スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心は翼 The Wings That Fly Us Home

2013.06.21.06:37

皆さんは、好きな歌をレコーディングバージョンで聴くのが好きですか?それとも、ライブバージョンで聴くのが好きですか?

レコーディングバージョンにはかっちりとしたものを感じますよね。ライブバージョンでは観衆のざわめきとか拍手とか歓声や笑い声があったりとか、演奏もレコーディングとちょっと違っていたりしますよね。

私もジョン・デンバーのライブをいろいろと聴くチャンスがありましたが、レコーディングバージョンしかない曲に関してはやっぱりライブも聴きたいと思うわけですよね。

そんな私の思いが通じたのか、昨日、初めて出会ったライブバージョンを見つけました。もちろん、もしかしたら、他の方はこれは前から知っていたぞ~、かもしれないです。

でも、私にとっては「初めて」バージョンだったので、嬉しくなっちゃいました(*^-^*)

先ずは聴いてみてくださいね☆

http://www.youtube.com/watch?v=cln38oTBLxA
The Wings That Fly Us Home - John Denver



この「心は翼」(The Wings That Fly Us Home)は、ジョー・ヘンリー作詞、ジョン・デンバー作曲の作品でジョー・ヘンリーの哲学とジョン・デンバーならではの大自然に対する深い想い、人生に対する真摯な想いを感じさせてくれます。何度聴いても感動してしまう名曲です。
ライブバージョンが初めてだったので、嬉しくなっちゃいました(*^-^*)

皆さんはいかがですか?おひげをはやしたジョンの映像からして1990年くらいの映像でしょうか?

ワイルドだね~(笑)

レコーディングとちょっと違った歌い方に「お~!」となってみたり、やっぱり声がいいわ~と、うっとりしれてみたりしています。

どうぞ週末にゆっくりとお楽しみくださいね☆




心の詩
心の詩


ランキングに参加してます♪クリックをしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

Great Voices Sing John Denver

2013.06.14.05:53

ミルトン・オークンがプロデュースした新しいCDがついに発売されました!

タイトルは”Great Voices Sing John Denver”です!

目玉はプラシド・ドミンゴ親子の共演、そして70年代に華やかなオーケストラで演したリー・ホールドリッジがアレンジメントに加わっていること、最後の曲「緑の風のアニー」オールキャストで歌っているところですかね。

ミルトン・オークン氏、89歳で満身の華を咲かせようとしています。ジョン・デンバーへの心からの愛を感じますよね☆

ぜひとも、聴いてみてくださいね☆

曲目リストです↓
01. Rhymes and Reasons (Danielle DeNiese)
02. Sweet Surrender (Thomas Hampson)
03. Sunshine On My Shoulders (Denyce Graves)
04. The Eagle and the Hawk ( Daniel Montenegro)
05. Leaving On A Jet Plane (Patricia Racette)
06. Goodbye Again (Daniel Montenegro)
07. Like A Sad Song (Dolora Zajik)
08. Shanghai Breezes (Shenyang)
09. Fly Away Stuart Skeleton (Barbara Padilla)
10. For You (Matthew Polenzani)
11. Calypso (Nathan Gunn)
12. This Old Guitar (Rod Gilfrey)
13. Perhaps Love (Placido Domingo & Placido Domingo Jr.)
14. Annie's Song (All Cast: Domingo, DeNiese, Hampson, Graves, Zajick, Gilfry, Montenegro, Racette, Yang, Skeleton, Padilla, Polenzani, Gunn and Placi Domingo)



Great Voices Sing John Denver
Great Voices Sing John Denver



ランキングに参加してます♪クリックをしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン
関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

名プロデューサー ミルトン・オークンの自伝"Along the Cherry Lane"(1)12弦ギター

2013.06.07.06:45

お待たせしました~(*^-^*)


ジョン・デンバーの秘めたる才能をいち早く見出し、発掘しデビューさせ、見事に開花させた名プロデューサーである、ミルトン・オークンの自伝からお送りします♪

短い文章ですが、ちょっと苦戦しました・・・。でも一ファンとして嬉しかったな~、このセリフが・・・。

ジョンは2つのギター、6弦ギターと12弦ギターを持っていた。
(中略)
彼は非常にギターがうまく、とても頼り甲斐があった。
私がかつて聴いた中で、ジョンの弾く12弦ギターは最高の演奏だったよ。
("Along the Cherry Lane" by Milton Okun p.112)


あるファンの話によるとジョン・デンバーほど12弦ギターを弾くシンガーはいないそうです。12弦ギターは6弦ギターの2倍の弦があり、1本1本ずつチューニングしないといけないのですが、それがとても大変です。ジョン自身もチューニングが大変だとライブでにこやかに話していましたよね。

一度に2弦をつま弾くのでとてもきれいな音がします。今回DVDでジョンが12弦ギターで弾いている映像を探しましたが、本当にいろいろな曲が12弦ギターで演奏されているんだなぁと思いました。

ミルトン・オークンはジョンの12弦ギターの演奏に折り紙をつけてくれました。ミルトンの長い人生の中で最高のプレーヤーであるとの評価をいただいているのですよね。ジョン・デンバー・ファン冥利につきます。

そんなわけで今日は、ジョンの12弦ギター演奏の中から数曲をピックアップしました。

お楽しみくださいね☆

http://www.youtube.com/watch?v=xs_CNnCqYvU
John Denver Annie's Song


http://www.youtube.com/watch?v=A3yt2aH42JE
John Denver....Sunshine On My Shoulders !!!


http://www.youtube.com/watch?v=npNzMPOOrW0
John Denver Spirit



http://www.youtube.com/watch?v=0KzktQh6wvo
John Denver - Live in Australia 77 - Calypso


Along the Cherry Lane: Tales from the Life of Music Industry Legend Milton Okun
Along the Cherry Lane: Tales from the Life of Music Industry Legend Milton Okun



ランキングに参加してます♪クリックをしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン
関連記事

theme : 音楽家の自伝
genre : 音楽

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。