スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windstar Symposium(Part2)

2008.01.30.06:49

ウィンドスター・シンポジウム(Windstar Symposium)でジョン・デンバーは、たくさんの歌を歌っていました。しかも、ちょっと珍しい曲が多く、ファンとしては嬉しいもんです。

「ラブ・イズ・ザ・マスター」(Love Is The Master)という曲ですが、One Worldというアルバムに収録されています。

こうやって、じっくりと聴いてみると、とてもいい曲だと思います。スタジオ録音もいいですが、ライブだとさらにいいですよね。


http://jp.youtube.com/watch?v=nR-BV95nJ5c
関連記事
スポンサーサイト

theme : 懐かしの洋楽映像
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ウィンドスター・シンポジウム

オール・ディス・ジョイ All This Joy by ジョン・デンバー

2008.01.29.08:19

1991年のウィンド・スター・シンポジウムでの貴重な映像です。

more...

関連記事

theme : 音楽的ひとりごと
genre : 音楽

プロフィール

2008.01.25.08:29

管理人・・・桜坂マーヤ(桜が日本を代表する花であるのと、坂のある町が好きなので、この苗字にしました。名前は本名のイニシャルから取りました)本当は柴門ふみさんが大好きなポール・サイモンから名前を取ったみたいに、ジョン・デンバーから名前と取りたかったのですが、どうも名案が思い浮かばず、こんな名前になりました!

ジョン・デンバーが大好きで、プレーヤーが壊れるくらい聴いたもんですが、ずっとファンだった訳ではなく、いろいろと放浪のあげく返り咲いたJDファンなんです。

音楽の趣味に関しては広く浅くなんですが、ジョン・デンバーだけひたすら深く掘っております。

好きな歌手・・・ジョン・デンバー南こうせつアグネス・チャン、松山千春、長渕剛、オフコース、サザン・オール・スターズ、ドリームズ・カム・トゥルー、サイモン&ガーファンクル、ビートルズ、カーペンターズ、エルヴィス・プレスリー、さだまさし、チューブ、Jウォーク、その他・・・。

洋画・・・子供時代によく映画に連れてってもらったせいか、渋めの俳優さんも好きでした。ロバート・レッドフォード、ロバート・ワグナー、ピーター・フォーク、最近のでは、ちょっと面白系でロビン・ウィリアムス、ロベルト・ベリーニ、などです。どちらかというと最近の映画がコンピューターを駆使して作っているのはあまり面白くなくで、昔の素朴な映画のほうが好きなんです。

美しい自然に恵まれた田舎街に住んでいます。ジョン・デンバーはアコースティック・ギターを愛し、素晴らしい歌をたくさん作詞・作曲しました。そして、環境保護のために東奔西走しましたが、私も環境保護のためにお役に立ちたいと願うこのごろです。

趣味は手作りです。全粒粉入りのパンを焼いたり、胚芽米を土鍋で炊いたりしています。野菜はできるだけ、コンポストに入れて堆肥にして土に返すようにしています。餃子などもいつも皮から作っています。

自宅の周りも自分で耕して小さな花壇を作ってあります。去年はサボりましたが、今年はサラダ菜、サニーレタスなどの小さな野菜の苗を植えたり、飛鳥ルビー、伊豆っ娘などのイチゴの苗も少し植えました。多年草のハーブも少しあって今、青々と茂ってきていて、これからが楽しみなんです。

エコ・クラフト・バッグを作ったり、布のバッグを作ったりしています。それから、カントリードールなんかも好きです。作るのが大変ですが、できるとすぐにお嫁にいってしますのが、残念というか寂しいというか・・・。

木工が好きで見よう見まねで、机や本棚なども作ったりしています。机は5つ、でっかい本棚も作りました。飾り棚、ミニ本棚も作りました。カレンダーホルダーも作りました。

チョーク・アートにも興味があってちょっとだけ通信講座で勉強しました。もう少し勉強したいのですが、十分な時間がないのが残念ですね・・・。

絵を描くのも好きですが、パートの仕事が忙しくなかなかです。これからは絵を描いたりする時間も作りたいところです・・・。

家の周りはキツネや狸やアナグマ、鹿、カナヘビ、とかげ、カブト虫、クワガタ、いろんな鳥など都会では珍しい動物や昆虫などで賑わっています。

そんな影響もあって、カブト虫の幼虫も飼っています。まっ、土や湿り気さえちゃんとしていれば、夏になれば、カブト虫になって出てくるはずです・・・。

田舎に住んでいるお陰でいろんな自然とのふれあいが嬉しいなぁ、と思うこのごろなのです。

家族構成・・・マーヤ・・・性格(かなりマイペース、かな?)
              
        夫・・・性格(テキトー系、アナログ派・・・つまりデジタル系苦手、PCできない)
            最近のこだわり(ナンバー・ディスプレイ、漢字ナンクロ)
            趣味(詩を書く、ボールペン集め、読書、公募ガイド
            好きな歌手(キングトーンズ、アグネス・チャン
        
        娘(中3)・・・性格(のほほん系)
                趣味(たぶん、ピアノ、お絵かき、折り紙)
                最近のこだわり(漢字で暗号を書く)
                好きなもの(トカゲ、かなへび等の小さな生き物)
        
        
        息子(小5)・・・性格(お笑い系)
                 趣味(たぶん、デュエル・マスターズ、折り紙、野球)
                 好きなもの(おもちゃの分解)


最近の大発見・・・ジョン・デンバーのCDをかけていると、
           夫「あっ、これ『故郷へ帰りたいでしょ?』
           マーヤ「そうよ。」
           夫「アグネスも歌っていたよ・・・」
           マーヤ「そうでしょ。カバーしてる人、多いもんね!
           
           夫「あっ、これって、『緑の風のアニーでしょ?」
           マーヤ「えっ、知ってるの?」
           夫「アグネスがコンサートでよく歌っていたよ!」
           マーヤ「へぇ、凄いね♪」

           夫「あっ、これって、『トゥデイ』でしょ?」
           マーヤ「知ってるの?」          
           夫「アグネスがライブでよく歌っていたよ。」
           マーヤ「ジョン・デンバーもよくライブで歌っていたよ

           夫「あっ、これって『フォロー・ミー』でしょ?」
           マーヤ「ワーォ、何で知ってるの?」
           夫「アグネスがライブでよく歌っていたよ」
           マーヤ「へぇ~、そうなんだぁ♪」
           夫「これって、ジョン・デンバーが作ったの?」
           マーヤ「もっちろんよ!ジョン・デンバー作詞・作曲よ!」
           夫「アグネスの歌かと思っていたよ・・・」
           マーヤ「な、なんでぇ・・・これはジョンの名曲なんだから・・・」

           

アグネスの歌っているのを聴いてみたいのですが、LPを全部実家においてきて、多分もうないかもしれません・・・。ちょっと残念・・・
           


                 
関連記事

tag : ジョン・デンバー アグネス・チャン デュエル・マスターズ 南こうせつ S&G 緑の風のアニー 木工 イラスト 公募ガイド

カム&レット・ミー・ルック Come and Let Me Look in Your Eyes

2008.01.08.08:47

『心の詩』Spirit)のアルバムの最初に、この「カム・アンド・レット・ミー・ルック」(Come and Let Me Look in Your Eyes)が登場するのですが、最初にこの曲を聴くとホッとします。そして、この後に『Eli's Song』なのですが、これがまた、いい曲なのです。最初から最後まで安心して聴けるのがこのアルバム「心の詩」のいいところなんですよね・・・。

カム・アンド・レット・ミー・ルック(Come and Let Me Look in Your Eyes)
作詞:ジョン・デンバー、ジョー・ヘンリー
作曲:ジョン・デンバー

育つということは別にむずかしいことじゃない
ただ壁に向かって立っていればいいんだから
僕だって昔はたったの2フィートしかなかったのに
いまでは6フィートになってんだもの

しかし、誰の言うことを聴けばいいのかを知るってことは
少しばかり別のことだと思うんだ
言葉だけは風の中の映りゆく季節のように
僕の周りをヒューヒューと吹きめぐっているけれど

水面をべったりとよぎって雲が流れてゆく
その雲が僕空を見せてはくれないんだ
僕の望みは自分自身を見つけるべく努力をすることだけ
来て、その瞳を僕に見せてください

行くべき道を探しながら
僕は全てのルールにしたがってきた
賢者と愚者との中間をとれといわれれば
その道を通って来た

人々の言う言葉に耳をかたむけ
読まねばならぬ本を読み
正しいといわれることは何でもやって
自分がなるべき者になろうと努力している

誰かが僕を中に入れて
空がくずれ落ちてきそうだから
自分の行く手が僕には判らなくなってしまったようなんだ
僕がやりたいことの全ては 自分自身を見つける為に努力をすること
だから来て、あなたの瞳の中を見せてください

ああ、だが叡智とは地の下に隠されたものでも
また山ぶところにあるものでもない
だから私は自分をどこに運んだらいいのか
ここには身をかくす所もない

宇宙をわたる星々は色あせてゆき
我々は誰もみな行く手を失ったようにみえる
僕が望むことの全ては、自分自身を見つける、
その為の努力をすること
さあ、私に真実のありかを見せてください



真実を見つけることはたやすいことではないけれど、風の音を聴きながら、雲の流れを見ながら、人生についてじっくりと考えていきたいですね・・・。求める気持ちがあれば、それはきっと見つかるは・ず・で・す





心の詩
心の詩
関連記事

theme : 音楽的ひとりごと
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー アルバム

愛はどこにでも

2008.01.01.00:00

☆新年明けましておめでとうございます
皆様にとって良い年でありますように・・・

しばらく暖冬続きだったのに、今度はいきなり北極から寒波が到来してしんしんと雪が降り続いています。元旦の朝にはいったい何センチ積もっているのでしょうか?

大晦日にはほどほどの雪だったので、デジカメでいっぱい写真を撮りました。ここにアップするつもりでしたが、容量が大きすぎるらしくアップできません。また後ほど撮り直したいと思います。

新年には明るい歌でスタートしたいですね!・・・という訳で、アルバム「風の詩」より、「愛はどこにでも」(Love is Everywhere)で、スタートを切りたいと思います!このアルバムは洗練された雰囲気のあるアルバムで、全米1位になった、「アイム・ソーリー」や「わが友カリプソ号」や「フライ・アウェイ」などが収録されていますが、この「愛はどこにでも」は明るい歌で、気に入っています。そして、にこにこしてるジョンの姿をじっくりご覧くださいね・・・・。

愛はどこにでも

愛はどこにでも、そう
きみは なれるもの
 何にでもおなりよ
人生は完全、そう思う
ぼくと一緒にゲームをしよう

初めてのお祝いだ、心を開いて
喜びにも苦しみにも目を閉じないで
人生は自分の創造の果実
魂を回復して 新しく生まれ変わる

愛はどこにでも、そう
きみは なれるもの
 何にでもおなりよ
人生は完全、そう思う
ぼくと一緒にゲームをしよう

銀色の山から生命を飲み
甘い水が冷たい海に流れる
雪をかぶった山の上によぼよぼの月
ぼくの夢を語ってくれる風の音

愛はどこにでも、そう
きみは なれるもの
 何にでもおなりよ
人生は完全、そう思う
ぼくと一緒にゲームをしよう

天賭ける馬のように自分の心に従って
夜の端まで 太陽と競争だ
真実を黄金のメダルみたいに形にして
愛と光の環の中で踊る

愛はどこにでも、そう
きみは なれるもの
 何にでもおなりよ
人生は完全、そう思う
ぼくと一緒にゲームをしよう




関連記事

theme : 音楽的ひとりごと
genre : 音楽

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。