Take Me Home,Country Roadsと雄大なモンタナ州での思い出(1)

2009.01.07.07:15

皆様、お元気ですか?新年の仕事始めは好調にスタートしていますでしょうか?さて、今日は皆さんとご一緒に美しいアメリカの大自然の旅行を楽しみましょうね!
新年のごあいさつの記事に、昨年ご紹介させていただいた新垣さんによるアメリカ留学時代の思い出話が書きこまれていました。コメント欄だけでは、もったいないので、今日はこの記事を引用させていただきながら、皆さんとジョン・デンバーの歌と思い出の世界に浸ってまいりましょう・・・
それでは、まず新垣さんの思い出話をご覧いただきましょう



Take me home, country roads

皆さん、明けましておめでとうございます。今年もジョンの歌を懐かしみつつ、元気に過ごしましょう。


Take me home, country roads、ジョンを一躍著名なアーティストにした、この歌を知らない人を探すのが不可能に近いくらいすばらしい歌ですね。私は大学を終えた直後にこの歌で歌われたウエストバージニア州のBlue ridge mountainsやShenandoah riverを見に行った位にこの歌が大好きです。

しかし、実は私にはこの歌にはまた別の思い出もあります。今日はこの話をしましょう。

アメリカの北西部、カナダとの国境に接するモンタナ州。太平洋岸のオレゴン、ワシントン州の西岸海洋性気候地帯を抜けてアイダホのタイガの森林地帯も抜けるとそこには見渡す限りの草原地帯が広がるモンタナ州があります。(地勢を専門的に分類するとShort grass landという短い草が生える地域です。)

モンタナ州は車のナンバープレートにも書かれているとおり、そのニックネームがBig Sky Countryで、大草原の頭上に広がる、抜けるような青空は他とは違った雄大さがあります。学生の頃、私は夏休みを利用してモンタナに旅する、ミズーラから州都ヘレナへ向かう途中でした。少々回り道ではありましたが、インターステートのハイウェイを通らずにできるだけ交通量の少ない道路、いわゆる「country road」を走っている時にラジオから流れるこの歌を聴いていました。聴きながら車のハンドルをバンバン叩いて、(音痴ながらも)一緒に歌いながら調子を合わせていたんですね。そしたら突然道路の脇からアンテロープが飛び出して来て、あたかも私の車と競争でもするかのように伴走を始めました。鹿に似た、この美しい動物は北米大陸に住む動物の中で巨大灰色熊(グリズリー)の次に私の好きな動物です。しかし、大変臆病でいつも群れで行動しているのですが、近くから見ることはあまりないんですね。この時は何故か一頭だけが群れからはぐれてしまったようです。あっという間の出来事でしたがそれでも約200メートルくらいは私と伴走していたでしょうか。その間もジョンのこの歌は流れ続けていましたので、ちょうど歌のテンポとアンテロープの伴走によるヒズメの音、車のスピードとエンジン音、それに私のハンドルを叩くバンバンという音がマッチした瞬間でした。まるで映画のシーンにでもあるかのような、偶然にしてはあまりにも予期しない、絵になりそうな光景でした。ジョンの歌が好きな、私だけに与えられた天からの恵みのようなものだったのでしょうか。この歌を聴く度にその時の光景を思い浮かべます。

私が好きな州のひとつでもあるモンタナ州、そういえばジョンも「Wild Montana skies」を歌っていますね。タイトルは忘れましたが「Lonely truckers from Great Falls Montana」という歌詞の一部がある歌もあります。(An evening with John Denverに収録されています。)この州はよく映画の舞台にもなるんですよ。例えば、ブラッド・ピットとアンソニー・パーキンスが共演した「Legend of the Fall」、ロバートレッドフォードとクレストン・スコット・トーマスが出た「Horse Whisperers(モンタナの風に吹かれて)」、やはりブラッド・ピットが出た「River runs through it」などがあります。古くはチャールトン・ヘストンとマーロン・ブロンドが共演した「ミズーラ・ブレイク」、主演者は忘れましたがモンタナに多いブラックフート族のインディアンの英雄を題材にした「Winter Hawk」があります。いずれもいい映画ですから、チャンスがあればご覧になって下さい。



タイトルはTake Me Home, Country Roadsになっていますが、新垣さんのモンタナ州での思い出ということですので、モンタナのほうにスポットライトを当ててまいりますね!

それにしても、モンタナのカントリー・ロードを走りながら、「カントリー・ロード」がラジオから流れ、アンテロープと一緒に走るなんて、新垣さんはラッキーな方ですね・・・。

想像するだけでも、胸がわくわくします

モンタナの風景やアンテロープについて調べてみると、素晴らしいサイトや映像、スライドショーなどのページを発見しました!


こちらでは、モンタナ州について解説されています。
モンタナの旅行 ディスカバーアメリカ(アメリカ合衆国公式観光ウエブサイト)

モンタナ州で釣りを楽しんでいる記事で、写真もたくさん載っています。
2005年ゴールデンウィーク

モンタナ州の温泉に行った時の旅行記です。写真もたくさん載っていて旅行の様子がよくわかります。
アメリカの温泉!ボールダー@モンタナ州

こちらでは、モンタナの概要・エリアガイドが載っています。
「ビッグ・スカイ・カントリー」モンタナへようこそ

こちらは、上記のサイト内ですが、国立公園・州立公園の概要が載っています。
グレーシャーとイエローストーン国立公園のご紹介

こちらの、上記のサイト内で、一番の見どころです。モンタナの美しい風景のスライド・ショーや映像を楽しむことができます。新垣さんの思い出話に出てきたアンテロープらしき動物も映っています。
メディア・ギャラリー


ジョン・デンバーの歌声も楽しみましょうね
ワイルド・モンタナ・スカイ
http://jp.youtube.com/watch?v=fqeDLFYzN2Y

John Denver - Take Me Home, Country Roads (1983)
http://jp.youtube.com/watch?v=WfvnyNyMFrQ



関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー モンタナ

comment

Secret

謹賀新年

2009.01.07.11:01

今年もよろしくお願いします。
 新垣さんの思い出、ほんとに感動的で素晴らしいですね。ご自分で車を自由に運転できたのもうらやましいです。私が滞在したときは二輪車の国際免許しかもっておらず、旅行はもっぱらグレイハウンドとヒッチハイクでした。
 そんな旅行の中でモンタナも訪れましたが、イエローストーンまで行けず残念だったのをおぼえています。でも確かにどの車のナンバープレートにもBig Sky Countryと書いてありましたね。本当に広大な空ですね。
 残念なのはモンタナ州は通過しただけのような気がします。あまり記憶に残っていないのです(もう30年近くも前の話ですので・・・)。でも映画のHorse Whisperersは観ましたよ。ロバート・レッドフォードがいかにもモンタナ州の人間だという、良い味わいを出していましたね。地元の映画館で見たのですが、カウボーイの格好をした一行がいたのにはびっくりしてしまいました。内容はちょっとちがうのですが。
 「故郷へ帰りたい」ですが、シェナンドー川って、本当にウエスト・バージニア州を流れているんですか。手元に地図帳がないので確認できないのですが、以前NHKでこの歌の特集をした時、たしかビル・ダノフが登場し、この曲がヒットしたあと、あるバーでお客さんに指摘され、自分の間違いにドキッとした、というような話をしていました。でもモンタナ州のアンテロープはそんなことは気にしないでしょう。いやー、本当にうらやましい!
 マーヤさんご紹介の映像、こうせつさんもジョンも若いですね。ヤマハが全盛ですが、私は今年もギルドにはまっていそうです。
 今年もいろいろご指南いだだけると幸いです。

シェナンドー川

2009.01.07.13:05

George様
明けましておめでとうございます。
今年もいろいろな体験を共有できることを楽しみにしています。
シェナンドー川を探すのはかなり縮尺の大きい地図でないと難しいのです。というのは、ワシントンDCの市内を流れるポトマック川をご存じだと思いますが、シェナンドー川はポトマック川の支流にあたります。ですから縮尺の小さい地図でストポトマックは載っていてもシェナンドーは載っていないことが多いんですね。
ポトマックをずーっと遡ってWest Virginia州に入るとシェナンドー川との合流点に達します。私はアトランタからフィラデルフィアに飛んで、そこから車でWest Virginiaに入りました。

イエローストーンは是非一度は訪ねてみることをお勧めします。(大部分がワイオミング州内ですね。)私が住んでいたアイダホの町はモンタナ側の入口であるWest Yellowstone市まで車で5時間くらいのところでしたので何度も行きました。今年の6月からデルタ航空の成田⇔Salt Lake Cityの直行便が出ますのでかなり行き易くなります。私は8月に家内を連れて行こうと話し合っています。

新垣 巽

モンタナ

2009.01.08.07:10

George様、新垣様、
コメントありがとうございます!また、記事を書きましたので、よろしくお願いします。
また時間のある時に、コメント追加させていただきますね!

「カントリー・ロード」と「ワイルド・モンタナ・スカイ」

2009.01.09.07:03

Goerge様、
ヒッチハイクの経験も素晴らしいと思います。ヒッチハイクなんて、日本ではなかなかできませんもの・・・・。

Georgeさんもアメリカでの思い出話やいろんな思い出話もいつか特集を組みたいですね!

新垣様、
シェナンドー川は小さな川なのですね?でも、日本の川とは比べ物にはならないでしょうね。いつか見てみたいです☆

イエローストーンはカリフォルニアの友人が昨年の夏に遊びに行ったらしいのです。今度頼んで、写真を見せてもうおうかと思っていますv-212
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック