スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【君の瞳を見させて…】カム・アンド・レット・ミー・ルック(Come And Let Me Look In Your Eyes)

2010.06.18.07:03

人生について考えるというのは、簡単ではないのですが、そんなテーマについて歌いながら、心を癒してくれる歌をご紹介したいと思います。

偉大なる哲学者であったジョー・ヘンリーとジョン・デンバーの二人が共に考え続けたテーマであったに違いありません。

詩を味わい、歌を味わってくださいね☆

カム・アンド・レット・ミー・ルック(Come And Let Me Look In Your Eyes)
                    作詞ジョン・デンバー & ジョー・ヘンリー      訳 マーヤ


成長するって、難しい事じゃない

ちょうど壁に背をむけて立つようにね

かつて僕はたったの70センチしかなかったけど

今では1m80cmもあるんだ


でも、誰かが僕の事を知ろうとして耳を傾けるというのは

ちょっと別のことだよね

言葉が口笛のように頭の中でぐるぐる回っている

ちょうど風の中に移りゆく季節のように


水面をよぎり、雲が空を泳いでいる

その雲が僕に空を見させてくれない

ただ僕が望むことは自分自身を見出だそうと努力すること

ここに来て…、君の瞳を見させて


行くべき道を探し

すべき規則に従ってきた

賢い人と愚かな人の中間を行けば良いと言われれば

その通りにしてきた



彼らの言う言葉をじっと聴き

読むべき本を読み

正しいと言われることはやってきた

自分がなるべきことを努力し続けてきた


空が落ちてきてしまいそうだ

僕は自分の行くべき道を失ってしまったように見える

僕が望むすべては自分自身を見出だそうと努力すること

来て…、君の瞳を見させて


ああ、でも英知は地下にも山の麓にもない

だから、自分はどこに行ったらいいのか

自分が隠れる場所もない


宇宙をよぎる星たちが色褪せていく

まるで僕たちが自分たちの道を見失ってしまったように

ただ僕が望むことは自分自身を見出だすこと

ここに来て…、君の瞳を見させて





スライド・ショーと共にお楽しみくださいね
http://jp.youtube.com/watch?v=qMrbTV2UWeE


Spirit
Spirit
関連記事

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

comment

Secret

はじめまして。

2008.09.12.21:28

私も若い頃、熱心にジョンのレコ-ドを聴いておりました。今でも大切に持っておりますし、プレ-ヤ-も現役です。
夏の暑い日。アイス・コ-ヒ-を飲みながら聴く『ロッキ-・マウンテン・ハイ』
冬の寒い夜。ホット・ココアを飲みながら聴く『詩と祈りと誓い』
レコ-ドならではの情緒があると思います。
田中タケル氏のペ-ジからこちらにおじゃました次第ですが、四年程前の新宿での氏との会話をここに再現致します。

じ『じょん・どんばあです』
タ『お・お・お~。“じょん・どんばあ”って感じがする!』

だそうです(笑)タケル氏のペ-ジも衝撃的でしたが、こちらも好いですね。楽しみがひとつ増えました。

いつまでもいつまでも。大切に大切に。
ジョンの唄声を聴いていたいですね。今後とも宜しく!!

大好きな曲、アルバム

2008.09.12.23:18

おお!、この名曲、アップされていたんですね!

イントロを聴いて、あっ、音が違う!と思いました。
私はレコード盤でしか聴いておりませんが、イントロで、アコースティックギター以外の音が大きく聴こえました。
おそらく音の調整をされたバージョンかなと思います。

それはともかく、この曲、アルバムと共に、だ~い好きです。
よく音楽を聴くと、当時の事を思い出しますが、それが私に一番強いのがこの曲であり、このアルバムです。
いろいろ悩んでいた時期で、ジョンを心のよりどころにしていました、ホントに・・・。

むかし、「ミュージックフェア」で森山良子さんが、この曲を歌っているのを聴いたとき、森山さんは、まあ何とシブイ選曲をするんだろうと、うれしくなりました。
また聴いてみたいものです。

レコード

2008.09.14.06:15

じょん・どんばあ様、
始めまして・・・。田中タケル氏のサイトから来ていただいたそうで、とても嬉しく思っております。

じょん・どんばあさんのおっしゃるように、レコードって本当に情緒がありますよね。日本は家の中が狭いので、あっという間にCDが普及してしまいましたが、あの大きさといい、あの雑音ですら、ひとつのサウンドとしていいなぁって思ったりしています。

>夏の暑い日。アイス・コ-ヒ-を飲みながら聴く『ロッキ-・マウンテン・ハイ』
>冬の寒い夜。ホット・ココアを飲みながら聴く『詩と祈りと誓い』

iいいですねぇ~!
私だったら、・・・
夏の暑い日・・・ハーブティーを飲みながら、『四季の組曲』、
秋の夕暮れ時・・・空を飛ぶ赤トンボを追いながら、『マシュー』、
冬の寒い夜・・・キャロブ・ティーを飲みながら、『カナダのの寒い夜』
なんて、いろいろとイマジネーションが湧いたりします♪

タケル氏が『お・お・お~。“じょん・どんばあ”って感じがする!』 と言われたそうで、「ジョン・デンバー」と雰囲気が似ていらっしゃるのでしょうか?10月の「田中タケルとパイナップラーズ」の「ジョン・デンバー・トリビュート・ライブ」にもいらっしゃいますか?一応、私は行くつもりでいます。もし、そちらにいらっしゃるのであれば、是非是非ともお会いしいですねぇ~。

なお、タケル氏の私に対しての評は『〇〇〇で、面白い人』だそうで、リアルなマーヤはかなりクレイジーなところもあります。(ただし、私の横で笑ってくれる人がいないとテンションがあがらない・・・なんて・・・)

今まで、ずっと根つめて更新していましたが、健康のことも考慮して(笑)、これからは、ぼちぼち更新していこうかと思っています。

また、お時間のあるときにでも、コメントをいれていただけると、励みになります。これからもどうぞよろしくお願いします。




心の詩

2008.09.14.06:33

はたやん様、
このアルバム「心の詩」が大好きなのは、よくわかります。この邦題がぴったりな心に響く名アルバムですよね・・・。

ジョン・デンバーのことがちょっと気になるジョン・デンバー・ファン初心者には是非とも聴いてもらいたいアルバムだと思っています。

私もはたやんさんのようにこのアルバムを心のより所にしていた時期があって、「イーライズ・ソング」の歌詞の一節をしおりに書いてノートに挟んでよくそれを眺めていたこともありますよ・・・。

「ミュージック・フェア」で森山良子さんがこの「カム・アンド・レット・ルック」を歌っていらっしゃったのですか?聴きたかったですねぇ!

癒されますね

2010.06.20.23:30

お久しぶりです、マーヤさん。

本当に名曲ですよね、心が癒されます。
何でこんなにジョンの歌は心にしみるんだろう…

マーヤさんの訳詞も素敵です。
どうもありがとう。

ヒーリングですね☆

2010.06.21.06:46

emichi 様、

ご無沙汰しております!

そうですよね~。ジョンの作詞かと思ったら、ジョンとジョー・ヘンリーの作詞だったので、その部分がジョンでどの部分がジョーの作なんだろうと思い巡らしていました。

冒頭部分は絶対ジョンに違いないと思っています。なんとなくジョンらしい雰囲気なんですよね。哲学風の部分はきっとジョーの作に違いないってね。

こうやってブログでも書かないとなかなか訳そうなんて思わないですよね。

詩の意味がわかると、ジョンの想いもいっそうわかって、ますます好きになってしまいますねv-238
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。