スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たぶん愛」(Perhaps Love) ジョン・デンバー&リーン・シェル 

2010.04.28.06:33

ジョン・デンバーとリーン・シェル(Lene Siel)が歌う「たぶん愛」(Perhaps Love)なんですが、ドミンゴと歌うのとちょっと趣きが変わり、なかなかいい出来栄えです。この歌はロマンチックな雰囲気があり、お気に入りのナンバーでもあるのですが、愛をテーマにしていて、しかも二人で歌えるというところがいいですよね!
リーンの声が、ソフトでとてもきれいです。スタジオ録音でジョンとリーンがヘッドフォンを着けて歌っていますが、これもまた珍しいシーンで結構楽しめる動画です!

リーン・シェルは、1968年生まれのデンマークの歌手です。ジョンはいろいろな国の歌手達とデュエットしましたが、デンマークシンガーともつながりがあったのですね。ソ連のアレクサンダー・グラツキーとの共演、イタリアのジョージ・マッカントニー(George McAnthomy)との共演、そして日本では南こうせつさん、加藤登紀子さんとの共演を果たしました。

ジョンはきっと様々な国々の方々と一緒に歌うのがさぞかし楽しかったでしょうね~

この「たぶん愛」(Perhapps Love)はアルバム「シーズンズ・オブ・ザ・ハート」(Seasonns of the Heart)に入っている曲ですが、ジョンが当時抱えていた悩みや愛に対する深い想いを感じることができます。

それでは、静かにお楽しみくださいね☆

http://www.youtube.com/watch?v=PhVLH59-mrU



追記:最近、ちょっと疲れ気味でブロガーさんのところへのコメントがあまりできないでいますが、体調を整えて、そのうちにコメントも入れたいと思っていますので、ご了承くださいませ★
スポンサーサイト

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー

「Cominng Through the Rye」(ライ麦畑で出会うとき)と「Good Vibration Medley」 カレン・カーペンター&ジョン・デンバー

2010.04.22.06:53

テレビショーとジョン・デンバーは切っても切れない関係と言ってもいいかもしれません。

日本では「カーペンターズ・ショー」、ジョン・デンバーがホスト役の「An Evening with John Denver」やカントリー界の大御所であるジョニー・キャッシュやグレン・キャンベルらと共演した「素晴らしきカントリー・ボーイ」等は日本でもNHKで披露されました。

アメリカでは本当に頻繁に出演していたようで、その時代のアメリカにタイムマシンで行きたいくらいです。

本日ご紹介するのはジョン・デンバーとカレン・カーペンターがデュエットしているシーンです。

ジョンもカレンも見つめあって、しかもジョンが歌いながらカレンの頬にチュッとキスしてしまうのですが、「ジョンよ、いいんですか~?」と言いたくなっちゃいますが、とてもしっとりと歌ってくれています。

1曲目が「Cominng Through the Rye」です。

この「Cominng Through the Rye」はスコットランドの民用の「ライ麦畑で出逢うとき」という曲です。歌詞はスコットランドの詩人であるロバート・バーンズによって書かれました。「蛍の光」の原作者とて有名な方です。

この原作の歌詞の意味が大人の背丈ほども誰かと誰かがあるライ麦畑で出会うとキスもするし、・・・そしてその次は・・・、といったとんでもない戯れごとの歌詞だったのです。そんなわけであんまり品のある歌ではなかったのですね。う~ん、そうだったのか・・・。

日本では「故郷の空」として小学校唱歌として親しまれている歌です。この歌をご存じの世代ってお幾つぐらいなのでしょうか?原作とは全く違った上品な優しい歌に変わっています。

そしてこの歌が発展したのが、ドリフターズの歌う「誰かさんと誰かさん」になるのですね。ドリフターズ世代のマーヤとしましてはこの歌が一番懐かしいなぁ

それでは、まずはじめにカレン・カーペンターとジョン・デンバーがしっとりと歌う「Cominng Through the Rye」(ライ麦畑で出逢うとき)と「Good Vibration Medley」をお聴きくださいませ
http://jp.youtube.com/watch?v=fJUIWYX8HlI


今日もランキングへの応援クリックをよろしくお願いしま~~す★
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
blogramにも参加しています。良かったら、ポチっとお願いします
blogram投票ボタン
ブログ拍手へのクリックもよろしくお願いしま~す


theme : ☆懐かしい歌、そしてその人☆
genre : 音楽

『アンド・ソウ・イット・ゴウズ』(And So It Goes) ニッテイ・グリッティ・ダート・バンド&ジョン・デンバー

2010.04.20.07:49

ニッティ・グリッティ・ダート・バンドとの出会いというと、やっぱりと思うでしょうが、「ミスター・ボージャングル」なんです。

ジョン・デンバーがミスター・ボージャングルをカバーしていたのがご縁でニッティ・グリッティ・ダート・バンドにも出会っちゃったという訳なんです。

このニッティ・グリッティ・ダート・バンドとジョン・デンバーは仲が良かったんですね!夢の共演を果たしました☆

そのタイトルは「And So It Goes」なんです。『Will the Circle Be Unbroken, Vol. 2』(邦題・永遠の絆vol2)というアルバムに収録されています。

そんな流れの中で最近やっと『永遠の絆』と『永遠の絆vol2』まではやっと手に入れたとことです。

ジョン・デンバーとニッティ・グリッティ・ダート・バンドとこの貴重な共演シーンはまだしっかりと残っています。
1989年の映像です☆

カントリー・ロックっていうんですね!結構癒されるサウンドですよお楽しみくださいね

http://jp.youtube.com/watch?v=1TcwogsD3uE


Will the Circle Be Unbroken, Vol. 2
Will the Circle Be Unbroken, Vol. 2


theme : 懐かしの洋楽映像
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー ニッティ・グリッティ・ダート・バンド

バリー・マニロウ&ジョン・デンバーが歌うのは・・・?

2008.05.18.06:53

以前からずっと迷っていることがありました・・・。海外のDVDが見たい・・・。でも、リージョン・コードが違う・・・。どうしようか?

いろいろと調べてみると、様々は方法があることがわかりました・・・。
アメリカのDVDだったら、アメリカのDVDプレーヤーで見る。・・・でも、これは日本ではちょっと面倒くさいですよね。
リージョン・フリー・DVDデッキで見る。
もう一つの方法はリージョン・フリー化ソフトで見る。

あれこれ思案したあげく「リージョンフリー化ソフト」で見ることにしました。フリーのソフトもありますが、欠点もあるようですので、有料でもそんなに高くもなかったし、わからないことはメールでフォローしてもらえるので、こっちにしたわけなんです。

私の使っているノートパソコンのDVD-RAMはどんなソフトを使ってもリージョンフリー化できない仕様になっていたため、結局外付けDVD-RAMを購入することになりましたが、なんとか再生に成功し、やれやれといったところです。

外付けDVD-RAMは「BUFFALO DVD-RAM/±R(1層/2層)/±RW対応 USB2.0&IEEE1394用 外付けDVDドライブ DVSM-XL20IU2」という奴で、本当はもうちょっと安いのにするつもりでしたが、結構割引率もいいし、買うなら内容のいい奴にしようと思い、これにしちゃいました。縦でも横でも置けるし、なかなかスマートで気に入っています


始めて購入した海外DVDは言うまでもなく、ジョン・デンバーの映像を見るためでしたが、今は円高ですし、いい奴を買おうなんて思って、「First Television Specials (5pc)」というバリー・マニロウの5枚組みのDVDセット購入しちゃいました。バリーの「歌の贈り物」や「悲しみのマンディ」もお気に入りでしたし、5枚もあるので、ゆっくりと見ていこうか、なんて主っています・・・♪

ジョン・デンバーの出演するシーンはほんの少しですが、どのDVDもとても素晴らしい出来栄えで買ってよかったと大満足です

ジョン・デンバーが出演するのは3枚目のDVDで「The Third Barry Manilow Special」というタイトルで1979年5月23日にABCで放送されました。

この特別番組はエミー賞の2部門にノミネートされ、「Outstandinng Achievement in Choreography」部門で受賞しました。

曲目は以下の通りです。
1. Ready to Take a Chance Again
2. Weekend in New England
3. (Why Don't We Try) A Slow Dance
4. I Write the Songs
5. What's on Your Mind
6. Everly Brothers Medley
7. Copacabana (At the Copa)
8. Even Now
9. Somewhere in the Night

4番目のところでジョン・デンバーがギターをかき鳴らしながら「What's On Your Mind」(二人の絆)を歌います。そのあとで、バリー・マニロウが高い所に座って、ギターを弾く真似をしています。ジョンもそこへ行き、エヴァリー・ブラザースのヒット曲のメドレーを歌います。

さて、まずはバリー・マニロウについてですが、かれは1943年6月17日ニューヨーク市ブルックリンの生まれです。なんと、ジョン・デンバーとは同い年だったのですね!かれはユダヤ系ロシア人です。ジュリアード音楽院を卒業しており、歌手、作曲家、プロデューサー、アレンジャーでもあります。

全米1位になった曲は「悲しみのマンディ」と「歌の贈り物」の2曲で、彼のアルバム等の総売り上げが全世界で7500万枚以上だそうです。

ジョンとバリーがジョイントするきっかけとはなんだったのだろうかと、いろいろと思いめぐらすのですが、きっと同級生だったからでしょうか?それとも、ちょうど同じ時期でヒット曲を飛ばしていたから?・・・それとも何だろう?

バリーの両親はユダヤ系ロシア人で、ジョン・デンバーはドイツ系ロシア人の三世でしたので、お互いロシアがらみだったからかしら、とか思ったりしています。

いずれにしても、ジョンもバリーも歌は超一流、背丈もおんなじ位で、一緒に歌うと息もぴったりで、本当に美しいハーモニーを奏でてくれました

ジョン・デンバーが最初に歌う「What's on Your Mind」(二人の絆)は「John Denver」(大いなる飛翔)というアルバムに収録されている曲です。とてもジョンらしい優しさを感じさせてくれます。

続いてジョンとバリーが歌エヴァリー・ブラザースのヒットメドレーですが、いきなり「バイバイ・ラブ」で、びっくりしました。私はこの曲ってサイモン&ガーファンクルの曲だと思っていたのですが、エヴァリー・ブラザースの曲だったのですね・・・・。しかもこのデュオの1957年のデビュー曲だったのでね・・・。私にとってはS&Gでお馴染みで大好きな曲なんです。

エヴァリー・ブラザースについてですが、兄のドン・エヴァリーは1937年2月1日生まれ、弟のフィル・エヴァリーは1939年1月19日生まれです。

このデュオのスタイルはアコースティック・ギターをバックに3度のハーモニーで数々のヒットを飛ばしました。先述の「バイバイラブ」の他にビーチ・ボーイズが「Devoted To You」をカヴァーしたり、多くのアーティスト達に影響を与えたそうです。ジョン・デンバー自身もエヴァリー・ブラザースが好きで歌手を目指したそうなんです。

エヴァリー・ブラザースの主なヒット曲は「Bye Bye Love」「Wake up Little Susie 」「All I Have To Do Is Dream 」「Bird Dog」「 Devoted To You」「 Problems」「Take A Messsage To Mary」等です。

エヴァリー・ブラザースの曲目は以下のところでちょこっと試聴できるので聞いてみてくださいね
The Definitive Pop Collection
The Definitive Pop Collection

エヴァリー・ブラザースのヒット曲の映像はこちらから
Bye Bye Love
Wake up Little Susie /Should We Tell Him
Devoted To You
All I Have to do is Dream
Bird Dog
Take a Message to Mary

First Television Specials (5pc)
First Television Specials (5pc)

theme : 懐かしの洋楽映像
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー バリー・マニロウ エヴァリー・ブラザース

サンシャイン・メドレー(Sunshine Medley)by John Denver & Doris Day

2007.12.20.06:15

今日のYouTubeの映像はもしかして本邦初公開でしょうか?若くてかわいいジョン・デンバーとドリス・デイがまるでサンシャインみたいな黄色とオレンジの衣装で登場します!

1975年と言えば、ジョン・デンバーがテレビやライブで大活躍の年でもありました・・・。ジョンが初来日したのも1975年ですよね・・・。

しばらくクリスマス・シリーズが続きましたので、ちょっと息抜きにこんな楽しいサンシャイン・メドレーをお楽しみくださいね

http://www.youtube.com/watch?v=OQMh9F7xlko

theme : YouTube動画
genre : 音楽

ジョン・デンバーはイタリアでも大人気!

2007.08.21.06:44

イタリアのジョージ・マッカントニー(George McAnthomy)という、カントリー・ミュージッシャンがジョン・デンバーと共演しましたジョージのことは今回初めて知ったのですが、イタリアでは人気のある歌手なんですねカントリー・ミュージックっていうとアメリカ人しか歌わないかと思っていました。ジョージもなかなか素敵なカントリー・ソングを歌っています

このYouTubeの映像は1992年の貴重な映像です。ジョンとジョージはニューヨークで出会い、イタリア、ボルザーノのパラレシア・コロセアムで夢のビッグ・コンサートにて共演を果たし、大盛況だったようですこの聴衆の熱狂ぶりをみるとすごいって思いますイタリアのペン・フレンドがジョン・デンバーって、イタリアでも人気があるよ!って手紙に書いてましたが、本当なんだなぁと、とっても嬉しくなりました
ジョンとジョージが一緒に歌ったのは、「フォロー・ミー」と「すばらしきカントリー・ボーイ」です
http://jp.youtube.com/watch?v=qOsNbowuioA
"

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

tag : ジョン・デンバー イタリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お勧め☆
最近のコメント
カテゴリー
ランキング
日本ブログ村に参加しています。1日1回応援クリックをしていただけますと、励みになります☆彡
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
インフォメーション
FC2投票
無料アクセス解析
人気記事ランキング
リンク
最新トラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。