【9】「John Denver 追悼ライブ2008」

2008.11.07.06:34

イッツ・アバウト・タイム(紙ジャケット仕様)
イッツ・アバウト・タイム(紙ジャケット仕様)

パイナップラーズの第2ステージも、ますます熱気を帯びてきました。ライブの22曲目にあたる曲は、なんだったでしょうか?

な~んと、この曲だったんですね!そのタイトルは「ワールド・ゲーム」でした。「うわ~、ついにでた~。」って思いましたよ
アルバム「イッツ・アバウト・タイム」に収録されている曲で、最後から2番目の曲です。このアルバムの中で、私が特に好きなのが、最後の4曲で、「ワイルド・モンタナ・スカイ」、「ザ・ウェイ・アイ・アム」、「ワールド・ゲーム」、「イッツ・アバウト・タイム」なんです。

この「ワールド・ゲーム」はジョン・デンバーの友人である、バックミンスター・フラーに捧げた歌で、踊りたくなるようなレゲエのサウンドになっています。そんな曲調とは、裏腹に争いのない平和な世界への願いが込められているようです。

田中タケルさんにとっては、ジョン・デンバーの歌との出会いがあったころの思い出深いアルバムのようですが、是非とも他の曲、たとえば「イッツ・アバウト・タイム」等、他の曲も歌っていただきたいと思いました・・・。(ちなみに南こうせつさんも「時はきたれり」という曲を作っていて、ジョンの「イッツ・アバウト・タイム」と偶然の一致があって、思い出深いみたいですね!それで、紙ジャケット化したんだろうと思います)


70年代のジョン・デンバーの世界とは全く違いますが、こんなワールドもあるんだということですよね

それでは、ライブの世界をご一緒に楽しんでまいりましょう・・・

関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ

comment

Secret

2008.11.11.02:03

超大作ライブ・レポート、楽しませていただいております。

1回のライブの話題でここまで引っぱっていただけるのは、まったく演奏者冥利に尽きますよ。

たいていライブなんて終わってしまえば2,3日で何事もなかったかのように忘れ去られてしまうものですからね。

こんな形で大切に反芻していただけるなんて、本当にありがたいです。

ところで、お察しの通り『イッツ・アバウト・タイム』は、ぼくの最大のお気に入りアルバムのひとつです。

ジョンの歌うロックンロールやレゲエには何ともいえない魅力があるんですよね。フル編成のパイナップラーズのライブでは、特にそういった隠れ名曲たちに光を当てていきたいと思っております。

イッツ・アバウト・タイム

2008.11.11.15:59

タケル様、
いつも多忙で、滅多にコメントはいただけないんで、こんな形でコメントいただき、最高に嬉しい気分です!

こうやって、長いライブ・レボを書いてしまった原動力となったのが、浅草ライブでお会いした、Nobuさんと須賀さんのお二人。Nobuさんのメールを見て、抱腹絶倒、こりゃ頑張らなくちゃとも思ったし、須賀さんの何気ない一言に参った~、との思い…。

前回、カセットテープを持っていって肝心なところで、気が散ってしまったので、今回は余計な物を持たずにライブに集中する事にしました。
お陰で写真もあまり撮っていないけれど、心の中に素敵な思い出の写真が撮れたとの思いです。

これからも「イッツ・アバウト・タイム」を始めとして、タケルさんの大好きなジョンの歌を更にバージョン・アップして聴かせていただきたいと思いました♪
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック