スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のワンマン・ショー An Evening With John Denver

2008.08.21.07:09

1975年はジョン・デンバーにとって最高の年でした。

数多くのテレビやコンサートに出演し、ジョンは「ファー・アウト!」「最高!」を連発していた時代です。

今日ご紹介する映像は、日本でも放送された番組で、アメリカで「エミー賞を授賞しました。当時ビデオデッキが非常に高価だったので、録画された方は少ないと思います。カセットテープに録音したJDファンが多かったようですね♪

この「An Evening With John Denver」は、かの有名なダニー・ケイやジャック・クストーとの共演で話題となりました。

ダニー・ケイは素晴らしいエンターテイナーです!

また、この番組のお陰でフランスのジャック・クストーという海洋学者のことを知りました。

そして、その後「わが友カリプソ号」(Calypso)という歌が誕生し、ジョン・デンバーはジャック・クストーとカリプソ号の乗組員全員にこの歌を捧げたのですよね♪

この番組はジョン・デンバーに大きな影響を与えてくれた番組に違いありません。

NHKで放送されたこの「An Evening With John Denver」を、確かラジオ経由で録音しました。たしかラジオでテレビの1と2と3が入ったのかな?

東京で2は入らないので1と3が入ったんです。

1がNHK総合で3がNHK教育で、それで最初から最後迄録音して、音声だけはその後も繰り返し聴き返したものです。

今日お届けするシーンはその中でも、特に大好きだったシーンです。

字幕付きが嬉しいですね♪

ジョン・デンバーが「タキシードを着るのは僕の人生のなかでも片手位しか着たことがないんです。」と言って笑ってますがダニー・が登場すると、ジョンの真似をして同じことを言って笑わせていますね♪

ジョンとダニーが「悲しみのジェット・プレーン」、「太陽を背にうけて」と「故郷へ帰りたい」を様々な国のバージョンに変えて歌っていますが、ベテランのダニー・ケイと若手のジョン・デンバーとのコントラストがたまらなくいいですね♪

ダニー・ケイはユニセフでの活動に忙しく、世界各地を周り、世界中どこに行ってもジョン・デンバーの歌を聴いたと語っていますね♪

ジョンはユニセフでも活躍されたそうですが、その活動のきっかけはダニー・ケイだったのでしょうか?

本当に何度見ても聴いても楽しいシーンですね♪



それでは、ダニー・ケイとジョン・デンバーの楽しいかけあい漫才をお楽しみくださいね☆悲しみのジェット・プレーンがこんなに楽しい歌に変身していますよ!「太陽を背にうけて」も、大変身しています
お楽しみくださいね!
http://www.youtube.com/watch?v=XTXPPvToLcs





ロッキー・マウンテン・ハイ(紙ジャケット仕様)
ロッキー・マウンテン・ハイ(紙ジャケット仕様)
バック・ホーム・アゲイン(紙ジャケット仕様)
バック・ホーム・アゲイン(紙ジャケット仕様)
関連記事

theme : 懐かしの洋楽映像
genre : 音楽

comment

Secret

最初の映像

2008.08.24.15:55

私が初めてジョンの映像を見たのが、NHKで放映されたこれだったはずです。
横浜に単身赴任したてで、アパート(←いまやもう死語?)には白黒のテレビしかありませんでしたが、これはもう歴史的な意味を持つ感動ものでした。
是非DVDで発売して欲しいですよ、これだけは・・・。

最初の映像♪

2008.08.25.06:02

はたやん様、

最初の映像だったんですね。

この番組はどなたが見ても、納得の素晴らしい内容だと思います。

再放送、DVD化、是非発売して欲しいですね!v-341
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。