スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム Forever,John

2008.02.12.07:46

Forever, John
Forever, John



アルバム「Forever ,John」に関する質問がありましたので、ちょっとわかる範囲で解説させていただきます。

「Rita Ballou」,「High Wind Blowin'」,「Nobody Can Take My Dreams From Me」,「River」の4曲は1980年にアルバム「Perhaps Love」に収録されて発売されるはずでした。ところが、商業的ではないとの理由でこのアルバムはお蔵リとなってしまったそうなのです。そしてそのまま日の目をあびることもなかったのですが、ジョン・デンバーの死後にやっとこうして未発表音源として発売されることとなった訳なのです。


全12曲の録音時期については以下の通りです

1、On The Wings Of An Eagle(1979,6,21)
2、River(1980)
3、Rusty Green(1969,5,27)
4、Rita Ballou(1980)
5、Four Strong Winds(1978,10,2)
6、No One(1971)
7、Dance Little Jean(1979,6,13)
8、High Wind Blowin'(1980)
9、It's Sin To Tell A Lie(1973,4)
10、Mr.Bojangles(1969,11,6)
11、Nobody Can Take My Dreams(1980)
12、The Game Is Over(1969,11,6)

これからも未発表音源が次々と発表されるといいですよね今後も期待したいと思います
スポンサーサイト

theme : 音楽的ひとりごと
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー アルバム

アルバム シーズンズ・オブ・ザ・ハート Seasons of the Heart

2007.10.11.07:04

Seasons of the Heart
Seasons of the Heart




今週は、ジョン・デンバーが飛行機事故で亡くなってちょうど10年の週ということで、世界各地でジョンのための特別番組を放送したり、メモリアル・コンサートなどが開かれています。

日本では来る10月14日に「南 こうせつ・週末はログハウスで」というFM放送でジョンの特別番組が放送される予定です。

11月3日には、ジョン・デンバーのコピー・バンドである「田中タケルとパイナップラーズ」によるメモリアル・コンサートが東京でひらかれます。田中タケルさんは今、ジョンのふるさとであるコロラド、アスペンのメモリアル・コンサートに向かっています。日本に帰ってきたら、その時のいろいろな話が聞けるかと思います。

東京から遠方の方でも、有給休暇をとるなど、時間的余裕のある方が是非この機会に見に行っていただきたいと思います

さて話は変わって、先日アルバム「バック・ホーム・アゲイン」のレビューをご紹介させていただいた浜田隆史さんがもう一つのレビューを書いてくださいました。
今回ジョンが亡くなって10年目ということで、お忙しいところ、とてもいい心が温まるレビューを書いてくださり、本当に感謝しています。

それでは、じっくりとごらんくださいね

★ シーズンズ・オブ・ザ・ハート/ジョン・デンバー (RCA AFL-4256, 1982年)
http://www.bekkoame.ne.jp/~nisenora/j-jd-index.html
(上記は日本のファンサイトの一つで、非常に詳しい解説が載っています)

曲目:
Side A
1. Seasons of the Heart (John Denver)
2. Opposite Tables (John Denver)
3. Relatively Speaking (Artur Hancock-John Denver)
4. Dreams (Steven Geyer)
5. Nothing But a Breeze (John Denver)
6. What One Man Can Do (John Denver)
Side B
1. Shanghai Breezes (John Denver)
2. Islands (John Denver)
3. Heart to Heart (John Denver)
4. Perhaps Love (John Denver)
5. Children of the Universe (John Denver-Joe Henry)

 最近(2007)ジョン・デンバーのファンの方との交流があり、懐かしくも今に生き続けるジョン・デンバーの音楽のように、今さらながらさわやかな気分を味わっています。

 そんな中で発見した上記のファンサイト。その記述から、私が長年愛してきた彼の後期を代表するアルバム『シーズンズ・オブ・ザ・ハート』(1982)の前に、実はこれの下敷きになった未発表アルバムが存在したことがわかりました。それによると、このアルバムは『Perhaps Love』というタイトルで1980年に録音されたのですが、レコード会社の意向でお蔵入りになってしまったとのこと。
 あれっ、どこかで聞いたことのある話だな、と思ったら、実は全く同じ1980年、あのジョージ・ハリスンも『想いは果てなく~母なるイングランド』の企画を蹴られて、収録曲の差し替えの後に1981年に発表したということがありました。これは偶然ではなく、1970年代のアーティストが、徐々に以前ほどのセールスを記録しなくなっていき、前と同じ感覚で売れて欲しいレコード会社とのズレが、ちょうど表面化してきた時期だったのでしょう。

 そんな裏事情などは知る由もなく、私がこのアルバムを最初に聞いたのは、新作を紹介するラジオのエアチェックからでした。日本でも人気が下降線になってきた頃の作ですが、私はこのアルバムのある種叙情的な美しさに大きな感銘を受けました。ひょっとしたら、彼のアルバムの中で一二を争うくらい好きなアルバムかも知れません。

 前作『あの頃の風(Some Days Are Diamonds)』(1981)は、私にとってほとんど記憶に残らない、普通のカントリー・アルバムでした。思うに、これはジョン・デンバー自身の作曲の好不調ともつながっているようで、1970年代末~1981年当時は自作曲の数が極端に減っていました。これ以前の数作も注目すべき自作曲が少なく、かつての「名曲の嵐」状態を思えばさびしいものでした。
 そこから転じて、このアルバムには彼の自作曲が多く収められています。プラシド・ドミンゴとの共演で知られる彼の代表曲「Perhaps Love」を筆頭とした、しっとりとした叙情性、包まれるように暖かい音楽は特筆すべきです。「Islands」「Opposite Tables」などの地味ながら実に印象的な佳曲はこのアルバムの完成度を高め、「Shanghai Breezes」は久々にキャッチーなヒット曲だったのもうれしい限りでした。

 サウンド的には、これまで以上に大人の雰囲気が強調されていて、古くからのファンは戸惑う人もいたかも知れませんが、これはあくまでクリエイティブに新しい音楽を紡いでいこうとする彼の意欲にマッチしたものだったと思います。私はこのサウンド作りのセンスの良さもアルバム成功の要因だったと思います。
 このアルバムは、『故郷の詩』で皆さんおなじみのジョン・デンバーとは全く違った、苦労に苦労を重ねた後にたどり着いた癒しの境地を感じる、深い味わいの作品です。
http://www.geocities.jp/otarunay/index.html#top






 

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー アルバム レビュー

「An Evening with John Denver」(3)

2007.07.08.06:46

ジョン・デンバーライブ」(An Evening with John Denver)の中で特に印象的だったのは、「マシュー」(Matthew)という歌でジョンが大好きだった叔父さんの思い出を歌ったもので、叙情的でアメリカの美しい小麦畑がリアルに思い浮かぶすばらしい歌です

「マシュー」
僕にはマシューという名前の叔父がいた
叔父さんは独りっ子
カンサスはコルビーのちょうど南で生まれてる
彼は母親の誇りと喜びだった

「イエス」と「喜び」だけが彼を育てた土壌
愛さえあれば死ぬまで生きられた
黄金は単に風っぽいカンサスの小麦畑みたいなもので
青はただカンサスの夏の空の色だった

僕がまだ小さかった頃のこと
すべての話は彼が語ってきかせてくれたものばかり
素敵な時間を持っていたのはぜんぶ彼だったし
その頃の思い出は何もかも彼がくれたものだった

カンサスの農場の息子として育てば
人生はおよそ楽しみに満ちたもの
太陽の下で遊ぶロバのかげ
パパの背中に乗っかって

心地よい承諾と喜びだけが彼を育てた土地
愛さえあれば死ぬまで生きられたし
黄金色は風っぽいカンサスの小麦畑
青い色はカンサスの夏の色



http://www.youtube.com/watch?v=1LzBGVsP8XQ

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ アルバム 農場

「An Evening with John Denver」(2)

2007.07.06.08:40

私はこのアルバムをカセットテープに録音して繰り返し何度も何度もあきることなくよく聴いたものでした。特にお気に入りの曲はエンドレスといってもいいくらいよく聴いたものです。その中の一曲をご紹介したいと思います。「トゥデイ」(Today)という歌です。


今日という日を大切に、今という時を大切に生きていきたいなぁ、と思いながら、この歌の素晴らしさに今日もまた、感動してしまったりしてします

http://www.youtube.com/watch?v=fdZ2TwNitOA

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ アルバム

「An Evening With John Denver」(1)

2007.07.05.06:11

この「ジョン・デンバーライブ」(An Evening with John Denver)は、アメリカのロサンジェルス、ユニバーサル・アンフィシアターで収録されたライブアルバムです

ライブアルバムというのは、スタジオ録音と違って、拍手や手拍子、聴衆の声援や歌声も入り交じり、実際にそのコンサートに行かなくてもその場にいるような臨場感があっていいもんですね!このアルバムが出た当時、

more...

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ライブ アルバム ラジオ

ドライブするなら「生きるよろこび」

2007.05.29.14:59

 実をいうと、ドライブの時に欠かせないジョン・デンバーアルバムというのが、今のところ、3~4枚位かな?きっと、ドライブの好きな人はいろんなアルバムを、とっかえひっかえして聴くんだろうな?!

そんなに、ドライブを楽しむほどの余裕がないのよね・・・。あ~、楽しめたらいいんだけど・・・。出かけるときは、買い物をする時・・・、なので、わずかな時間に思いをこめて、そして、余裕はないけれど、ささやかな時間を、ちょっとでも楽しみたいという、思いで聴いたりしているんです。

前置きが長くなってしまいましたが、先日・・・、といってもだいぶ前の話ですが、本当に久しぶりにこの「生きるよろこび」(I Want to Live)を聴きました。
国内版はなかなか手に入らないようですが、輸入版ならアマゾンで手に入るようです!私のも実は輸入版。でも訳詩や解説ってやっぱり、あったほうがいいと思います!幸いにも、最近国内版のLPを手に入れてラッキーだったと思っています。
こういう、いいアルバムは是非とも国内版で再販してもらいたいと切に思います。
このアルバムのタイトルの青い文字をクリックすると、アルバム全曲の視聴ができます(*^_^*)(ただし、はじめの30秒だけですが・・・)


全部で11曲入っている。「故郷に帰りたい」(Take Me Home Country Road)みたいなカントリー調ではなく、かなり垢抜けた感じのサウンドで、全体のイメージを一言でいうと、「さ・わ・や・か」とでも言うんでしょうか、なかなか聴きごたえがあります。

サイドAー1『誓いは永遠に』(How Can I Leave You Again)・・・いかにもジョンらしい愛の歌!ジーンと心に響くんだぁ!
http://www.youtube.com/watch?v=a2WuW-q1Cpo

2『貿易風」(Tradewinds)・・・貿易風に乗って、さわやかにダンスを踊りながら、ジョンが愛する人に捧げるラブソング。

5ワイルド・カントリー(To the wild country)・・・人生について、ジョンはきっと迷っていたんだろうと思います。アラスカの大自然の中で、ジョンはきっと素晴らしいものを見つけたに違いありません!
http://www.youtube.com/watch?v=zp_7YPDX-98

サイドBー3『大空に歌い水面に踊る』(Singing skies and dancing waters)・・・愛する人と子ども達、そして大空、踊る水、大自然の偉大さを肌で感じさせてくれる歌なんです
http://www.youtube.com/watch?v=KDmigAw61n4

4『生きる歓び』(I want to live)・・・大草原の中で、大海原の中でジョンは何かを感じ、語りたかったに違いないのです。・・・僕は生きたい、大きく育ちたい、見たい、知りたい、僕が与えることのできるものを分かちあいたい・・・、ジョンの切なる思いがジンジンと伝わってきます。
http://www.youtube.com/watch?v=BcjCC7-iJME

I Want to Live
I Want to Live

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー アルバム

ドライブするなら「ロッキー・マウンテン・ハイ」

2007.05.06.10:20

 近頃、ドライブの時に欠かせないのが、ジョン・デンバーの大ヒットアルバム、「ロッキー・マウンテン・ハイ」!

しかも、ドライブといっても、どんな道を走るかが、とても重要なキー・ポイントで、いわゆる田舎道、カントリー・ロードを走るときにもってこい

なぜかと言うと、走りながら歌うから・・・。くねくねとした道をのんびりと、鼻歌歌いながら走るのは本当に気持ちがいい!

1番・・・「ロッキー・マウンテン・ハイ」、これはもう、とにかく声高らかに気持ち良く歌える。まるで、ロッキー山脈を登っているみたい
http://www.youtube.com/watch?v=OwARpaKHx_w

2番・・・「マザー・ネイチャーズ・サン」、この歌がビートルズ・ナンバーだなんて未だに信じられないくらい・・・、というのも、あまりにもジョン・デンバーにぴったりはまっているから!ジョン・レノンとポール・マッカートニージョン・デンバーに捧げるために作ったのかと思うくらいさわやかな自然賛歌だと思う。そして、思いっきり気持ち良く歌えるってわけ(*^_^*)

3番・・・「フォー・ベイビー」(フォー・ボビー)、この歌は、ピーター・ポール&マリーもレコーディングしているけれど、ものすごくかわいいラブ・ソングで、私の場合こればっかりエンドレスでリピートして流してもいいくらい大好きな曲!ジョンが愛する彼女に対する気持ちが、ジーンと心に伝わってくるんだなぁ

4番・・・「ダーシィー・フェロー」、悲しい歌なのに、その曲の美しさ故に聴き惚れてしまう。何度聴いても聴き飽きない名曲だと思いなぁ

7番・・・「グッド・バイ・アゲイン」、愛する人との別れを、しっとりと歌っている。また、しばらく会えないけれど、また帰ってくるよ、遠く離れていても、君のことを愛しているよ・・・そんな切ない気持ちが伝わってくるのよね
http://www.youtube.com/watch?v=vaVvjAKeOTQ


8番・・・「四季の組曲」、ドライブしながら気持ちよく歌える。美しい自然を守ろう、そして自然を破壊するものをやめようよ、と語りかけてくれる、本当に素晴らしい歌
http://www.youtube.com/watch?v=Nbokt7_ycQI


ロッキー・マウンテン・ハイ(紙ジャケット仕様)
ロッキー・マウンテン・ハイ(紙ジャケット仕様)


theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ドライブ アルバム ロッキー・マウンテン・ハイ ロッキー山脈 ビートルズ マザー・ネイチャーズ・サン ポール・マッカートニー フォー・ベイビー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。