ドライブするなら「生きるよろこび」

2007.05.29.14:59

 実をいうと、ドライブの時に欠かせないジョン・デンバーアルバムというのが、今のところ、3~4枚位かな?きっと、ドライブの好きな人はいろんなアルバムを、とっかえひっかえして聴くんだろうな?!

そんなに、ドライブを楽しむほどの余裕がないのよね・・・。あ~、楽しめたらいいんだけど・・・。出かけるときは、買い物をする時・・・、なので、わずかな時間に思いをこめて、そして、余裕はないけれど、ささやかな時間を、ちょっとでも楽しみたいという、思いで聴いたりしているんです。

前置きが長くなってしまいましたが、先日・・・、といってもだいぶ前の話ですが、本当に久しぶりにこの「生きるよろこび」(I Want to Live)を聴きました。
国内版はなかなか手に入らないようですが、輸入版ならアマゾンで手に入るようです!私のも実は輸入版。でも訳詩や解説ってやっぱり、あったほうがいいと思います!幸いにも、最近国内版のLPを手に入れてラッキーだったと思っています。
こういう、いいアルバムは是非とも国内版で再販してもらいたいと切に思います。
このアルバムのタイトルの青い文字をクリックすると、アルバム全曲の視聴ができます(*^_^*)(ただし、はじめの30秒だけですが・・・)


全部で11曲入っている。「故郷に帰りたい」(Take Me Home Country Road)みたいなカントリー調ではなく、かなり垢抜けた感じのサウンドで、全体のイメージを一言でいうと、「さ・わ・や・か」とでも言うんでしょうか、なかなか聴きごたえがあります。

サイドAー1『誓いは永遠に』(How Can I Leave You Again)・・・いかにもジョンらしい愛の歌!ジーンと心に響くんだぁ!
http://www.youtube.com/watch?v=a2WuW-q1Cpo

2『貿易風」(Tradewinds)・・・貿易風に乗って、さわやかにダンスを踊りながら、ジョンが愛する人に捧げるラブソング。

5ワイルド・カントリー(To the wild country)・・・人生について、ジョンはきっと迷っていたんだろうと思います。アラスカの大自然の中で、ジョンはきっと素晴らしいものを見つけたに違いありません!
http://www.youtube.com/watch?v=zp_7YPDX-98

サイドBー3『大空に歌い水面に踊る』(Singing skies and dancing waters)・・・愛する人と子ども達、そして大空、踊る水、大自然の偉大さを肌で感じさせてくれる歌なんです
http://www.youtube.com/watch?v=KDmigAw61n4

4『生きる歓び』(I want to live)・・・大草原の中で、大海原の中でジョンは何かを感じ、語りたかったに違いないのです。・・・僕は生きたい、大きく育ちたい、見たい、知りたい、僕が与えることのできるものを分かちあいたい・・・、ジョンの切なる思いがジンジンと伝わってきます。
http://www.youtube.com/watch?v=BcjCC7-iJME

I Want to Live
I Want to Live
関連記事

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー アルバム

ドライブするなら「ロッキー・マウンテン・ハイ」

2007.05.06.10:20

 近頃、ドライブの時に欠かせないのが、ジョン・デンバーの大ヒットアルバム、「ロッキー・マウンテン・ハイ」!

しかも、ドライブといっても、どんな道を走るかが、とても重要なキー・ポイントで、いわゆる田舎道、カントリー・ロードを走るときにもってこい

なぜかと言うと、走りながら歌うから・・・。くねくねとした道をのんびりと、鼻歌歌いながら走るのは本当に気持ちがいい!

1番・・・「ロッキー・マウンテン・ハイ」、これはもう、とにかく声高らかに気持ち良く歌える。まるで、ロッキー山脈を登っているみたい
http://www.youtube.com/watch?v=OwARpaKHx_w

2番・・・「マザー・ネイチャーズ・サン」、この歌がビートルズ・ナンバーだなんて未だに信じられないくらい・・・、というのも、あまりにもジョン・デンバーにぴったりはまっているから!ジョン・レノンとポール・マッカートニージョン・デンバーに捧げるために作ったのかと思うくらいさわやかな自然賛歌だと思う。そして、思いっきり気持ち良く歌えるってわけ(*^_^*)

3番・・・「フォー・ベイビー」(フォー・ボビー)、この歌は、ピーター・ポール&マリーもレコーディングしているけれど、ものすごくかわいいラブ・ソングで、私の場合こればっかりエンドレスでリピートして流してもいいくらい大好きな曲!ジョンが愛する彼女に対する気持ちが、ジーンと心に伝わってくるんだなぁ

4番・・・「ダーシィー・フェロー」、悲しい歌なのに、その曲の美しさ故に聴き惚れてしまう。何度聴いても聴き飽きない名曲だと思いなぁ

7番・・・「グッド・バイ・アゲイン」、愛する人との別れを、しっとりと歌っている。また、しばらく会えないけれど、また帰ってくるよ、遠く離れていても、君のことを愛しているよ・・・そんな切ない気持ちが伝わってくるのよね
http://www.youtube.com/watch?v=vaVvjAKeOTQ


8番・・・「四季の組曲」、ドライブしながら気持ちよく歌える。美しい自然を守ろう、そして自然を破壊するものをやめようよ、と語りかけてくれる、本当に素晴らしい歌
http://www.youtube.com/watch?v=Nbokt7_ycQI


ロッキー・マウンテン・ハイ(紙ジャケット仕様)
ロッキー・マウンテン・ハイ(紙ジャケット仕様)


関連記事

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ドライブ アルバム ロッキー・マウンテン・ハイ ロッキー山脈 ビートルズ マザー・ネイチャーズ・サン ポール・マッカートニー フォー・ベイビー

アルバム「詩と祈りと誓い」

2007.05.04.07:10

ジョンデンバーにとって、このアルバム「詩と祈りと誓い」は、記念すべき大ヒットアルバム。

あの大ヒットソング「故郷へ帰れたい」や「太陽を背にうけて」が
入っており、ヒットソング以外でも素敵な曲が満載で、見逃せない
アルバムになっています。

最初に私がこのアルバムを選んだ理由は、ジョンが「警部マクロード」の中で「彼はコロラドにいるだろう」を歌い、その歌がこのアルバムに入っているからです。

「彼はコロラドにいるだろう」は、アコースティックギター、一本で歌っていて、なんともいえず、さわやかでコロラドの美しい風景が思い浮かぶような歌で、私は大好きなんです!


それに加えて見逃せないのが、ジョンがビートルズナンバーの「レット・イット・ビー」と「ジャンク」を歌っているが、これが実にすばらしい。おなじみ「レット・イット・ビー」はポール・マッカートニーが
ピアノを弾きながら、かっこよく歌い上げているが、それに対してジョンは、アコースティックギターでかっこよく歌っている。とにかく聴いていてしびれてしまう!

そして「ジャンク」に関してはというと、実をいうと、ジョンの歌っている「ジャンク」と方が格段に出来がいいように思います。

またその他のカバー曲としては、ジェームズ・テーラーの「ファイヤー・アンド・レイン」を歌っているが、実にしっとりと渋く歌われていて、私にとっては、お気に入り中のお気に入りのナンバーとなっています。

それと、このアルバムのタイトルとなっている、「詩と祈りと誓い」に
ついていうと、美しい自然に中でジョンが人生について考え、そして私達にも、一緒に考えてみないかい、と語りかけているような素晴らしい歌だと思う。何度聴いても飽きることもないし、そして色褪せることもない珠玉の作品だと思います。


http://www.youtube.com/watch?v=CdWX3WQR-eg




Poems Prayers & Promises
Poems Prayers & Promises
関連記事

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック