スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Thought of You あなたを想う気持ち 愛しき80年代

2015.02.16.09:04

皆さん、こんにちは!

恒例のバレンタインデーも終わりましたね。誰かにプレゼントをあげましたか?

それとも、誰かからチョコレートをもらいましたか?

私もこれまでに何度もチョコのお菓子だとか、クッキーだとか沢山作りました。でも、なんていうか義理チョコが多かったですね~。


一番すごかったのは仕事中心の独身時代のことですが、200人分くらいチョコクッキーを焼きました。

仕事が終わって、夕食が終わってから始めたので、すでに遅い時間でした。

結局徹夜でクッキーを焼き、手作りの紙袋にクッキーを入れ、メッセージカードを入れ、ふらふらになりながら出勤し、取引先の会社に、あたかもサンタクロースのごとく現れて、各机の上にチョコクッキーの袋を置いていったのでした・・・・。

その時の私の心境はと言いますと、「もう二度とこんなことするもんか!!!」なんて半分死にかけながら、呟いていました。

あれから幾年月たったでしょうか?

まだ生きているよ・・・(笑)

とにかく、まだ生きていて良かった(笑)


さて、今日のジョン・デンバーですが、しっとりとした想いを綴った「The Thought of You」をお届けしますね!

静かなひと時をお過ごしくださいね♪


https://www.youtube.com/watch?v=7kOuPZvg1Rs
The Thought of You





It's About Time

2つのランキングそれぞれにぽちっと入れてもらえるととても嬉しいです。次回も頑張りますね(^^♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン


スポンサーサイト

夢 Dreams by John Denver

2014.06.13.08:59

長いことご無沙汰しましたが、ジョン・デンバーの美しい曲でこの梅雨のシーズンを乗り切りましょうね!
アルバム「シーズン・オブ・ザ・ハート」より、夢「Dreams」です。映像の中のジョンの画像が素敵ですよ!

ランキングのほうにもポチをしてもらえると嬉しいです(^^♪皆さんお元気で~☆☆☆

https://www.youtube.com/watch?v=YDf9J5se0eU



Seasons of the Heart
Seasons of the Heart

ランキングに参加してます♪
クリックをしてもらえるととっても励みになりま~す(^^)/
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン

さ~、みんな一緒に山で踊ろうよ~♪Dancing with the Mountains

2013.04.02.06:24

本日4月2日、アメリカで話題のジョン・デンバー、カバーアルバム「Music Is You」が発売されます♪

それに合わせて、ジョンのスキー映像プラス、そのリメイク映像とカバーバージョンが同時にアップしました♪

最初の動画が80年台のジョン・デンバーが歌う、Dancing with the Mountainsです。かなり古びた映像ですが、かっこいい映像ですよね。

次に映像ではクリスティ・ボスがジョンの同曲、Dancing with the Mountainsをカバーして歌っています。名前の発音がわからなかったのですが、フランス系のお名前のようですね。多分、ボスで大丈夫ないかと思います。とても素敵に歌っていますね☆


http://www.youtube.com/watch?v=XM5wA2L4MPE
John Denver, Singing and Skiing - Dancing With The Mountains



http://www.youtube.com/watch?v=T99tB-YOjng
Krysty Bosse remakes John Denver, Singing on Skis! - Dancing with the Mountains



Autograph
Autograph


アマゾン CD版 Ato Records 2097円 4月2日発売
Music Is You: A Tribute to John Denver
Music Is You: A Tribute to John Denver





ランキングに参加してます♪クリックをしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

blogram投票ボタン

theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

ジョンとザッカリー

2012.05.22.06:19

今日はジョンのプライベート・タイムをご紹介いたします。

ジョン・デンバーとアニーが結婚して、コロラド州アスペンに家を建て幸せな結婚生活が始まりました。ところが、なかなか赤ちゃんを授かることができなかったのです。

ジョンはどうしても自分の子供が欲しかったのですね・・・。

ジョンはこんな風に語っています。
「僕は、ずーっと考えていたんだけれど、両親と赤ん坊の関係は、赤ん坊が生まれるまで、互いに求め合って、互いを見出すみたいなものじゃないかと思うんだ。だって、ぼくは、あるハッキリしたひとりの赤ん坊の夢を見たんだよ。笑うと、大きな魅力的な口の中に、歯ぐきが見える子なんだ。
 それで、起きて、養子縁組協会に電話したら、ぼくらのために赤ん坊がいるって言ってくれたんだ。」

そこで、ジョンとアニーは赤ちゃんに会いに行ったのです。その時の様子をこんな風に語っています。
「彼らにしても、こんなことはいまだかつて、見たことがないって言うんだ。赤ん坊がぼくらを見て、笑いかけたんだからね。まるで、昔からの知り合いみたいに、ニコッとしたんだぜ。ビックリするのも当然さ。そして、笑った赤ん坊の口の中は、ぼくが夢に見たのと同じなんだ。大きくって、魅力的で、歯ぐきがクッキリ見えるんだよ。」

初めて出合った赤ちゃんが笑いかけてくるなんて、本当に不思議で凄い体験だと思います。ジョンの心の切ない思いがその赤ちゃんに届いたのですね!

そしてジョンとアニーはその男の赤ちゃんと養子縁組をしました。その子の名前はザッカリーという名前です。

そのザッカリーがだいぶ大きくなってジョンと一緒に写っている写真を見ると、なんと骨格がそっくりなんです。ザッカリーはインディアンの子で、ジョンはドイツ系ですから、民族的には違うのですが、本当に血のつながりのある親子に見えました。

ジョンとザッカリーはとっても仲が良くって仕事の合間をぬっては、飛行機の話などよくしたらしいです。

今日の映像では、一緒に魚釣りに行っています。ジョンはとっても多趣味な人で、天体観測に凝ったり、カメラに凝ったり、飛行機はもちろんのこと、ゴルフも魚釣りでもなんでもやったんですね・・・。

ジョンは大きな魚を釣ってニコニコしていて、とっても楽しそうです。広い広いアメリカの大自然もまたとっても素晴らしいです。

それに加えてジョンがソファーに腰掛けてゆったりとギターを弾いているシーンも格別ですね♪

どうぞお楽しみください
http://jp.youtube.com/watch?v=b4_y3EMybBM


洋楽懐メロ、ブログラム、ブログ拍手への応援クリックをよろしくお願いしま~す
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
blogram投票ボタン

theme : 音楽的ひとりごと
genre : 音楽

ハート・トゥ・ハート (Heart To Heart)

2011.05.02.06:49

これからの日本の未来はどこに行くのか、世界の未来はどこに行くのか、なんて真面目な話よりも心のどこかによりどころが欲しいものですよね

ジョン・デンバーからあなたへ、お届け物が届いています

目には見えないですが、心が暖かくなるものなのです。どんなに暗い時代であっても心さえ、しっかりとしていれば生きていけるのです。その心を支えるものは何なのでしょうか? その答えはここにあります。

生きていて良かったといえる人生でありたいです。今日も朝日がきらきらと照り輝いていますきっと今日もいいことが、楽しいことがありますよ


ハート・トゥ・ハート (Heart To Heart)  作詞・作曲 ジョン・デンバー 訳詞 マーヤ

そこにあるもののすべては見えなかった
でも、少しだけは見えたんだ
あることについては、いつでも思い出すだろう
あることについては忘れたいと思うだろう
世界中すべてを巡ることはなかった
でも、様々な街々を巡ったんだ
道のりだけを語るのはあまり意味がない
ちょうど両手が時計の周りを囲むように

愛はどこにでもあると知っている
いつでも安全で、いつでも真実だと
そして愛とは、やってきて、どこかに行くものだと

君の心は僕のもの
僕の心は君のもの
開かれた窓について語る
開かれたドアについて語る
僕の心は君のもの 君の心の僕のもの
愛は輝く光
心から心に届けられる

僕は古き香港の地に座っている
港と灯火
それは天国にきらめくダイヤモンドのようだ
ちょうど暗き夜を照らすのに十分な位に
そして、すべての物事に悲しみの側面がある
そして、それとは別の側面は孤独で
再び恋に落ちてしまう

苦しみの中に答えがあるのがわかるだろう
でも、それは簡単ではないんだ

愛はどこにでもあると知っている
いつでも安全で、いつでも真実だと
そして愛とは、やってきて、どこかに行くものだと

君の心は僕のもの
僕の心は君のもの
開かれた窓について語る
開かれたドアについて語る
僕の心は君のもの 君の心の僕のもの
愛は輝く光
心から心に届けられる

真実の愛は輝く
心から心へと届けられる


http://www.youtube.com/watch?v=PaOIiNWiXxE


Seasons of the Heart
Seasons of the Heart


いよいよ5月3日に広島、4日に神戸・夙川にて素敵なライブがあります。行ける方はぜひとも行ってくださいね★詳しくはこちらから


ランキングへのポチもよろしくお願いしま~す
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

ブログ拍手へのクリックもよろしくお願いしま~す

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

夢見るラブ・ソング ウィスパリング・ジェシー

2011.04.01.08:00

緊張の日々に優しさが欲しくなった。深呼吸がしたくなった。ソファーに寝転がって、のんびりと過ごしたい。穏やかな時って、どんな時かな?

今日はジョン・デンバーが愛した歌のご紹介します。私もこの歌が好きで、いつも心の中に響き渡っています。優しさを分かち合いたい、夢を見ていたい、山を見上げて、星空を見上げてみたい。今日も、いつもの青空が大きく広がっている。

苦しみを乗り越えたい、人生とは何かをかみしめたい。




「ウィスパリング・ジェシー」誕生秘話  ジョン・デンバー

スノーマスにあるゲレンデに「ウィスパリング・ジェシー」と呼ばれるところがある。この名前の由来については知らなかったんだけど、この名前をタイトルにした歌を作りたいと思っていたんだ。それと、僕にはジェシーという名の小さな娘がいる。彼女とこの物語を結びつけられないかなぁなんて、思いめぐらせていたんだ。━━彼女が生まれるずっと前からね。

アスペンからそう遠くないところの高台に別荘があってね。数年前のとある夜の出来事。僕はこんな夢を見たんだ。

老人が自宅のポーチのところでロッキングチェアに腰掛けていた。遥かかなたに見える山を見上げながら、自分の人生について考えていた。そこには愛する女性がいた。そしてそのキャビンを我が家と呼んでいた。

目が覚めると涙がこぼれていた。僕は横になったまま、しばしその夢について考えていた。やがてまた眠りについた。そして同じ夢を見た。そしてまたもや涙がこぼれてきたんだ。そこで僕はベッドから起き上がり、ギターを持って湖のほとりを歩いた。そして日が明ける頃にこの歌が出来上がった。この歌は個人的に気に入っているんだ。(引用 John Denver The Complete Lyrics)


ウィスパリング・ジェシー  作詞・作曲 ジョン・デンバー 訳詞 マーヤ

僕はよく深い瞑想の世界に入り込んでしまう
それはあなたが独りぼっちの時に心が激しく動き回っているようだ
それができることなら
それがすべきことなら
それをまたすることができるのなら、僕はきっと違うようにすると思う

僕はいつも春の時が好きだし、過ぎゆく冬も好き
そして新芽の緑も人生の歩みも
朝の約束も
夏の暑い日も
暖かい夜にきらめく星空の下で彼女を愛することも好き

僕は高きコロラドから来た、ただの年老いたカウボーイさ
年老いて、もはや馬にも乗れないし、目もかすんで見えない
今では都会で眠っているだけ
そこは山から遠くそこはいつも我が家と呼ぶキャビンからは遠い

僕はそこを去る夢を見た
尾が白くて金色のたてがみのパロミノに乗って
ささやくジェシーが僕の右に立っていた
僕は彼女を抱きしめたいと待ち焦がれていた
そして彼女の柔らかい息遣いを聞きたいと
僕の熱っぽい額に彼女のひんやりとした手が触れることを待ち焦がれていたんだ

ささやくジェシーは今でも山で馬に乗っている
今でも峡谷で歌を歌っている
今でも彼女は僕の心の中で生きている


http://www.youtube.com/watch?v=GirGnewo4KE



Higher Ground
Higher Ground
Wildlife Concert
Wildlife Concert

励みになるので、ランキングへのポチをよろしくお願いします♪
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

ブログ拍手へのポチも良かったらお願いします☆

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

【愛の歌を聴いて、心穏やかに・・・】「フォー・ユー」(For You) by John Denver

2010.06.11.07:04

春の日差しももう夏のようなこのごろですね。散歩をしながら、木々の緑を眺め、ジョンの歌を聴き、ジョンの歌を読み、空を飛ぶ真っ白い鶴の羽ばたきが優雅で見とれてしまうのです。

今日はジョン・デンバーの愛の歌をご紹介しますね。


ジョンは愛するアニーさんと別れてから寂しい日々を送っていました。そんな日々の中にあって出会ったうら若きオーストラリアの女優、カサンドラ・デラニーは魅力的だったに違いありません。

一人じゃ生きられないのが男、なのかも・・・・。

ジョンはカサンドラとの恋に落ち、すっかり夢中になってしまいました。ジョンが恋をして、それを隠すこともできない位熱中していたようです。

ジョンはカサンドラと1988年に結婚していますが、その前の年にこの「フォー・ユー」(For You)ができあがり、1987年の暮れには新曲としてライブで発表していたようですね。先日発売された「ライブ イン シーダー ラピッズ」(Live In Ceder Rapids)では、ジョンが新曲として紹介していました。


ジョンは恋人、愛する人に歌をいくつか書いています。恋人ボビーのために書いた「フォー・ボビー」(フォー・ベイビー)、そして愛する妻であったアニーさんへの歌「緑の風のアニー」、そして、今回ご紹介する「フォー・ユー」の3曲です。

最初の2つは愛する人の名前がタイトルの中に含まれています。でも、この「フォー・ユー」は「君のために」という意味になっていて、カサンドラの名前が入っていないのです。何故かしらと思ったのです。「フォー・カサンドラ」でも良かったはず・・・。私が思うのはカサンドラのことを愛していたのはもちろんなのですが、アニーさんのこともやっぱり忘れられなかったのではないかと。だから、敢えて名前は入れなかったのではないかと思うのです。皆さんはどう思われますか?

この歌の訳詞に挑戦しました。ジョンの歌の中に色っぽい言葉はあまり入っていたというのがあまり記憶にないのですが、なかなか色っぽい歌詞になっていますね。熱愛ぶりがうかがわれます。まるで真夏の夜の夢のようですね。ジョンとカサンドラはその後5年位経ってから離婚してしまいましたが、この曲の美しさはそのままです。曲の背景はもやもやしたものがありますが、この詩はロマンチックですし、ピアノの演奏もとても気に入っていて、私にとってはお気に入りの曲のひとつでもあります。歌声はいくつか録音されたうちで一番素晴らしいと思う「アンプラグド・コレクション」に収録されているものです。

これはジョンが亡くなる直前位に録音されたもので、切ない気持がこみ上げてきます。訳詩と共に、ロマンチックなジョン・デンバーの歌声と軽やかなピアノの音色と、その歌詞にマッチしたスライドショーをお楽しみくださいね


フォー・ユー(For You)

                                作詞作曲 ジョン・デンバー 訳 マーヤ


ただ君の瞳を見つめるために
ただ君の腕の中で休むために
ただ君のためにいつも初めてのことがそこにあるように
ただ君の笑いの中に生きるために
ただ君の心に向かって歌うために
ただ君の夢のすべてが叶うように

ただ窓辺の君の隣に座るために
ただ夜に触れるために
ただ君のことを毎日祈るために
ただ君のキスを待ち焦がれるために
ただ君のためいきを夢見るために
ただ君に僕の人生を捧げることを知るために

僕の残された人生のすべてが君のため
ただ君のために・・・

ただ毎朝起きるために
ただ僕のそばに君がいてくれるために
ただ君が決して遠くに行ってしまわないことを知るために
ただ生きていくための理由を
ただ僕は君をあがめるよと語るために
ただ君が僕の心の中にずっといてくれると知るために



http://www.youtube.com/watch?v=ZzrqbSPmqow


カントリー・ロード~96年最新ライヴ・ベスト
カントリー・ロード~96年最新ライヴ・ベスト

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

検索ぷらす
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
リンク
人気記事ランキング
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。