジリアン・ローズウッドという材がサイドとバックに用いられていました。これは通称ハカランダと呼ばれる木材なのですが、その音の良さに伐採がエスカレートし、ブラジル政府が輸出禁止令を出してしまったのです。いつの時代もこうですね。
 その結果、今はもう新品のハカランダのギターを手に入れるのは殆ど不可能です。昨年あたりまで、マーチンがD28にAuthenticという名前で、ハカランダを使った新品を作っていましたが、多分マーチンが以前購入し、自社にストックしてあったハカランダを使ったのでしょう。価格は500万円以上で、私のようなしろうとが手にすることが出来るギターではありませんでした。そのAuthenticも、もう製造は終了してしまいました。
 どんな音がするのか私は演奏したことがないので知りませんが、もしかしたらマイク・テイラーのギターはハカランダを使ったマーチンなのかもしれません。あの音に近い音がなんとしてもでないのです。
 でも、Late Winter,Early Spring, ようやくほぼ演奏できるようになったので、毎晩楽しんでいます。弾けば弾くほど、良い曲だということを認識します。

ブラジリアン・ローズ・ウッド☆ハカランダ

2009.08.29.22:34

George様、

本当にギターについて、よくご存じなんですね~☆

とても感心しながら読ませていただきましたv-238

1950-60年代に作られた、通称ハカランダのギターの音色をチャンスがあれば、一度聴いてみたいですね♪

マーチンD28というギターは500万円以上もするという事で、いったいどなたが購入されたのでしょうか?

できることなら、YouTubeでお披露目していただきたいものですね\(^o^)/

それから、Late Winter,Early Springも弾けるようになったそうで、本当におめでとうございます☆


良かったですね~(*^_^*)

一度,ぜひとも聴かせていただきたいですね☆☆☆v-269

No title

2009.08.30.07:50

You tubeで、マーチンD28とか、マーチンD45とかで検索すると、実にいろいろな人たちがそれらの音色を公開しています。ぜひ一度聴いてみてください。特にギブソンとマーチンの違いははっきりと聞き取りことができますよ。
 500万円のギターは、初期のマーチンD28の材や製法、接着剤などをそっくり再現し、しかも、いつもは修理に携わっている、その腕に自信があるリペアーマン達のみで製作されたMartin D28 Authenticというモデルです。お店の人も「どうしてこんなに良い音がするんだろう」というほど、良い音だそうです。一度弾いてみたいですね。

ギブソン&マーチン

2009.08.31.23:56

George様、
教えてくださり、ありがとうございますm(__)m
Youtubeでは、いろんな方々が自慢のギターを弾いていらっしゃいますね!
たくさんありすぎて困ってしまうくらいですねv-221

ストロークが多いので、アルペジオで弾いているのを聴いてみたいですね。また今度時間をかけてゆっくりと探して聴いてみますね♪

Georgeさんのお気に入りのギターを試し弾きでもいいから、弾けるといいですね☆

願いが叶いますように・・・v-484
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。