スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑の風のアニー Annie's Song

2008.06.09.06:58



6月という季節からどんなことを思い浮かべますか?

日本ではやはり、「梅雨」・・・、雨がしとしとと降り、ちょっぴり憂鬱になってしまいますよね・・・。

私にとってもう一つ思い浮かべるのが「アジサイ」、雨が降れば降るほど生き生きとしているアジサイはこの季節にいつも私の心を潤してくれるのです

さてもう一つの6月といえば、「ジューン・ブライド」「June Bride」です。

「ジューン・ブライド」とは「6月の花嫁」という意味ですが、6月はヨーロッパでは1年中で一番雨の少ない季節。

はつらつとした季節の始まりでもあり、ヨーロッパでは6月に結婚した花嫁は幸せになれるとの伝承があるそうです!


きっとそんな「ジューン・ブライド」を夢見て1967年6月9日にジョン・デンバーとアン・アニー・マーテルは結婚したのでしょう。


ジョン・デンバー・ファンの間ではジョンとアニーとの出会いはとてもよく知られているのですが、ご存知でない方もいらっしゃるかと思い、簡単にご紹介させていただきたいと思います。

時は1965年11月、チャド・ミッチェル・トリオに在籍していたジョン・デンバーはアニーと始めて出会ったのでした・・・。

ミッチェル・トリオはアニーのホーム・タウンであるミネソタ州セント・ピーターにあるガスタヴ・アドルフ・カレッジでコンサートをやっていました。

ちょうど大学祭で、学生達もショウをやっており、その中で茶番劇もやっていたのです。その時、「第1幕」「第2幕」「拍手」とか書いたプラカードを持ってステージに来ていたブルー・ジーンズに赤いシャツの女の子がアニーでした。

ジョン・デンバーはアニーのことをこんな風に語っていました、「彼女は5フィート2インチ(約155センチ)で輝く青い目と、明るい笑顔の女性でいつも僕を笑わせてくれるんだ!」と。

ジョンはこの大学祭で出会ったアニーに一目ぼれしてしまったのです。

そのあと、ジョンは全曲、彼女の方を向いて歌い自己紹介して住所を書いた紙を渡したのですが、彼女のほうから手紙は来ませんでした。

1年後の1966年10月、ミネソタ州でコンサートをやることになり、またセント・ピーターを通過することになりました。それで車に乗っていた仲間に彼女のことを話したところ、「1年間も女の子のことを思っているなんて・・・」すっかり感心されてしまい、すぐに女子学生にアニーの電話番号を調べてくれたという訳なんですね。

そしてジョンはすぐにアニーのところに行き「コンサートに来てくださいますか?」と誘ったところ来てくれるというので、迎えに行きその二日後のコンサ-トにも彼女を誘ったのでした。

その後1966年のクリスマスももうすぐという頃チャド・ミッチェル・トリオにトラブルが起こって、ジョンはひどいホーム・シックとラブ・シックにかかっていました。

ジョンはロサンゼルスからアニーに電話をかけて、クリスマスにはアニーの家に呼んで欲しいを言おうとしたところ、彼女は大学のスキー・クラブの仲間とコロラド州アスペンに行くと言うので、ジョンもアニーのあとを追いかけて行くことに決めたのでした。

これがジョンの心の故郷となるアスペンとの出会いでした。

「こんなにも美しく素敵なところをいまだかつて見たことがなった」とジョンは思いました。「こんなところでアニーと暮らしたい」ジョンは思ったのでした。

そんな思いでいっぱいになったジョンはアスペンからセント・ピーターへ彼女を送って帰る途中、バスの中でプローポーズ。ところが答えは「ノー」

すっかりがっかりして腹を立てたジョンは「もう二度と言わない。答えがイエスとわかって言うのでない限り、二度と口にしない」と宣言して一ヶ月も電話もしなかったのです。

その後彼女の友だちから電話があり、「アニーが寂しがっているわ。」というので、ジョンは飛び上がって電話をかけ、もう一度改めてプローポーズをしたところ、答えはもちろんOK。

そしてジョンとアニーは1967年の6月9日に無事に結婚式挙げたのでした。

その後にいろいろありましたが、やはりジョンはアニーのことを、一番愛していたのだと思います。

Youtubeに素晴らしい動画がアップしていました。曲目は「緑の風のアニー」と「アニーのためのもう一つの歌」です。Massasaさん、どうもありがとう!


http://jp.youtube.com/watch?v=Sh4Kf0vyrQ4



参考資料・・・アルバム「バック・ホーム・アゲイン」解説

この記事の続きはこちらです!→June Bride-Annie's Song(2)

08-06-09_05-26~00_edited

バック・ホーム・アゲイン
バック・ホーム・アゲイン(紙ジャケット仕様)
関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

comment

Secret

アルバムジャケット

2008.06.11.00:05

アニーさんのジューンブライドの話は知っておりましたが、9日という事までは知りませんでした。

「緑の風のアニー」の収録されている「バックホームアゲイン」のアルバムはとても素晴しいアルバムですが、私はそのジャケットも数あるアルバムの中で一番好きなんです。いいですね~、ほのぼのとします。

☆アルバムジャケット☆

2008.06.11.06:32

はたやん様、

そうですよねぇ~。このアルバムジャケットの独特の雰囲気がいいですよね~。

ジョンとアニーが一緒に写っている写真、仲間達を一緒に写っている写真、家族のアルバムみたいですものね・・・。

紙ジャケット版のぼこぼこした、あのざらざら感もいいですねぇ~。

このまま時を封じ込めておきたいくらいですv-238v-398
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。