スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Magic Moments」&「Drift Away」with Paul Williams

2007.11.20.06:41

ジョン・デンバーがディズニーの魔法使いに扮して「Magic Moments」を歌います。とっても楽しそうです

日本でもこういう番組を放送して欲しかったなぁ・・・。
欧米諸国では見られたのでしょうけれど、日本では「世界のワンマン・ショー」をちょこっとだけでしたから・・・。

今ユー・チューブのおかげでこうしてわずかながらでも見られるのは嬉しいですけどね・・・。

「Magic Moments」の次の曲は「Drift Away」です。70年代のヒット曲です。ジョン・デンバーポール・ウィリアムスがデュエットしています。すばらしいハーモニーですね

この曲はたくさんのアーティストがカバーしていますが、Dobie Grayのビッグ・ヒット曲でもあります。アルバム「Best of Dobie Gray」に収録されています!ナイスな曲ですね!気に入りました

ジョン・デンバーが歌う「Magic Moments」、「Drift Away」with Paul Williams
http://jp.youtube.com/watch?v=kVQMOKTnaAE



Dobie Grayが歌う「Drift Away」
http://jp.youtube.com/watch?v=zaPnOASOWIU


Backstreetsさんがポール・ウィリアムスに関する詳しい解説を書いてくださっています。こちらをご覧くださいね→Paul Williams - Rainy Days And Mondays


関連記事

tag : ジョン・デンバー アルバム ポール・ウィリアムス

comment

Secret

明日なきさすらい

2007.11.22.03:45

こんばんは。

Drift Awayなつかしいです。日本語タイトルは「明日なきさすらい」で、以前レコードを持っていたのですが、オムニバスのCDにおさめられたので買い換えました。
ポール・ウイリアムスは、あまり歌が上手じゃないイメージだったのですが、素敵なハーモニーでびっくり、ジョンとポール・ウイリアムスのヴァージョンをはじめてみました。ありがとうございます。
YouTubeのおかげで色々な映像を見ることが出来てうれしいです。

「明日なきさすらい」

2007.11.22.15:54

botetoさん、
「明日なきさすらい」ですか・・・。洒落たタイトルだったんですね!昔は結構洋楽も洋画も、考え抜かれたいい邦題がつけられていましたよね。

ジョンはいろんなアーティストとデュエットしていますが、いつも本当に楽しそうで、本当に本人にとって最高に幸せな時を過ごしていたのではないかと思っています。

そしてポール・ジェームスにとっても最高なひと時だったのでしょうね!

こういう映像が残っているおかげで、あの時代に見られなくても、今でも、みんなで分かちあえて本当に良かったって思いますv-410v-354

トラックバックありがとうございました。

2009.05.04.15:19

コメントとトラックバックありがとうございました。また、私のつたないブログの記事まで紹介していただき誠にありがとうございます。
ポール・ウィリアムスは『The Muppet Movie』のみならずチャールズ・ディケンズ原作の『クリスマス・キャロル』(1992年)のマペット版の音楽も担当していました。昨年の12月にアメリカで放送された『A Muppets Christmas : Letters to Santa』という番組では音楽担当はもちろんのこと、俳優としても出演していたようです。

NoTitle

2009.05.04.20:34

ポール・ウィリアムズ、いいですね。
 彼は俳優としても素晴らしい才能を持っているとおもいます。確か「猿の惑星」シリーズにもオラウンターン役で出演していたと思います。何かはまり役すぎて笑ってしまうのですが。
 Magic Momentsも私が小学生の頃、日本語で「スリー・グレイセス」という3人の女性グループが歌っていたのを覚えています。「サラカビューラ、メティカビューラ、ビディディバディディブ、おまじないの言葉は、ビディディバディディブ」などと歌っていましたよ。ディズニーの番組でも歌っていたかもしれません。なつかしい時代です。

The Muppet Movie

2009.05.05.07:06

Backstreets 様、
さらに詳しく調べてくださり、本当に感謝しています。
ポール・ウィリアムスはマペッツの音楽担当や俳優までこなしているのですね!とても芸の広い方なんだと、改めて感心してしまいましたv-238

George様、
よくご存じですね!ポール・ウィリアムスは「猿の惑星」シリーズにもオラウンターン役で出演していたのですね♪
凄いです!
ジョン・デンバーのアルバム制作にも携わっていたようですし、いろんなシーンに登場するところに感動してしまいましたv-354

アルバム制作

2009.05.07.21:14

>ジョン・デンバーのアルバム制作にも携わっていたようですし、・・・

マーヤさん、それは何のアルバムですか?
初めて聞きました。

アルバムのプロデュース

2009.05.08.07:02

MM27様、
ご質問いただき、ありがとうございます!
ポール・ウィリアムスさんは「Forever,John」と「Portrait」のプロデュースをされたようです。そんなことから、最近注目していました・・・。

ジョンと縁の深い仲

2009.05.08.08:14

マーヤさん、早速のお返事ありがとうございます。
ポールがジョンのアルバムに関わっていたなんて初めて知りました!
そこで私もポールについて調べてみたのですが、
こちら↓のサイトによると・・・
▼Paul Williams / ポール・ウィリアムス 【プロフィール】
http://wmg.jp/artist/paulwilliams/profile.html

「カーペンターズ『愛のプレリュード』、『雨の日と月曜日は』やスリー・ドッグ・ナイト『オールド・ファッションド・ラヴ・ソング』など数多くのポップ・クラシックスを生み出した。」

あの名曲の数々がポールの作詞だったなんて、初めて知りましたよ!
それでけでなく、

「67年よりプロの作詞家として活動を始め、全ての曲作りをロジャー・ニコルスと共同で行う。」

ジョンの親友にしてプロデューサーのロジャー・ニコルスと共に活動されていたなんて!
ポール・ウィリアムズはジョン・デンバーとは縁の深い仲だったのですね。
ポールがジョンの1973年BBC Showsにゲスト出演したきっかけは、裏でロジャーから声がかかったのかな?
新しい事実やジョンとの関係が見えてきて、本当に嬉しいです。

意外なつながりがありましたね♪

2009.05.08.14:40

MM27様、
ありがとうございます!
ジョンとロジャー・ニコルスは親友だったのですね。教えていただき、感謝です。

それで、ジョン・デンバーがカーペンターズのテレビショーにゲスト出演たのも、そういったつながりがあったからなんでしょうね・・・。

それと、ポール・ウィリアムスさんについてBackstreetsさんが詳しい記事を書いてくださっています。私の記事の下のほうにリンクを貼ってありますので、お時間のあるときにでも、ゆっくりとご覧になってくださいねv-354

NoTitle

2009.05.17.01:00

お久しぶりです。
 最近、The wings That Fly Us Homeという曲を聴く機会がありました。JDが歌っていたのではなく、John Adamsというオランダ人が歌っているものですが、ギター一本で歌い、恥ずかしながら、涙があふれて仕方がありませんでした。アルバムSpiritの中の最後の曲ですが、レコードを買って聴いた時にはLike A Sad Songの方が印象に残っていたのですが、今聞いてみると、本当に良い曲ですね。詞はジョンではありませんが、彼の心情を深くとらえているように思います。
 ジョン・アダムズはすっと長い間ジョンのコピーをしているだけあって、本当に上手です。来日して、タケルさんのバンドで歌ってほしいものです。

The Wings That Fly Us Home

2009.05.17.06:12

George様、
メッセージを感謝申し上げます!

このThe Wings That Fly Us Homeという曲は邦題が「心は翼」という曲ですが、このアルバムの中でも特に一番のお気に入りです。

私も聴いてみましたが、本当にジョン・デンバーそっくりで,素晴らしい声ですね・・・♪

John Adamsさんはジョン・デンバーのコピーにかけては世界的に大一人者だそうですね。Georgeさんのおっしゃる通り、John Adamsさんとタケルさんとの共演が実現するといいですね。それのもう一つ、私が望んでいるのは南こうせつさんとタケルさんとの共演です。こうせつさんは国民的歌手でスケジュールも、年間を通じてぎっしりですし、そんなことを望んでも無理かもしれませんが、「岩を砕く花のように」のデュエットとか、その他何曲か一緒に歌ってもらえたらどんなにいいかしらと思うこのごろなんです・・・。

同姓同名

2011.05.02.10:26

こんにちは。
ジョン・デンバーと関わりがあったロジャー・ニコルスはエンジニアです。
ポール・ウィリアムスと曲を書いていたのはソングライターのロジャー・ニコルスとは同姓同名の別人なんです。
ややこしいことに、エンジニアの方のロジャーはデンバーのアルバム・プロデュースもしているんです。
紛らわしいですよね。

ロジャー・ニコルス

2011.05.02.15:19

不二家 憩希様、

詳しく調べていただき、ありがとうございますm(__)m

同姓同名の方がいらっしゃったのですね。教えていただき、本当に感謝感激ですv-410

ジョンと仲が良かったロジャーはエンジニアなのに、アルバムのプロデュースもしていたなんて、多芸多才だったのですねv-354

つい先日亡くなられたそうで、ジョンの大切な友人がこの世を去るなんて、本当に寂しく思います・・・・。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。