スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3】「南こうせつ 週末はログハウスで♪」

2007.10.31.12:15

この「南こうせつ 週末はログハウスで」(ジョン・デンバー特集)が放送されたのが、10月14日で栃木のみ13日に放送されましたが、そもそもの理由が10月12日がちょうどジョンが亡くなった日だったからなんですね。そして、それに合わせるように10月10日に「南こうせつ ジョン・デンバー オリジナル 紙ジャケット・コレクション」と題したアルバムが5枚発売されました!

このことに関して南こうせつさんは「僕の独断と偏見で選びました!」とおっしゃっていましたけれど、かなり苦心の末のセレクションだったのではないかと思います。なにしろ、ジョンのアルバムはとてもいいアルバムが多いですし、たった5枚だけ選ぶの?なんて思っちゃいますよね。

私なりに思うのには、多分アルバム「詩と祈りと誓い」(Poems Prayers & Promises)を入れたいんだけど、どうしようかな、と迷ったのではないかということなんです。なにしろ、このアルバムには、あの大ヒット曲である、「故郷へ帰りたい」や「太陽を背にうけて」が収録されているのです。しかも、ビートルズの「レット・イット・ビー」や「ジャンク」、ジェイムス・テイラーの「ファイヤー・アンド・レイン」も歌っているのです。「警部マクロード」にゲスト出演したときに歌った「彼はコロラドにいるだろう」も入っているし、美しいラブ・ソングの「マイ・スィート・レディ」も入っているし、どれもこれも名曲ばかりなんですよ・・・!であるのにもかかわらず、これをはずしてしまったのは、きっと、こうせつさんらしいなにか苦渋の選択だったかもしれません。もし6枚セレクションだったら、きっとこのアルバム「詩と祈りと誓い」(Poems Prayers & Promises)も入っていたに違いないと思うのです。

こうせつさんはアルバム「イッツ・アバウト・タイム」(It's About Time)をセレクトしていますが、きっとこうせつさんが「時は来たれり」という曲をかいたときに、このアルバムを出したところだったので、お互いに接点を感じ、強い印象が残っていたのではないかと思うんですよね・・・。きっと、お互いに何か共通するものがあるのだと思ったに違いないです!

さて、「週末はログハウスで」での3曲目は、ジョン・デンバーにとっての最初の出世作となった「悲しみのジェット・プレーン」(Leaving, on a Jet Plane)でした。ジョンが下積み時代に作った作品です。ジョンがソロ・デビューして、最初のアルバム「ライムズ・アンド・リーズンズ」(Rhymes & Reasons)に収録されています。

P.P.M.ことピーター・ポール&マリーがシングル・カットして1969年に全米1位になりました。アルバム「ベスト・オブP.P&M」に収録されていますが、ピーター・ポール&マリーの代表的な曲なんで、ベストものには必ず入っているはずです。

この「悲しみのジェット・プレーン」をピーター・ポール&マリーは、独特のずっしりとした雰囲気で歌っていますが、ジョン・デンバーの方はさらりとした感じで歌っています。


まずは、ジョン・デンバーの「悲しみのジェット・プレーン
http://jp.youtube.com/watch?v=vLBKOcUbHR0


お次はピーター・ポール&マリーの「悲しみのジェット・プレーン
http://jp.youtube.com/watch?v=Fa3h3pnhg8s


最後にジョン・デンバーピーター・ポール&マリーが一緒に「悲しみのジェット・プレーン」を歌います!
http://jp.youtube.com/watch?v=4LvtDb0ZPwQ


どれがお気に入りですか?私はジョンとP.P&Mが一緒に歌っているのがいいなぁ・・・。

さてさて、「南こうせつ 週末はログハウスで♪」はまだまだ続きます。どうぞお楽しみに
【4】「南こうせつ 週末はログハウスで♪」
関連記事
スポンサーサイト

theme : ラジオ放送
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ピーター・ポール&マリー アルバム 南こうせつ 紙ジャケット 悲しみのジェット・プレーン

【2】「南こうせつ 週末はログハウスで♪」

2007.10.30.12:20

昨日に引き続き「南こうせつ 週末はログハウスで」(ジョン・デンバー特集)です!

何年も前から、この「南こうせつ 週末はログハウスで」を聞きたいと思っていたのですが、やっとこんな素敵なジョン・デンバー特集という形で実現して、しかも受信できないのにもかかわらず、友人の粋な取り計らいで、この放送のテープをゲット・・。今は幸せ気分に浸りながら何度も聴き返しています。

1曲目は、やっぱりという感じで、「岩を砕く花のように」(The Flower that Shatter the Stone)でしたね。ジョンとこうせつさんにとってぴったりの歌だったと思います。こうせつさんの思い出話の中で、このシングルが出たときにジョンが「こうせつ!これでグラミー取ったら、一緒に壇上に上がって・・・」なんて冗談を言い合ったことを懐かしそうに話してましたね。こうせつさんが半ば本気で、「サンキュー、パパ、ママ アンド ゴッド!」なんて言おうかと思ったなんて話は結構笑っちゃいますね

最初の一曲目が終わったところで、ジョン・デンバー・ファン・サイト運営しておられる、ジョン・デンバー大ファンの田中タケルさんが登場。’80年代からひたすらジョン・デンバー研究しておられるだけあって、その解説は実に素晴らしかったです。まさにジョン・デンバーに関しての生き字引と言ってもいいくらいで、聞きながらひたすら関心しまくっていました!

ここで田中タケルさんと南こうせつさんのジョン・デンバーとの出会いについて語ってくれるのですが、この初めての出会いっていいもんですね。なんていうんですか、運命的な出会いっていう、そんな思いにかられます。

田中タケルさんは自宅に大量にあったLPの中からジョン・デンバーのアルバムを見つけ、何気なく聴いてから、ビビっと来るものがあったというし、南こうせつさんも、’71年に深夜放送を始めたばかりの頃にジョン・デンバーの「故郷に帰りたい」を聴き、心に閃くものがあり、すっかり気に入って、目覚めてしまったんですね。


この「故郷に帰りたい」(Take Me Home Country Road)は、4枚目のアルバム「詩と祈りと誓い」(Poems Prayers & Promises)に収録されていてシングル・カットされて世界中で大ヒットした曲です。タケルさん曰く、「アメリカ中の各家庭に1枚はあるくらい売れた」んですね!私もそこまで売れたということをよく知らないのですが、今でもアメリカ人だったら、この歌を知らない人はまずいないんだろうなぁ、とは思います。なにかいいことがあると、みんなが集まって「カントリー・ロード」を歌う、それほど、みんなの生活の中に溶け込んでいるんだと思うのです。

タケルさんがこの「故郷へ帰りたい」の誕生秘話など、すらすらと解説してくださいましたが、こうやってラジオで聴くからこそ、また、うーん、そうだったんだぁ、なんて改めて感動しながら、聞きいりました!

今日の「カントリー・ロード」はジョン・デンバーと南こうせつ初共演となったテレビ・シーンよりお送りしたいと思います。1983年6月9日に放送されました。こうせつさんはんは34歳、ジョンは39歳の頃でお二人とも若いなぁ、なんて思っちゃいました。
何度見ても感動的で素敵なデュエットです!
http://jp.youtube.com/watch?v=WfvnyNyMFrQ


これだけ書くの1時間もかかっております。続きはこちらです!→【3】「南こうせつ 週末はログハウスで♪」
関連記事

theme : ラジオ放送
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー 南こうせつ カントリー・ロード 故郷へ帰りたい

【1】「南こうせつ 週末はログハウスで♪」

2007.10.29.07:01

10月14日(日曜)に放送された「南こうせつ 週末はログハウスで」をお聞きになりましたか?(FM栃木のみ10月13日でした)今回スペシャル番組で「ジョン・デンバー特別番組」でした。

南は鹿児島から北は山形までのFM放送局で14箇所で毎週約50分の番組を放送しています。今回、香川のみ突然の変更で放送されず、香川地方の方々は残念がっていらっしゃるかと思います。

こんな番組になることを夢にまでみたくらいです。長寿番組ですよね~!もうかれこれ7年位放送しているのでしょうか?

私の住んでいる広島では放送されないのですが、ず~っと気になっていました。何が気になったかって?もちろん、こうせつさんが番組でジョン・デンバーのことを何か語っているのではないかということなんです。

約一ヶ月程前からこの「ジョン・デンバー特別番組」が放送されることを知り、胸をわくわくさせていました!

南こうせつさんのジョン・デンバーに対する思いについて知りたかったんです!とにかくこれは切に願っていたんです。私自身の切実な思いがこんな素敵な番組によって実現した訳ですから、嬉しくてしょうがなかったです!!!

この「週末はログハウスで」という番組は毎週、ゲストをお招きして、トークがあり、その他にいくつかのコーナーがあるそうなんです。でもいつものそのコーナーをすべて取っ払って、初めから終わりまですべてジョン・デンバー一色の番組構成でした!

今回10月10日に「南こうせつセレクション」として5枚の紙ジャケットがリリースされ、南こうせつさんの解説入りのベスト・アルバム「ジョン・デンバー エッセンシャル」も発売されたのですが、南こうせつさんとジョン・デンバーとの出会いや二人の楽しくて、そしてものすごく真面目な交流について知ることができました。

本当に感激の思いでこの番組を聴きました。

番組での最初の曲はこうせつさんとジョンとのデュエット曲「岩を砕く花のように」(The Flower that Shatter the Stone)でした!ゆるやかですてきな曲です!アルバム「The Flower that Shatter the Stone」に収録されています。ジョンが今の生きていたら、二人のデュエットを生で聴けたのに、本当に残念です。でもこうしてアルバムの中でジョンの声は生きています。本当にそれがなによりだと思うのです・・・。

動画が消えていたので、新しいものを貼りました。ジョン・デンバーがひとりで歌っています!どうぞお楽しみくださいね♪


続きはこちらですよ~【2】「南こうせつ 週末はログハウスで♪」


関連記事

theme : ラジオ放送
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ラジオ 番組 南こうせつ ログハウス 紙ジャケット ライブ

このギターも、もしかして・・・ジョン・デンバー「Bells of Rhymney」

2007.10.26.06:05

ジョンのギターの花びらのエピソードを聞いてからは、ちょっと目の付け所が変わってきました。むむっ、このギターは12弦だけど、ちょっと画像がわかりにくいけれど、の花びらかしら?

Pete Seegerの「Bells of Rhmney」です。同じ曲で80年代のジョンと73年のジョンの歌う姿が見られるという粋なビデオクリップです!この「Bells of Rhmney」はジョン・デンバーがソロ・デビュー前に在籍したザ・ミッチェル・トリオ(The Mitchell Trio)のアルバムに収録されています。現在、手の入るのは、アルバム「That's the Way It's Gonna Be /Violets of Dawn」です。全曲、最初の部分だけ視聴できるので、興味がありましたら、ちょっと聴いてみてくださいね!

この「Bells of Rhymney」、ジョンが12弦ギターを弾きながら歌っていますが、ギターのストロークがなかなか力強くダイナミックで、うーん、なんていうか、舌足らずな表現ではありますけれど、かっこいいですねジョンのギターの腕前はなかなかのものですが、いつもどちらかというと、さりげなく弾いている感じなんですが、ここでは、ギターの演奏もじっくりと聞き惚れるという雰囲気ですね!!!

12弦ギターはとても扱いが難しいのですが、ジョンは実に多くの曲に使っています。たとえば、「ミスター・ボージャングル」、「プリーズ・ダディ」、「緑の風のアニー」、「太陽を背にうけて」とかたくさんあるんですよね。どれもこれも私のお気に入りの曲ばかりです。やはり、あのアコースティック・ギターの美しい音色に聴き惚れるといか、ジョンの歌の魅力の一つでもあると思います。

それでは、「Bells of Rhymney」、「Blues my Naughty」をお楽しみください

http://jp.youtube.com/watch?v=KUc41gKw0iQ


来る10月28日(日曜)に神戸でジョン・デンバーの追悼ソロ・ライブがあります!ライブ情報のほうを、よかったら、ご覧くださいね(*^_^*)
関連記事

theme : ギター
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ギター ライブ 12弦ギター

ジョン・デンバーの愛用のギターと南こうせつの愛用のギター

2007.10.23.09:45

ジョン・デンバーの愛用のギターにまつわる、微笑ましい話題をお伝えします。

南こうせつさんの桜の花びらを施したヤマハのギターは、ファンの皆さんの間では、よく知られていることだと思いますが、そのギターに関してこんなエピソードがあったのですね・・・!

こうせつさんがヤマハの作ってもらうときに、彼のアイデアで、桜の花びらを飾って欲しいとお願いしたら、漆職人さんが貝殻とても美しく仕上げてくださいました。

そして、1983年にジョンとこうせつさんは初顔合わせ、初テレビ共演するわけですが、ジョンがこのギターを見ると、「俺はギターにこういうのを施すのはきらいだ。」と言ったんですね。「でも、すごく美しい。」って。

そうしたら、次に会った時、つまり翌年の1984年、ジョンのヤマハのギターのポジションマークが桜になっていたんだそうです。

ジョンが初めにきらいだ、言いながら、真似しちゃった、っていうのが、なかなか面白いですよね

ジョンはこのギターを長いことメイン・ギターとして愛用していたそうです


南こうせつさんのお話の詳細はこちらです
http://www.holiday.yamaha.co.jp/interview/045/index-002.html

ジョン・デンバーの桜の花びらのギターはこちらです
1984年ーびわ湖コンサート
http://www.bekkoame.ne.jp/~nisenora/jd84.html

1988年ー厚生年金会館ホール
http://www.bekkoame.ne.jp/~nisenora/jd88.html

1986年ーイギリスのバーミンガムでのライブ
拡大すると桜の花びらがわかりますよ★
「Annie's Song」を歌っています
http://www.youtube.com/watch?v=Jk-blXQjN-8







関連記事

theme : ギター
genre : 音楽

tag : ギター ジョン・デンバー ヤマハ

緊急新着神戸ライブ!10月28日(日曜日)

2007.10.21.06:13

以前から神戸でライブがあると、告知してましたが、11月といいながら、なんと10月28日(日曜日)に急遽決まりました!

私は今年8月のオフ会で生演奏を聴きましたが、とってもすばらしかったです

ジョン・山本さんは、70年代のジョンのめがねをかけ、ジョンそっくりの演奏、ジョンそっくりのブレスで歌ってくださいます!これはもう、いつもジョンのアルバムをいつも聴いているファンにしかわかりませんが・・・。ジョンが生きていてこんな近くでジョンを見られたらすごいだろうなぁ、なんて思いました。とても素敵な方です!お時間の都合がついたら是非とも行ってくださいねついでに、リクエストもよろしくお願いします


ジョン・山本、緊急ライブのお知らせ

来る10月28日、日曜日(来週の日曜日です。)
神戸、兵庫、高架五十七にて
ソロライブをする運びとなりました。

日曜日の夕食時ですので、ご来店のお客様も
多数おられる事と思います。
快適にお過ごしいただけるよう、心をこめて
70年代アメリカンポップスを唄いたいと思います。

11月予定のJ・デンバー命日ライブに向けて、
気分を温めればと思っています。

ぜひ、ご来場下さい。
つきましては下記に曲目を書きますので
もしお気に入りの曲がありましたら
リクエストいただければありがたく思います。
メール、カキコにてお伝えください。
ぜひ、ご来場時に優先させてお聞きいただこうと思います。
よろしくお願い申し上げます。

日時■ 10月28日(日曜日)6:30~、8:00~(各ステージ30分)
場所■ foodbar 高架五十七
    JR兵庫駅から北側高架沿いを西へ5分 ※Heinekenの看板が目印
http://mixi.jp/view_community.pl?id=820640
http://coca57.com/index.html
料金■ ノーチャージ・飲食代のみ


Rocky mountain high (JD & M.Taylor)
Mother nature's son (Lennon & Mccartney)
Angel from Montgomery (J.Prine)
Matthew (JD)
Whiskey basin blues (JD)
River of love (J.Sommers)
Late nite radio(Bill & Taffy D.)
Wrangle mountain song (JD)
Follow me (JD)
Darcy Farrow (S.Gillette & T.Campbell)
Like a sad song (JD)
River of love(J.Sommers)
I guess he'd rather be in Colorado (Bill.D & Taffy N.)
This old guitar (JD)
Junk (Lennon & Mccartney)
Fire and rain (J.Taylor)
We don't live here no more (Bill.D & Taffy N.)
Gospel changes (J.Williams)
Leaving on a jet plane (J. Denver)
Teke me home country roads (JD)
59番街橋の歌(フィーリン・グルーヴィー)(S&G)
ニューヨークの少年(S&G)
キャシーの歌(S&G)
四月になれば彼女は(S&G)
Peggy-o(S&G)
Just when I needed you most (R.V.Warmer)
Daydream believer (The Monkees)
Love me tender(E.Presley)
Stand by me (B.E.King )
Seven daffodils (Brothers Four)
Angie (Mick&Keith)
you are so beautiful(J.Cocker)



私のリクエストは、
I guess he'd rather be in Colorado (Bill.D & Taffy N.)
Leaving on a jet plane (J. Denver)
Rocky mountain high (JD & M.Taylor)
Teke me home country roads (JD)
Follow me (JD)
四月になれば彼女は(S&G)

です!
本当は全部聴けるといいのですが・・・。
関連記事

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

tag : ライブ ギター ジョン・デンバー

Leaving on a Jetplane

2007.10.19.04:41

http://jp.youtube.com/watch?v=vLBKOcUbHR0
関連記事

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。