初めて書いた時の衝撃よ、再び・・・♪

2017.11.17.17:15

こんにちは~~~♪

もうやめるといいながら、これからもだらだら、思い出つづりをして、フェイドアウトしますね。よろしくです(ペコリ)

始めて書いた記事に初めてもらったコメントが警部マクロードの記事なんですが、早かったのが衝撃的でしたね。

これって、すごいよ!!!

お店屋さんを開いて、初めて来てくれたお客さんみたいなものでしょ。これには感動しました。

その後、ぼちぼちをいろんな方々から熱い思いを込めてコメントを頂いたのが、私にとって大きな励みになりました。

FC2にしたのは、広告がないからかな。

いろいろと悩みながら、書きましたが、ほんと、書くのが楽しかったですね。

ジョン・デンバーに関しては、すでにタケルさんが立派なホームページを開設していたので、新たにブログを書く意義があるのか、
かなり、考えましたが、ビートルズのサイトとか、他のアーティストに関しては星の数ほどサイトがありますものね。

ジョンのことをよくいう人が少ないように思ったので、ジョンを守るために書くという目的もありました。このブログで少しでも、
ジョンの良さがわかってもらえたら、ほんと、幸いです。

応援クリックしてくださると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

ブログ開設10周年!

2017.11.16.09:07

皆様、ご無沙汰しております。

久々にパソコンを開いて記事を書いています。

この「はじまりはいつもジョン・デンバー」が、なんと今年でブログ開設10周年に入ってしまいました!

ただし、ここ数年とても忙しくて、更新していないので、正味でいうと、中身はそれほどでもないのですが。

近況についてですが、以前にもお話ししたと思うのですが、数年前から仕事が複数になり、事実上、朝から晩まで仕事が入っています。・・・と言っても、一つの仕事の収入が少ないため、お金をたくさん稼いでいるわけではありません。一応、主婦なんで、配偶者控除枠の中で働いています。なので、一日のうちに多少時間の隙間があると思われるかもしれません。

ところがどっこい、、そうは問屋が卸さない、なんです。その隙間を埋めるようにいろんな用事がありまして、まとまった時間を取るのが非常に難しいのです。

このブログを開設したころには他の用事をすべて排除して、入れ込んで書いていたので、一日数時間くらいかけてやっていたと思います。でも、今はその時間を仕事や家の用事、そのほか重要な用事にあてています。

そこで、いろいろと悩んでいたのですが、このブログを近いうちに閉鎖しようかと思っています。

皆さん、こうして開店休業状態なので、今ではほとんど見に来る人も少なくなってきているので、こうして書いている記事そのものも読んでくださっているかは、さだかではありません。

ただ、私自身の人生も残り少なくなってきたので、身の回りの物の断捨離を始めています。服とか本とか順番にやっていますが、仕事が忙しいためなかなか進みません。それと同時にパソコンの中身も整理しようとしています。いろんなメルマガとか、ネットに登録している情報なども削除しないといけないのですが、それぞれ、とても時間がかかるため、停滞しています。それでも、もしも、私に万が一のことがあった場合、このまま、ネット上に情報が残るのはどうかなという思いがあり、今元気なうちにすべてきれいに整理したいと願い、徐々にではありますが、進めているところです。

このブログを書くにあたって、多くの方々の協力をいただきました。特にGeorgeさん、新垣巽さんには大変お世話になりました。そのほか、いろんなホットな情報をくださった方々がたくさんいらっしゃいます。(ご協力いただいた方々に関しては後日、順次発表していこうと思っています・・・)

ジョンのMCの書き取り、翻訳など、また書いた翻訳のチェックをしてくださった方、また厳しい助言をくださった方、熱心なコメントをくださった方、ユーチューブに貴重な映像をアップしてくださった方など、多くの方々に支えられてこのブログを続けることができました。

そのため、すぐには止めずにこれまでに起こった出来事を振り返り、懐かしみ、感謝の気持ちを述べて、終わりとしたいと思います。

終わりにする日にちはまだ決めていません。どうしても仕事が忙しいこととそのほか、不測の事態があって、決めかねています。でも、どうしても、きちんと整理したいという思いがあるのです。

そんなわけで、また不定期に更新しながら、フェイドアウトしていく予定ですので、その節はよろしくお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

ジョン・デンバー への想い ・・・

2017.10.22.08:56

長いことご無沙汰しちゃって、ごめんなさいね。

これにはいろいろな事情があるんです。

MMさんからのコメントもいただき、ちょっとだけ、書かせてもらいますね。

このブログを始めるにあたって、ずいぶんと事前調査もしました。

だから漠然として始めたわけじゃないんです。

今後のことも深~く、深~く考えているところなんです。

これから、ちょっとだけ、その深い話をちょっとずつ話していこうと思っています。

続きは後程。

おひさしぶりです。

2017.10.13.07:35

今日は書きたいと思うのですが、ちょっと忙しくて難しいです。

でも、広告を消すため、ちょっとログインしてみました。

どうぞ今日も一日お元気でお過ごしくださいね!

近日中に書きますね。では・・・。

応援クリックしてくださると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

こんにちは!

2017.07.11.14:55

皆さん、ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか?

ずいぶん長いことお休みしてしまいました。

もうこの記事を見に来られる方はいらっしゃらないかもしれませんね。

今、パソコン内の整理をしています。すると、懐かしい記事の控えが出てきたので、記事を検索してみると、見つかりました。

あんまり時間経過してしまい、自分でも書いたことを忘れてしまったようです。(笑)

最近あまり書くことをしなくなったのですが、自分はやっぱり書くことが好きなんだと改めて思いました。

内気でしゃべることが苦手で、その代わりに文章の中に普段語ることのできない自分を表しているんでしょうか?

そんな思いに駆られました。

ジョンの歌でどの曲が一番好きですか?

この質問には答えられません。

が、みんなに愛されている一曲をお届けしますね。

緑の風のアニー(Annie's Song)です。

どうぞお聞きくださいませ♪
https://www.youtube.com/watch?v=3091MHksLM4



Back Home Again


応援クリックしてくださると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

theme : ひとりごと。
genre : 日記

tag : ジョン・デンバー 緑の風のアニー

ジョン・デンバー、ピーター・ポール&マリーの恩師 ミルトン・オークン氏 訃報

2016.11.17.09:16

jd


ジョンの才能を見出し、ジョンをビッグシンガーに育てあげた偉大な名プロデューサー、ミルトン・オークン氏が11月15日にお亡くなりになられました。92歳でした。

ジョン・デンバーにとっては、恩師でもあり、父のような存在だったのではないでしょうか?

ハリー・べラフォンテ、ピーター・ポール&マリー、プラシド・ドミンドのプロデュースもされていました。

奥様のローズマリーさんとは58年の長き年月を共に過ごされたそうです。ジェニファーとアンドリューの二人のお子さんがいらっしゃったそうです。

ミルトン・オークンのことを知りたくて英文の分厚い本も買いましたが、いまだに積読状態で、ご紹介できない状態です。いつか読んでご紹介できればと思っております。

ジョンと関わりのあった方が亡くなるのは本当に寂しいですね・・・。

心より哀悼の意を表したいと思います。

Rest In Peace




Along the Cherry Lane: Tales from the Life of Music Industry Legend Milton Okun

応援クリックしてくださると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

ジョンのメモリアルデーに寄せて・・・・・・

2016.10.12.19:00

jd bufoukan 1975 1


今年もこの日が来てしまいました。

ブログを立ち上げたばかりの頃は気合を入れてスペシャル記事を書いていたのですが、最近は複数の仕事を持つ女になってしまい、なお且つ、ボランテ活動まで始めてしまい、ほとんどな~んにも記事の書けないマーヤです。ぐすん。

でも、ジョンのこの日を忘れた訳じゃないんです。今のところ、ジョンに関する記事その他の整理をしなくちゃいけないな~って、思って空き部屋にすべてを広げています。・・・がその整理をする時間がない、全然ないんです。

そんな訳で私の頭の中の思いといっちゃあなんですが、ささやかな思いをこの記事の中に込めていこうとそんな感じですので、良かったら、見にきてくださいませませ。

ジョンが亡くなったのが、1997年の10月12日。でも、これってアメリカの時間でして、日本時間では13日になるようです。
だから、今から書いても間に合いますよね。

娘が産まれて、まだ授乳とかしていた時代だったと思いますが、子育てに追われて半分、半狂乱の時代でした。

夜に主人がか帰ってきて、「ジョン・デンバーが亡くなったって・・・」なんて、言われて目の前が真っ暗になってしまったんですよね。

あの日に目の前が真っ暗になったJDファンがいったい何人いたんだろう。

ジョンの追悼番組、ジョンの追悼番組と心の中で唱えて探し廻るのですが、いっこうに見つからない、息苦しい日々を思い出します。

もしも、このときにアメリカに友達がいれば、アメリカでどんな風にテレビなどで事件のことなど報道されていたとか、様々は情報も得ていたんでしょうけれども、何も得られないまま、1年位が経過してしまったと思います。

パソコンも持っていなかったしね。パソコンがあれば、だいぶ違ったかも・・・・。

闇雲に電話帳を探したり、CDショップを探したり、レコード会社に電話をかけたり、血眼に探すってこんなことなんだろうなって思いますね。

私がこうしてブログを立ち上げたのも、ジョンにとって「悔いのない人生だったんだろうか?」という問いによるものでした。

十分ではないものの、いろんな本を取り寄せたり、CDを聞いたり、解説を読んだり、ジョンの過去の映像を見たり、他のブログやホームページを見たり、ジョンのライブのMCを翻訳したりして、かすかだけども、ジョンの思いに近づけたのだろうか、と思ったりもしています。

いろんな人が登場するDVDなんかでは、ジョンの愛したアニーさんが、ジョンはやりたいことをすべてやったと言い切ったけれども、ジョン自身の気持ちはどうかな。本当のところはどうなのかな?でも、本当にいろんなことをやってきて、楽しいことも、悲しい事も人一倍経験できたんだと思うわけです。

本来なら80代くらいまで、生きたほうが悔いはなかったと言えるんじゃないかと思う。だから、早すぎた死であったと思うんです。

でも、フェイスブックでも、120万人以上の人がいいね!ボタンを押していますよね。ジョンが亡くなって、もう19年も経つというのに、今でも懐かしむファンが世界中にいますよね。すっごいことだと思います。

因みに来る10月16日(日)に銀座タクトで、かんとりー道路にジョン・デンバー追悼コンサートがあります。悲しみのジェットプレーン誕生50周年ライブと題して午後1時より開演となります。今からでも行けそうな方が銀座タクトに電話して行ってくださいね☆彡
http://www.bekkoame.ne.jp/~nisenora/takeru-liveinfo.html


では、本日のジョン・デンバーの歌は「古いギター」です。おばあちゃんからもらったギターをなくしてしまい、その後奇跡的に見つけて、できた美しい曲です。70年代には最後に必ずジョンは歌っていましたね。懐かしい歌です・・・・。
じっくりとお聞きくださいね(^^♪

https://www.youtube.com/watch?v=zlKLtnbU0xE
This Old Guitar - John Denver





An Evening With John Denver


ランキングのブログラムはやめて、ブログ村だけにしました。応援クリックしてくださると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック