スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の小道とJDと・・・

2009.04.10.06:42

桜(1)
サクラアップ090410
昨日、桜の花が満開でした・・・。
私の住んでいる町は、広島の高台にある田舎町で、日中は暖かいものの今だに朝晩の冷え込みが身にしみます。

おとといの娘の入学式のときのちょうど桜が咲き、春のこのシーズンにふさわしい風景を楽しむことができました。


こんな季節に聴きたいのは、やっぱりジョン・デンバーの歌声なんですよね。ジョンは1997年に亡くなりましたが、90年代の映像は意外と少ないものです。ジョンに人気について調べてみると、やはり日本よりもオーストラリアやヨーロッパでの人気が凄かったんでなぁと、つくづく思うのです。

オランダというと、日本とは古くからつながりのあるヨーロッパの小さな国ですが、ジョン・デンバーとオランダのつながりはとっても強かったのだと思います。オランダ人はヨーロッパの中でもっとも英語が得意な国民で、小さなころから、オランダ語のほかに英語を学び、その後に選択科目として、別の外国語も勉強しているのです。ぜひとも見習いたいですね・・・。

さて、今日の映像ですが、1992年のオランダのテレビ局での映像です。以前にもご紹介させていただいたことのある映像ですが、最近映像をアップしていなかったので、寂しい心を暖めたいと思い、再びアップしたいと思います。

曲目はメドレーで「悲しみのジェットプレーン」「故郷へ帰りたい(カントリー・ロード)」「バック・アゲイン」「アイム・ソーリー」「緑の風のアニー」です。

ジョンの着ている青いシャツがまぶしいです。こんな明るい青色が好きなんです♪

それでは、ご覧くださいませ・・・。





来週になったら、以前から考えていた記事を少しづつ書いていこうかと思っています。まだ少し用事が残っていますので、マイペースでゆっくりと書いていきますので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m
関連記事

tag : ジョン・デンバー

comment

Secret

カザフスタンより

2009.04.12.21:51

皆様、こんにちは
カザフスタン共和国北カザフスタン州ペトロパブロフスク市よりごあいさつのメッセージです。成田からアシアナ航空で一路ソウルへ、4時間の待ち合わせでカザフスタンの旧首都アルマーティまで6時間半、翌日エアー・アスタナで新首都アスタナへ1時間半、1時間の待ち合わせでプロペラ機で現地へ1時間20分、日本から約25時間の旅です。カザフスタンは日本の国土の7倍、人口は1500万人、ここ北カザフスタン州は東京23区と同じくらいの広さ、人口は53万人に過ぎません。ここに酪農と精肉を中心とした一大食糧供給基地を作るためのFS(フィージビリティ・スタディ:実現可能性調査)を行うのが今回の仕事です。基地サイトの視察、地元メーカーや大農場主、商工会議所、政府役人との折衝から図面作成、経済・財務・建設計算など明日から激務が始ります。四駆の車で移動ですが、こちらの大農家の方が私に馬を一頭貸してくれるのだそうです。学生の頃から乗馬は大好きなので幸せです。でも寒いですよ。外は今、大雪です。ウラル山脈の麓ですので風も冷たく、頬がちぎれそうです。暖かい日本から極寒の地へ移動です。でも頑張らなくては。「An evening with John Denver」と「Wind Song」を今回は持参してきました。

カザフスタン

2009.04.14.06:56

新垣様、
長い時間をかけて寒くて遠い国に行かれたのですね!

>基地サイトの視察、地元メーカーや大農場主、商工会議所、政府役人との折衝から図面作成、経済・財務・建設計算など明日から激務が始ります。

難しいお仕事で大変だと思いますが、お身体に気をつけて頑張ってくださいねv-410

>「An evening with John Denver」と「Wind Song」を今回は持参してきました。

元気いっぱいのこのアルバムで、気分転換しながら、がんばってくださ~いv-354

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。