アスペングロー(Aspenglow)

2008.12.19.07:04

クリスマスになると、やっぱりこの曲を聴きたくなりますよね~
ジョン・デンバーが愛した街とは、言うまでもなくコロラド州にあるアスペンという街なのですが、高級リゾート地でもあり、スキーのメッカでもあります。

ジョンはスキーが大好きでした。

いつも全速力で滑走していたそうですよ

ジョンは美しい自然に恵まれたアスペンの様子をこのように語っています。



「アスペングロー」(Aspenglow) ジョン・デンバー  訳 マーヤ

「アスペングロー」というのは、ロッキー山脈にある、僕が大好きな街、アスペンについて書いたものなんだ。

アスペンの人々は毎年「ウィンタースコール」というお祝い事をするんだけれど、毎年あるテーマを決める。

僕が始めてアスペンで働いたときのテーマが「アスペングロー」というテーマだったわけさ。

「アスペングロー」の意味するところは、ここでの暮らしの中で成長すること、この小さな街の中にあって自分の人生の意味、結果を見出すことなんだ。この街の山や、ここで暮らすことが人生感を高めてくれるんだ。

ここに来ると人々はまったく違って見えるんだよ。彼らの顔は輝いていて健康的でアウトドアを愛する人達なんだ。

厳しい嵐、山々の寒い冬、激しい雷雨、低木地帯の火事.等、こういった厳しい大自然の厳しさを共有するコミュニティでもあるんだ。

そう、こんな風にして「アスペングロー」をこの歌の中に託したというわけなんだ。

「アスペングロー」とは、家族とここで暮らすこと、しばしば見逃してしまいがちなちょっとしたことを感謝し、その価値を見出すこと、つまり、松林から差し込む太陽の日差し、冬のワインの暖かさ、山の麓で誰かとピクニックに行って、そこに座ってグラスワインを飲むこと、そうやって分かち合うことすべてを意味するんだ。

この3分間の歌の中にそういった経験を織り込んだし、あなたにもこの歌と共にその経験を分かちあいたいと思っているんだよ。

引用ーJohn Denver Complete Lyrics



冬の歌として、クリスマスの歌として、このアスペングローという歌が大のお気に入りで、歌詞の意味が分からなくても、十分にジョンの暖かさが伝わってきます。でも、歌詞の意味がわかるともっとこの歌の意味するところがわかり、もっともっとこの歌の良さがわかると思います。そんな訳で、拙いながらも翻訳に挑戦してみました・・・。

アスペングロー     作詞作曲ジョン・デンバー  訳 マーヤ

松の木の間から差し込む陽の光を見てごらんよ。
冬のワインの暖かさを味わってごらん。
柔らかな雪が降るのを夢見てごらん。
ウィンタースコール、アスペンの輝き

冬の寒い日々が時を重ねると
冬の冷たさの中で心が温まっていく。
そして心の中の平和も温まっていく。
ウィンタースコール、アスペンの輝かしさも、

アスペンこそが生きるべき人生
与えてくれるものがどんなにあることか、
どんなに力強く、信じられるものかを見てみてごらん。
そして貴方にも与えてくれるのも見てごらん・・・。

みんなが微笑んでいるよ。
笑い声だけが聞こえるよ。
思い出はけっして古びることなんかないんだよ。
ウィンタースコール、アスペンの輝き

アスペンこそが生きるべき人生
与えてくれるものがどんなにあることか、
どんなに力強く、信じられるものかを見てみてごらん。
そして貴方にも与えてくれるのも見てごらん・・・。

松の木の間から差し込む陽の光を見てごらんよ。
冬のワインの暖かさを味わってごらん。
柔らかな雪が降るのを夢見てごらん。
ウィンタースコール、アスペンの輝き



それでは、ジョン・デンバーが始めてアスペンでのスペシャル・イベント、「ウィンター・スコール」に参加したときの思い、アスペンの美しさに心を寄せて、「アスペングロー」をお楽しみくださいささやかですが、これがマーやから皆さんへのクリスマス・プレゼントです


http://www.youtube.com/watch?v=loaKJeyfmVM
winter snow, aspenglow



それと、コロラド州の美しい写真が載っているサイトを見つけましたので、こちらもよかったらご覧くださいね!
Let's talk Colorado

ランキングへの応援もよろしくお願いしま~す(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン
関連記事

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー コロラド

comment

Secret

アスペングローの意味

2008.12.22.11:45

なるほど、ようやくアスペングローの意味がわかりました。ウインタースコールも、今までは何を言っているのかと思って聞いていたのですが、この説明でわかりました。
 スキーの映像、いいですね。しかも最高の雪質ではないですか。私もジョンとスキーをしていみたいですね。

Christmas for Cowboys

2008.12.22.11:57

私の初めてのRocky Mountain Christmasは1973年です。当時、私はアイダホ州の片田舎のジュニアカレッジの2年生でした。一緒にアパートを借りていたルームメイトがクリスマス休暇でもどこにも行く所のない私を誘ってくれました。同じアイダホ州のMayという、人口が当時で150人くらいの寂しい村でした。彼の家は牧場を営んでおり肉牛を250頭、乳牛を100頭ほど、それに馬を10頭飼っていました。村の中心地から外れた所で、一番近い隣の家までも20キロくらいだったと覚えています。遠くに見渡せるモンタナ州との州境の北ロッキーの山並み、反対側にはアイダホ州の最高峰ボラ・ピーク、あたり一面の雪の大平原、ホワイトクリスマスどころか、まさにRocky Mountain Christmasが満喫できる所でした。外は零下30度という寒さにも負けずに、朝は早く起きて牛の乳絞りと餌やり、午後はカウボーイハットを被り、腰には22口径のピストルを吊るして(物騒なようですが万一の用心のためです)、馬に乗って罠にかかったビーバー集めとさらに新たな罠の仕掛けに飛び回りました。ビーバーの体の一部が香水の原料として使われるため、農家の副収入源として珍重されます。夕食の後は友人の家族達と暖炉の火を見詰めながら、脇に飾られたツリーの下で語り合ったり、クリスマスキャロルを歌ったりして過ごしました。夜は降りしきる雪を窓から見つめながら遠い故郷沖縄にいる両親のことを思いつつ眠りについたものでした。

その友人はLettermenが好きで、彼等のクリスマスソングのレコード(当時)をよく聴いていました。何度も聴いたためか、私もいつか彼らの歌も好きになりました。同じアルバムのCDを私も先月出張したマニラのタワーレコードで購入しました。彼らは大学にもコンサートで来たんですよ。(そういえば、カーペンターズも来たんですよ。Karenがまだとても可愛い頃で、Richardも可愛いガールフレンドを連れて。多分あの娘の血液型はO型だったかも。)

マーヤ様が掲示してくれましたアスピングロー、この季節にはいつも聴いていますが改めて聴いていると遠く過ぎ去っていった甘い青春時代に戻ることができます。ジョンのアルバム、Rocky Mountain Christmasの中で最も好きなAspenglowとChristmas for Cowboys、これらの歌を聴くとアイダホで過ごした美しいロッキーのクリスマスを思い浮かべます。もう35年も前のことです。

ジョンを愛する皆様、Merry Christmas!そしていいお正月をお迎えください。


新垣 巽

雪できらめくクリスマス

2008.12.23.06:16

新垣様、

ロマンチックなロッキー・マウンテン・クリスマスですねv-263

「クリスマス・フォー・カウボーイ」の歌の中で「snow-coverd plains」とか「blanket」とか「Christmas tree lights」とか「sky」とかイメージしやすい言葉がたくさん出てくるのですが、やはりアメリカの農場にいけば、そのイメージ通りのものが目の前に広がっているのでしょう。

あたり一面の雪を眺めて、寒さにす震えながらの農作業は実際にはロマンというよりは大自然との闘いになると思うのですが、厳しいからこそ、夕食後の団欒も暖炉の火を眺めながら、ゆったりとくつろげるのでしょうねv-255

日本では、クリスマスといっても、アメリカみたいに本物の大きなツリーを飾ることは普通はできないし暖炉のある家もほとんどないので、アメリカの風物詩みたいなものを体験できないのが残念でもありますが、この新垣さんの学生時代の思い出を読んでいるとタイム・スリップしてその場にいるような感覚にさえなってしまいます。

お忙しい中、アメリカでの素晴らしい経験とロマンチックな思い出綴りをしていただき、本当にありがとうございましたv-410

どうか素敵なクリスマスをお過ごしくださいねv-354v-339

感謝の言葉

2008.12.23.10:59

マーヤ様、

これらの体験を読んで感想を頂ける人たちを見つけることができたこと、大変うれしく思います。これからも少しずつではありますが、掲載させて頂きます。


George様

スキーが大好きとのことですからアイダホのSun ValleyやユタのPark City,Snowbird、コロラドのAspenなどはすばらしいスキー場があります。私はスキーをはじめたのが遅かったので、残念ながらユタではPark Cityでしか滑ったことがありません。いわゆるPowder snowで手ですくって息を吹きかけるとパーッと散ってしまうような雪でした。機会がありましたらぜひ体験なさってください。


新垣 巽

アスペンとスキー

2008.12.23.11:20

George様、
コメント返しを忘れてしまい、すみませんm(_ _)m

「ウィンタースコール」って、英和辞典で調べても載っていないですよね。アスペンの地元の人なら知っているけれど…。ジョンの解説のお陰でやっと意味がわかりました。

Georgeさんはよくスキーをなさるのですね…!アスペンのスキー場に、いつかスキーにでも行ってくださいね!

新垣様、
ぜひぜひとも、懐かしい思い出綴りはいつでも歓迎しますよ!

アスペングロー

2008.12.23.19:58

美しい歌ですね。マーヤさんの訳詞も、とっても素敵!
みなさんのコメントも興味深く読ませていただきました。

私がジョン・デンバーに初めて関心を持ったのは今年に入ってからだったのですが、
YouTubeで何度も接しているうちにだんだん好きになり、
今では大好きな歌手の一人になってきました。
彼の歌を聴いていると、暖かくやさしい気持ちになります。

スキーの映像とSunshineの歌も本当にすばらしいですね!
さっそく私のブログにも掲載させていただくことにしました。

Aspenglow

2008.12.24.06:25

ゆうこ様、
本当にうれしいメッセージをいただき、ありがとうございます。
ジョン・デンバーの良さをわかっていただき、とても嬉しく思いました!

<スキーの映像とSunshineの歌も本当にすばらしいですね!
<さっそく私のブログにも掲載させていただくことにしました。

そうですか・・・。あがとうございますm(__)m
私のほうもゆうこさんのサイトを遅まきまがら、クリスマス特集としてサイドバーのほうにリンクを貼らせていただきますねv-255

メリークリスマス

2008.12.24.22:21

クリスマスイブですね。我が家では子供たちが大きいので、もうケーキもツリーも何もありませんが、ジョンのアスペングローを聴きながらクリスマスを味わっています。
マーヤさん、そして全国のジョンデンバーファンの皆さん、素敵なクリスマスを・・・

今日はクリスマス☆

2008.12.25.10:12

emichi様、
アスペングローを聴きながらの素敵なクリスマス・イブだったんですね!
昨日の夜は神戸の街でささやかな都会のクリスマス気分を味わいました。お店に飾ってあるクリスマスツリーがとても素敵で、花屋さんのフラワーアレンジメントもうっとりするほど素敵で写真をパチパチ撮ったりしていました。

今回は車にジョン・デンバーのCDを積み込まず、(子供達のブーイング回避のため…)、心の中のジュークボックス・ボタンをスイッチオンで、JDの音楽が流れるという具合です。

今日は関東地方に向っています。今夜もきっと素敵なクリスマスの夕べを過ごせる事でしょう。emichiさん、皆さん、今夜もゆったりと暖まりながら、楽しいクリスマスの一時をお過ごしくださいね(*^_^*)
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック