スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貿易風(Tradewinds)

2008.03.20.17:13

ジョン・デンバーの歌で「貿易風」(Tradewinds)という歌があります。とても素敵なラブ・ソングで私にとっての大のお気に入りなんです。

「貿易風」とは、「中緯度の高圧帯から赤道付近の低圧帯に向かってほぼ定期的に吹く風。地球の自転によって北半球では北東風、南半球では南東風となる。」という意味です。言葉の中に貿易がつくために貿易船のイメージがありますが、「決まったコースを吹く風」という意味で、貿易とは関係がないようです。他に熱帯東風、恒信風という呼び名もあります。

この曲はアルバム「生きる歓び」(I Want to Live)に収録されています。このアルバムは1977年11月に発売されましたが、バックバンドを大幅に変えて新規一転を図ったようです。エルヴィス・プレスリーのバック・ギタリストであったジェームス・バートンもメンバーに加わっていますし、メンバーを変えたといいながら、リー・ホールドリッジ・オーケストラもメンバーとして残っていて、すごくいいアレンジメントとなっています。

私にとってはこの「生きる喜び」(I Want to Live)が、ドライブの時には欠かせない一枚になっています。

このアルバムの最初に「誓いは永遠に」(How Can I Leave You Again)が入っており、その次がこの「貿易風」(Tradewinds)ですが、最初の曲の中で自分を船乗りにたとえています。荒れ狂う風の中で舵をとる船長のイメージがあります。その辺の流れのあとですから、ちょうど同じ頃に作った曲なのでしょうね・・・。爽やかな風の流れに身を任せて、変わるこのない愛を語っています。

貿易風(Tradewinds)

貿易風に乗って
柔らかな 南から吹くそよ風に帆をふくらませ
海の青さの中に生き
島々を夢み
南国の輝く月の光に身を包まれている
僕は月が落ちても 身震いはしない
この世のすべてが 僕に歌いかけてくる
あらゆる影が あらゆる木が
たしかに僕の愛は 海のように光り輝いている

僕は君を幸せにしてあげられる
もし君を 僕の両腕の波の上に
連れていくことができないとしても
孤独のふちに置いていったりはしない
もし君が ダンスをしたい気分ならば
水のように波打ってみたい気分ならば
眠れぬ夜を過ごす 僕のところにやってきて
ここを 心安らぐ場所にしておくれ
僕の人生のすべては 君とともに過ごすためのもの
僕がそうしたいと願っていることのすべては
君がそんなふうに思っているということを 知ることなのさ

遠い雷鳴、激しく波立つ海
ロッキー・マウンテンの思い出
たしかに僕は道を見失っていた これらのものを見出すまでは
そうさ そうなんだ



とてもロマンチックで、こんな詩を彼氏が作ってくれたら、どんな女性でもうっとりとしてしまうでしょう・・・。
もちろん曲もとても素晴らしいので、詩の意味がわからなくても充分に楽しめますが・・・。


I Want to Live
I Want to Live

2つのランキングそれぞれにぽちっと入れてもらえるととても嬉しいです。次回も頑張りま~す☆
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン


関連記事

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comment

Secret

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。