思い出【新垣さん編】(Part1)

2008.12.01.06:54

ブログを書くうえでの最高の醍醐味はやはり人と人との出会いではないでしょうか?

以前素敵なメールとくださった新垣さんのジョン・デンバーとの出会いと思い出をご紹介したいと思います。
それでは、新垣さんのメールをそのまま掲載させていただきますね。

ご丁寧な返事を頂き、恐縮です。
ジョンの歌を私以上に愛している日本人はいないのではないかと自負していたのですが、いやいや、どうして、日本も広くて、また、すばらしい人が大勢いらっしゃるんですね。うれしいというか、ジョンのことをこれほど愛している人がおられるということに感謝したいですね。

私は1972年、20歳で留学のため渡米、ハワイ、アイダホ、ユタ、テキサスと大学、大学院をわたり歩いてきました。その間にJohnの歌に出会いました。最初の歌が日本語のタイトルが「太陽を背に受けて」で知られる「Sunshine on my shoulders」でした。その歌が流行っている時に鱒釣りをしたり、キャンプに行ったりとロッキー山脈の中を旅したことを覚えています。その後で聞いたのが「Take me home、courty roads 」でした。笑われるかも知れませんが、歌の出だしで「Almost heaven West Virginia」とありますが、大学院を終えた直後に、歌に詠まれた「West Virginia」州を訪ねてみました。歌のとおりのすばらしい地でした。言い忘れましたが、大学、大学院での専攻は政治学と地理学です。地理学は特に北米の歴史地理なので、歌以外にも興味があった次第です。「Bridge Mountain」はなだらかな連峰で、夏に行きましたので緑がいっぱいで、外国人の私でもノスタルジアを感じましたね。州立ユタ大学の学生の頃、州都であるSalt Lake Cityの「Salt Palace」で彼の最初のコンサートに行きました。チケットの売り出し3日前から寝袋に寝て、ステージから3番目の席を取ることができました。ちょうどその頃は期末テストが迫っていた頃でしたが、教科書を枕にして頑張りましたよ。2回目は母校のあるテキサス州のオースチンでした。その時は大学院の学生でしたので、冒険をしてまでチケットを買う時間がなかったので、友人に頼みました。ずーっと後ろの方でしたね。彼のコンサートは楽しくて、会場全体で視聴者も一身同体で参加するというイメージですね。ジョンもコンサートの度に同じジョークしか言わないけど、それでも皆は楽しそうに笑ってくれるので、つい私も笑ってしまいます。

次回はこれらのコンサートと日本で行ったことのあるコンサートの話をしましょう。あ、忘れていました。彼の家があったコロラドの「アスペン」に行ったこともありますよ。会えるかと思って、3時間ほど待っていたのですが、とうとう会えませんでした。家の正門だけを見て帰りました。これはわざわざ行きました。

彼の歌は何でも好きです。CDもほとんど持っていますし、DVDも5枚ほどあります。私はギターは弾きますが、クラシックの方です。全然上手ではありません。「Today」は
マーヤさん言われるようにイントロの部分が美しい旋律になっているのと、歌詞が美しいので好きです。それで弾いて見ようということになったのです。もちろん曲も美しいですね。作詞と作曲は「Randy Sparks」でしたか。


私はエンジニアリング会社でコンピュータのSEとして勤務しており、仕事はほとんど外国が舞台です。今まで30カ国程行きましたが、必ずジョンの曲とギターを持って行きますよ。


新垣




新垣さんの最初の出会いのジョン・デンバーの曲は「太陽を背にうけて」だったのですね。例の全世界で1000万枚以上売れたという「グレイティスト・ヒッツ」を思い浮かべてしまいます。

Greatest Hits
Greatest Hits

この写真です。燦々と照りつける太陽の元でにっこり笑うジョンの笑顔が忘れられないですね。

この「太陽を背にうけて」はラジオやBGMなど今でもさりげなく流れているようです。永遠に不朽の名作ですよね。

この「太陽を背にうけて」をレコード盤、ライブ盤も含めてご一緒に耳を傾けたいと思います。



新垣さんはジョン・デンバーの歌に合わせて「ウエスト・バージニア」を訪ねたり、ジョンの家を訪ねたりして羨ましいと思います。私はまだ行ったことがないですが、他のジョン・デンバー・ファンの皆さんとともにその思いでを分かち合えるのが何よりも今は嬉しいです。

Salt Lake Cityの「Salt Palace」でのジョン・デンバーのコンサートの模様を明日にでもご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに!


http://www.youtube.com/watch?v=4Zx27dP1mTg


http://www.youtube.com/watch?v=AwAHT0HV6KM&feature=related
関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー

comment

Secret

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック