悲しみのジェットプレーン Leaving On A Jet Plane

2008.03.06.06:00

皆さん、こんにちは! ジョン・デンバー フリークのマーヤです☆

以前にもご紹介したはずなんですが、やはりいい歌は何度聴いてもいいですから、今日も「悲しみのジェットプレーン」にスポットライトを当ててみましょう!

1998年の「アルマゲドン」をご覧になった方はいらっしゃいますか?よかったら、感想を聞かせてくださいね!感動のあまり涙をぼろぼろこぼした洋画ファンの方が多いようですね!

この「アルマゲドン」の中で「悲しみのジェットプレーン」が歌われているんですよね!

この映画のストーリーはこうです。・・・小惑星の接近で滅亡の危機に瀕した地球を救うべく宇宙に旅立つ男たちの死闘を描いたヒューマン・アドベンチャー。

日本では1998年12月12日に劇場公開されています。主題歌はエアロスミスが「I Don't Want To Miss A Thing」を歌い、アカデミー賞主題歌賞にノミネートされています。

そして「悲しみのジェット・プレーン」(Leaving On A Jet Plane)はChantal Kreviazukという方が歌っています。とても感動的な内容だったらしく、「悲しみのジェットプレーン」の歌のシーンで泣いちゃったとか、泣きながら劇場を出た方もいらっしゃるようですね・・・。私も涙もろいので、見たら泣いちゃうかな?

実際の「悲しみのジェットプレーン」はピーター・ポール&メリーが1969年に歌って大ヒットしました。アメリカではベトナム戦争中だったため、その戦争とこの歌を重ね合わせて聴き、反戦歌だと捉えたのですね・・・。ジョン・デンバー自身は愛する人への切ない思いをこの歌に託しましたが、その歌が反戦歌になり、「アルマゲドン」に至っては、小惑星から地球を救えという凄いテーマの中で歌われたようです。

ジョン自身もここまでこの歌が変化していくなんて思いもよらなかってでしょう・・・。

そういったバックグラウンドは別として、純粋にこの歌はいい歌です。ジョンにとって初のヒット・ソングでもあり、多くにシンガー達にカバーされ、英語の教材にもなり、多くのJDファン達が今でも愛してギターをかき鳴らして歌い続けています

私にとっても、高校3年のときにアメリカ人の英語の先生がこの「悲しみのジェットプレーン」を歌ってくれて、とっても嬉しかったことを思いだします

それでは、ジョン・デンバーとキャス・エリオットの美しいハーモニーのデュエットでの「悲しみのジェット・プレーン」をお楽しみください

http://jp.youtube.com/watch?v=NKdknYaSHgE


関連記事はこちらです↓
http://jdeagle.blog99.fc2.com/blog-entry-664.html
関連記事

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ギター アカデミー賞 エアロスミス

comment

Secret

NoTitle

2009.03.13.18:42

はじめまして、もうご覧になられたと思いますが、PPMとジョン・デンヴァーが一緒に「悲しみのジェット・プレイン」を歌っているビデオがあります。私はPPMのボックス・セットのDVDで見ました。

「悲しみのジェット・プレイン」

2009.03.15.01:55

bornin様、
ご訪問ありがとうざいますm(__)m
そうですね・・・。
ジョンはいろんな人と「悲しみのジェット・プレイン」をうたいましたよね・・・。
何度聴いても感動的な歌ですv-238
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック