スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペースシャトル チャレンジャーと「フライング・フォー・ミー」(Flying For Me)

2008.05.05.06:49

先日テレビで、スペースシャトル チャレンジャーの事故原因究明に関する海外の番組が紹介されていました・・・。
この事故は1986年1月28日に起こりました。実はこのチャレンジャーの初飛行は1983年の4月4日で、9回の飛行を成功させています。ところが10回目にして空中爆発してしまいました・・・。

この1986年1月28日のチャレンジャーのフライトは、様々な人種、性別、出身、職業の搭乗員が集まり、多くのアメリカ人がテレビで注目していました。

搭乗員には日系人のエリソン・オニズカ、初の民間人宇宙飛行士クリスタ・マコーリフ、初のアフリカ系アメリカ人宇宙飛行士ロナルド・マクネイアら7名でした。

特に高校教師であるクリスタ・マコーリフは周囲軌道上から生徒達と更新する予定でした。

打ち上げ当日は氷点下8度にまで下がり、個体ロケットブースタ内部に使用されるOリングが凍結したことが爆発事故の原因とされています。このことは現場レベルで指摘されていましたが、無視され打ち上げられ、打ち上げから73秒後に爆発し、シャトルの各部は爆発による空気応力で空中分解した後に大西洋に落下し、搭乗員7名全員が死亡しました。

このチャレンジャーが打ち上げられた当日ジョン・デンバーはテレビドラマ「クリスマス・ギフト」の撮影のため、コロラド州ジョージタウンにいました。

ジョン・デンバーの息子のザッカリーから緊急の電話がかかってきました。彼はジョンにチャレンジャーの事故のことを知らせてくれたのです。ジョンは空を飛ぶことに対してとてつもない思いがあり、いつか宇宙にも行きたいと切に望んでいる人でした。息子のザッカリーとはいつも宇宙飛行や飛行機のことなど、空を飛ぶことに関していつも熱い思いを語りあっていたのです。

ジョンは仕事が終わった後テレビに釘付けになってその日の事故についてしっかりと聴き、見たのでした。

そしてその後にジョンはギターを手に取り深い瞑想状態になtり、一つの作品を仕上げました。その作j品は初の民間宇宙飛行士のクリスタのみならず全ての搭乗員に捧げられたものなのです。

そしてその搭乗員のみまらず、そのバックに働く人々に対してでもあります。

そしてライト兄弟からベルナー・フォン・ブラウン(ロケットの開発者)、チャールズ・リンドバーグ(アメリカの飛行家)からユーリィ・ガガーリン(人類で初めて宇宙飛行した)、ニール・アームストロング(1969年7月19日にアポロ11号の船長として月面に世界に初めて降り立った人)、数え切れないほど多くの空の星に思いをかける人々に対してでもあるのです。

確かに彼らは私達のために飛んだのです。そして私のためにも・・・。

ジョン・デンバーはチャレンジャーの搭乗員(クルー)7名への哀悼の意を込めて「フライング・フォー・ミー」(Flyinng For Me)という曲を作りました。この曲はアルバム「One World」に収録されています。このアルバムの1番の聴き所となっています。


http://jp.youtube.com/watch?v=BPU_1ReAxyw
">


「One World」
One World

スポンサーサイト

theme : 懐かしの洋楽映像
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー スペースシャトル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。