FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ系ロシア人3世

2018.03.02.00:23

私はジョン・デンバーが飛行機事故で亡くなった後、大変な苦労をしてアメリカのファンクラブを探し出し、やっとの思いでファンクラブに入会しました。その後ほどなくして、素晴らしいカラーの表紙付きの会報が送られてきて大感激したものです。でも、悲しいかな。そのころまだ赤ん坊を抱えており、英語を辞書なしでスラスラ読めない私はろくに全体を読み通すこともなく、ひたすら会報を抱きしめるだけでした。

あれから20年近く経って、やっと辞書を出して読みだしたのですから、ちょっと遅すぎなんでしょうね。以前にも斜め読みしてある程度わかったつもりだったのですが、このブログの終わりに近づき、改めて読んでみて初めての発見がありました。今日はその記事の一部を翻訳して、皆さんと分かち合いたいと思います。

アメリカにあるドイツ系ロシア人アメリカ歴史協会(The American Historical Society German from Russia)の機関誌の記事の抜粋です。略してAHSGRと称します。

1998年6月19日、カンザス州ウィチタにおいてAHSGRによるジョン・デンバー追悼集会が開催された。
ジョン・デンバーの親族数名が出席された。ジョンの母であるアーマ・デュッセンドルフ(コロラド州オーロラ)、ジョン・デンバーのいとこのジュリー・デュッセンドルフ(ピアノと歌)、ジョン・デンバーの叔父と叔母であるデイブ&アーバ・デュッセンドルフもトリオとして一緒に歌った。

AHSGR基金委員会メンバーのドクター ティモシー・J・クロバーダンツ氏とオクラホマ州議員のエイブ・デュッセンドルフ氏が講演を行った。

長い追悼集会の最後におよそ600名の参加者が起立して「アメイジンググレイス」を歌い、デュッセンドルフ家にとってとても親しみ深く,心を揺さぶられる讃美歌であり、なおかつ多くのドイツ系ロシア人ファミリーにとって馴染み深い「ゴット・イスト・ディエ・リーベ」(神は愛なり)をみんなで歌った。

彼の声は幾百万の人々に知られていた。彼によって作られた膨大な歌はアメリカ合衆国中と遥か彼方の海外まで知れ渡っていた。確かに世界は彼のことをジョン・デンバーとして知っていたのだった。
しかし世界は1997年10月12日にカリフォルニア沖にて悲劇的な飛行機事故で亡くなってしまった。その二日前に、皮肉にもAHSGRのメンバーの私たちはネブラスカ州リンカンにおいて役員会議で1998年のウィチタでの定期総会やその他のAHSGRのイベントにジョン・デンバーが出演することのことについて言及し、ジョンのすばらしさについて話をしたばかりだった。ジョンは私たちの仲間であり、私たちは彼の歌が実に多くの人々に知られている歌であることを知っていた。

(中略)

ジョン・デンバーの人生と歌はアメリカ文化の一部となり、私たちの特別な思い出や出来事を連想させる歌となった。AHSGRのメンバーの多くの人々が例えば、ジョン・デンバーの歌である「マシュー」を初めて聞いたときに思い起こすものがあった。私は確かに1947年に遡って思い起こしていた。そしてすぐにその歌が好きになった。この細いメタルフレームの眼鏡をかけた若い歌手は私たちの仲間に違いないと、ふとひらめいたのであった。ロッキー山脈の東側にあるグレートブレーンズをよく知っている者の先祖をたどるとロシアからのドイツ人にたどりつくのである。
デンバーがカンザスの農夫であるマシューについて語り、詩的表現で「夏空」と「強い風の吹くカンザス、小麦畑」と歌ったことが驚きであった。

私はAHSGRの役員だったカンザス州、ヒルスボロに住むレイモンド・ウィーベ氏に確認を頼んだ。レイはちょっと調べて私の気づきの確証を得てくれた。ジョン・デンバーは確かにドイツ系ロシア人を先祖とし、彼の本名はヘンリー・デュッセンドルフ・ジュニアだった。この名前は「デュッセンドルフ」と発音し、「デュチェンドルフ」と発音することもある。多くの人が知るように「ドイツの村」という意味である。彼はロシアの中にあったドイツの村の歴史を深く調査しているこの協会の私たちにとってなんといっても相応しいものだった。

どうしてデュッセンドルフからデンバーに変えたか疑問に思う人もいるかもしれない。(これは彼のアイディアではなかったが。)ちょっとレコードのラベルかアルバムカバーに「ヘンリー・デュッセンドルフ・ジュニア」と書かれていることをイメージしてみてほしい。

1976年にAHSGRの大会をコロラド州デンバーで行うことになった。私たちの多くがジョン・デンバーにオープニングに登場してもらい1~2曲歌ってもらいたいと望んだ。しかしながら、私たちは彼との確かなつながりや内部情報が何もなかった。家族メンバーが私にジョン・デンバーのコンサートの後に楽屋裏に入る秘訣を教えてくれた。そして、私はいかめしい顔の警備員がドアで立っているところに行き、「私はデュッセンドルフのつづりが言えます」と言った。するとドアが開いたのだった。

(後略)


記事がとても長いの少しだけですが、アップさせてもらいました。この協会のスタッフの方が書いていますが、会長さんなのかもしれません。ジョンの有名な曲である「マシュー」を聴いて、もしやドイツ系ロシア人ではないかとひらめいたという点に驚きました。いったい彼の歌のどの部分にドイツ系ロシア人を思わせるものがあったのでしょうか?まずはジョンの顔なんですが、以前見たNHKのドイツ語講座に出演していたドイツ語の先生の顔がジョンによく似ていました。なので、顔を見てドイツ系かなという思いは持っていたかもしれないですね。そして、ネットで情報収集しましたが、ドイツ系ロシア人の多くが第一次世界大戦の直前に大勢アメリカに移住したのですが、カンザス,ネブラスカ,南北ダコタ,オクラホマやカナダだったそうです。記事の中で例えば「マシュー」と書かれているところから、「マシュー」だけでなく、他の歌にもそれを思わせるものがあったのでしょうか。カンザス、ネブラスカ、オクラホマ、カナダの地名はジョンの歌とお話しのキーワードですよね。それらの地域にドイツ系ロシア人が遠いロシアからアメリカを目指してわたってきたのですね。

私はこの「マシュー」が大好きでカセットテープが擦り切れるくらい何度も聞いています。まさか、ジョンがドイツ系ロシア人の末裔だなんてこれっぽちも気づきませんでしたが・・・・。やはり同じルーツを持つものにしかわからないキーワードというものがあるのでしょうね。それと、記事の中でジョンのおじいちゃんが18歳のとき、ちょうど第一次世界大戦の直前にアメリカのオクラホマに移住し、そこで将来の伴侶となるアンナさんと出会ったこと、この二人が結婚して12人の子供をもうけたことを知りました。おじいちゃんは病気で48歳の若さで突然亡くなってしまったのです。その後おばあちゃんは一人で12人の子供たちを育てたというのです。この12人の子供の上から2番目がジョンのお父さんだったんですね。

この記事から「おばあちゃんの羽根ぶとん」の歌がジョンの本当の体験によるもので、おばあちゃんの大変な苦労を初めて知ったのでした。のでした。この歌を歌うとジョンはいつも同じネタで聴衆を笑かすのですが、おばあちゃんのやさしさと強さと信念を深く思わずにはいられません。

人を肌の色や人種や信条その他どんなことであれ、分け隔てしてはいけませんよ、と教え諭したのがおじいちゃんとおばあちゃんただったそうです。ジョンが歌手として成功すると博愛主義者として環境保護運動家として活躍しましたが、ドイツ系ロシア人であるおじいちゃんとおばあちゃんの信念の賜物だったんだなぁとしみじみを感じたのでした。

何度聞いても飽きないジョンの歌なのですが、その歌の深い深いバックグランドについて知るとまたその歌に対する思いもさらに深いものになっていくんですね。

ジョンのファンで良かったなぁと、つくづく思いました。

まもなく、このブログも幕を閉じようとしていますが、改めてたくさんのファンの皆さんに支えられました。それをもっとたどるとジョンの熱い思い、ジョンのお父さんとお母さんの情熱、ジョンのおじいさんとおばあさんの信念と苦労もまた、私のブログの見えない支えだったのかもしれません。

ほんと、長~いジョン・デンバー・ファンだったけど、さらに聞くのが面白くなってきました。

今度聞くときにはぜひとも、、アメリカとドイツとロシアの歴史にも思いを寄せてみてください。空を見上げるとアメリカにもロシアにもドイツにもつながりがあるんですよね。

それともう一つだけ書きますね。ジョンの叔父さんであるエイブ・デュッセンドルフ氏による講演の中でジョンの思い出を語ってくれました。親族が集まり別れ際でジョンがおばあちゃんにこんなことを言ったそうです。ジョンはひざまづき、おばあちゃんの手をとって、「デュッセンドルフのおばあちゃん、僕は今度のクリスマスに来ることができません。でも、今年、おばあちゃんにとっても最も幸せで最も平和に満ちたクリスマスをシーズンを過ごせるように願っています」と言ったそうなんです。

エイブ・デュッセンドルフ氏はそのジョンの言葉に深く感銘を受けたそうです。なかなか言えそうで言えない言葉ですよね。ジョンはお母さんにもとっても優しくて、素敵な手紙を書いています。その優しさが彼の歌の中にもにじみ出ているのでしょう。

ますますジョン・デンバーのことが好きになりました。

さて、これで、ブログ「始まりはいつもジョン・デンバー」は終わりになります。まだ読みたい方のためにもう少しだけ開けておきます。

本当に皆さん、ありがとうございました。どうか素敵な充実した人生を送ってくださいね☆






バック・ホーム・アゲイン(紙ジャケット仕様)

スポンサーサイト

ありがとうございました!

2018.02.27.23:12

10年前に開設して以来、たくさんの方々に支えてもらいました。

特にGeoegeさん、新垣巽さんにはお世話になりました。

田中タケルさん、かんとりー道路の皆さん、Reneeさん、

MMさん、Dockyさん、ジョン・山本さん、おつきみさん、くたくたさん、maryppmさん、

須賀勝利さん、マシューさん、なごぴんさん、愛実さん、

ローズマリーさん、なゆさん、Emichiさん、コロ直さん、

のりくん、デ某さん、はたのっちさん、やぶさん、バッキーさん、エスペラント界のアンさん、

Nanaさん、K1さん、OBIKENさん、水ちゃん、もぐらさん、レモンさん、ひとみちゃん、ようこ。さん

Toshinosukeさん、ジョニーC.さん、ジョニー中川さん、おやじさん、のんきさん、

坂東さん、テリーさん、石さん、まゆこさん、あっこさん、マルコシアスさん、

OTさん、ジョン・デンバー大好きさん、コニーさん、鯨のしっぽさん、月太郎さん、Taka08さん

その他、たくさんの方が見てくださり、コメントをくださり、また翻訳をしてくださり、文字起こしをしてくださり、

アドバイスをしてくださり、本当に感謝でいっぱいです。

私一人では作れないブログサイトでした。本当にありがとうございました!


サイドバーの好きな歌のランキングの内容発表します。2010年から始めて、438票入りました。

たくさんの投票をありがとうございます(ぺこり)

投票数の多い順に並べて、コメントも入れました。なかなか面白いですね(^^♪

以下の通りです↓
緑の風のアニー 64票

セロリを食べた後の様に全身がさっぱりするけ~、ぜひ上位に入れてくれんさい(広島弁?)
爽やかで心にしみるものがあります。ジョンがアニーを愛する気持ちが伝わってきます。
美しい歌詞ですね♪
バックホームアゲイン収録曲が最に好いですね
この歌を聞くと、体中の細胞が活性化する感じがします。
20歳のころこの歌訳す事に夢中なってました
FM大阪のクラコレの主題歌で流れてまして(フルート)好きになりました
こんなに素晴らしい愛の歌をささげたのに別れてしまうなんて
シンプルで胸に染みる

トゥデイ 45票

なんと優しい声でしょうか?遠い昔の青春を思いました^^;
僕が20歳の頃、バンドを組んで歌っていた曲です。
1曲だなんて あ~
プリーズダディー
綺麗なメロディと繊細な詩・・・もう、メロメロです。
40年くらい前に聞いたこのメロディは忘れないていたこの曲のめろ
クリスマスの約束で初めてききました。


故郷へ帰りたい 44票

中学の時歌いました^^
ジョン・デンバーといえば、やっぱりこの曲ですね
不意に今でもメロディ浮かぶ時あるので!
やはりこの歌は外せません!!
この歌は泣ける。辛い時期だった。アノネ
PP&Mも好きジョンデンバーも大好きです。
「緑の風のアニー」と甲乙付け難い!でも、最初に知った歌なので、これにしました。
定番中の定番ですが♪
姉がWVに永住している影響(州歌)なになにしゅう

太陽を背にうけて 39票

ジョンデンバーのすべてがこの曲に!
PHILIPでした…
初めての訪問です。太陽を背にうけて、、、ああみんな思い出につながります。
昔ジーンズのCMで聞いたおぼえがあります。
はじめてJDを知った曲です、35年前高校生でした。
中学生の時に初めて聴いた曲です。
中学生だった頃、TVから流れるこの歌に、ひと聴き惚れしました。
最近疲れているのです、こころ。
和み感、半端なし
子供の頃を思い出します。
すべて好きです

ロッキー・マウンテン・ハイ 33票

20代の頃 想い出させてくれる曲です
1曲は難しいですね・・・
山歩きのお供です(笑)
やはりマウンテンソングですね
渓谷に響くこだまのようなコーラスにしびれます。ジョンの挑戦に敬意を込めて。
WILD Life Concert買いました。前に持ってて手放したんですが聴きたくなりました。最高!(^o^)丿
高校生の時、初めて買ったアルバムの中での中で一番好きだった曲です
人柄を表わす透き通った声が好き

心は翼 29票

悲しみのジェットプレーン 24票

親父がいつも聞いてました。
一時代を作った曲ですから。

カリプソ 17票

ライブでもう一度聞いてみたいなぁ
カリプソのジョンデンバーのヨーデル最高です。
もう一度、ライブで聞いてみたい曲ですね。
どの曲も好き!でも、ジョンを聞くきっかけになった曲はこれ。
ひとつ選ぶのが難しい!きょうの感覚はこれかなぁ、夏を懐かしんでということで。

マシュー 14票

牧歌的な雰囲気が大好き
作詞作曲はジョンではありませんが、San Antonio roseも好きですね。

ルッキング・フォー・スペース 12票

詞が好きです
最後に見たジョンのTVショーでこの曲を聞いて以来好きです

ライムズ・アンド・リーズンズ 8票

なぜか不思議と元気になれるのです
Greatest Hits Versionの方
Johnの本質はこの歌です。この歌です。
詩も曲も美しいです。
歌詞がいい。
Rocky Mountain HighとかCold Nights in Canadaなんかも好きです!
多分高校2年くらいの時FMで聞いて以来大好きな内の一曲です
ライムズ・アンド・リーズンズ
FOR YOU も好きです
選べないけど、これとマシューです。

素晴らしきカントリーボーイ 8票

ボーイ・フロム・ザ・カントリー 5票

どうしても1曲選べと言われたら、私自身ライブのラストに唄うこの曲に1票! ジョニー中川
John Denverは「back home again」までだなぁ
ジョンのすべてです。

日食 4票

メジャーじゃないけど好きです(バッキー)

アイム・ソーリー 3票

ヒッチハイカー 3票

上海ブリーズ 3票

歌詞が素晴らしい!彼の最後のTOP40ヒット!
先週神奈川県下の某ライブで歌って大変好評でした。ジョニー中川

一部のJDファンの方でメールを送っても返信がないので、今日閉じずにもう少し様子を見てみたいと思います。

3月から忙しくなりますが、数日から1週間程度なら大丈夫でしょう・・・・!



トップ60 番外編 51位~60位

2018.02.27.20:00

本当はまだ他にも好きな曲がありますが、この辺で、ストップしますね(笑)

51位 古いギター This Old Guitar


52位 上海ブリーズ Shanghai Breezes


53位 愛はどこにでも Love Is Every Where


54位 生きる歓び I Want Live


55位 スピリット Spirit


56位 遥かなるニューオーリンズ City Of New Orleans


57位 ラングル・マウンテン・ソング Wrangell Mountain Song


58位 トゥ・ザ・ワイルド・カントリー To The Wild Country


59位 ダーシィ・フェロー Darcy farrow


60位 オン・ザ・ロード On The Road



All Aboard




トップ60 番外編 41位~50位

2018.02.27.17:43


トップ40では、好きな曲が入りきらなかったので、番外編として60位までアップします

41位 岩を砕く花のように The Flower That Shatterd The Stone


42位 貿易風 Trade Winds


43位 フォー・ユー For You


44位 悲しみのジェットプレーン Leaving On A Jet Plane


45位 フライング・フォー・ミー Flying For Me


46位 ルッキング・フォー・スペース Looking For Space


47位 ウィンドソング Windsong


48位 フライ・アウェイ Fly Away


49位 この自然は誰のもの Whose Garden Was This?


50位 マイ・スイート・レイディ My Sweet Lady



Flower That Shattered the Stone



もうちょっとで1位なので、応援クリックしてくださると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ


マラリア早期撲滅活動

2018.02.27.08:53

ジョン・デンバーのハンガープロジェクトからの流れで2008年からマラリアの早期撲滅活動をされている石井睦郎さんから依頼がありました。
以下のクラウドファンディングで募金を募集しています。2月23日から30日間募集されています。
ご理解いただける方がいらっしゃいましたら、この機会に援助をお願いします。
下のリンクをクリックすると詳しいことがわかりますので、よろしくお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/mms
もうちょっとで1位なので、応援クリックしてくださると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
ジョン・デンバーの好きな曲トップ40はこちらです↓
http://jdeagle.blog99.fc2.com/blog-entry-855.html
http://jdeagle.blog99.fc2.com/blog-entry-854.html
http://jdeagle.blog99.fc2.com/blog-entry-853.html
http://jdeagle.blog99.fc2.com/blog-entry-852.html
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。