【5】「John Denver追悼ライブ2008」

2008.10.30.06:52

雪景色071231まるであすぺん!

(4)の記事を書いてから、そうそうこんなこともあったって思いだしたのが、「わが故郷アスペン」です。タケルさんは昨年、ジョン・デンバーが亡くなって10周年にあたる10月にアメリカのコロラド州アスペンを訪問されました。この「わが故郷アスペン」の歌詞にあるように、とても美しいパラダイスのようなところだとおっしゃっていました!私はこの「わが故郷アスペン」が大好きで、この曲が流れてくるとホッとします・・・。しかも、あのアコースティックギターの前奏、ズンチャン、チャン、の前奏がまず入るところからがすごく重要なんですよ・・・

上の写真は昨年の12月31日、つまりジョン・デンバーのお誕生日にちょうど雪が降り、積もるほどの雪ではなかったのですが、家の近くの森林に雪が少しだけ積もっていてとてもきれいだったので、散歩しながら撮った写真なんです。なんの変哲もない日本の風景なんですが、ちょっぴりアスペンに似ていませんか?雪が降ると、「あ~、ここもちょっぴりアスペンだなぁ~♪なんて感慨」にふけったりするんです・・・。とにかく大好きで、しかもライブの最初のほうに登場するのが、とっても重要なんて思ったりしているんです。


ado 須賀さんとタケルさん レコードジャケット2008

さて、お次にはお待ちかね、須賀さんと桜井さんが登場です。須賀さんはかつてADOというデュオでレコーディングされていて、タケルさんが皆さんにご披露してくださいました。須賀さん曰く、「僕でさえも持っていないのに、こうやって手に入れてくださったんですね~」みたいなことを、おっしゃってましたっけ?うわ~、凄い!近くでじっくりみたいと思いつつチャンスを逃してしまいました。いつかじっくり見て、レコードも聴いてみたいですね!

この写真で見るとちょっとマイクで隠れてはいるんですが、須賀さんの笑顔は格別にいいですよね!須賀さんの笑顔を見てるとホッとします・・・。ジョン・デンバーみたいで、素敵で、みんなに幸せを振りまいてくれているなぁなんて思います。

パイナップラーズの皆さんと須賀さん、桜井さんが加わり、「ラングル・マウンテン・ソング」を歌いましたが、この歌は本当に楽しい歌ですね!みんなで歌える、そして元気を与えてくれるいい歌だと思います。桜井さんが、小さなギターのような楽器で弾いていましたが、マンドリンという楽器なんですね!感激でした!その後、お二人で70年代の名曲、「フォーロー・ミー」と「古いギター」を歌ってくださり、その美しい歌声とギターの音色に聴き惚れました・・。

続く・・・




関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ

【4】「John Denver追悼ライブ2008」

2008.10.28.06:55

4つの季節の中で秋という季節が一番好きなのですが、今年の秋は忘れられないシーズンになりそうです。

中でも10月19日は朝方は、(特に私がおきた朝5時頃は)寒かったですが、7時位になると少し暑い位でしたし・・・。

さて、もう「田中タケルとパイナップラーズ ジョン・デンバー追悼ライブ2008」の№4になってしまいましたが、ライブが始まる前のシーンを少しご紹介していこうかと思います。

more...

関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ

【3】「John Denver追悼ライブ2008」

2008.10.26.08:42

タケル2008

やっとライブ写真が縮小できましたので、アップさせていただきます・・・。このライブ・レポ、はたして長くなるのか、よくわからないのですが、楽しかったところ、感動したところ、つれづれなるままですが、ご一緒に楽しんでいただけたらと思っています・・・!



more...

関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ

【2】」「John Denver追悼ライブ2008」

2008.10.23.06:53

All Aboard!
All Aboard!



お待ちかねの「田中タケルとパイナップラーズ ジョン・デンバー追悼ライブ2008」のルポの始めの一歩を書き始めたいと思います。

私にとっては2度目のライブでもあり、初めての銀座タクト、初めての大編成ライブということで、ものすごく期待していました。実際、このライブに参加してみて期待以上の素晴らしいライブでした・・・。休憩を含めて約3時間におよぶビッグライブで30曲も歌ってくれましたが、1回の記事で終わらせるのはあまりにも、もったいない気がして、記憶の端を辿りながら、少しづつ感想を述べさせていただこうかなぁ~、なんて思っています・・・

10月19日午後1時開場、1時半に開演というプログラムでしたので、すでに近くの喫茶店でご飯を食べた女性陣のmeruさん、emichiさん、松月(しょうげつ)さんと私は1時少し前には銀座宅タクトの下り階段のところに並んで、胸をワクワクさせながら、扉が開くのを待っていました・・・。

そして時間になり、扉が開くともうそこは夢(?)にまで見た銀座タクトのステージがありました・・・。昨年のライブには残念ながら参加できなかったのですが、ゲスト参加された須賀さんの言葉を借りれば、「魔物が住んでいるのかと思うほど」の緊張をされたそうですね・・・。実際ステージ前の須賀さんにちょっとご挨拶したのですが、かなりの緊張の様子でした・・・。笑顔がジョン・デンバーみたいに素敵な方なんで、もっと笑って・・・なんて思っていましたが・・・。実際のところもし私がステージに立つとしたら緊張のあまりステージでズッこけて転んでしまうでしょう・・・。エレクトーンの発表会とか、生徒会の書記に立候補演説のときとか、ものすごく緊張しましたもの。(それとこれとは違うよ、なんて突っ込まれそうですね

そうこうするうちに、開演時間の1時半に突入、バンドメンバーと田中タケルさんが颯爽と登場しました!私ときたら、前回浅草ライブで席が後ろのほうだったので、今回はかぶりつきの最前席でした。とにかく嬉しくてしょうがなかったです♪

最初の曲は「Jenny Dreamed Of Trains」でした・・・。うっ・・・、いきなりこの曲ですか・・・。しょっぱなからこの曲が出て私ときたら、ちょびっと半泣き状態・・・、大好きなんですよ、この曲が・・・。

アルバム「All Aboard!」の1番最初に登場する曲なんですが、この曲が大好きっていうジョン・デンバー・ファンはきっと多いはずです。

心にジーンと響く素晴らしい歌なんです・・・。帰ってから田中タケルさんのホームページをそっと覗いてみました。このアルバム亡くなる2つ前の収録かと思っていたのですが、実は一番最後のスタジオ録音だったのですね・・・。

「In A Farawy Land」より引用させていただきます。

●"All Aboard!"(1997年8月発売、165位)
*鉄道ネタの楽曲ばかりを集めた企画盤で、ジョンの最後のスタジオ録音。これも死後、1週だけチャート・インした。翌98年にグラミー賞の「最優秀子供向け音楽アルバム」に輝いた。


そうなんです。このアルバム、あの有名なグラミー賞を受賞しているんですよねジョン・デンバーが事故で亡くなる少し前に発売されたんですが、アルバムの表紙も素敵だし、中にはジョンのメッセージが入っているし、歌詞カードもきっちり入っているし、鉄道ものというこれまでのジョンのアルバムの中でも異色のアルバムなんですが、ジョンの70年代を彷彿させるようなところも含めてとっても気に入っています。

とにかく、最初から、ぐっとくるライブが始まったのでした・・・。(つづく・・)

ライブシーンはこちらをご覧くださいね!



P.S.
タクトの写真は後ほどアップしますね・・・。ちょっと失敗してしまいましたので

関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ

【1】「John Denver追悼ライブ2008」

2008.10.20.06:34

期待以上の素晴らしいライブ」でした・・・。今日はもう時間もなく、ちょっと疲れたので、無理をせず、少しづつライブの報告をさせていただきたいと思っています・・・・。

どうか気長にお楽しみに・・・
関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ

「田中タケルとパイナップラーズ ジョン・デンバー 追悼ライブ2008」

2008.10.17.06:48

お待ちかね、秋のビッグ・イベントである「田中タケルとパイナップラーズ ジョン・デンバー追悼ライブ2008」の開催まで、今日を含めてあと3日となりました!

以前にもご紹介しましたが、ゲストがふえましたので、もう一度ご紹介いたしますね!
以下の通りです。↓

『田中タケルとパイナップラーズ
 ジョン・デンバー追悼ライブ 2008』
@銀座TACT 13:00開場 13:30開演

この10月で没後11周年を迎えるジョン・デンバーを追悼して盛大にトリビュート・ライブを開催します。大編成バンドによる迫力あるサウンドでジョン・デンバーの世界をお楽しみ下さい。もちろん今回も元ADO・須賀勝敏さんがゲスト出演。また前回の飛び入り出演が好評だったジャズ・ボサノヴァ・ヴォーカリストの菅澤真理さんもゲスト出演決定!


日時●2008年10月19日(日)13:00開場 13:30開演 16:00頃終演
料金●\2,800-(1ドリンクつき)
場所●銀座タクト
   中央区銀座6-9-15 TACT-1ビル B1F
予約・問い合わせ●銀座TACT 03-3571-3939


この秋のライブは11人大編成で凄い迫力があるそうで、とっても楽しみにしているんです!

当ブログの常連のGeorgeさん、emichiさん、松月さん達も参加予定でして、お会いできるのをと~っても楽しみにしているんです・・・。他にも参加予定の方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡くださいね

またご報告のほうも早めにしたいと思っています!どうぞお楽しみに~


関連記事

theme : バンド活動♪
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ

ジョン・デンバー・メモリアル・デー

2008.10.12.00:00

ライムズ・アンド・リーズンズ
ライムズ・アンド・リーズンズ
イッツ・アバウト・タイム(紙ジャケット仕様)
イッツ・アバウト・タイム(紙ジャケット仕様)
I Want to Live
I Want to Live
エッセンシャル・ジョン・デンバー
エッセンシャル・ジョン・デンバー



今年もいつものようにやってきた10月12日・・・。去年は思いっきり湿っぽい記事を書いたのですが、今年は爽やかな秋空のように日にしたいと思っています。この10月12日を含む週はアメリカのコロラド州アスペンではジョン・デンバー・ウィークとしてアスペンの人々はジョン・デンバーのことを偲んで過ごすようですね・・・。

またジョン・デンバー・トリビュート・ライブもアスペンで行われているようです・・・。

このマーやのサイトでもジョン・デンバーに対する哀悼の意を表するべくいくつかのジョンらしい歌を聴きながらジョンのことを偲びたいと思います♪

まずはジョン・デンバーのソロ・デビュー・アルバムに収録されている「ライムズ・アンド・リーズンズ」、次に激動の80年代に発売されたアルバム「イッツ・アバウト・タイム」より同名タイトル曲「イッツ・アバウト・タイム」、そして最後にアルバム「生きる歓び」よりやはり同名タイトル曲「生きる歓び」の3曲をお送り」します。(実際にはユニセフでみんなと歌っているので、もうちょっと多いですが・・・)

偶然にも3曲とも同名アルバムタイトル曲になってしまいました・・・。「ライムズ・アンド・リーズンズ」を選んだ理由はこの曲がジョンの原点ではないかと思うから、そして「イッツ・アバウト・タイム」はジョンにとって大きな悲しみを乗り越えた決意と転換を意味しているから、そして「生きる歓び」を選んだのは、こんな理由があったからです・・・。

昨年10月に5枚の紙ジャケット版と「エッセンシャル・ジョン・デンバー」というベスト・アルバムが発売されました。皆さんすでに、全てお持ちだと思いますが、この「エッセンシャル・ジョン・デンバー」の中で南こうせつさんのジョン・デンバーとの思い出とその後に田中タケルさんによる解説が載っています。この解説を読んでまず一番驚いたのは各曲を何年何月何日に録音したと書いてあったことなんです。よくもまぁ、丁寧に1曲づつ調べたもんだと、ひたすら感心しました。その中でもとくに印象に残ったのがこの「生きる歓び」だったのです。この曲を録音した日が1977年10月12日となっていたのです。

田中タケルさんの記事をそのまま引用させていただくと「皮肉な」ことにこの曲のレコーディングからちょうど20年たった1997年10月12日がジョンの命日となってしまった。」のですね・・・。

「故郷へ帰りたい」(カントリー・ロード)「緑の風のアニー」「ロッキー・マウンテン・ハイ」等のヒットにより、アメリカはもとより世界中ですっかり有名になったジョン・デンバーが、新たに環境保護や世界平和活動などに足を踏み込むことになったのが1977年頃からなのですが、まさにこの曲「生きる歓び」がジョン・デンバーにとっても所信表明だったのではないかと思うのです。

そんな思いを込めてこの3曲をセレクトしてみました。

http://jp.youtube.com/watch?v=EHUyTUDz0oE



http://jp.youtube.com/watch?v=zcGiNJOutoA



http://jp.youtube.com/watch?v=iuB3_HLcFfk


ジョン・デンバーが亡くなって早、11年の年月が経ってしみました。彼がこの世を去り寂しいことは確かですが、このブログを書き始め多くのジョン・デンバー・ファンの皆様と出会い、コメントやメール、オフ会などを通じて楽しい交流ができました。これもジョン・デンバーのお陰ということで、今は亡きジョンに感謝の意を表したいと思っています。1週間後の10月19日にも東京、銀座タクトにおいてジョン・デンバー・トリビュート・ライブが開催されます。東京近郊から全国からジョン・デンバー・ファンの方々が集まるのがとっても楽しみです・・・

という訳で10月12日の0時にアップするように書いております・・・。
0時に、マーヤはグーグー寝ておりまする・・・

皆様どうか、今日も一日、ジョン・デンバーのことを思いつつお元気でお過ごしくださいね
関連記事

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック