スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば10月よ♪ 冬の来る前にCDコレクション達をご紹介しま~す☆

2012.10.31.06:09

10月12日のジョン・デンバーの命日が過ぎ、JD月間も今日で最後になってしまいました。今年はパートの仕事を十数時間増やしたため、本当に準備する時間がなくなってしまいました。

自分の気持ちの中では、ジム・ホーンとジョン・デンバーとか、南こうせつとジョンとか、ポール・マッカトニーとジョンだとか、あと、クリス・ノールだとか、いろいろな構想があったのですが、仕事から帰ると疲れてしまって、家事をして寝るのがやっとでした。

でも、10月の終わりにこれで終わらせないため、少しばかりのワタクシのコレクションの一部をご紹介することにしました。

窓辺で撮ったので、ちょっと見えにくいところもありますね。綺麗に撮る方法があるといいのになぁ!今では手に入らないような国内盤のアルバムもありますね(^^♪
jd cds1

CDショップで買ったものとアマゾンで買ったもの、アマゾンのマケットブレイスで買ったものなどです。ヤフーオークションではDVDとかビデオとか本関係を買ったりしています。それとeBayも利用しています。
jd cds2

コレクションの本と紙ジャケットに入っていたミニポスターです。やはり日本のメーカーの技術の素晴らしさというか、紙ジャケットを持っていないJDファンは悔しがるでしょうね~(^^)
jd cds3


私はジョンのアルバムをほとんど持っていなくて、独身時代にCDショップに寄ってはジョンのアルバムを探したのですが、80年台、90年台にはほとんど見つからない状態でした。パソコンがあれば、インターネットでいろいろなジョンの情報を得られたのでしょうが、花の独身時代にはまだ手が届かなかったのです。

結婚して1年後に広島のCDショップでジョンのソロデビューアルバムである「ライムズ・アンド・リーズンズ」から「風の詩」までの10枚を見つけた時に、即決で購入しました♪金額は合計2万円弱でしたが、惜しくはなかったですね(^^♪

そののアルバムが国内で発売されたのが、1997年の5月のことで、これからやっとゆっくりとジョン・デンバーの歌声を堪能できると喜んでいたところ、その年の10月12日に飛行機事故で亡くなったしまったのです。まだ娘が1歳になったばかりであまりテレビも見ず、娘の世話に朝から晩まで明け暮れていたころなんです。仕事から帰った主人が私と娘のいる部屋の扉を開けて、こう言ったのです。

「ジョン・デンバーが亡くなったって。」
「えっ、ウソでしょ?」

その一言にひどいショックを受けました。

その後、テレビを慌てて見るようになったのですが、ジョンの死を告げる方法を全然見つけることができませんでした。また追悼番組をやるのではないかとテレビ番組表を見たり、音楽雑誌に手を取ってみるのですが、どこにもジョン・デンバーのことが書かれていないのです。胸が苦しいような日々が面々と続きました。

その後、電話帳を置いているところを探しだし、全国の電話帳の中からCDショップを探し、輸入CDを売っているお店を探しました。パソコンの普及した今では考えられないレトロなやり方なんですが、その当時はパソコンを持っていなかったし、とても高くて手が出ませんでした。

CDを通販してはいなかったものの、電話でも海外のCDを取り寄せてくれるお店を見つけました。場所は神戸のCDショップで、ファックスでジョンのアルバムの一欄表を送ってもらい、それを見てこれはと思うものにチェックを入れて注文しました。海外のCDはとても安いですね。わざわざ仕入れてもらって送料もかからず、とても嬉しかったです(^^♪

神戸のお店というのは実家が神戸なんで里帰りのついでにお店に寄って買ったのです。これも、一気に20枚以上買ったと思います。あの頃はちょっとはお金を持っていました(笑)今では子供にお金がかかり、全然お金がなくなってしまいました(笑)

こうして海外のアルバムを買うことによってそれを元に手紙を書き、情報収集したのです。それが、こうしてブログ立ち上げにつながったかもしれないですね☆


この他にも楽譜が少しとジョンに絡むアーティストのアルバム、南こうせつ、ポール・マッカートニー、マイケル・マーフィー、レネー・アーマンド、フランク・シナトラの作品もちょとだけ持っています。それに加えて、アメリカのファンクラブの会報も少しだけとジョンに関する資料とかレアな物もちょっとだけ持っています。でも、大したことないですよ~(^^)

いわゆるコレクターではないので、そんなに徹底して集めている訳ではないのですが、自然現象的に集まってしまいました。

もう少し時間があれば、これを元にいろいろと再構成して記事にできるのではないかと思うのですが、もう少し時間ができるまで、しばしお待ちくださいね☆

ジョンが亡くなって悲しかったですが、こうしてこのブログをたちあげて、全国のジョン・デンバー・ファン、音楽ファンの皆さんとお友達になれましたし、いろいろと中身の濃ゆ~い交流ができたことが自分の人生にとって大きな財産になったと思っています。

これからは、本当に細々という感じにはなりますが、気長に無理をせずに続けてまいりますね


ランキングへの応援もよろしくお願いしま~す(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

さらにライブ動画がアップしました☆

2012.10.22.05:57

さ~て、かんとりー道路のライブの残りの動画も次々とアップしましたよ♪


ファーストステージ分全部とセカンドステージの3番の途中まで撮影できたようですので、順番にアップします。ユーチューブにログインできる方は「良かった」のボタンもできれば、クリックしてくださいね♪


タケルさんのジョン・デンバーぶり、そして須賀さんのジョン・デンバーぶりをお楽しみくださいませランキングへの応援ポチもよろしくお願いしま~すm(__)m

なお、この動画はぱぱぐーすさんのお友達のやまけんさんによって撮影編集されました。動画を送ってくださった、ぱぱぐーすさん、やまけんさん、どうもありがとうございました

http://www.youtube.com/watch?v=KPYr_ksCfZg
Overture: Follow Me (Instrumental) 1. Blow Up Your TV / カントリー道路 M-1



http://www.youtube.com/watch?v=9T7uMmFSGsQ
2. Back Home Again 3. How Can I Leave You Again / カントリー道路 M-2



http://www.youtube.com/watch?v=czr2HZ0mdJk
4. For Baby (For Bobbie) / カントリー道路 M-3



http://www.youtube.com/watch?v=rChf12BtQd8
5. Rhymes & Reasons/ カントリー道路 M-4



http://www.youtube.com/watch?v=QT1lSsYH6Zw
6. Like To Deal With The Ladies/ カントリー道路 M-5


http://www.youtube.com/watch?v=5646iz5uFiM
7.Rocky Mountain High(須賀さん&タケルさん)


http://www.youtube.com/watch?v=ojXq4vpHBpY
8.Today(須賀さん)


http://www.youtube.com/watch?v=Nt32o_c3bcs
9.The Cowboy And The Lady(須賀さん)


http://www.youtube.com/watch?v=XonmDD7YG9w
10.Is It Love?


http://www.youtube.com/watch?v=wphi10HACTU
11.Farewell Andromeda





http://www.youtube.com/watch?v=u-AvVldOf-Q
【Stage 2】
1. Nothing But A Breeze 2. Dreamland Express カントリー道路  M-11



http://www.youtube.com/watch?v=THZM6R2zD_w
3. Grandma's Feather Bed カントリー道路 M-12







にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン



関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

かんとりー道路「ジョン・デンバー没後15年メモリアルライブ」無事に終了しました☆

2012.10.16.15:50

田中タケルさん率いる、日本で一つしかない、ジョン・デンバーしかやらない究極バンドのライブが無事に終了しました。

わたくし、残念ながら参加できませんでしたので、タケルさんの報告をご紹介させていただき、皆さんとシェアしてまいます

以下のリストは田中タケルさんのブログから引用させていただきました↓
2012年10月14日13時開演
場所:銀座タクト

【Stage 1】
Overture: Follow Me (Instrumental)
1. Blow Up Your TV
2. Back Home Again
3. How Can I Leave You Again
4. For Baby (For Bobbie)
5. Rhymes & Reasons
6. Like To Deal With The Ladies
※ビデオ上映①「Sunshine On My Shoulders」1974
7. Rocky Mountain High(須賀&タケル)
8. Today(須賀)
9. The Cowboy And The Lady(須賀)
10. Is It Love?
11. Farewell Andromeda

【Stage 2】
1. Nothing But A Breeze
2. Dreamland Express
3. Grandma's Feather Bed
4. Leaving On A Jet Plane(大貴)
5. Thank God I'm A Country Boy(大貴)
6. Poems, Prayers & Promises (タケル&大貴)
7. Till You Opened My Eyes
※ビデオ上映②「Love Again」1984
8. The Flower That Shattered The Stone(須賀&タケル)
9. Wild Montana Skies(須賀)
10. Annie's Song(須賀&タケル)
11. Calypso(須賀&タケル)
【Encore】
1. Perhaps Love
2. Friends With You(須賀+タケル+大貴)
3. Take Me Home, Country Roads(須賀+タケル+大貴)


田中タケル(vo) 須賀勝敏(vo,g) 光塚大貴(vo)
佐々木健一(g) 塩田誠二郎(g)
塩田香代子(b) 市場太郎(pf) 宮上賢二(eg)
根岸絹恵(prc) 宮沢健生(dr) 櫻井和彦(banjo,mandolin)
ゲスト●須賀勝敏(vo,g) 光塚大貴(vo)



タケルさんの金髪のジョン・デンバーを見たかったなぁ~~~~

皆さんもきっとそうでしょ?

参加された方はコメント欄から教えてくださいね☆

これからもかんとりー道路のメンバーの皆さん、ますます元気いっぱいに公演を続けていってくださいね☆

そして、須賀さんも光塚さんもさらに頑張ってくださいませ♪


ぱぱぐーすさんより、ライブの動画をアップしていただきました。動画公開を限定しており、ここからのリンクでないと見ることができません。今見られる方はぜひともご覧くださいね。会社で見ていて、見れない方もお家に帰ったらすぐに開いてみてくださいね☆


http://www.youtube.com/watch?v=QT1lSsYH6Zw
Like To Deal With The Ladies


http://www.youtube.com/watch?v=5646iz5uFiM
Rocky Mountain High(須賀さん&タケルさん)


http://www.youtube.com/watch?v=ojXq4vpHBpY
Today(須賀さん)


http://www.youtube.com/watch?v=Nt32o_c3bcs
The Cowboy And The Lady(須賀さん)


http://www.youtube.com/watch?v=XonmDD7YG9w
Is It Love?


http://www.youtube.com/watch?v=wphi10HACTU
Farewell Andromeda




田中タケルさんのブログ記事はこちらです↓
ジョン・デンバー追悼ライブ無事終了しました。


タケルさんのホームページのBBSはこちら↓
In A Far Away Land BBS

facebookのイベントサイトはこちらです↓
ジョン・デンバー没後15年メモリアルライブ「かんとりー道路」


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン


関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

お知らせ

2012.10.12.15:02

本日10月12日はジョン・デンバーの命日ですが、とても疲れてしまい、記事を書けそうにないのでもう少しお待ちくださいませ。

今月いっぱいをジョンのメモリアル月間ということで、長~い目で見てやってくださいね☆


どうぞよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン


関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

ジョンの死

2012.10.11.06:37

ポーランド
ポーランドの風景

ジョン・デンバーが亡くなってから、明日の10月12日でちょうど15年になろうとしています。私がこうしてこのブログをはじめたのも、ジョンが亡くなり大好きだったジョンのことをみんなと分かちあいたかったからです。

このブログにいつも素敵なメッセージをくださっている新垣巽さんからずっと以前にジョンが亡くなった当時の思い出話を投稿していただいています。

今日はそのメッセージを皆さんとシェアしたいと思います。

みなさんの思い出もどうか聞かせてくださいね☆


ジョンの死                     
世界中の人に愛されたジョンがさようならの一言も言わずに天国に召された年1997年は私にとっても節目の年でした。

その年の秋口から開始したポーランドのコニンという田舎町での3ヶ月をかけた地図作成プロジェクトも11月頃になると終盤を迎え、下旬にはやっと帰国できるような様相が見えてきました。

約1,500平方キロの地域に無数に点在する、中世以降に建設された橋の位置、竣工した年、状態などを確認し、それを地理情報システムの中にデータとして取り込んでいく作業で、緻密な情報の正誤解析、データの入力ミス確認などからくる恐ろしい程のストレスと、テレビも新聞もポーランド語だけの環境の中での孤独な戦いでした。

朝は7時から業務開始、午後4時に現地スタッフが帰宅した後は自分の安全のためと、高価な機械の盗難防止のために部屋の入口に二重に取り付けてもらった格子檻に鍵をかけて夜半まで作業、まるで刑務所の中で仕事をしているような状態でした。


11月の下旬、帰国のため車で4時間ほど離れたワルシャワに移動。夕方、ホテルの窓から暮れゆく、雪に覆われた美しいワルシャワの街並みを眺めていた私は突然右の目にかすかな衝撃を覚え、その場にしゃがみ込んでしまいました。

虫が飛び込んできたのかとも思いましたが、こすっても回復しない状態が続きました。眠れないまま夜を明かし、翌日ワルシャワからドイツのフランクフルトへ移動、空港からそのままゲーテ記念病院へ直行して医師の診察を受けました。

診断の結果、網膜剥離の疑いがあると宣告され、即入院するように言われましたが、治療は日本で受けたいと反抗し続け、帰国するとすぐに医師の再診を受けるという条件でやっと帰国が認められました。

即、会社へ連絡、安静状態を保つため飛行機もビジネスクラスからファーストクラスへ変更し、12時間以上のフライトを絶対安静の状態で帰国しました。


成田には出張のたびに送り迎えをしてくれる家内が待っていました。

いつも笑顔でむかえてくれる筈の顔も心なしか何か元気がなく、どうしたのかとむしろこちらが心配したほどでした。

病気のことを告げなければならないことで、実は私の心も非常に重たかったのです。以下は自宅に向かう帰りの車の中での二人の会話です。これは一生忘れることができないでしょう。



私「どうしたんだ?元気がないね。長い留守番で疲れたのかな。」

家内「・・・・・」(無言という意味で)

私「どうしたんだ?子供達に何か変わったことでもあったのかな?」

(しばらくの沈黙の後に、)

家内「ジョン・デンバーが亡くなったそうです。知らなかったでしょう?」

私「工ッ?」

家内「飛行機の事故だそうです。」

私「えッ、まさか、冗談だろう?」

家内「本当です。ニュースで言っていました。カリフォルニアで。」

私「いつ?」

家内「10月の20日頃だったと思う。」

私「だったら何故前に電話した時には教えてくれなかったんだ?」

家内「だって、あなたのことだからがっかりして絶対仕事に支障を起こすでしょう。だから知らせたくなかったのです。」

それだけポツンと言ってそのまま黙り込んで車を運転する家内の目から涙が流れ出したのを10年以上たった今でもはっきりと覚えています。

いつも彼の歌を口ずさみ、休みの日などは朝からジョンの歌をボリュームを上げて流し、庭の草むしりをしながらもいつも聞きっぱなしにして、もしくは私も歌に併せて音痴な声で一緒に歌いまくって、どれだけ私が彼の歌を愛していたかを家内は知ってくれていました。その後、私もそのまま自宅まで無言で過ごしました。心の中に何かぽっかりと穴が空いたような、大きな空白ができてしまったようで何を話すべきか見当もつかなかったのです。

翌日、私は近くの大学病院で診察を受け、そのまま2週間の入院を余儀なくされました。幸いにも網膜剥離ではなくて、ストレスなどが原因で起きる眼底出血という診断でした。

生まれて始めての入院と車椅子での生活とジョンの死、私は不自由な目での生活でしたが、彼のCDを病室に持ち込んで、またある時は車椅子で病院の周りを散策しながら、それこそ1日中ジョンの歌を聴いて彼の霊を慰めたものでした。

その後、目は回復はしたものの、併発して起きた飛蚊症とその後に発生した左目の眼底出血で現在も悩まされています。(新垣巽)



ランキングへのポチッとよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン


関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

ジョン・デンバー没後15年メモリアルライブ「かんとりー道路」10月14日♪@銀座

2012.10.09.15:48

銀座そのものです☆
銀座
コロラドの風景です♪
colorado
秋たけなわとなってまいりましたね♪昨日に引き続きの情報です♪

10月14日の日曜日、銀座にて在りし日のジョン・デンバーを偲ぶ、追悼ライブが開催されます♪

かんとりー道路のメンバー達が没後15年を記念し、腕を奮って、スペシャル・ライブをやってくれるのです。

ぜひともこの機会に参加してください。とっても美味しい料理も出るようですよ♪

かんとりー道路のメンバーである根岸さん、お料理がとてもお上手な方で、ジョンの好きだった仙台味噌をつかったマフィンや先日別のパーティで好評だったサンマのケークサレなど東北の食材を使ったお料理を用意する予定だそうです。詳細はフェイスブックのライブページをご覧ください。フェイスブックをやっていなくても投稿内容は読むことができます。
ジョン・デンバー没後15年メモリアルライブ「かんとりー道路」facebookのページはこちらです。


10月14日(日)午後1時より 銀座タクトにて開催♪
中央区銀座6-9-15 TACT-1ビル B1F
03-3571-3939

かんとりー道路のライブ情報ページはこちらです。

今回、かなり遠くから応援にかけつけるファンの方々もいらっしゃるようですね♪ぜひともみなさんもご参加くださいね。行けない方は応援エールをよろしくお願いしま~す♪

ランキングへのポチッとよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン
関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

第4回ひらつか音楽のおくりもの

2012.10.08.06:59

ダリア

ダリア2

ダリア3


先日、ダリア祭りに行って来ました。とても大きなダリアの美しさに見とれて、しばし恍惚の時間を過ごしました。美しい花に囲まれて幸せな時間が静かに過ぎて行きました。

さて、今月はジョン・デンバーが亡くなって15年も経ったということで、ジョン・デンバー特集月間とさせていただいます。・・・というか、このブログ自体がいつもジョン・デンバー三昧のブログなので、今さらジョン・デンバー特集というのもなんですが、ジョン亡くなった10月12日の一日だけでなく、1ヶ月間浸って行こうよということで、多忙な中パソコンにど~んと座っているのであります。

さて、今月14日に東京銀座の銀座タクトでかんとりー道路のライブが開催されますが、同日に神奈川県平塚市でもジョンの追悼ライブが行われます。

ジョニー中川さんとキョウコ山内さんとのユニットライブが予定されています。場所は八幡山の洋館(旧横浜ゴム平塚製造所記念館ー国登録有形文化財)で、とても素敵な洋館の中で行われます。ジョニーさんは今「カリプソ」がマイ・ブームだそうで、どんな曲を歌われるのか楽しみですね♪

演奏曲の一部をご紹介します☆
君の友達(キャロル・キング)
明日にかける橋(ポール・サイモン)
英国国家(神よ主を助け給え)による変奏曲(ベートーベン)
風の彼方(押尾コータロー)
わが友カリプソ号(ジョン・デンバー)


日程はこちらです。
日時:10月14日(日曜日)15:00~16:00
場所:神奈川県平塚市浅間町1-1 旧横浜ゴム平塚製造所記念館 第一会議室
電話:0463-35-8124 (平塚市教育委員会 社会教育課)
入場無料


ライブの場所はこちらをご覧ください。とても綺麗な洋館なので、一度見学に行くだけでも値打ちがありますよ♪↓
八幡山の洋館

このライブのちらしをアップしたかったのですが、どうしても縮小することができませんでした。もし、お近くの方がいらっしゃいましたら、ぜひとも足を運んでみてくださいね☆

昨日の記事、Tenderly Calling も合わせてごらんくださいね☆



ランキングへのポチッとよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン

関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。