エルヴィス・プレスリーがもしも、「カントリー・ロード」を歌ったら・・・

2008.03.04.06:37

数日前にこの記事を書いたのですが、あることに気がついてこの記事を引っ込めてしまいました。

5~6時間位出て、この記事が消えたのですが、多分そんなにたくさんの人が見ていないだろうと詳しい説明をいれませんでした。・・・そうしたら、なゆさんから、あの動画を録画したかったのに・・・とのコメントをいただき、それに対する詳しいコメントもいれず、申し訳ありませんでした。

たまたまいろいろと忙しく、コメントに時間を割くこともできず、ずるずると日にちだけが経ってしまいました。

実は、エルヴィス・ファンの方から、「エルヴィスは『カントリー・ロード』をカバーしてませんよ~」と素早いメッセージをいただきました。

なんと、動画のメッセージ部分をよくよく読むと、エルヴィスは全然「カントリー・ロード」を歌ってません。これはファンタジー・ムービーです!」などと書いてあるではありませんか?

なんてドジな私なんでしょうか???

でも、映像はエルヴィス、声もなぜか、エルヴィスそっくりでした。

リオさんという方がファンの夢を物まねで実現してくれました

エルヴィス・プレスリーはアルバムをたくさん出していて、すべて調べることはできませんでしたが、「エルヴィス・オン・ステージ」というアルバムの中には「明日にかける橋」や「イエスタディ」等が入っていました!他のアルバムでは「レット・イット・ビー」もカバーしていたようです。エルヴィスは結構いろんな人の歌をカバーしているのですね!

だったら、ジョン・デンバーの歌もカバーしてもおかしくはなかったのですが、本当に残念としかいいようがありません。

でも、もしエルヴィスがもっと元気で長生きできたら、ジョンの「カントリー・ロード」もカバーしてくれたに違いありません。

そんな訳で、なゆさん、動画に保存する値打ちがあるかどうかわかりませんが、どうかお許しくださいませ。

それでは、エルヴィスの映像で、リオさんのエルヴィス・プレスリーそっくりに「カントリー・ロード」を歌います!どうか、ささやかな夢のひと時をお楽しみくださいね

http://jp.youtube.com/watch?v=oqqOXYag_4s



ラスト・イヤーズ~キングの終幕~ [DVD]
ラスト・イヤーズ~キングの終幕~ [DVD]

theme : 懐かしの洋楽映像
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー エルヴィス・プレスリー

Mother Nature's Son

2007.10.14.06:21

本棚にしまい込まれて、ほこりをかぶった写真のアルバムをたまに取り出してみると、なんとも懐かしく、幼い頃を思い出すのも、時にはいいものですね。

ジョンのスライド・ショーは数多く出ていますが、このスライド・ショーはちょうどページをめくるように画面が変わり、ジョンの写真アルバムを見ているような思いに浸ることができます。

ジョンが学生時代にこんな角刈りでフットボールをやっていたんだ、とか、子どもの頃のジョンてかわいいね、とか、いろんな思いが心をよぎります。

「マザー・ネイチャーズ・サン」(Mother Nature's Son )アルバム「ロッキー・マウンテン・ハイ」より

http://jp.youtube.com/watch?v=auZ3Ign--9w

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー

すばらしきカントリー・ボーイ Thank God I'm a Country Boy

2007.07.03.06:31

ジョン・デンバーといえば、ポップ・カントリーのイメージが強いかもしれません。実際この「すばらしきカントリー・ボーイ」(Thank God I'm a Country Boy)みたいにカントリー調の歌をたくさん歌っています。けれどもジョンはどんなジャンルの歌も歌いこなせる人だったんですよねジョンのワンマンショーの中ではロックンロールも歌っていたし、ビートルズ・ナンバーもたくさん歌っていたし、反戦歌もラブソングも、自然を賛美する歌も、その他どんなタイプの歌でも歌いこなせるシンガーだったんです。

今年の10月でジョンが自家用飛行機事故で亡くなって丸10年になろうとしています。53歳の若さで亡くなりました。今も生きていれば、63歳・・・、まだまだその豊かな声量で私達を魅了してくれていたにちがいありません。ジョンはビートルズの「ホェン・アイ・アム・シックスティ・フォー」(When I am 64)をアルバム「ライムズ・アンド・リーズンズ」(Rhmes & Reasonns)の中で歌っています。ジョンにとってソロ・デビューの記念すべきアルバムです。ジョンはまだ25歳でした・・・「僕が64歳になっても僕のことを必要としてくれるかな?僕にご飯をつくってくれるかな?」っていう照れ隠しのプロポーズ・ソングなんですけれど、当時25歳のジョンは64歳よりも、もっと長生きするつもりだったでしょうね・・・。本当にもっと、もっと、長生きして欲しかったです

話が脱線してしまいましたが、ジョンがポップ・カントリーの歌を歌ってみんなを楽しませてくれていたころの、貴重な映像をご紹介します「すばらしきカントリーボーイ」(Thank God I'm a Country Boy)
http://jp.youtube.com/watch?v=kzldLJcorbo
">

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ポップカントリー ビートルズ ワンマンショー

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック