スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸ソロ・ライブの報告!

2007.11.13.06:59

遅ればせながら、10月28日(日)の神戸でのジョン・デンバー追悼ソロ・ライブの報告をさせていただきます。あれからもう2週間もたってしまいました・・・。もっと早く書きたかったのですが、体調を崩してなかなかまとめるところまでいかず、申し訳ありませんでした・・・。

ソロ・ライブをしてくださったジョン・山本さんのレポートと、参加された、おつきみだんごさんのレポートを、まとめて報告させていただきたいと思います。

まずは、ジョン・山本さんのレポートからです!



お店は6時からの営業なのですが
僕は5時過ぎにお店へ行きました。
ギターとフィドル抱えて、兵庫駅からえっちらおっちら歩きましたが
まだ暑い。汗かきました。
(お酒飲みたいのでこれぐらいの苦労はなんともない)

マスターは開店準備中です。
僕はマイクのセットやギターの準備です。
ギターのピックアップの調子が悪い。断線しているようです。
マスターにいろいろアドバイスいただきOKとなりました。

そうこうしていますとおつきみだんごさんがご主人さんと御来店です。
もうすぐ開店の時間ですが、その前に音だししておきたいです。
お客さんがたくさん来られるまでに本日したかった事。
フィドルの音だしです。家では時々弾いていますが、
外ではあまり弾いたことがありません。
広いところで弾いてみたいと思っていました。
曲はノーマン・ブレークのレコードの中のものです。
アメリカのトラッドの曲でしょう。ええ気持ちです。
2,3曲して、ギターの音も聞いてみたいと思い、
アメリカのトラッドの曲を3曲しました。
スパニッシュ・ファンタンゴ、ビクトリー・ラグ、フレイト・トレイン
どれも懐かしい曲、心からお気に入りの曲です。

さて、開店の6時です。お客様もご来店です。
少しでもたくさんしたいので、気があせって、もはやスタートです。

曲は皆様にリクエストいただきましたJDの曲中心に
順番にしていきました。
すべての曲が僕自身のお気に入りですから
これはやり易く、楽しく、気持ちいい。
マスターのアドバイスでPAも今までの最高の状態でできました。


次におつきみだんごさんのレポートです!


ライブ会場である「高架五十七」というお店のHPを見ても、
兵庫県のどの辺に兵庫区があるのか見当がつかず、とにかく
カーナビに兵庫駅をセットして主人とでかけました。
三宮のあっちかこっちかどっちかなと思っていたら、「あっち」でした

カーナビの声が「目的地周辺です」というのですが、それらしいお店がない 。
歩いて探そうと言うことでプリントアウトした地図を片手に歩きましたが、
どんどん辺りは暗くなるばかり。
途中レンタカーショップのお兄さんに尋ねると、
「あ~、なるともに出てたお店!まっすぐに行けばありますよ」とのお返事で一安心。
とはいうものの、先を見ても薄暗い倉庫ばかり。
とにかく信じて歩きました。

ふと見ると目の前にぼんやりとした明かりが一つ。
その上に薄暗い「ハイネケン」の看板が・・・。
「もしかして、ここかなあ」とおそるおそる引き戸を開けると、
表からは想像出来ないくらい広くて雰囲気のある店内が目の前に。
まるで異空間に踏み込んだような感覚でした。
そして左手をみると、準備に余念がないジョン山本さんが。
彼の笑顔を見て、一気に緊張がとけました。

私達が到着したのは、5時半ごろ。
後で気がついたら開店は6時からだったんですね。
どうりで目立たなさすぎると思いました。
このお店、注文の方法がユニークで、ぶら下がっているひもをひくと
むこうの調理場ですごい音が鳴るんです。
薄暗いのですが、どこか懐かしい、今日のライブにぴったりのお店でした。


曲目はこんな感じでした・・・。


Follow me
Leaving on a jet plane
Rocky mountain high
Teke me home country roads
This old guitar


59番街橋の歌
ニューヨークの少年
四月になれば彼女は
Peggy-o
Like a sad song
Junk
Fire and rain
Gospel changes

Mother nature's son
Matthew
Wrangle mountain song
さすらいのカウボウイ
Darcy Farrow
I guess he'd rather be in Colorado
Late nite radio
Stand by me


Just when I needed you most
Seven daffodils
Angie
Leaving on a jet plane


はたやんさんのリクエストは、
Wrangle mountain song

私のリクエストは、
I guess he'd rather be in Colorado (Bill.D & Taffy N.)
Leaving on a jet plane (J. Denver)
Rocky mountain high (JD & M.Taylor)
Teke me home country roads (JD)
Follow me (JD)
四月になれば彼女は(S&G)

はたやんさんのリクエストは、
Wrangle mountain song

でした!

すべてしっかり演奏してくださいました。

次におつきみだんごさんの感想レポートです。


私達は3回のステージを見せていただいたのですが、
曲を重ねるにつれ、どんどんジョンに近づいているのを感じましたよ。
とくに「Like a sad song」は心に響きました。
ホントにホントに素晴らしかったです 。

歌以外にも、ジョンがずっと身につけていたペンダントを見せていただいたこと
(寸分違わずご自分で作られた力作です)や、カントリー風の衣装を手に入れる苦労など
非常にマニアックなお話も聞けました。
同じようにジョンを見ていても、気づかなかった部分もあるんだななんて思いました。

今回来られなかった皆様にも、ぜひぜひ生で聴いて欲しいと思います。


私もそのペンダントが見たかったし、ちょっとマニアックな話も聞きたかったなぁ


ジョン・山本さんはいつもだったら、必要以上に気を使って、すごく疲れてしまうそうなんですが、今回はそれがなく、本当に気持ちよく演奏ができたそうです。

というのも、「本当のジョン・デンバー・ファンの方に本当の僕自身のお気に入りを素直に聴いていただけたから・・・」なんです。

「少数のお客様でも、こんなに充実した気持ちになれたことが大きな発見でした。ああ、これでいいんだな、と思いました。」

ジョンが亡くなって10年経ち、神戸の小さなお店で小さなトリビュート・ライブでしたが、本当に実りある充実したライブになって、心からよかったなぁ、って思いました!

今日はおつきみだんごさんがとてもよかったと、コメントしてくださったLike a Sad Song とはたやんさんのリクエストのWranngle Mountain Songをお送りします。Wranngle Mountain Songはカバーで、ジョンの歌い方とはちょっと違いますが、そこそこ上手に歌っています。

この「Like a Sad Song」(悲しい歌のように)と「Wrangle Mountain Song」(ラングル・マウンテン・ソング)は共にアルバム「心の詩」(Spirit)に収録されています。このアルバムについて一言で言うと、「爽やかな風、大空と美しい山、そして人生にたいする遥かなる思い」なんていうんでしょうか・・・。とてもいいアルバムだと思います♪

Like a Sad Song 「悲しい歌のように」
http://jp.youtube.com/watch?v=D95plkg5G5c


Wranngle Mountain Song(こちらは、カバーです。)
http://jp.youtube.com/watch?v=LX93Kw1DWho


ちなみにジョン・山本さんの演奏は限りなくジョン・デンバーに近くとても素晴らしいです。またこんなライブをしてくださるのを楽しみにしいますね









関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ ギター アルバム

comment

Secret

こちらにもお邪魔します。

2007.11.13.21:34

ジョン・山本さんのライブの報告どうもありがとう。
Matthew 、Late nite radio 、ニューヨークの少年…私も聴きたい!!
ジョン・山本さんや田中タケルさんのことは今まであまり存じ上げなかったのですが、お二人ともジョンを愛する気持ちがひしひしと伝わってくるようで胸が熱くなります。
いつか機会があったら、ぜひライブを拝見したいと思います。

ところでマーヤさん、腰の具合はいかがですか?どうぞお大事にしてくださいね。あまり無理はしませんように…

本当に私も行きたいし、聴きたいです!

2007.11.14.08:32

v-269emichiさん、
コメントありがとう!
今年は特に田中タケルとパイナップラーズ
のライブに行きたいと思い続けていたのですが、やっぱり無理でした・・・。(残念v-406

タケルさんも、これからもライブを充実させたいと意気込んでおられるので、次回のライブ情報が入り次第、また早急に宣伝させてもらいますねv-269

今までちょっと無理しすぎたので、体をいたわりつつ、ぼちぼちやっていきたいと思ってますよv-411

Wrangle Mountain Song

2007.11.18.11:57

マーヤさん、ライブのレポートありがとうございます。
当日行けなかったのに、ジョン・山本さんは、リクエスト曲を演奏していただいたようで、とてもうれしいです。
百聞は一見にしかず、といいますので、機会があれば是非ライブを拝見したいです。

この「Wrangle Mountain Song」は「心の詩」と、あと「AUTOGRAPH」にも収録されていますよね。
「AUTOGRAPH」の方を聴いていると、とてもリズミカルで、コーラス部分では一緒に歌いたくなってくるようなアレンジで、なかなかやるな、という感じで◎です。
この動画のお兄さんも、オリジナリティあふれるアレンジで、しかし皆さんうまく歌われますねぇ~。
わたしもこれぐらい歌えて、ギターを弾けたらなぁーと思う今日この頃です(^^)

体調をくずされたとのことですが、お体にはお気をつけて下さいね。
そうでないとこのページを見れなくなりますから、なんてね(^^)

神戸ライブ

2007.11.19.06:41

はたやんさん、
例年はジョン山本さんともう一人の方とで、素晴らしいライブをしてくださっているのですが、今年はいろいろあってなかなかスケジュールが組めないようです。

みんな体調の問題もあるので、無理せずにやっていただきたいです。まだまだ若いですし・・・v-218v-411

ジョンは同じ曲を何度も録音し直したり、アレンジを変えたり、常によりよいものを探っているように思えるのです!!!そのあたりが、ファンとしての楽しみでもあるんですよね(^^♪

私も歌やギターがうまかったらいいのになぁ、と思いますが、できないので、せめてできる方々のフォローをしたいと思っています。

ブログを書くために睡眠時間を削ってやっていましたが、最近はできるだけ寝るようにしてますよ・・・。

書きたいことがいっぱいありすぎて、なかなかまとまりませんが、マイペースで、まぁ、少しづつやっていきますね!

今後ともよろしくお願いします<m(__)m>

2007.11.20.10:18

マーヤさん、ご報告ありがとう。
いや実際、ほんとに楽しかった。
自分が一番楽しかったと思います。
今まで、好きでこつこつ練習してきたものを
ほんとにわかっていただけるリアルファンに
聞いていただけた事。おそらく同じ(70年代に帰ったような)気持ちで共感できた事が心地よかったです。
ぜひまた機会あれば、お聞き下さい。

ライブ

2007.11.20.14:20

ジョン・山本さん、
自分がまず楽しめるのが一番ですよ!
はたやんさんが、参加希望しておられるので、ぜひとも次の企画をよろしくお願いしますねv-237

2007.11.21.00:10

ジョン・山本さん
こんばんは、はじめまして!
関西にもJDのライブをやられる方がおられて、とてもうれしいです。
おそらく、みなさんお忙しいお仕事の合間をぬって、活動されているんだろうと思います。
無理をせず、楽しんでやってください。
今回は拝見できませんでしたが、いつの日か、私も楽しませて下さいね。(^^♪

2007.11.21.09:49

はたやん さん:
ジョン・山本です。はじめまして。
お時間合えばぜひまた、お越し下さい。
ありがとうございました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。