バリー・マニロウ&ジョン・デンバーが歌うのは・・・?

2008.05.18.06:53

以前からずっと迷っていることがありました・・・。海外のDVDが見たい・・・。でも、リージョン・コードが違う・・・。どうしようか?

いろいろと調べてみると、様々は方法があることがわかりました・・・。
アメリカのDVDだったら、アメリカのDVDプレーヤーで見る。・・・でも、これは日本ではちょっと面倒くさいですよね。
リージョン・フリー・DVDデッキで見る。
もう一つの方法はリージョン・フリー化ソフトで見る。

あれこれ思案したあげく「リージョンフリー化ソフト」で見ることにしました。フリーのソフトもありますが、欠点もあるようですので、有料でもそんなに高くもなかったし、わからないことはメールでフォローしてもらえるので、こっちにしたわけなんです。

私の使っているノートパソコンのDVD-RAMはどんなソフトを使ってもリージョンフリー化できない仕様になっていたため、結局外付けDVD-RAMを購入することになりましたが、なんとか再生に成功し、やれやれといったところです。

外付けDVD-RAMは「BUFFALO DVD-RAM/±R(1層/2層)/±RW対応 USB2.0&IEEE1394用 外付けDVDドライブ DVSM-XL20IU2」という奴で、本当はもうちょっと安いのにするつもりでしたが、結構割引率もいいし、買うなら内容のいい奴にしようと思い、これにしちゃいました。縦でも横でも置けるし、なかなかスマートで気に入っています


始めて購入した海外DVDは言うまでもなく、ジョン・デンバーの映像を見るためでしたが、今は円高ですし、いい奴を買おうなんて思って、「First Television Specials (5pc)」というバリー・マニロウの5枚組みのDVDセット購入しちゃいました。バリーの「歌の贈り物」や「悲しみのマンディ」もお気に入りでしたし、5枚もあるので、ゆっくりと見ていこうか、なんて主っています・・・♪

ジョン・デンバーの出演するシーンはほんの少しですが、どのDVDもとても素晴らしい出来栄えで買ってよかったと大満足です

ジョン・デンバーが出演するのは3枚目のDVDで「The Third Barry Manilow Special」というタイトルで1979年5月23日にABCで放送されました。

この特別番組はエミー賞の2部門にノミネートされ、「Outstandinng Achievement in Choreography」部門で受賞しました。

曲目は以下の通りです。
1. Ready to Take a Chance Again
2. Weekend in New England
3. (Why Don't We Try) A Slow Dance
4. I Write the Songs
5. What's on Your Mind
6. Everly Brothers Medley
7. Copacabana (At the Copa)
8. Even Now
9. Somewhere in the Night

4番目のところでジョン・デンバーがギターをかき鳴らしながら「What's On Your Mind」(二人の絆)を歌います。そのあとで、バリー・マニロウが高い所に座って、ギターを弾く真似をしています。ジョンもそこへ行き、エヴァリー・ブラザースのヒット曲のメドレーを歌います。

さて、まずはバリー・マニロウについてですが、かれは1943年6月17日ニューヨーク市ブルックリンの生まれです。なんと、ジョン・デンバーとは同い年だったのですね!かれはユダヤ系ロシア人です。ジュリアード音楽院を卒業しており、歌手、作曲家、プロデューサー、アレンジャーでもあります。

全米1位になった曲は「悲しみのマンディ」と「歌の贈り物」の2曲で、彼のアルバム等の総売り上げが全世界で7500万枚以上だそうです。

ジョンとバリーがジョイントするきっかけとはなんだったのだろうかと、いろいろと思いめぐらすのですが、きっと同級生だったからでしょうか?それとも、ちょうど同じ時期でヒット曲を飛ばしていたから?・・・それとも何だろう?

バリーの両親はユダヤ系ロシア人で、ジョン・デンバーはドイツ系ロシア人の三世でしたので、お互いロシアがらみだったからかしら、とか思ったりしています。

いずれにしても、ジョンもバリーも歌は超一流、背丈もおんなじ位で、一緒に歌うと息もぴったりで、本当に美しいハーモニーを奏でてくれました

ジョン・デンバーが最初に歌う「What's on Your Mind」(二人の絆)は「John Denver」(大いなる飛翔)というアルバムに収録されている曲です。とてもジョンらしい優しさを感じさせてくれます。

続いてジョンとバリーが歌エヴァリー・ブラザースのヒットメドレーですが、いきなり「バイバイ・ラブ」で、びっくりしました。私はこの曲ってサイモン&ガーファンクルの曲だと思っていたのですが、エヴァリー・ブラザースの曲だったのですね・・・・。しかもこのデュオの1957年のデビュー曲だったのでね・・・。私にとってはS&Gでお馴染みで大好きな曲なんです。

エヴァリー・ブラザースについてですが、兄のドン・エヴァリーは1937年2月1日生まれ、弟のフィル・エヴァリーは1939年1月19日生まれです。

このデュオのスタイルはアコースティック・ギターをバックに3度のハーモニーで数々のヒットを飛ばしました。先述の「バイバイラブ」の他にビーチ・ボーイズが「Devoted To You」をカヴァーしたり、多くのアーティスト達に影響を与えたそうです。ジョン・デンバー自身もエヴァリー・ブラザースが好きで歌手を目指したそうなんです。

エヴァリー・ブラザースの主なヒット曲は「Bye Bye Love」「Wake up Little Susie 」「All I Have To Do Is Dream 」「Bird Dog」「 Devoted To You」「 Problems」「Take A Messsage To Mary」等です。

エヴァリー・ブラザースの曲目は以下のところでちょこっと試聴できるので聞いてみてくださいね
The Definitive Pop Collection
The Definitive Pop Collection

エヴァリー・ブラザースのヒット曲の映像はこちらから
Bye Bye Love
Wake up Little Susie /Should We Tell Him
Devoted To You
All I Have to do is Dream
Bird Dog
Take a Message to Mary

First Television Specials (5pc)
First Television Specials (5pc)

関連記事

theme : 懐かしの洋楽映像
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー バリー・マニロウ エヴァリー・ブラザース

comment

Secret

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック