「日食」(Eclipse) by John Denver

2012.05.18.06:56

5月21日の金環日食まであともう少しですね。晴れるといいなぁ♪日本では25年ぶりだそうですね。ちょうど朝の7時半頃ですが、目を傷めないような方法を見つけて、ちょっとでも見てみたいものです



さて、今日は珍しい金環日食にちなんで、ジョン‥デンバーの名曲「日食」の世界を訪れてみましょう☆

「日食」(Eclipse)はアルバム「バック・ホーム・アゲイン」に収録されています。私にとって大好きな曲のひとつでもあります!

ジョンがこの歌を作ったいきさつを書いてくれているので、ちょっとお披露目したいと思います


「日食」誕生秘話 by ジョン‥デンバー   訳 マーヤ

「日食」いう曲は、僕がカルフォルニアで「警部マクロード」の撮影をしているときに作ったんだ。僕の役はデューイ・コッブというコロラド出身の副保安官だった。

僕は撮影が終わるまでのほとんどユニバーサル・スタジオのシェラトン・ホテルに泊まっていた。ある晩、僕は部屋の中に座ってギターを弾きながらバーバンクの向こう側を見ていたんだ。

太陽が西に沈み、月が東に昇ってくるところだった。その陰がちょうどその上にかかってくるようだったんだ。

僕はスモッグに巻き込まれて山が見えなくなっていく街の悲しみについて長い時間をかけて書いたんだ。

陰影をつけた月が空に昇り、僕達を見て「さよなら」と言っているーなんてことを思いめぐらせていたんだ・・・。あとどれくらい月が見られるんだろうって・・・。

John Denver: The Complete Lyrics (Cherry Lane Music)より引用





日食 Eclips  Song & words by John Denver   訳 マーヤ

太陽がゆっくりと西の空のほうに沈んでいく
時おり それは一日の終わりまで永遠に続いてしまったりもする
時には それが一生続いてしまうかと思うくらい
そして 時には もう二度と見ることができないんじゃないかと思ってしまうんだ

僕の山と自分との間に重たいスモッグが立ち込めている
これが 大人を座り込ませ 涙をこぼさせ
君を驚かすのにも十分なくらいなんだ
これが地球を丸めて なくしてしまうのにも十分なくらいなんだ

時にはこんな面白いことを考えたりもする
人々が機械と共に働くことを
静かな時間が僕を包み込む
事実とは自分の思いとは違うこともあったりもするものなんだ

東の空に陰った月がけだるそうにかかっている
親父さんが微笑んでいると信じているんだ
確かにそうだと信じている
そしてずっと微笑み続けていると信じているんだ

ことの成り行きを面白いと思うことがる
人々が機械と共に働くとか
静寂の中に自分が包まれていくんだ
事実とは自分の思いとは違うこともあったりもするものなんだ

太陽がゆっくりと西の空のほうに沈んでいく
時おり それは一日の終わりまで永遠に続いてしまったりもする
時には それが一生続いてしまうこともある
そして 時には もう二度と見ることができないんじゃないかと思ってしまうんだ
もう二度と もう二度と・・・

The sun is slowly fadin' in the western sky
Sometimes it takes forever for the day to end
Sometimes it takes a lifetime
Sometimes I think I'll never see the sun again

Theres a heavy smog between me and my mountains
Its enough to make a grown man sit and cry
Its enough to make you wonder
Its enough to make the world roll up and die

I think its kind of interesting the way things get to be
The way that people work with their machines
Serenitys a long time comin' to me
The fact I don't believe I know what it means any more

In the east a shaded moon is hangin lazily
I do believe I saw the old man smile
I do believe I did
I do believe hes been hangin all the while

I think its kind of interesting the way things get to be
The way that people work with their machines
Serenitys a long time comin to me
The fact I don't believe I know what it means

The sun is slowly fading in the western sky.
Sometimes it takes forever the day to end.
Sometimes it takes a lifetime, sometimes I think I'll never see the sun again,
The sun again, the sun again.



ジョン・デンバー自身による「日食」です。



ジョン‥デンバーの大ファンであるキャロットさんによる「日食」です。原曲を忠実に再現しています。とても素晴らしい歌と演奏です♪
http://www.youtube.com/watch?v=wsNkFvJ4-ew&feature=uploademail
"Eclipse"日食 John Denver Coverd by Carrot


海外のJDファンによるサイトにこんな美しいページがあります↓
http://www.sweetdreamsplace.com/eclipse.html

バック・ホーム・アゲイン(紙ジャケット仕様)
バック・ホーム・アゲイン(紙ジャケット仕様)


洋楽懐メロ、ブログラム、ブログ拍手への応援クリックをよろしくお願いしま~す
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
blogram投票ボタン

関連記事

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

comment

Secret

素晴らしいですね

2012.05.19.21:48

ご無沙汰しています。お元気そうで何よりです。本当に金環日食の直前、ジョンの「日食」は素晴らしくタイムリーですね。この曲大好きですが、マーヤさんの解説の翻訳と訳詩も素晴らしいですね! この曲最初の「バックホームアゲイン」に収録されていた時と、いくつかほかで聴いたバージョンとでは1番と2番の歌詞の歌う順番が逆になっている場合がありますね。どうしてなのでしょうね? ジョンの何か思いがあるのでしょうか・・?

そういえば、今NHKの東日本大震災復興プロジェクトが行われていますが、その復興支援ソング「花は咲く」がたくさんの有名人たちが一人ずつみんなで歌っているビデオをNHKで今盛んに流していますね。この「花は咲く」という曲、歌詞やコンセプトといいメロディーといい、ジョンの「The Flower That Shattered The Stone」によく似ている印象があります。影響を受けているのかもしれませんね。こうした曲は似通うことが多い気もしますけれど。

金環日食

2012.05.20.07:18

テリー様、

ご無沙汰しておりますm(__)m

ジョンの作品の訳はいつも冷や汗をかきながらの翻訳なんですが、お褒めの言葉をいただきありがとうございます♪実はすごくいい英和辞典を買ったのですが、娘の高校入学の際に取られてしまいました(笑)また同じ辞書を買うかもしれませんv-221

>いくつかほかで聴いたバージョンとでは1番と2番の歌詞の歌う順番が逆になっている場合がありますね。どうしてなのでしょうね? 

ネット上の歌詞が逆のところあり、あれって思ったのですが、ジョンが変えて歌っていたのですね。ジョンはこの歌に思い入れがあるのか、よくライブで歌っていたらしいですね。日本のライブでは多分歌っていなかったと思うのですが・・・。

オランダでの最後のライブでもこの「日食」を歌ったとファンのコメントがあり、それを生で聴いたファンの皆さんが羨ましかったです☆

「花は咲く」が「The Flower That Shattered The Stone」に似ているのですね。とても美しい歌ですよね。大ヒットはしなかったものの、何度聴いても癒されてます♪今度この歌を調べて聴いてみますね。教えていただき、ありがとうございますm(__)m

いただきま~す!

2012.05.21.08:08

そうだ、こんな曲もありましたね。すっかり忘れていました!
今日、この曲シェアさせていただきます!

日食☆

2012.05.22.05:58

Aventurine様

はい、こんな曲もありました♪隠れた名曲ですよねv-354

皆さんとシェアしたいですv-411v-344v-344v-344

eclipse

2012.05.22.12:22

マーやさんご無沙汰です.backy片桐です.eclipseは,実は一番好きな曲なんです.中学生の頃に何度も何度も聞いた記憶があります.何か泣けてくる,シンプルで素敵な曲です.訳も有難う御座います.

泣けます♪

2012.05.23.06:25

backy様、

ご無沙汰しております。コメントありがとうございますm(__)m

時々ですが、backyさんのブログも読ませてもらっています♪

この「日食」がbackyさんのお気に入りだったのですね。私も、ものすごく好きなんです。心に染み入る名曲だと思います。海外のファンも好きな人が多いような気がします。

夕日や朝日を眺めながら聴くのもいいかもしれないですねv-481v-482

Back Home Again

2012.05.26.09:27

マーヤさん
実は、一番最初に買ったJohnのアルバムがBack Home Againなんです。
当時はステレオがなく、小さなレコードプレーヤーでモノラルで聞いていました。
高校入学時に、ようやくステレオを購入してもらい、このアルバムは何度も聞きました。
シンプルな編曲の曲が多く、いい感じですよね~

Back Home Again

2012.05.27.06:46

Backy様、

私もこのアルバムが大好きなんです。どれもこれも名作ばかりですよね。心に染み入る曲で、暖かい気持ちになれますよね~v-238

アルバムのデザインもステキだし、70年代の雰囲気そのものだと思います。

家庭とか、アメリカの大平原とか、夜空の星とか、夕暮れ時とか、ホッとできますものねv-47
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック